CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年05月10日

気合でつくる

活動でよくある場面ですが、

「とりあえず、今日の晩ごはんどうする!」
「え、なんでもいい」
「どうしょう…。」

という会話での活動の始まり。

その日食べたいものって、聞かれると思いつかないもので、おいしいものであればなんでもいいというのが、よくあります。

料理を決めるってみんなどうしてるんかなと聞きたいところではありますが、料理苦手なスタッフとしては「スーパーで安いもんみて、それから考えよう」という作戦でいってます。

この日はいちごがなんと半額で、でもそのまま食べるのももったいないと思いプリンに。

そしてメインは、たまたま目の前にあった激辛おかしを見て、

「これ、このお菓子いれたらええんちゃうん」

という鶴の一声と、いつかのリベンジということで担々麺を作りました。

やっぱり、その場の思いつきと、その時の気分で面白そうなものをつくるって、なかなか子どもの世界では無かったなと思い出しながら、一緒に料理をしました。

IMG-7674.JPG

「あれ、これフルーチェじゃね」
「ちょ、たべてみーや」
「…。」
「どうなん」
「フルーチェや…。」(汗)

ということで、思い通りにならないのが普通で、

「今度はこんなんどう?」

と創作意欲が掻き立てられます。

活動でできることは意外とあって意外と限られてはいますが、もっと知らないいろんな世界をみたいところです。
posted by のびのび at 13:36| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く