CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【05/23_ベンチャービジネス論 講義内容】 | Main | 【JMAA日本メディアアート協会】チャリティTシャツアート展_竹本さん・誉田さん・キースさんのお話し»
プロフィール

中村さんの画像
<< 2013年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
【起業家と会うシリーズ第一弾】株式会社リブセンス:村上社長 [2012年06月10日(Sun)]
こんにちは。
今回は【起業家と会うシリーズ第一弾】ということで
4月中旬にお会いした株式会社リブセンスの村上太一社長のお話しをしたいと思います。
実際にお会いしたのは4月とだいぶ先ですが、このブログの本質は【自分の目指したい人と会い、それを記事にする】ことなので、記事にさせていただきます。またアウトプットすることで自分自身が復習できることも狙っています。

株式会社リブセンスについてはこちら。

株式会社リブセンス


リブセンスさんは「ジョブセンス」というアルバイト検索サイトの運営会社で、実際にアルバイトが決まった人に対する『御祝い金制度』を業界で初めて導入したことで話題となりました。

現在では「ジョブセンス」の姉妹サイトである転職サイトの「ジョブセンスリンク」や賃貸サイトの「Door」など、メディア事業の先頭を走る企業です。

昨年には東証マザーズに上場を果たし、村上社長は史上最年少上場社長となりました。(ちなみに今まではサイバーエージェントの藤田社長がこの記録を保持していました)


そんな今勢いに乗るリブセンスの村上社長と4月中旬にお会いした時のお話しをしたいと思います。

以下の記事は【村上社長のスゴイとこ】を紹介します。
成功する社長像を僕なりに考えていきます。

***

【幸せから生まれる幸せ⇒理念の統一】
リブセンスさんの経営理念。それは「幸せから生まれる幸せ」です。
何と素敵な言葉なのでしょうか!
企業のスローガンでもある「文化となるWebサービス」をつくり、それを使うユーザーが幸せを感じることのできるまで良質のサービスを提供し続ける。これこそお客様のためのWebビジネスという形だと思います。

そんな村上さんですが、幼少の頃から「人を喜ばせること」が大好きだったみたいです。
「他人を喜ばせることができてはじめて自分が幸せになれる」というようなことを村上さんは何回も仰っていました。

他人のためにビジネスをするという姿勢が、村上社長には徹底されているのですね。


【理念や夢の言語化⇒戦略的に動く】
「自分の夢や理念は言語化して、より多くの人に話しておくといい」と仰っていました。
他人に話すことでそれが自分へのよいプレッシャーとなり、自分を刺激しながら前に進んで動いていけるということなのです。

ご自身も自身の夢や会社の理念などは、積極的に他人に自分の口で話しているとのことでした。

またもちろんビジネスとしての戦略も持ち合わせています。

「ジョブセンス」はアルバイトの求人サイトですが、競合他社にはリクルートやインテリジェンスなど、非常に大きい会社が立ちはだかっています。

そういった企業にリブセンスが勝つにはどうすればいいか、いわば“小が大に勝つ”ためにはどういう戦略で動けばいいかは常に考えているとのことでした。

例えばリクルートの場合を例に挙げると、あのように営業マンを多く抱えている会社だと、ビジネスモデルを固定ストック型でなく完全成果型にしてしまうと、その分営業マン分が負債になってしまう場合があります。
つまり“小”の場合は営業マンを少なくして完全成果報酬のビジネスモデルにシフトすることで、“大”との差別化を図ることができるということでした。

実際にリブセンスさんは「ジョブセンス」を成果報酬型に変更した2007年から、大きく業績を伸ばすことに繋がりました。


【謙虚⇒周りからの応援、自分を客観的にみる力】
直接会ってみて感じとった村上社長の雰囲気、「謙虚」の一言に尽きると思います。
ご本人も「自分はいやらしく見られないから、上場して目立っても『出た杭が打たれた』ことはない。むしろ応援してもらえる。」と仰っていたように、とても大らかな方だなと感じました。

下に僕とのツーショットの写真をアップさせていただきますが、この社長の優しそうな笑顔で少しでも雰囲気は伝わるのではないでしょうか。

写真.JPG村上社長と

僕は、謙虚な人は「自分を客観的に捉えることのできる人」だと思っています。
自分を客観的にみることのできない人は、それだけ奢ってしまったり気づかぬうちに他人を嫌な思いにさせていたりします。何より「余裕」のない自分を醸し出してしまうことになります。

特に経営者の場合、ビジネスで成功して奢ってしまっては失敗したケースというのが非常に多いように感じます。

そういう点でも、村上さんは僕にとって非常に魅力的に映りました。

***

最後は僕の考えなども入ってしまってあつかましくなってしまいましたが、少しばかりかリブセンスさんについてお分かりいただけましたでしょうか。

今後もベンチャー企業の社長さんと直接お会いする機会が月に一度程度あります。

その都度、特に印象に残った人や言葉については記事にしていきますので、よろしくお願いします!


PS)僕はご存じの通り、ブログは初心者です。。。
何かアドバイスや変更推奨点などありましたら遠慮なくコメントのほど、よろしくお願いします・・・。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント