• もっと見る

2012年07月18日

ブログ企業論受講を経て 久米信行先生の講義から半年で学んだこと

こんにちは、野田です。

私はベンチャービジネス論(ブログ企業論)を半年間受講しました。
私がこのブログを製作したきっかけとなった授業です。
ブログ企業論では、ブログの制作についてのノウハウよりも、経営者の前に人として当たり前にやるべきを知ることができ、半年間で一皮むけるそんな授業です。

この授業の半年間の振り返りとこれから後期に向けての記事を今回は書いていこうと思います。

この講義の担当は専任講師の久米信行先生です。

講義ブログ:https://blog.canpan.info/meiji_venture/
Facebook:http://www.facebook.com/nobukume

【学んだこと】
近江商人の三方よし(買手よし、売り手よし、世間よし)を毎回授業の際に唱和するのですが、これを現実に起こすためには、何をすればいいのか?この授業ではブログやソーシャルメディアというツールを使って、基本的なことを学びました。

具体的には、毎回記事を書いて授業に持ってくるのですが、ここがわかりにくい、ここの情報がほしいなどのダメ出しを先生や自分たち自身で考え、意見をだして、みんなで一緒に改善していきます。その結果読み手にとって読みやすい文章に、前と比べればよくなっているのかと思います。
そして、何よりも大事なのは、自ら発信することアンテナを常に張り続けることを習慣化させてもらったのが、これから何よりもの資産になると思います。一週間に1記事これを守り続けられたのも、この授業ありきだったと思います。

【反省点】
・初期動作が遅かったので、記事の量が十分でなかった
・受講生のメンバーと相補的な活動ができなかった

【後期に向けて】
後期に向けて反省点を活かし、1週間に1記事を守り続け、コンテンツをふやしていきたいと思います。
何か受講生の仲間とお互いのブログを高めあう相補的なコンテンツを作成出来たらいいなと思います。

私は、将来アジアという庭で、ビジネスをやっていこうと思っています。どんなビジネスであれ、発信力というのは必要になってくると思います。この講義をとうして、人に対して発信する力をより強力なものにしていきたいと思っています。


【NOT受講生に向けて】
この授業は教養のようなものだと思います。人が生きていく中で、当たり前で大切なものを学ぶことができると思います。また久米先生は、とんがっている人なので、人によって好き嫌いが分かれる方がいるのは事実ですが、その久米先生の個性にダイレクトで当たることで、見えてくるものがあると思います。
自分を見つめなおしてみたい、夢が見えてこない、行動を起こしたいけど何をすればいいかわからない

そんなあなたにお勧めの講義です。後期、一緒に授業を受けるのを楽しみにしています!


野田啓祐
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック