CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
発達障害児支援サークル「のびのび」/2004年12月1日発足

発達障がいのある子を持つ親の会として発足し、子ども達が笑顔で暮らし続けることができる社会の実現を夢みて活動しています。調理や創作活動を通じて、成功体験を積み重ねることで、自立のきっかけづくりを目指しています。

« LD | Main | 社会性の問題 »
プロフィール

発達障害児支援サークル「のびのび」さんの画像
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
リンク集
最新コメント
のびのび
★が消えちゃった! (04/30) m.oe
★が消えちゃった! (04/30) 島田@のびのび
県民いきいき活動奨励賞 (03/16) はらふみゆき
県民いきいき活動奨励賞 (03/16) のびのび
受賞の興奮が、まだ続いています。 (11/15) 虹っ子広場
受賞の興奮が、まだ続いています。 (11/12) のびのび
島根は、鳥取の左側です。 (10/11)
島根は、鳥取の左側です。 (10/06) のびのび
何気ない行動にみえても・・・ (09/13) 虹っ子広場
何気ない行動にみえても・・・ (09/09)
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/nobinobi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nobinobi/index2_0.xml
我が事 丸ごと って?[2017年08月27日(Sun)]
最近、「我が事」とか「丸ごと」という言葉を耳にしませんか?

国が、地域共生社会の実現を目指すとして、
その基本理念を象徴するキーワードとして表現されています。

でも、どの単語も、「なんのこと?」と聞き返したくなる単語では?

ひと昔前までは、同じ地域に住む人のことを
お互い心配しながら、
時には、支えながら、共助の環境の中、暮らしていたと思いませんか。
いつの間にか、公助や自助に、
その責任が求められ、だんだん地域社会が希薄になったと
言われる方々もいらっしゃいます。
それを再構築しようというもが、地域共生社会らしいです。
でも、一度、壊れたものを取り戻すことは至難の技かもしれません。

ある意味では、
のびのびが訴えてきた、障害に対する地域の理解が進むと、
当事者だけでなく、
誰もが暮らしやすくなる環境だと思っています。

市民後見人制度でも、
同様の地域の理解というものが求められているようです。
それぞれ共通する考え方も多いので、
丸ごとの理念に沿って、
みんなで力や知恵を出し合って、
みんなが主役になれる社会を実現させましょう!
Posted by のびのび at 21:05 | 就労支援 | この記事のURL | コメント(0)
ホームページないと寂しいね[2016年09月18日(Sun)]
のびのびでは、情報発信の手段として早くからホームページを開設していました。
しかしー。
今や、サイバー攻撃は他人事ではないんですねー。
実は、レンタルしていたサーバが、サイバー攻撃でダメージを受け、
復帰の目処が全く立たず、3ヶ月以上もダウンした状態が続いています。
管理者さんのメールもダウンしたようで、
連絡もとれず、やむを得ず、再び引越しを決断しました。
サーバないんですねでリンクさせていた箇所もあって、
データがなく、完全復旧ではないですが、
とりあえず再開です。
新URLは、http://nobinobikids.info/です。
Posted by のびのび at 14:38 | 就労支援 | この記事のURL | コメント(0)
チョコハウス再建[2013年03月06日(Wed)]
今月も、みんなが笑顔になれる日が近づきます。
3月の「のびのび」は、バレンタインを再び?
P1010078.JPG
なんと、チョコレートでお家を作っちゃいます。
昨年度も挑戦していますが、チョコハウスは、もうお腹の中なので、
再建が必要ってことですね^^

******************************************
ブログとFacebookの連携を設定してみました。
まだ、試行中です・・・・このブログはテスト投稿を兼ねています。
上手くいくかな〜
Posted by のびのび at 20:52 | 就労支援 | この記事のURL | コメント(0)
桜、さくら・・・[2009年03月23日(Mon)]
佐賀での研修も最終日。

 最初は、長い3日間のように感じていましたが、いざ、終わりを迎えるとその早さに驚きます。それだけ、学びの多いセミナーでした。しかも、日本の自閉症支援のエキスパートの先生方も大勢いらっしゃっていて、参加者にとっては、篤姫のオールキャスト揃う以上に刺激的な会場でした。

 「佐賀の桜はどうですか?」と尋ねられて・・・え〜っと、さくらは・・・どこにある?
   と注意してみると、ありました、ありました。
 さすがに、咲いていますね。
 満開とはいきませんが、七分咲きってとこでしょうか。
 でも、今日は生憎の雨模様です。

 ちょっと寒いですが、会場は、3日間も熱気でムンムン。

 今日は、発達障害の子ども達が成人期を迎える前に、どう就労支援に結びつけるのか、そのためのアセスメント(課題評価)の重要性を学びました。発達障害の子ども達は、その特性を理解されずに周囲に馴染めず二次障害となり、不登校や引きこもり、うつになることがあります。でも、理解ある人の中では、実に自分らしさを発揮してイキイキと生活できます。そして、その理解のある人は口々に、「AA君が、いてくれると学校が楽しい」と言われます。他の人と異なる価値観などが、周りにとっても新鮮で、ワクワクするような日々を経験できるようです。それが、就労の場であっても、発達障害の人が就労でき、しかも継続して就労できる職場では、職場の方々は、発達障害のあるAAさんがいてくれて仕事が楽しい、いてくれなくては困る存在と感じられるそうです。そんな現場の声を紹介してくださって、全日程を終了しました。実り多きセミナーでした。
Posted by のびのび at 00:02 | 就労支援 | この記事のURL | コメント(0)
佐賀での研修2日め[2009年03月21日(Sat)]
3日間のセミナーの2日目です。

 自閉症の特性からはじまって、就労のための課題分析についての内容になっています。ワークショップということになっているので、実習もあります。この実習は、3日目に予定されているようで・・・。

 初日は、まだついて行けましたが、さすがに2日目からレベルアップしてきて、だんだん、高度な領域に入っていきました。正直、気が遠くなりそうです。でも、自分ひとりかな〜と小さくなっていたら、どうも、周りもお仲間のようで、休憩時間に突入と同時に大きなため息が漏れています。
 確かに難しく高度な内容ですが、これを何回も繰り返すことで、きっと自分の知識に結びつくものと信じています。今日は、セミナー終了後に、懇親会がありまして、全国の方々と交流を図ってきました。今回、島根県からが5人の参加があって、他県の方も驚かれていました。島根の支援力も、これからグ〜ンとレベルアップすること間違いなしです!
Posted by のびのび at 22:35 | 就労支援 | この記事のURL | コメント(0)
佐賀に遠征中[2009年03月20日(Fri)]
ただ今、佐賀に滞在中です。

自閉症の支援は、国際的にはアメリカのノースカロライナが先進地と言われています。

 そこで学んだ先生方が、日本各地にいらっしゃって、その地域は、日本の先進地と言えるかもしれません。そして、佐賀市もそのひとつです。
 今回、ノースカロナイナから講師陣をお迎えして、就労支援のための課題分析を学ぶために、全国各地からいろんな方々が、佐賀市に集結しています。今回は、成人になる頃にどう就労につなぐのか、その分析を行うためのツールを学んでいます。
 でも、発達障害児支援サークル「のびのび」は、親の会であり、就労支援なんて専門的なことを行うことはありません。

では、なぜ、参加してるの?

 確かに素人集団の「のびのび」が、そんな領域に手を出すことはできません。ただ、日常生活の行動を親の視点で分析する中で、就労のチャンスを見逃さないように手助けができないかって考え、セミナーに参加しています。そんな意気込みで参加したものの、やっぱりなかり高度です。専門用語もさっぱり??グループ討議もありました。
「申し訳ないです。素人なもんで、さっぱり分からないんです。」
「実は私もなんです」と他の参加者から。

そうっか。みんな、分からないから、勉強に来てるんだ!

ちょっと気が楽にんなり、残りの2日間のセミナーへの参加意欲が高まっています。
Posted by のびのび at 21:57 | 就労支援 | この記事のURL | コメント(0)