• もっと見る
一昔前に比べ、子育てはとても難しくなっています。
私が専業主婦で30年以上前に子育てをやった時も煮詰まりましたが、今はさらに母親は孤立化しています。周りの大人のちょっとした優しさ・心遣いで母親たちをサポートしていきましょう。ちょっとした手助けが必要なお母さんと先輩ママが手をつなぐための「場」です。
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
QRコード
ビジターのつぶやき、あれこれ [2022年11月30日(Wed)]
 ご家庭に訪問して、無償でお母さん・お子さんと週に1回、2時間、一緒に遊んだり、お母さんのお話を聴くボランティアをしているホームスタート・しゅっぽっぽです。訪問をしているビジターのつぶやきをいくつかご紹介します。

その1
 もしや利用者さんたち、「〜してもらっている」と気後れを感じていないですか?心配ご無用。ビジターも皆さんの笑顔や笑声や他愛のない雑談に幸せな気持ちになっています。こちらこそ、「ありがとうございます」です。

その2
 保育園までお母さんと一緒にお迎えに行き、戻ってからまず最初にご自宅の洗面所で手を洗いました。3歳のAちゃんの手洗いを見て、ビジターは目を丸くしました。ていねいに指の間まで洗い、手首もくるくるんと泡を付けて、上手に手際よく洗います。「正しい洗い方」を教えてくれて、ありがとう。

その3
 ある60代のビジター、90代のお母様がいます。「子育て支援で、今日は双子のお風呂を手伝ったの」(守秘義務がありますから、それ以上は家族にも話しません)。
「あら、昔は銭湯に赤ちゃんを連れて行くと、預かっててくれる人がいたもんだよ」と。60年前の子育て事情・・・!

世代交流で、いろいろ見えてきます。黄ハート


24798937_s.jpg

Posted by 二宮 at 20:13
なんでボランティアをしているの? [2022年10月31日(Mon)]
 先日、ホームスタートの全国交流研修会がありました。会場参加とzoomをつないでのハイブリッド交流。

 Zoomでよく会っていても、やはりリアルで会いたいと私は3年ぶりとなった会場からの参加。Zoomなら交通費もかからず、日本中、時には地球の裏側の人でもいつでも気軽に話せるメリットがありますが、伝わるぬくもり、空気感がリアルは違う気がします。「生」の良さをまず全身で味わいました。

 ワークの1つに「わたしが思うホームスタートの価値」というお題があり、子どもにとっての価値、親にとっての価値、自分自身にとっての価値について話しました。その他、地域住民、行政、自団体、社会全体にとっての価値を考える時間もありました。

*親の話を聴くだけのホームスタートなので、子どもにとってなんの価値があるの?
 あります!
 ・よその大人に愛されるのって、子どもにとって大切な体験。
 ・ママが笑顔になれば、子どもも笑顔になる。
 ・ビジターがお子さんに話しかけたら、「え?言葉が分からないのに話しかけるんですか?」  と聞いたママがある県にいました。ビジターにうれしそうに反応するわが子を見て、ママも積極的にかかわり始めました。Etc.

*親がホームスタートに求めているものは、ベビーシッターやヘルパーとどう違うの?
 ・話してみると、自身が安心感を感じられ、自分のしていることをねぎらってもらえる。
 ・自分の味方になってくれる。
 ・共感してくれる。Etc.

では、私自身にとっては?
・なにより小さなお子さんから、元気をもらえます。人間ってすごいと思うことがたびたびあります!
・一生懸命がんばっているママに寄り添うことで、多少なりともお役にたてる、私が子育ての時に周りにしてもらったことの恩送りが少しでもできる。
・地域で素敵な仲間を得て、活動することで、居場所も出来る。

 ∴だからボランティアを楽しんでいます。ご一緒にやってみてもいいと思われる方はこちらにご連絡ください。https://ninoko5656.wixsite.com/sekaino-tomodachi
・   


HS_walking.jpg
(写真はホームスタート・ジャパン提供)
Posted by 二宮 at 11:13
関東エリアの仲間と交流! [2022年10月02日(Sun)]
 無償の家庭訪問型子育て支援をしているホームスタート・しゅっぽっぽの活動の拠点は船橋市です。人口が64万人で、毎年4000人を超える赤ちゃんが生まれているので、私たちだけではとても手が足りません。もっとたくさんの仲間を増やして、気軽に手伝ってと言える地域にしていきたいと、周囲にも声をかけています。その一方で、船橋市だけでなく、昨年は市川市、習志野市、鎌ヶ谷市、松戸市、千葉市にもビジターが訪問しました。船橋市が中心ですが、近隣の市でも子育てでお手伝いをしてほしいという方からお申込みがあり、訪問出来るビジターがいる限り、私たちはお断りしません。

 そんな私たちはホームスタート・ジャパンのメンバーとして、全国 140 を超えるホームスタートの仲間ともつながっています。関東地区だけで45スキーム(団体)あります。そして年1回、集まって情報交換をしたり交流をしたりしてします。今年の交流もコロナの影響で3年連続のオンライン開催になりました。100人を超える仲間がZoomを通して学び合い、画面越しに旧交を温め、楽しい時間になりました。

 皆で講演やシンポジウムに参加して最新情報を仕入れ、そのあとでブレイクアウトルームに分かれ、実際の子育ての現場でどんなお困りごとがあるのか、どうやったら支援が必要な人に届けられるのか、訪ねてこんな嬉しいことがあった等々、お互いで共有すると、役立つ知恵と元気をもらえます。訪問する私たちもお母さん、お子さんから学びつつ、これからもホームスタートの活動に取り組んでいきたいと思えた集いでした。


関東エリア20220918名前なし.jpg
Posted by 二宮 at 22:53
子育て応援メッセinふなばし2022は10月に開催 [2022年08月31日(Wed)]
 コロナの中での生活も3年目です。昨年、一昨年とオンラインで開催された子育て応援メッセinふなばしは2022年はリアルの交流も一部復活して、Zoomのイベントと両方開催します。

 まだ保育園や幼稚園での感染も見られるので、安心は禁物ですが、準備は着々と進んでいます。参加予定の団体が7月に中央公民館の会場とZoomで参加し、打合せをしました。ポスター、リーフレットも出来上がり、9月に配布します。各団体の紹介ビデオも順に子育て応援メッセのホームページに載せていきますので、ぜひのぞいてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC0qcsUj3qbeG1ovKEGznevw/videos


参加者全体会写真5.jpg
中央公民館の会場とZoomで打合せ
20220831_113546.jpg
Posted by 二宮 at 22:38
これも社会性の芽生え? [2022年07月30日(Sat)]
 3人のお子さんがいるご家庭を訪問しました。ホームスタート・しゅっぽっぽでは1軒を訪問中のビジター(ボランティア)は同時に他のお宅は訪問しないというルールなので、1〜2ヵ月はそのお宅の専属となります。

 年長さんから0歳まで3人のお子さんがいるAさん宅は洗濯物だけでも膨大。普段は3人とも保育園へ行っていますが、パパが土日もお仕事なので、週末の午前中に2時間来てほしいというご依頼を受けました。

 レゴや怪獣が大好きのお兄ちゃんと、お人形や絵本が好きなお姉ちゃん、何にでも興味があり、つかまり立ちに夢中の末っ子。いつもならお母さんを取り合う3人が、ビジターだと彼らなりに順番を認めているのか、なんとなく待っていてくれる雰囲気。これも社会性の芽生えなのでしょうか?!

 「今、お兄ちゃんとお話しているから、ちょっとだけ待っていてくれる?」と言えば、ちゃんと聞いてくれます。手ぐすねを引いて待っている子どもたち3人にビジターはモテモテ。こんなにモテる経験はそうそうありません。子どもたちが遊んでいる間に洗濯物を畳んだり、夕食の下ごしらえをするママとも会話をしながら、お子さんたちを見守っています。

 しっかりお相手をして満足した3人のお子さんに玄関まで見送られて、今日はここでバイバイ。また来週も楽しみです。

#ホームスタート・しゅっぽっぽ、#無料、#大人と話したい、#船橋
https://ninoko5656.wixsite.com/sekaino-tomodachi/home


スイカ.jpg
Posted by 二宮 at 22:18
保育園のお迎えに同行 [2022年06月30日(Thu)]
 保育園へ通い始めたBちゃん、まだ通園に慣れないようです。「歩いて10分の距離なのに、朝は35分かかったのですよ」とお母さん。でも、保育園に着くと、先生やお友達の所に走っていき、園での生活は楽しんでいる様子。朝、がんばって起きることや、歩いて通えるまでにもう少し時間がかかるのでしょう。

 お迎えに同行してほしいというご要望だったので、保育園まで一緒にお迎えに行きました。イヤイヤ期も重なり、お母さんもご苦労されているようですが、保育園に着くまでの道でお母さんのお話を伺いました。帰り道はBちゃんの成長の種を見つけながら、出来るようになっていることも話題にしていきました。お花を見たり、ダンゴムシを見つけたり、寄り道しながら、お家に近づいたら、よーい・ドンで、元気に帰宅。今日も一日がんばったね、お母さんもBちゃんも。


傘と子ども.png
Posted by 二宮 at 00:41
入園手続きにも同行できます [2022年05月29日(Sun)]
 保育園の入園前に、これから持参する袋や衣類に名前つけをしたいので、ママが作業をしている間、子どもの相手をしてほしいというご依頼は今までに何度かありました。今回は6月から急に保育園に入れることになったので、保育士さんとの面談や説明を聞く間、同行して子どもを見ていてほしいというご依頼でした。

 ママが書類に記入したり、保育士さんから用意するものの説明を受けたりしている間、同じお部屋で、保育士さんが持ってきてくれたおもちゃ箱から1つずつ出すのを見守って、遊ぶ相手をしました。時々、不安そうな表情を見せ、私の膝の上にのってくることもありましたが、なんとか遊べました。そして帰り際、園庭にある動物の絵がいっぱい描かれたかわいい滑り台を見て、今すぐにでも滑りたそうでしたが、「この次来た時、滑れるんだね。いいなぁ〜」という会話をしながら帰って来ました。

 丁寧に説明してくださったこともあって、1時間たっていました。保育園にたまにお迎えに行って、歌ったり、しりとりしながら帰ってきた孫たちも、もう元気な小学生。久しぶりの保育園でしたが、園庭に響く園児たちの元気な声を聴いて、Aちゃんが元気に通園する姿を思い浮かべながら、おうち迄同行しました。

家庭訪問型子育て支援の「しゅっぽっぽ」紹介の動画:
https://www.youtube.com/watch?v=tOgZk7i-Boo&t=1s


保育園イラスト.jpg
Posted by 二宮 at 17:45
タイでの教育支援 [2022年04月30日(Sat)]
 家庭訪問型子育て支援をしているしゅっぽっぽの母体は「NPO法人世界のともだち」といいます。しゅっぽっぽの船橋市での子育て支援活動は2014年に立ち上げましたが、NPO法人としては2004年からタイの社会福祉法人を通してタイの山岳民族の子どもの教育支援を行っています。タイで支援を受けた子どもたちが成人して独立し、現在では援助する側にまわりつつあります。

 4月の私たちのNPO法人の総会の前にタイの若い新理事やサポートメンバーとZOOMで話すことができました。毎年文書で報告書はいただいていますが、タイ語を英語に通訳してもらい、実際に話し合うことで、現状がより詳しく分かったので、これからもコミュニケーションを取り、出来る範囲で支援を続けていくことを確認いたしました。

 子どもは可能性のかたまり。困難な状態にある子どもたちを支援をすることで、未来をより良いものにしていく一歩になると信じて、活動を続けていきます。

CYDAレポート.jpg
Posted by 二宮 at 18:22
ひろばが月に2回になります [2022年03月31日(Thu)]
 東中山会館でのひろばを2022年4月から第1月曜日に加えて第3月曜日にも開催します。午前10時〜12時。

 妊婦さん、乳幼児連れの方、どなたでもお気軽にお遊びに来てください。4月は4日と18日に開催します。おもちゃで遊んだり、おしゃべりをしたり、笑顔のひと時を過ごせていただけたら、うれしいです。

 30畳の畳のお部屋なので、ハイハイを始めたり、とことこ歩く練習をするお子さんもいます。お待ちしています。

場所:     東中山会館(船橋市東中山1−22―1)
問い合わせ先: ホームスタート・しゅっぽっぽ
         080-6548-5656
HP: https://ninoko5656.wixsite.com/sekaino-tomodachi/home


広場.png
(写真はコロナ前のものです)
Posted by 二宮 at 23:52
手伝ってもらっても、いいんだ [2022年02月28日(Mon)]
 コロナ渦の生活が続き、つい頑張ってしまい、体調を崩して、ようやく「疲れている自分に気付いた」と話してくださったママがいました。しゅっぽっぽの支援を利用して、体調も良くなってきた頃に「ほかの人に子育てを手伝ってもらっても、いいんだと思えるようになりました」と笑顔で言っておられました。

 また、保育園の準備をしたいのでとお電話をくださったママ。子どもが寝ているときに名前つけや防災頭巾を作るつもりでしたが、家事・育児の疲れから思うようにできず、困っているとのことでした。ビジターがお伺いした日中の2時間x4日間、ママは縫物をしたり、アイロンを使ったり集中して入園準備をしました。ビジターはお子さんと遊んだり、ママと話したりして過ごしました。4日間で準備も大方終わり、ほっとしたと喜んでいただけました。まん延防止期間が解除されたら、私たちも活動を再開します。安心して入園準備ができるようにお手伝いに伺いますね。

YouTubeのビデオ: https://www.youtube.com/watch?v=tOgZk7i-Boo&t=15s


保育園イラスト.jpg
Posted by 二宮 at 10:10
| 次へ
プロフィール

二宮さんの画像