CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
発達障害児支援サークル「のびのび」/2004年12月1日発足

発達障がいのある子を持つ親の会として発足し、子ども達が笑顔で暮らし続けることができる社会の実現を夢みて活動しています。調理や創作活動を通じて、成功体験を積み重ねることで、自立のきっかけづくりを目指しています。

« PONTA | Main | 日本財団CANPAN/東北地方太平洋沖地震支援基金 »
プロフィール

発達障害児支援サークル「のびのび」さんの画像
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
リンク集
最新コメント
のびのび
★が消えちゃった! (04/30) m.oe
★が消えちゃった! (04/30) 島田@のびのび
県民いきいき活動奨励賞 (03/16) はらふみゆき
県民いきいき活動奨励賞 (03/16) のびのび
受賞の興奮が、まだ続いています。 (11/15) 虹っ子広場
受賞の興奮が、まだ続いています。 (11/12) のびのび
島根は、鳥取の左側です。 (10/11)
島根は、鳥取の左側です。 (10/06) のびのび
何気ない行動にみえても・・・ (09/13) 虹っ子広場
何気ない行動にみえても・・・ (09/09)
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/nobinobi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nobinobi/index2_0.xml
県民いきいき活動奨励賞[2011年03月14日(Mon)]

なんと!今年度、2回目の表彰です!!
島根県から「県民いきいき活動奨励賞」をいただきました。
そして、今日は、その表彰式。
溝口県知事直々に、表彰状をいただいたところです。



そして、記念撮影で、
知事を囲んで、代表と広報のスリーショット。
とても、記念に残る一日です。

「のびのび」以外にも9団体の方々が表彰され、島根の底力を感じます。たとえば、島根県電気工事工業組合さんは、電気工事で出る廃材を集めて、その銅部分を売ることで得た収益をご寄付されているそうで、地域が地域を支えることの素晴らしさを改めて知るきっかけとなった表彰式だったと感じています。

Posted by のびのび at 21:11 | 事務局だより | この記事のURL | コメント(2)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/nobinobi/archive/445
コメントする
コメント
はら 様

コメントをありがとうございます。
益田から松江となると、その移動距離に疲れが残る年齢となってしまいましたが、
こんな素敵なことなら、足も軽やかに・・・って感じでした。
そして、島根のほかの方々の活動も知ることができ、とても有意義な一日でした。
実は、東北地方には、「のびのび」を応援してくさっている方が多く、
みなさん、ご無事なことは分かったのですが、
これからのことを思うととても心配しています。
でも、西日本から元気を送りたいと思っています。
そのエネルギーにもなる賞をありがとうございました。
Posted by:島田@のびのび  at 2011年03月16日(Wed) 21:33

改めておめでとうございます。「のびのび」に関わるみなさん全部が笑顔で喜んでおられることでしょう。それにしても東日本大震災、未曾有の災害です。その笑顔をさらに発信され、いろいろな面で島根からも元気を発信してまいりましょう。
Posted by:はらふみゆき  at 2011年03月16日(Wed) 13:12