CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
日本音楽財団 団体ブログ
« 楽器貸与事業 | Main | 演奏会事業 »
<< 2012年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
日本財団ランチタイムコンサート係
リンク追加 日本財団ランチタイムコンサートブログ (06/27)
音楽財団事務局
「親子でコンサート」2006年5月ご招待 (12/05)
日本財団 及川
「親子でコンサート」2006年5月ご招待 (05/17)
音財 O村
音楽財団ブログの開設です (05/11)
東北太鼓連合より感謝状[2012年10月02日(Tue)]
img-X02093534-0001.jpg

9月30日、日本太鼓財団主催の「第16回日本太鼓全国フェスティバル」(郡山ユラックス熱海)が開催され、開会式の席上、東北太鼓連合の渡部世一会長から、被災した東北地方などの太鼓団体を支援した日本音楽財団に対して、直接感謝状が手渡されました。

日本音楽財団は、保有していたヴァイオリンの名器「レディ・ブラント」の売却額全額を日本財団に寄付しました。

日本財団はこの寄付を、他の寄付と区別して使途を明瞭にするため、2011年7月に「地域伝統芸能復興基金」(通称、まつり基金)を創設しました。そして、被災された方々の精神面からの復興を目指して、7月26日に岩手県釜石市の釜石虎舞保存連合会に対して、山車の作成資金を最初の支援として決定しました。
その後は、祭りに欠かせない太鼓の多くが津波の被害にあっていることから、太鼓の新規製作、修理費用を支援してきています。

太鼓に関しては、いままでに福島県、宮城県、岩手県、青森県、秋田県、山形県の東北6県全てに加え、積極的な現地調査の結果、茨城県でも1団体が被災されていることが分かり、支援を行いました。

現在までの太鼓に関する支援実績は以下の通りです。

無題.png
Posted by 音楽財団事務局 at 09:42 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ストラディヴァリウス売却金を寄付[2011年08月01日(Mon)]

日本財団笹川陽平会長 日本音楽財団塩見和子理事長


ストラディヴァリウス売却金を寄付


日本音楽財団は、6月20日に史上最高値で売却されたストラディヴァリウス1721年製ヴァイオリン「レディ・ブラント」の売却金11億6,871万6,332円を7月25日、日本財団の「東日本大震災支援基金」に全額寄付いたしました。

7月29日には、日本財団(笹川陽平会長)から感謝状を頂きました。

日本財団では、今回の日本音楽財団からの寄付金を元に、被災地復興の原動力とするため「地域伝統芸能復興基金」を設立し、大震災で大きな打撃を受けた東北地方の伝統の祭りや伝統芸能の再生に取り組んでいくことになりました。「地域伝統芸能復興基金」の詳細は日本財団のホームページ及びニュースリリース等で公開されます。

「レディ・ブラント」は詩人として有名なバイロンの孫娘のレディ アン・ブラントが所有していたことからこの名前で呼ばれている名器で、アシュモレアン博物館所有の1716年製「メシア」1690年製「タスカン」と同様、保存状態が非常に優れており、製作当時の姿を現在にとどめる極めて貴重な楽器です。


日本財団 東日本大震災復興支援基金
http://road.nippon-foundation.or.jp/

Posted by 音楽財団事務局 at 15:22 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
衛星ラジオ局MUSICBIRDで、音楽財団のコンサートを放送![2010年12月27日(Mon)]
メガホンTOKYO FMグループの超高音質CS衛星デジタルラジオ、MUSICBIRDで、日本音楽財団のライヴ録音の音源を使用した番組が放送されます!


THE CLASSIC SPECIAL 
ストラディヴァリウス・コンサート

2011年2月27日(日)18:00〜20:30 
再放送 2011年3月5日(土)12:00〜14:30


「ストラド&デル・ジェス コンサート2010〜2つの1736年製ヴァイオリン ムンツ〜」
プログラムなどコンサートの詳細については過去ブログ

「Encounter with Stradivari 2010/ルーヴル美術館」
プログラムなどコンサートのコンサート詳細については過去ブログ


番組内で、放送されるCDを各10名にプレゼントしますプレゼント>
なお、ライヴ録音はすべて日本音楽財団によってCD化されていますが、非売品です。



MUSICBIRDはTOKYO FMグループの超高音質CS衛星デジタルラジオ。 クラシック、ジャズ、KAYO-ENKAなどジャンル別に10のチャンネルがあり、 これを聴くには専用のチューナーとアンテナが必要です。

チューナーとアンテナを無料でレンタルする 「PCM Fun Club」の会員募集中

お問合せは03−3261−8180
http://www.musicbird.jp/
Posted by 音楽財団事務局 at 10:50 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本財団助成「海の日記念チャリティコンサート」のお知らせ[2010年07月16日(Fri)]



日本財団が2010年度から新たに支援を開始する「海の日記念チャリティーコンサート」のお知らせです鐘

日本財団はイベントの開催費用を全額助成し、入場料収入すべてを地域の公益活動に寄付してもらう「チャリティーイベント」を支援しています。詳しくは、こちらをご覧下さい。


札幌交響楽団/北海道新聞社 7月23日(土)
http://www.sso.or.jp/2010/05/-with/

九州交響楽団/西日本新聞社 7月26日(月)
http://orchestra.musicinfo.co.jp/~kyukyo/kyukyoFiles/Concert/2010tokubetu/10summerfest.html

山形交響楽協会/山形放送・山形新聞社 7月28日(水)
http://www.yamakyo.or.jp/others/topics.cgi

東京フィルハーモニー交響楽団/朝日新聞社 8月20日(金)
http://www.tpo.or.jp/concert/detail-1965.html

  
  
Posted by 音楽財団事務局 at 09:39 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
衛星ラジオ局MUSICBIRDで、音楽財団のコンサートを放送![2010年07月01日(Thu)]
音量TOKYO FMグループの超高音質CS衛星デジタルラジオ、MUSICBIRDで、日本音楽財団の音源を使用した番組が放送されます!

ストラディヴァリウス・サマー・スペシャル
〜ストラディヴァリウスで聴くベートーヴェン〜


2010年7月31日(土)12:00〜16:00
再放送8月13日(金)12:00〜16:00



第1部:ストラディヴァリウス・コンサート

音符石坂団十郎&マルクス・シルマー デュオ・コンサート
1.ベートーヴェン/チェロ・ソナタ イ長調 Op69 第1楽章 初稿版
2.ベートーヴェン/チェロ・ソナタ ハ長調 Op102-1
3.ベートーヴェン/「恋人か女房か」による12の変奏曲 へ長調 Op66
4.ベートーヴェン/チェロ・ソナタ ト短調 Op5-2

  石坂団十郎
  (Vc:ストラディヴァリウス1696年製「ロード・アイレスフォード」)
  マルクス・シルマー(P)

(2010年2月19日トッパンホールでのライヴ録音、音源提供:日本音楽財団)


音符アラベラ・美歩・シュタインバッハー ヴァイオリン・リサイタル
1.ベートーヴェン/ヴァイオリン・ソナタ 第8番 ト長調 Op30-3
2.J.S.バッハ/シャコンヌ〜無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第2番 二短調 BWV1004
3.ベートーヴェン/ヴァイオリン・ソナタ 第5番 へ長調 Op24 「春」

 アラベラ・美歩・シュタインバッハー
 (Vn:ストラディヴァリウス1716年製「ブース」)
 占部由美子(P)

(2010年4月26日浜離宮朝日ホールでのライヴ録音、音源提供:日本音楽財団)


第2部:アラベラ・プレイズ・コンチェルト

音符シマノフスキ/ヴァイオリン協奏曲第1番Op35
ベルリン放送交響楽団 指揮:マレク・ヤノフスキ
音符ベルク/ヴァイオリン協奏曲「ある天使の思い出に」
音符ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op61
ケルン放送交響楽団 指揮:アンドリス・ネルソンス

アラベラ・美歩・シュタインバッハー
(Vn:ストラディヴァリウス1716年製「ブース」)



番組内で、第1部の石坂さん、シュタインバッハーさんのCDを各10名にプレゼントします拍手キラキラ
なお、第1部のライヴ録音はすべて日本音楽財団によってCD化されていますが、非売品です。



MUSICBIRDはTOKYO FMグループの超高音質CS衛星デジタルラジオ。 クラシック、ジャズ、KAYO-ENKAなどジャンル別に10のチャンネルがあり、 これを聴くには専用のチューナーとアンテナが必要です。

チューナーとアンテナを無料でレンタルする 「PCM Fun Club」の会員募集中

お問合せは03−3261−8180
http://www.musicbird.jp/
Posted by 音楽財団事務局 at 09:43 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
衛星ラジオ局MUSICBIRDで、音楽財団のコンサートを放送![2010年03月01日(Mon)]
音量TOKYO FMグループの超高音質CS衛星デジタルラジオ、MUSICBIRDで、日本音楽財団の音源を使用した番組が放送されます!


第1夜:ストラディヴァリウス・コンサートVol.1
2010年3月22日(月・祝)19:00〜22:00

第2夜:ストラディヴァリウス・コンサートVol.2
2010年3月23日(火)19:00〜22:00


春のミュージックバード祭り2010
MUSICBIRD TREASURE CLASSIC



第1夜:ストラディヴァリウス・コンサートVol.1

2010年3月22日(月・祝)19:00〜22:00



鐘 Duo Violin Concert
(2007年9月10日東京オペラシティコンサートホール)

出演:庄司紗矢香(Vn)、佐藤俊介(Vn)、林絵里(ピアノ)

音符ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ 第3番変ホ長調 作品12, No. 3 (庄司、林)
音符フランク:ヴァイオリンソナタ イ長調 (佐藤、林)
音符モシュコフスキ:2つのヴァイオリンとピアノのための組曲 作品71 (庄司、佐藤、林)




鐘 Encounter with Stradivari 2009
(2009年11月5日グラーツHelmut-List-Halle)

出演:東京クヮルテット、リサ・バティアシュヴィリ(Vn)、石坂団十郎(Vc)、有希 マヌエラ・ヤンケ(Vn)、エリック・シューマン(Vn)、バイバ・スクリデ(Vn)、竹澤恭子(Vn)、占部由美子(ピアノ)

音符 Handel-Halvorsen; Passacaglia
Baiba Skride (vn), 石坂団十郎 (vc)

音符 Henryk Wieniawski; Etudes-Caprices Op.18 No.1- No.4
No.1 and No.2 Lisa Batiashvili (1st vn), Erik Schumann (2nd vn)
No. 3 and No.4 Erik Schumann (1st vn), Lisa Batiashvili (2nd vn)

音符 Antonin Dvorak; Terzetto in C major Op.74 No.1-3
Lisa Batiashvili (1st vn), Yuki Manuela Janke (2nd vn)
磯村和英 (va)*

音符 Pablo de Sarasate; Navarra for Two Violins
竹澤恭子 (1st vn), Erik Schumann (2nd vn)
占部由美子 (ピアノ)

音符 Samuel Barber - Adagio for Strings, Op.11
東京クヮルテット

音符 Felix Mendelssohn-Bartholody; Octet in E-flat major Op. 20
Martin Beaver (1st vn), Baiba Skride (2nd vn), 竹澤恭子 (3rd vn),Yuki Manuela Janke (4th vn), 磯村和英 (1st va), 池田菊衛 (2nd va)* , Clive Greensmith (1st vc), 石坂団十郎 (2nd vc)

*ストラディヴァリウス1696年製ヴィオラ「アーキント」は英国王立音楽院のご厚意によりこの演奏会のためにお借りしています。



第2夜:ストラディヴァリウス・コンサートVol.2

2010年3月23日(火)19:00〜22:00



鐘 アラベラ・シュタインバッハー・リサイタルより抜粋 グリーグ&ラヴェル
(2006年5月29日浜離宮朝日ホール)

出演:アラベラ・シュタインバッハー(Vn)、ロベルト・クーレック(ピアノ)

音符グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ 第3番ハ短調Op.45
音符ラヴェル:ツィガーヌ


鐘 Encounter with Stradivari 2008
〜Nippon Music Foundation’s 35th Anniversary Concert〜
(2008年9月9日サントリーホール)

出演:東京クヮルテット、スティーヴン・イッサーリス(Vc)、石坂団十郎(Vc)、ヴィヴィアン・ハグナー(Vn)、庄司紗矢香(Vn)、セルゲイ・ハチャトリアン(Vn)、竹澤恭子(Vn)、アラベラ・美歩・シュタインバッハー(Vn)、エリック・シューマン(Vn)、有希マヌエラ・ヤンケ(Vn)、バイバ・スクリデ(Vn)、小林道夫(チェンバロ)、江口玲(ピアノ)

音符 ヴィヴァルディ:4つのヴァイオリンとチェロのための協奏曲 ロ短調 Op.3 No.10
(ソリスト) 竹澤恭子(Vn)、庄司紗矢香(Vn)、Erik Schumann(Vn)、Sergey Khachatryan(Vn)、石坂団十郎(Vc)
(オーケストラ) Arabella Miho Steinbacher(Vn)、Baiba Skride(Vn)、Viviane Hagner(Vn)、Yuki Manuela Janke(Vn)、Martin Beaver(Va*)、Steven Isserlis(Vc, viola part)、Clive Greensmith(Vc)、小林道夫(チェンバロ)
         
音符 C.P.E. バッハ:チェロ協奏曲 イ長調 第二楽章「Largo mesto」 
(ソリスト) 石坂団十郎(Vc)
(オーケストラ) 庄司紗矢香(Vn)、竹澤恭子(Vn)、Martin Beaver(Va*)、Clive Greensmith(Vc)、小林道夫(チェンバロ)
         
音符 J. ヴィートリス:ロマンス(ラトヴィアの楽曲)
Baiba Skride(Vn)、江口玲(ピアノ)

音符 E .バグダサリャン:ラプソディー(アルメニアの楽曲) 
Sergey Khachatryan(Vn)、江口玲(ピアノ)
         
音符ドビュッシー:弦楽四重奏曲 ト短調 Op. 10 第三楽章  
東京クヮルテット
        
音符 レオナード:3つのヴァイオリンとピアノのためのスペイン・セレナーデ 
Baiba Skride(Vn)、Viviane Hagner(Vn)、Yuki Manuela Janke(Vn)、江口玲(ピアノ)
         
音符 J.S. バッハ:二つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043
(ソリスト) Viviane Hagner(Vn)、Arabella Miho Steinbacher(Vn)
(オーケストラ) Erik Schumann(Vn)、竹澤恭子(Vn)、Martin Beaver(Va*)、Steven Isserlis(Vc)、小林道夫(チェンバロ) 
         
音符 ブロッホ:ユダヤ人の生活から  
Steven Isserlis(Vc)、江口玲(ピアノ)
         
音符 メンデルスゾーン:弦楽八重奏曲 変ホ長調 Op. 20
Viviane Hagner(Vn)、庄司紗矢香(Vn)、Arabella Miho Steinbacher(Vn)、Yuki Manuela Janke(Vn)、磯村和英(Va)、池田菊衛(Va*)、Steven Isserlis(Vc, viola part)、Clive Greensmith(Vc)
        
*ストラディヴァリウス1696年製ヴィオラ「アーキント」は英国王立音楽院のご厚意によりこの演奏会のためにお借りしています。




キラキラコンサートのライヴ録音はすべて日本音楽財団によってCD化されていますが、非売品です。今回は番組内で放送されるコンサートのCDをプレゼントしますキラキラ




MUSICBIRDはTOKYO FMグループの超高音質CS衛星デジタルラジオ。 クラシック、ジャズ、KAYO-ENKAなどジャンル別に10のチャンネルがあり、 これを聴くには専用のチューナーとアンテナが必要です。

チューナーとアンテナを無料でレンタルする 「PCM Fun Club」の会員募集中

お問合せは03−3261−8180
http://www.musicbird.jp/
Posted by 音楽財団事務局 at 13:34 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
衛星ラジオ局MUSICBIRDで、音楽財団の主催コンサートを放送![2009年11月30日(Mon)]
TOKYO FMグループの超高音質CS衛星デジタルラジオ、MUSICBIRDで、日本音楽財団の音源を使用した番組が放送されます!

ニューイヤー・ストラディヴァリウス・スペシャル 

≪エリック・シューマン ヴァイオリン・コンサート≫


2010年1月2日(土)12:00〜13:00 

再放送 1月11日(月・成人の日)17:00〜18:00

出演:田中美登里



1.シューマン/幻想曲 ハ長調Op131(15’38”)

2.ブラームス/ヴァイオリン・ソナタ第3番二短調Op108(21’25”)

3.ヴィエニャフスキ/華麗なるポロネーズ(大二重奏曲)第1番ニ長調Op4(5’25”)



エリック・シューマン(Vn)

占部由美子(P)

(2009年8月27日浜離宮朝日ホールでのライヴ録音、音源提供:日本音楽財団)



MUSICBIRDはTOKYO FMグループの超高音質CS衛星デジタルラジオ。 クラシック、ジャズ、KAYO-ENKAなどジャンル別に10のチャンネルがあり、 これを聴くには専用のチューナーとアンテナが必要。

チューナーとアンテナを無料でレンタルする
「PCM Fun Club」の会員募集中

お問合せは03−3261−8180
http://www.musicbird.jp/
Posted by 音楽財団事務局 at 14:17 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
リンク追加 日本財団ランチタイムコンサートブログ[2007年06月27日(Wed)]
リンク先をひとつ追加しましたのでお知らせいたします音量
その名も「日本財団ランチタイムコンサートブログ」!毎月第2・4水曜日の12:10〜12:50(40分程度)、当財団も入居している、日本財団ビル(東京都港区赤坂1-2-2)の1階ロビー、バウ・ルームにて、素敵な音楽をお届けしています音符

お昼を食べながらお聴きいただけますので、近隣の方はぜひご来場下さい。お待ちしていますピアノ

Posted by 音楽財団事務局 at 13:15 | その他 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
欧州ツアー"Encounter with Stradivari"大成功でした![2006年10月20日(Fri)]
更新がしばらく滞ってしまいましたすいませんそして、いつの間にか注目ブログに選ばれていて驚きです桃太郎ありがとうございます。

以前このブログでもご紹介した、当財団の楽器貸与者11人とピアニストによる演奏ツアー「Encounter with Stradivari 2006」が、大成功のうちに無事終了いたしました拍手

10月5日はベルギーのブリュッセルにて、世界的な音楽コンクールとして名高いQueen Elisabeth Competitionとの共催。当財団は、同コンクールのヴァイオリン部門優勝者に、ストラディヴァリウス「ハギンス」を貸与しています。

10月9日はチェコのプラハにて、世界の有識者を集めて開かれる会議Forum2000との共催で行われました。Forum2000は、チェコのハヴェル前大統領、ノーベル賞受賞者エリ・ヴィーゼル氏、そして日本財団の笹川陽平会長が共に創始した会議で、今年で10周年を迎えます。

どちらのコンサートでも満場の拍手をいただきました!
ブリュッセルでは、ファビオラ王妃もご臨席下さり、大変喜ばれたとのこと。プラハでは、ハヴェル前大統領、笹川会長が、コンサートのあとわざわざ演奏家に声をかけに来て下さいました。

まずは写真をご覧下さい!プラハ会場 Church of Sts. Simon & Judaでの、八重奏の演奏風景です。古い建物なのでしょうが、響きが豊かで内装も重厚でした。
ツアーに関して、追っていろいろとご報告しますキラキラ

photo by Jiri Hubac
Posted by 音楽財団事務局 at 12:53 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
メンデルスゾーンとヨアヒム[2006年09月19日(Tue)]
メンデルスゾーン・チャリティ・ガラ・コンサートに関連して、クルト・マズア氏の指揮でソリストとして出演する庄司紗矢香さんに当財団が貸与している1715年製ストラディヴァリウス・ヴァイオリンを使用していた演奏家、ヨーゼフ・ヨアヒムメンデルスゾーンの関係をご紹介します。

Felix Bartholdy Mendelssohn (1809-1847)
Joseph Joachim (1831-1907) 

1843年にライプツィヒ音楽院が開校、開校を働きかけたメンデルスゾーンが初代院長となりました。ヨアヒムは同年春ウィーンからライプツィヒに移り、同音楽院でメンデルスゾーンの影響を受けます。

メンデルスゾーンは、当時12歳であった才能溢れるヨアヒムに対して もはやヴァイオリンを教える必要はなく、助言と批評を与えるだけで充分だと判断し、作曲の勉強をするよう勧めました。また二人はしばしば二重奏曲を演奏し、ヨアヒムの芸術性に非常に大きな影響を与えたとされています。

ヨアヒムは43年8月ゲヴァントハウスの演奏会で、クララ・シューマン、メンデルスゾーンらと共演しライプツィヒにデビュー。また、メンデルスゾーンはロンドンの演奏会プロモーターにヨアヒムを神童として推薦し、ヨアヒムはイギリスの聴衆から生涯にわたり絶大な人気を得ました拍手

ヨアヒムはライプツィヒ音楽院での修行時代を終えたあと、ワイマールのフランツ・リストのもとでコンサートマスターとしての仕事を始めます。しかし自らの古典への嗜好や、メンデルスゾーンから受けた教育の結果としてリストらの新音楽には相容れないものを感じ、メンデルスゾーンの流れを汲むロマン派の巨匠シューマンブラームスとの親交を深めていくことになりました。


こうして歴史を見てみますと、この記念すべきガラ・コンサートに庄司さんがヴァイオリン「ヨアヒム」で演奏するのは大変意義深いものであることがわかります。



出典:The New GROVE Dictionary of Music and Musicians(1995、講談社)
photo by Christophe Abrarowitz
Posted by 音楽財団事務局 at 12:54 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール

日本音楽財団さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/nmf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nmf/index2_0.xml