CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年10月 | Main
月別アーカイブ
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
目次
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
【12月19日】草の根事業の公開報告会があります [2019年11月16日(Sat)]

【一般公開】草の根技術協力事業 完了報告会

「モンゴルにおける障害児療育・教育支援
 及び療育関係者育成事業」


日時:2019年12月19日(木曜日)
   14時00分から16時00分
会場:JICA東京センター別館 セミナールームC・D 
   (渋谷区西原2-49-5)

【電車でお越しの方】
 •京王新線 幡ヶ谷駅下車(南口出口)徒歩8分
 •地下鉄千代田線・小田急線 代々木上原駅下車(北口1出口)徒歩12分
【バスでお越しの方】
 •東急バス 渋55系統「幡ヶ谷折返所」下車 徒歩1分
会場地図

◆事業の成果を発表する報告会を実施いたします◆
NPOニンジンは、2016年9月から草の根技術協力事業「モンゴルにおける障害児療育・教育支援及び療育関係者育成事業」を実施し、2019年8月で3年間の活動を終えました。
終了にあたり、事業の成果を発表する報告会を実施いたします。ご関心のある方は是非ご参加ください。

<実施団体より>
ブログ用.jpg
NPOニンジンは、ウランバートル市で障害を持った子どもの親が作ったゲゲーレンセンターとサインナイズセンターで「モンゴル障害児療育・教育支援及び療育関係者育成事業」を実施しました。親たちにどのように子育てをするか提案し、共に実践することに重点を置いて来ました。併せて、モンゴル人の療育関係者に働きかけて、2センターを支援する連携体制を作り出すことを目指しました。
モンゴルでは2016年に障害者権利法が制定され、政府は4年間の行動計画の中に障害児の就学および発達支援サービスを盛り込むなど、障害児者支援が大きく舵取りをした時期でしたが、貧しいゲル地区にある2つのセンターには子育ての指針が、全く届いていませんでした。
3年間の草の根事業活動を経て、親たちは障害を持った子どもの療育と教育に自信を得て、お互いに情報交換を行い、2つのセンターは、ボランティアの支援を得ながら地域参加活動の拠点となりました。今後、行政による理学療法士派遣が課題となっています。

報告会では、3年間にわたる事業活動とその成果に関してご報告します。
皆さまのご参加をお待ちしております。

<報告会概要>
日時:2019年12月19日(木)14:00〜16:00(日本時間)
場所:JICA東京センター別館 セミナールームC,D
プログラム
14:00〜14:10 開会、参加者自己紹介
14:10〜15:10 事業報告(ニンジン)
15:10〜15:40 質疑応答・意見交換
15:40〜16:00 コメント、閉会の挨拶

定員:30名
参加費用:無料
参加申込方法:下記のお問い合わせ先までメールにてご連絡ください。所属、氏名、電話番号、メールアドレスの明記をお願いします。
締切:12月18日(水曜日)17時まで

お問い合わせ:
JICA東京センター 市民参加協力第二課 篠ア 愛
電話番号:03-3485-7109
Eメール:Shinozaki.Ai@jica.go.jp