• もっと見る
«【10/26(金)新日本フィル第500回定期演奏会】『トリスタンとイゾルデ』より前奏曲と愛の死、ベートヴェン交響曲第3番『英雄』 指揮:ドミンゴ・インドヤン | Main | 【11/28(水)第501回定期演奏会 サントリーホールシリーズ】チャイコフスキー交響曲第4番、バレエ音楽『春の祭典』 指揮:ダニエル・ハーディング»
プロフィール

中村さんの画像
<< 2013年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
11月7日講義より【どうすれば、自分よりはるか上を行く年長者のビジネスパーソンから認められるのか】 [2012年11月08日(Thu)]
みなさんこんばんは。中村裕貴です。

本日は、昨日11/7に行われた久米先生のブログ起業論の講義において、
先生からのお言葉があまりにも感動したので、記事にさせていただきました。

1つのテーマに沿ってお話しをされたのではなく、先生の講義を通しての発言をまとめたものなのですが、
今後ビジネスマンとしてやっていくためだけでなく、社長になるため、他の企業の社長と付き合うため、または営業をするためといった、ビジネス上の様々なシチュエーションに当てはまる内容だと考えております。

本文は長くなってしまいましたが、ぜひ最後までお読みいただければと思います。
色つきの強調などは最低限にさせていただいております。

===============================

私たち若者が、年長者たちから「最近の若造は!」と言われてしまうことに関して。

前提として、自分たち学生は大人には到底敵わない未熟者であり、「若造」と思われて然るべき。
(※ただし、根拠がなく若造をイジめようとする年長者がいるのも事実なので、注意。)
一般的に若造という言葉は、多少バカにしたような乱暴な言い方であり、出直して来いという意味合いが持たれるが、実際に年長者はそう感じてしまうのが殆ど。つまり、「若造!」と言われた若者は、まず自分のせいだと思うべきである。

「ヨソモノ・ワカモノ・バカモノ」
一見「若造」と同じことを言っているように見えるが、これは全く異なると解釈する。
例えば地方都市の地域観光業界を例に挙げる。とある若者(地域観光業界においては60代でも『若者』とされるのだが)が、その地域のことを良くしたいという想いや熱意がなく、また文化や地域の名産などの知識が乏しいとする。これでは地域にパワーを与えることはおろか、コミュニティに入ることさえ難しくなってしまう。これではただの「若造」である。年長者の求める「ワカモノ」ではない。

最低でも企業の経営者であれば、「ヨソモノ・ワカモノ・バカモノ」の理念については理解をしている。
熱意があり、何か突出するものを持っていれば、謙虚な姿勢で受け入れてくれる。「若造!」という人は、実はその人のことを試しているのである。
2000社以上の赤字企業を黒字化に転じさせ、著書『社長のノート』でも有名な長谷川和廣さんは、年下に対しても敬語を使う。自分より何か1つでも知識のある人に対しては、敬意を払い、何事にも勉強勉強という姿勢を崩さない方である。もちろん、長谷川和廣さんと対面でお話しすることができること自体が、認められた人でしか実現できないのだが。

では、どうすれば年長者や忙しいビジネスパーソンと話ができるようになるのだろうか。
どうすれば「若造!」などと一蹴されずに会話をすることができるのだろうか。

それは偏に、『相手の愛情に対する共感』ができるかどうかである。
その相手が一番大切にしていることに対して質問を投げかけられるかどうかが重要となる。それは相手のビジネスのことでもよいし、相手の趣味のことでもよい。車でもゴルフでもクラシック音楽でも、相手が好きなものに反応するかどうかで、その後の相手の目がキラキラして一気に距離を縮めることができる。

手法としてまず、企業の社長は人と会う前に、必ずその人のことを調べる。それはFacebookやtwitterのようなソーシャルメディアはもちろん、過去のインタビュー記事がネット上に落ちていればそれを見る。
人と会う直前でその人の下調べをすることで、会ったときの相手への共感力が変わり、その後の話も急速に速くなる。こうすることで相手からも『可愛いやっちゃなあ』と認められ、お付き合いへと発展していく。

また企業の社長は他の企業の社長と会う前に、相手の会社のサービスを知り、製品を実際に買う。
先程の長谷川和廣さんも、久米先生と会う時には必ず『久米繊維Tシャツ』を着てくるのだそうだ。
商売をやっている人間には商売で返す。経営者にとって一番うれしいのは自社の製品を買ってもらえることであり、相手も喜んでもらえる上、相手の心を射止めることができる。

もちろん相手と話すときの姿勢も大切である。元気のよい挨拶から始まり、深くゆっくりとした丁寧なお辞儀で終わる。相手の話を聞く際には『和顔愛語(わげんあいご)』に倣って、優しい顔でニコニコと話す。相手に興味があるということを姿勢として示すことが非常に大切である。

以上のように、
@会う人のことを事前に下調べ
A相手の好きなことに対して反応、共感
B『和顔愛語』の精神で接する
ことにより、相手から認められる可能性が高くなる。
少なくとも「若造!」などとは叱責されず、年長者であってもしっかりと会話をすることができ、むしろお互いに尊敬しあう関係を構築することができる。一度会っただけでそこまでは至らなくとも、覚えてもらうことはできる。

しかし、これではまだ終わらない。
大事なのは会った後である。

その相手に対する御礼はもちろんだが、もし相手の会社の製品やサービスを購入していなかった場合には、実際に自分のものにしてみる。
そしてそれをソーシャルメディアなどで友人や世の中に発信する。
会社の社長にとって一番うれしいのは、『自社の製品を買ってもらえること』。商売をやっている人には商売で返すのが、この上ない御礼とも言える。

===============================

いかがでしたか?

文章にまとまりがない部分があり、読みづらい点もあったかとは思いますが、久米先生の伝えたいメッセージはご理解いただけるかと思います。

僕自身、このブログ起業論は毎度のことながら自分の大人としても未熟さを感じる授業なのですが、昨日の内容はとても日頃生活をしていて聴くことのできる内容ではなく、大きなインパクトがあったので記事にまとめさせていただきました。

考えてみると当然なのですが、なかなか行動に移せない。
でもそんなことを言っていると、時間が経つにつれ一流のプロには遠ざかってしまう。

抽象的な言い方ですが、『相手を思いやる気持ち。相手のことを好きになって、相手のビジネスについて知ろうと思うこと』を第一に考えなくてはいけないのかなと感じました。

明治大学商学部
中村裕貴

***

【長谷川和廣さん】
『社長のノート』http://amzn.to/SNfPXs
『社長の手紙』http://amzn.to/SSM7kN
両著とも必読です!

【久米信行先生】
http://www.facebook.com/nobukume
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
こんにちは!
昨日の講義は、いつにも増してアツい授業でしたね。
青木さんのTwitterの発表も含めて、前期から合わせても1番濃い勉強をさせていただいた、と思ってます。

お互い、クラシック音楽・日本酒と分野こそ違いますが、相手の事をしっかり見た対話を心掛けたいですね!
Posted by: 平井佑樹  at 2012年11月08日(Thu) 13:46