CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
発達障害児支援サークル「のびのび」/2004年12月1日発足

発達障がいのある子を持つ親の会として発足し、子ども達が笑顔で暮らし続けることができる社会の実現を夢みて活動しています。調理や創作活動を通じて、成功体験を積み重ねることで、自立のきっかけづくりを目指しています。

プロフィール

発達障害児支援サークル「のびのび」さんの画像
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
リンク集
最新コメント
のびのび
★が消えちゃった! (04/30) m.oe
★が消えちゃった! (04/30) 島田@のびのび
県民いきいき活動奨励賞 (03/16) はらふみゆき
県民いきいき活動奨励賞 (03/16) のびのび
受賞の興奮が、まだ続いています。 (11/15) 虹っ子広場
受賞の興奮が、まだ続いています。 (11/12) のびのび
島根は、鳥取の左側です。 (10/11)
島根は、鳥取の左側です。 (10/06) のびのび
何気ない行動にみえても・・・ (09/13) 虹っ子広場
何気ない行動にみえても・・・ (09/09)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/nobinobi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nobinobi/index2_0.xml
活動休止のわけ[2017年10月26日(Thu)]
活動していないんですか?

と意外そうなお声かけをいただいています。

すですね。10年以上も活動してきたので、
そうおしゃっていただけると、ありがたいです。
多くの方々に支えられて来たことに、改めて感謝しています。


でも、時代の流れとともに、
親のニーズも大きく変わってきてきます。
活動の本来の目的h!親同士のネットワークだったのですが、
そこが大きく変わっていて、人が集まらない状況が続きました。
親が繋がっていないのに、
地域に向けて情報発信しても弱いと思い、
再び親の繋がりを求める声が上がるまで、休止としました。

でも、設立当時のメンバーは、薄くでもネットワーク継続してまして、
それぞれの近況報告をしあっています。
そして、のびのび同窓会の声が上がっています。
やっぱり、同じ悩みを持つ者同士の助け合いって、
一生の宝物です。
Posted by のびのび at 22:14 | 事務局だより | この記事のURL | コメント(0)
我が事 丸ごと って?[2017年08月27日(Sun)]
最近、「我が事」とか「丸ごと」という言葉を耳にしませんか?

国が、地域共生社会の実現を目指すとして、
その基本理念を象徴するキーワードとして表現されています。

でも、どの単語も、「なんのこと?」と聞き返したくなる単語では?

ひと昔前までは、同じ地域に住む人のことを
お互い心配しながら、
時には、支えながら、共助の環境の中、暮らしていたと思いませんか。
いつの間にか、公助や自助に、
その責任が求められ、だんだん地域社会が希薄になったと
言われる方々もいらっしゃいます。
それを再構築しようというもが、地域共生社会らしいです。
でも、一度、壊れたものを取り戻すことは至難の技かもしれません。

ある意味では、
のびのびが訴えてきた、障害に対する地域の理解が進むと、
当事者だけでなく、
誰もが暮らしやすくなる環境だと思っています。

市民後見人制度でも、
同様の地域の理解というものが求められているようです。
それぞれ共通する考え方も多いので、
丸ごとの理念に沿って、
みんなで力や知恵を出し合って、
みんなが主役になれる社会を実現させましょう!
Posted by のびのび at 21:05 | 就労支援 | この記事のURL | コメント(0)
自律神経失調症?[2017年08月13日(Sun)]
自律神経失調症って、どんなもの?

とメールがありました。

専門家でもないし、
間違ったことも言えないし、
なかなか説明が難しい。

ネットで情報を得て、
誤解が生じないように説明したのですが......

「たぶん、それだと思う」と返事。

うまく付き合ってね。
Posted by のびのび at 13:00 | 生活環境 | この記事のURL | コメント(0)
温度差[2017年07月13日(Thu)]
埼玉県の研修所で、研修を受講していました。
近代的な建物で、中庭側が全面窓ガラスで、日が燦々と降り注いでいます…。


なんて、呑気なことを言っている場合では…。
この暑さで太陽の日が直接入ってくるんです。
建物全体が熱波で包まれているような状態です。
室温は、30度をはるかに超えている!
研修会場は、研修開始と同時にエアコンのスイッチが入れられ、
徐々に冷えていきますが、
これが運の悪いことに冷気の通り道にあたる位置の席でした。
今度は、冷えすぎの状態。
休憩時間にトイレに行けば、また熱波。
この温度差って、堪えます。
感覚過敏の方には、もっと堪え難い環境なんでしょうね。
Posted by のびのび at 10:09 | 生活環境 | この記事のURL | コメント(0)
見えないから見えたもの[2017年07月03日(Mon)]
この時期、全国的に「社会を明るくする運動」協議会が開かれるのではないでしょうか。
地元での協議会では、記念講演があり、
視覚障がいの方のご講演でした。

見えないから、見えたものー。

「普通」であることの幸福感。
命の大切さ。
子育ての原点。
いろいろなことを考えさせられる素敵なお話しでした。

子どもは、親を選べない。
だから、親で、その生き方が決まる!
ジーンと響くひと言でした。
Posted by のびのび at 18:00 | 支援のネットワーク | この記事のURL | コメント(0)
合理的配慮[2016年11月23日(Wed)]
障害者差別解消法の施行で、
同じ社会の一員として、みんなが配慮すべきこととして
合理的配慮というものが重要視されています。
内閣府のウェブサイトにも紹介さてれいますが・・・・
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/jirei/

自閉症スペクトラムもADHDもLDも、発達障害というカテゴリーなんですよね。
確かに、こういう形でくくられるこよが多いですが、
それぞれの障がいでー。
もっと深く分析すれば、ひとりひとり必要な支援は異なるはず。
合理的配慮ということを意識しすぎて、
その人にとって必要な配慮が抜け落ちないようにしたいものです。
Posted by のびのび at 17:07 | 支援のヒント | この記事のURL | コメント(0)
授業の支援[2016年11月10日(Thu)]
のびのびっ子への支援のひつととして、
授業の一コマの中で
どういう目的で何をして、どうなったら終わりということを
具体的に示してほしいとお願いしたものです。
そして、それは、ある意味バリアフリーだから
誰にとってもプラスになると説明していました。

あれから10年!

とある機会で学校に行く機会がありました。
嬉しいです。
黒板に、あるんですよー😀

今日のめあて
〇〇〇〇をします
大丸2大丸2︎をします
ふりかえり

って、書いているんです。

特別支援が特別ではなく、普通に誰にとっても良い環境づくりが
しっかり実践されているんですね。おやゆびサイン
Posted by のびのび at 18:31 | 特別支援 | この記事のURL | コメント(0)
すっかり定番活動[2016年11月03日(Thu)]
image.jpeg

4年連続の受賞となりました。
熱中症予防声かけ活動️
なんと、今年は最優秀企画賞でした。昨年は、最優秀声かけ賞だったので、
2年連続の最優秀賞です。
発達障害も呼びかけることで、理解が浸透するように活動し、
その声かけに共通したものを感じ、熱中症予防声かけ活動に参画しています。
今年は、オリジナル切手を作って、メッセージカードで
大切な人への呼びかけを促す活動でした。
実質は、市の保健師さんに呼びかけをお願いし、
のびのびは、備品を揃えただけだったのですが…。

image.jpeg

来年もこの舞台に戻ってきたいですね。
そして、市の保健師さんと一緒に舞台に立ちたいと思っています。

Posted by のびのび at 16:15 | 事務局だより | この記事のURL | コメント(0)
ホームページ再稼働[2016年10月22日(Sat)]
http://snobinobi.webcrow.jp/
新しいURLです。
ネットの世界ほど、グローバルなものはないのかもしれませんね。
レンタルしていたサーバがサイバー攻撃を受け、
全くの再起不能な状態でした。
再起の目処がつかないので、また新しいサーバをレンタルして、
データを再構築中です。
まだ、完全ではありませんが、
徐々に作動していますので、引き続きよろしくお願いします。
Posted by のびのび at 13:44 | 事務局だより | この記事のURL | コメント(0)
またもや台風接近中[2016年09月19日(Mon)]
台風16号の影響が心配です。
お天気は、もちろん、気圧の変動で、
特に自閉症スペクトラムの方は、体調を崩しやすい傾向にあります。
それでもなくても、運動会などで日常とは違う日程の中、
天候の変動によって、どんどん変更を余儀なくされることにも
つらい思いをしている子供たちも少なくないことでしょう。
ぜひ、周囲の皆さんのご理解をお願いいたします。
Posted by のびのび at 10:14 | 生活環境 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ