CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
日本音楽財団 団体ブログ
« 音楽財団ブログの開設です | Main | 楽器貸与者Sergey KachatryanのリサイタルBS放送 »
<< 2012年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
日本財団ランチタイムコンサート係
リンク追加 日本財団ランチタイムコンサートブログ (06/27)
音楽財団事務局
「親子でコンサート」2006年5月ご招待 (12/05)
日本財団 及川
「親子でコンサート」2006年5月ご招待 (05/17)
音財 O村
音楽財団ブログの開設です (05/11)
「親子でコンサート」2006年5月ご招待[2006年05月17日(Wed)]
「親子でコンサート」招待、追加募集のお知らせ

-------------------------------------
日本音楽財団特別企画「親子でコンサート」
2006年5月ご招待のご案内 15組30名様
-------------------------------------
2006年5月29日(月)
“アラベラ・シュタインバッハ リサイタル”
*レセプション 18時〜 *演奏会 19時〜20時10分
浜離宮朝日ホール(東京都中央区築地5-3-2 電話03-5541-8710)
ヴァイオリン:アラベラ・シュタインバッハ ピアノ:ロベルト・クーレック
  グリーグ:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第3番 ハ短調 Op. 45
  ブラームス:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第3番 ニ短調 Op. 108
  ラヴェル:「ツィガーヌ」

  新緑の美しい季節になりました。5月のご招待は、当財団がストラディヴァリウス1736年製ヴァイオリン「ムンツ」を2005年より貸与しているアラベラ・シュタインバッハさんのリサイタルです。名演奏家を次々と世に送り出してきたミュンヘン音楽大学アナ・チュマチェンコ教授、著名なヴァイオリニスト イヴリー・ギトリスの愛弟子であるシュタインバッハさんは、今後ますますの活躍が期待される若手ヴァイオリニスト。名曲ぞろいの素敵なプログラムです。今月中旬でいったん締め切らせていただきましたが、追加で親子2名1組、『15組30名様』をご招待いたします。ふるってご応募下さい!

  参加ご希望の方はご返信メールに、@参加されるお子様のお名前Aお子様の年齢B保護者の方のお名前Cお電話番号を書いて 『2006年5月24日(水)必着』 でご返送下さい。必ず1組2名様でご応募いただきますようお願いいたします。希望者多数の場合には抽選で15組を決定させていただきます。

  当選された方には「当選通知」をお送りいたしますので、演奏会当日(5月29日)に浜離宮朝日ホール入り口の受付までご持参いただき、座席指定券と交換して下さい。皆様のご参加をお待ちしております!

 日本音楽財団では、クラシックファンの掘り起こしのための事業として、今回のような親子をご招待する事業を推進しております。今回ご応募いただいた皆様は「親子でコンサート事業に登録させていただき、今後ともコンサートの情報を直接お送りいたします。いただきました個人情報に関しましては当財団ホームページの個人情報に関する基本方針を厳守します。

 また、今回は応募されなくても、今後「親子でコンサート」事業への招待をご希望される方は、当財団ホームページの「新着情報」の「親子でコンサート事業登録者募集」にご登録をお願いいたします。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/nmf/archive/2
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
お返事ありがとうございます。
三浦君は東京フィルコンマスの三浦章広さんの息子さんだそうです。まだ13歳でこの間、ザハール・ブロン氏にも才能を認められたそうです。
将来が楽しみですね。まるで未来の樫本大進君!
Posted by:よしお  at 2006年12月06日(Wed) 21:08

コメントをいただき、ありがとうございました。楽器貸与は、演奏家ご本人からの申請書をもとに、年一回の楽器貸与委員会によって審査されます。詳細は、当財団ホームページをご覧下さい。 
Posted by:音楽財団事務局  at 2006年12月05日(Tue) 16:25

最近、メニューイン国際コンクールで二位だった三浦文彰君にぜひ、そちらの財団から楽器を貸与して下さらないでしょうか。彼の演奏をこのあいだ聴かせていただき大変すごいものを感じました。彼は現在徳永二男氏の愛弟子であるそうです。私は感動しました。
Posted by:よしお  at 2006年12月02日(Sat) 23:19

すばらしい記事をありがとうございます。これからもcanpanブログを音楽財団の発展に役立てていただければ幸いです。
Posted by:日本財団 及川  at 2006年05月17日(Wed) 16:18

プロフィール

日本音楽財団さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/nmf/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nmf/index2_0.xml