CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
発達障害児支援サークル「のびのび」/2004年12月1日発足

発達障がいのある子を持つ親の会として発足し、子ども達が笑顔で暮らし続けることができる社会の実現を夢みて活動しています。調理や創作活動を通じて、成功体験を積み重ねることで、自立のきっかけづくりを目指しています。

« 合理的配慮 | Main | 温度差 »
プロフィール

発達障害児支援サークル「のびのび」さんの画像
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
リンク集
最新コメント
のびのび
★が消えちゃった! (04/30) m.oe
★が消えちゃった! (04/30) 島田@のびのび
県民いきいき活動奨励賞 (03/16) はらふみゆき
県民いきいき活動奨励賞 (03/16) のびのび
受賞の興奮が、まだ続いています。 (11/15) 虹っ子広場
受賞の興奮が、まだ続いています。 (11/12) のびのび
島根は、鳥取の左側です。 (10/11)
島根は、鳥取の左側です。 (10/06) のびのび
何気ない行動にみえても・・・ (09/13) 虹っ子広場
何気ない行動にみえても・・・ (09/09)
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/nobinobi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nobinobi/index2_0.xml
見えないから見えたもの[2017年07月03日(Mon)]
この時期、全国的に「社会を明るくする運動」協議会が開かれるのではないでしょうか。
地元での協議会では、記念講演があり、
視覚障がいの方のご講演でした。

見えないから、見えたものー。

「普通」であることの幸福感。
命の大切さ。
子育ての原点。
いろいろなことを考えさせられる素敵なお話しでした。

子どもは、親を選べない。
だから、親で、その生き方が決まる!
ジーンと響くひと言でした。
Posted by のびのび at 18:00 | 支援のネットワーク | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/nobinobi/archive/537
コメントする
コメント