CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
日本音楽財団 団体ブログ
« 竹澤恭子 ヴァイオリン・リサイタル | Main | 竹澤恭子&江口玲チャリティーコンサート »
<< 2012年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
日本財団ランチタイムコンサート係
リンク追加 日本財団ランチタイムコンサートブログ (06/27)
音楽財団事務局
「親子でコンサート」2006年5月ご招待 (12/05)
日本財団 及川
「親子でコンサート」2006年5月ご招待 (05/17)
音財 O村
音楽財団ブログの開設です (05/11)
2010年2月2日(火)竹澤恭子&江口玲 チャリティーコンサート[2010年01月26日(Tue)]
「オーケストラ・アンサンブル金沢福祉コンサート」実施支援
2010年2月2日(火)
竹澤恭子&江口玲 チャリティーコンサート



日本音楽財団では助成金事業としてチャリティーコンサートを支援しております。

今回は当財団所有のストラディヴァリウス1710年製ヴァイオリン「カンポセリーチェ」を使用されている竹澤恭子さんとピアニストの江口玲さんをお迎えして、石川県立音楽堂邦楽ホールにて「オーケストラ・アンサンブル金沢 福祉コンサート」のためのチャリティーコンサートを行います。



「オーケストラ・アンサンブル金沢 福祉コンサート」

 昨今では設備の整った演奏会会場が各地に建設され、そこで開催される演奏会の質と回数には目を見張るものがあります。そして演奏会に出向きさえすれば誰でも気楽に音楽のもたらす感動に浸ることが出来るのです。

 そう、「演奏会に出向きさえすれば」、です。
 言葉にすれば簡単なのですが、大きな困難を伴う方々がいらっしゃいます。

 知的な障害を持った方々は演奏会において、その鋭い感性が命ずるままに、演奏中でも、歓声、拍手、身振りなど溢れ出るままにその感動を率直に表現します。演奏者にとって喜び以外のなにものでもないこの感動の発露も、静かな鑑賞環境を要求される一般の会場においては、他の来場者の迷惑になるとして敬遠されます。

 身体的な障害を持った方々は、入退場における介助の必要性、車椅子での鑑賞設備の不足、長時間座席に座り続けることによって伴う苦痛、など様々な困難が伴います。

 オーケストラ・アンサンブル金沢では、障害を持った方々に可能な限り良好な鑑賞環境を提供する「福祉コンサート」を実地しています。



≪プログラム≫
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ「F.A.E.のソナタ」(第3楽章スケルツォ)
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調Op.100
サン=サーンス:ハバネラOp.83
ドヴォルザーク/クライスラー:スラヴォニックファンタジー
バルトーク:ルーマニア民族舞曲
ワーグナー:ロマンツァ
サラサーテ:チゴイネルワイゼンOp.20

出演:竹澤恭子(ヴァイオリン)
    ストラディヴァリウス1710年製「カンポセリーチェ」を使用
    江口玲

会場:石川県立音楽堂邦楽ホール
全席自由 一般4,000円 (OEK定期会員3,000円)
開場:18:30
開演:19:00

チケットのお求めはコチラ
お問い合わせ:石川県立音楽堂チケットボックス 076-232-8632

主催:(財)石川県音楽文化事業団
特別協力:(財)日本音楽財団
協力:日本財団
Posted by 音楽財団事務局 at 10:00 | 演奏会事業 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/nmf/archive/42
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
土居 治 様

お返事がおそくなりましたが、2月2日の竹澤恭子さんと江口玲さんの演奏会については、ご感想を寄せていただき有難うございます。

私どもの日本音楽財団は、いまや個人では購入が不可能というほど高価になったストラディヴァリウスの楽器を無償で演奏家に貸与しております。その御礼に楽器貸与者には先日のようなチャリティコンサートに出演をいただいています。
次回の金沢開催は、いつとはお約束はできませんが、近い将来、ストラディヴァリウスの音色をお楽しみいただけるような企画を考えたいと思っております。

土居様のご健康とご活躍をお祈りいたしております。

日本音楽財団
理事長 塩見和子
Posted by:日本音楽財団  at 2010年02月19日(Fri) 11:24

寒い季節ではありましたが、日ごろ音楽会には今は少し足に不自由を感じる私でしたが、この会場は行き届いた環境にいつも訪ねさせていただいています

今回の音楽会は演奏者より、失礼ながら楽器の音色に興味を感じ、のこのこと出かけてまいりました

いつもは洋楽は反対側の洋楽ホールですが、なぜか今回は邦楽ホール
塩見女史のコメントに提灯がぶら下げてある会場に、思わず笑いこげてしまいました

楽器の音色は、音楽会のあとも友人たちとそのすばらしさに興奮が覚めやらぬ、特に低音の響きが今も心に残ります

帰宅時にロビーで杖をついた僕に優しく、足は大丈夫なのとお声かけしてくださった塩見様・・・
暖かい音色にも勝るお言葉にも感謝です・・・うれしかったです

僕はボランティアでは、来年夏までは、ロータリー富山・石川地区の全会員向けにガバナーの新聞を毎月書きます

塩見さんのような音楽を通じて社会に奉仕なされるお気持ちも会員の皆様にご紹介できれば、奉仕のあり方も楽しいのではと思っています

楽しい音楽会を本当にありがとうございました。


Posted by:土居 治  at 2010年02月05日(Fri) 05:05

プロフィール

日本音楽財団さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/nmf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nmf/index2_0.xml