CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
発達障害児支援サークル「のびのび」/2004年12月1日発足

発達障がいのある子を持つ親の会として発足し、子ども達が笑顔で暮らし続けることができる社会の実現を夢みて活動しています。調理や創作活動を通じて、成功体験を積み重ねることで、自立のきっかけづくりを目指しています。

« すっかり定番活動 | Main | 合理的配慮 »
プロフィール

発達障害児支援サークル「のびのび」さんの画像
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
リンク集
最新コメント
のびのび
★が消えちゃった! (04/30) m.oe
★が消えちゃった! (04/30) 島田@のびのび
県民いきいき活動奨励賞 (03/16) はらふみゆき
県民いきいき活動奨励賞 (03/16) のびのび
受賞の興奮が、まだ続いています。 (11/15) 虹っ子広場
受賞の興奮が、まだ続いています。 (11/12) のびのび
島根は、鳥取の左側です。 (10/11)
島根は、鳥取の左側です。 (10/06) のびのび
何気ない行動にみえても・・・ (09/13) 虹っ子広場
何気ない行動にみえても・・・ (09/09)
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/nobinobi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nobinobi/index2_0.xml
授業の支援[2016年11月10日(Thu)]
のびのびっ子への支援のひつととして、
授業の一コマの中で
どういう目的で何をして、どうなったら終わりということを
具体的に示してほしいとお願いしたものです。
そして、それは、ある意味バリアフリーだから
誰にとってもプラスになると説明していました。

あれから10年!

とある機会で学校に行く機会がありました。
嬉しいです。
黒板に、あるんですよー😀

今日のめあて
〇〇〇〇をします
大丸2大丸2︎をします
ふりかえり

って、書いているんです。

特別支援が特別ではなく、普通に誰にとっても良い環境づくりが
しっかり実践されているんですね。おやゆびサイン
Posted by のびのび at 18:31 | 特別支援 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/nobinobi/archive/535
コメントする
コメント