CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
発達障害児支援サークル「のびのび」/2004年12月1日発足

発達障がいのある子を持つ親の会として発足し、子ども達が笑顔で暮らし続けることができる社会の実現を夢みて活動しています。調理や創作活動を通じて、成功体験を積み重ねることで、自立のきっかけづくりを目指しています。

« 見えないから見えたもの | Main | 自律神経失調症? »
プロフィール

発達障害児支援サークル「のびのび」さんの画像
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
リンク集
最新コメント
のびのび
★が消えちゃった! (04/30) m.oe
★が消えちゃった! (04/30) 島田@のびのび
県民いきいき活動奨励賞 (03/16) はらふみゆき
県民いきいき活動奨励賞 (03/16) のびのび
受賞の興奮が、まだ続いています。 (11/15) 虹っ子広場
受賞の興奮が、まだ続いています。 (11/12) のびのび
島根は、鳥取の左側です。 (10/11)
島根は、鳥取の左側です。 (10/06) のびのび
何気ない行動にみえても・・・ (09/13) 虹っ子広場
何気ない行動にみえても・・・ (09/09)
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/nobinobi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nobinobi/index2_0.xml
温度差[2017年07月13日(Thu)]
埼玉県の研修所で、研修を受講していました。
近代的な建物で、中庭側が全面窓ガラスで、日が燦々と降り注いでいます…。


なんて、呑気なことを言っている場合では…。
この暑さで太陽の日が直接入ってくるんです。
建物全体が熱波で包まれているような状態です。
室温は、30度をはるかに超えている!
研修会場は、研修開始と同時にエアコンのスイッチが入れられ、
徐々に冷えていきますが、
これが運の悪いことに冷気の通り道にあたる位置の席でした。
今度は、冷えすぎの状態。
休憩時間にトイレに行けば、また熱波。
この温度差って、堪えます。
感覚過敏の方には、もっと堪え難い環境なんでしょうね。
Posted by のびのび at 10:09 | 生活環境 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/nobinobi/archive/538
コメントする
コメント