CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年01月 | Main | 2020年03月 »
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
エレヘムくんの母親です。
Classroom 09-08 (06/03) kyochan
Classroom 05-17 (08/10) tomochan
Classroom 05-17 (08/09) tomochan
Classroom 05-17 (08/09) tomochan
Classroom 05-08 (06/13) kyochan
Classroom 05-08 (06/09) kyochan
Event 05-02 (05/21) tomochan
Classroom 04-41 (02/24)
Classroom 04-40 (02/17) kyochan
Classroom 04-30 (11/25)
NOTICE[2020年02月22日(Sat)]
N O T I C E


新型コロナウィルス感染の拡大に
ともない2月29日(土)から
4月4日(土)まで教室はお休みです



Due to the spread of the Corona Virus, we won't have classes from the 29th of February to the 4th of April.



随着拡大新型冠状病毒的感染,
従2月29日(六) 到4月4日(六)
日語教室要停課。
Classroom09-41[2020年02月22日(Sat)]
スタッフ:11人(男性:5人 女性:6人)

学習者:8人
 中国女子:3人、ネパール男子:1人、インド男性:1人
 ニュージーランド女性:1人、ベトナム男性:1人
 韓国男性:1人

63412E13-9B04-4615-AF90-70589A3ABA83.jpeg

2CA68162-4664-44BC-9E31-3D3DCAEE4E68.jpeg
Classroom 09-40[2020年02月15日(Sat)]
スタッフ:17人(男性:5人 女性:12人)

学習者:19人
 中国女性:3人、中国女子:3人、ネパール男子:1人
 韓国男性:3人、ベトナム男性:3人、ベトナム女性:1人
 モンゴル男子:1人、モンゴル女子:1人、
 ニュージーランド女性:1人、アメリカ女性:1人、
 ロシア男性:1人

 NiNiCには、小学生が何人か来ています。それぞれ市内の

小学校に通っています。今日は、その中の1つの小学校で

スプリングコンサートがあったので、見に行きました。

クラスの合奏と、音楽クラブの合奏と、合唱団の合唱が

ありました。一人ひとりが一生懸命で、とても感動しました。

NiNiCに来ている子どもたちも、ともだちといっしょに真剣な

表情で演奏したり、歌ったりしていました。

 日本の学校は、他の国と比べて、音楽や体育、美術(図画

工作)など、実技教科の授業や行事が充実していると言われて

います。外国につながる子どもたちも、楽しんで参加している

様子を見ることができて、とてもうれしく思いました。


96DFF772-C5F5-4FD0-9D0C-B7085D07EAA4.jpeg


NiNiCには がいこくからきた こどもも きています。

きょうは しょうがっこうの コンサートを ききに 

いきました。うたや がっきの えんそうを ききました。

がいこくからきた こどもたちも いっしょうけんめい

えんそうして いました。 うれしく なりました。


Volunteers: 17 [ M:5 F:12]

Learners: 19
 From China 6 [ F:3 and 3 girls], Nepal 1 [ a boy],
 Korea 3 [ M], Vietnam 4 [ M:3 F:1, Mongol 2
 [ a boy and a girl], New Zealand 1 [ F],USA 1 [ F], and
 Russia 1 [ M].

 There are some young learners in NiNiC who attend

elementary schools in this city. Today I had a chance to listen

to a spring concert held by one of the schools. It included

class ensembles, club ensembles, and a chorus.

The performance was really moving. Our young learners were

among them, playing instruments very well and singing

seriously together with friends. Japanese schools are said to

place much emphasis on such subjects as music, PE, or arts

and crafts education compared to other countries. I was so

happy to find our children from abroad share such nice

experiences.



by Taka

Classroom 09-39[2020年02月08日(Sat)]
スタッフ:18人(男性:6人 女性:12人)

学習者:12人
 中国女性:3人、中国女子:3人、韓国男性:2人
 ベトナム男性:2人、オーストラリア女性:1人
 ネパール男子:1人

 今、昨年の11月にネパールからきた中学1年のS君と勉強

しています。ひらがな、カタカナ、漢字また教科に関する勉強

とやらなければならないことが山積みで本当に毎日、たいへん

な思いをしていることと思います。そんなS君ですが、感心

させられることがあります。教室では、お茶の時間があって、

お土産などのお菓子があればお菓子を配ったりすることがある

のですが、数が足りなくてS君にしか配られなかった時、必ず

半分、私にくれるのです。どんなに小さなお菓子でも手で半分

に割ってくれます。また、勉強が終わったあと、机に散ら

ばった消しゴムのカスは丁寧に集めて捨ててくれます。まだ、

あまり会話もスムーズでないのですが、S君のそんな優しい姿

にほっと温かい気持ちになります。勉強だけではないな〜と

考えさせられます。

S君、日本語がんばろうね!

13CA34FA-4068-4034-B591-2815DF6508A3.jpeg

F63F8D0A-52C1-43A3-AC49-9F2003012F4D.jpeg

ネパールからきたSくんと べんきょうしています。

Sくんは とても やさしいです。

Sくんを みていると あたたかいきもちに なります。

にほんご がんばろうね。


Volunteers: 18 [ M:6 F:12]

Learners: 12
 From China 6 [ F:3 and 3 girls], Korea 2 [ M],
 Vietnam 2 [ M],Australia 1 [ F], and Nepal 1 [ a boy].

My learner is a seventh-grader S-kun, who came from Nepal

last November. I suppose he has a lot of things to do,

hiragana, katakana, kanji, and coursework. It’ll be very tough

for him. Despite all of that, he is so considerate. During the

class, we have a short tea break. Sometimes we share treats,

which someone has got as a souvenir. If there isn’t enough to

go around, he is sure to give me a half of his. However small

the sweets may be, he breaks it in half. After class he carefully

gathers up eraser crumbs on the tables and puts them in the

trash. He’s not good at speaking Japanese yet. But his

kindness always gives me warm feeling. The thing is not only

studying, but what he is, so I thought.

Let’s keep on learning, S-kun!



by tomochan


Classroom 09-38[2020年02月01日(Sat)]
スタッフ:20人(男性:8人 女性:12人)

学習者:19人
 中国男性:4人、中国女性:5人、中国女子:3人
 インド男性:1人、インド女性:1人
 オーストラリア女性:1人、ベトナム男性:1人
 韓国男性:1人、香港男性:1人、ネパール男子:1人

786AF831-0A0E-4ECA-B913-A6D6AA869B7F.jpeg

日本に初めて来た方々が最初に覚える日本語の言葉 実は

『 バカ 』、『 ガイコクジン 』がわりと多いのだそうです。

少々汗が出てきそうです。それはそれとして日本語を学ぶ

学習者さんたちと向かい合っている初対面の時に“話すこと、

聞くこと、書くこと、読むこと”の中でまず何を学びたいか

聞いています。初心者の方はまず“聞くことと話すこと”、

ある程度中級になると“話すこと”が多いように思われます。

新しい言語を学ぶときは誰しもまず聞くこと、そして話す

ことを求めますね。私は数年に渡って学習者さんらと会話を

重ねてきて日本語独特の“て・に・を・は”いわゆる助詞の

難解な“壁”にてこずります。いえ厄介な“壁”と言っても

いいかも・・『電車に乗ります』を『電車へ乗ります』と

表現するのは何故間違いなのでしょうか?日本語教師の資格

を持つ方々もこの質問にタジタジとなっている姿をTVの

ドキュメンタリーで放映されていました。英国に在住して

同様な活動をしている友人も同じ悩みを持っていました。

友人と私は 名詞、動詞は単語として数多く覚え、取得する

ことにこしたことはないけど、助詞は理屈ではなくて『習う

より慣れろ!』、『王道に近道はなし!』の意見で一致(笑)

ところで、よく聞かれる『日本人だから』、『外国人だから』

この二元論的な言い方、考え方は今だに根強く残っています。

けれど現実はもっともっと先を行っているのかもしれませんね



6B08ABDF-769F-4F02-A8E7-C7D065835D04.jpeg


Volunteers: 20 [ M:8 F:12]

Learners: 19
 From China 12 [ M:4 F: 5 and 3 girls], India 2 [ M:1 F:1],
 Australia 1 [ F], Vietnam 1 [ M], Korea 1 [ M],
 Hong Kong 1 [ M], and Nepal 1 [ a boy].

 Japanese words which stand out to foreigners who visited

here for the first time are said to be mostly ‘baka’ and

‘gaikokujin’. I feel a little ashamed. Be that as it may, I’ve

asked new learners, when I first met them, which is their top

priority, speaking, listening, writing or reading. Many beginners

choose listening and speaking, and rather advanced learners

tend to choose speaking. When you learn foreign languages,

you start learning listening and speaking. I’ve had a

conversation with learners for several years and found it

difficult to teach them how to use particles of Japanese

language. For example, which is correct, “densha ni norimasu”

and “densha he norimasu”? Is this a difficult question or a

confusing question? I’ve seen a licensed teacher of Japanese

puzzled by such questions on TV documentary. The same kind

of questions annoys my friend teaching Japanese in England.

We agreed that they have to recall “Practice makes perfect”

and “There is no royal road to learning”, (I’m sorry), mastering

particles, though you could learn many nouns and verbs as

mere vocabulary by heart.

By the way, diversity needs no nationality, right?



by 東京Tommy




プロフィール

西東京にほんご教室さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ninic/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ninic/index2_0.xml