CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
エレヘムくんの母親です。
Classroom 09-08 (06/03) kyochan
Classroom 05-17 (08/10) tomochan
Classroom 05-17 (08/09) tomochan
Classroom 05-17 (08/09) tomochan
Classroom 05-08 (06/13) kyochan
Classroom 05-08 (06/09) kyochan
Event 05-02 (05/21) tomochan
Classroom 04-41 (02/24)
Classroom 04-40 (02/17) kyochan
Classroom 04-30 (11/25)
10、11月の活動予定(10がつ、11がつのよてい) 
10月:2日、 9日、16日、23日、30日
11月:6日、13日、20日、27日

公民館教室(PM2:00〜PM4:00)とzoom教室(PM2:00〜PM3:00)の両方を開催しています。
お問い合わせはプロフィールをご覧ください。
(ばしょや じかんは プロフィールを みてね)

Schedule(Saturdays)

Oct  :2th, 9th, 16th, 23th, 30th
Nov : 6th, 13th, 20th, 27th

A classroom(PM2:00〜PM4:00)held in Hoya
community center and a classroom
(PM2:00〜PM3:00) based on zoom meeting
system have been open.
*Please have a look at our profile about time and
place.


Classroom 11-24[2021年10月16日(Sat)]
【公民館】
学習者:2名(ガーナ人女性1名、韓国人男性1名)
スタッフ:5名(男性3名、女性2名)
10月16日教室の様子.jpg

【zoom教室】
学習者:7人(中国男性1人、タイ女性1人、イギリス女性1人、
モンゴル男子2人、モンゴル女子1人、ミャンマー女子1人)
スタッフ:7人(男性1人、女性6人)
211016_zoom.png

いよいよ秋も深まってきました。

今日は秋に関する絵本を2冊読みました。

14ひきシリーズの「あきまつり」と「おつきみ」です。

「みこし」や「だんご」は、外国につながる子どもに

はなじみのない言葉だったようで、YouTubeを見て、

どんなものか二人で確認しました。

祭りの動画は、どれも賑やかで、迫力があります。

秋の実りに感謝を捧げる人々の熱い思いが表される

行事なのだと改めて思いました。

運動の秋、読書の秋、食欲の秋、秋の楽しみ方は

いろいろあります。コロナ禍ではありますが、いろいろな

秋を楽しみたいと思います。



秋になりました。

きょうは秋のえほんを よみました。

14ひきしりーずの「あきまつり」と「おつきみ」です。

「みこし」「だんご」や「まつり」は わからなかったですが

YouTubeで しらべました。

「まつり」は 秋になって いろいろなことを かみさまに おれいをいうことだと

わかりました。

秋はいろいろ たのしいことが おおいです。

byK
Posted by むらじゅん at 00:00 | クラス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
Classroom 11-23[2021年10月09日(Sat)]
【公民館】
学習者2名:(ガーナ人女性1名、韓国人男性1名)
スタッフ:5名(男性4名、女性1名)
image4 (1).jpeg

【zoom教室】
学習者:7人(中国女性1人、タイ女性1人、イギリス女性1人、
モンゴル男子2人、モンゴル女子1人、ミャンマー女子1人)
スタッフ:8人(男性1人、女性7人)
211009_zoom.png


最近、新聞で「宇都宮市で『とちぎ夜間中学校』が

開設された。」という記事を読みました。栃木県で

初めての夜間中学校だそうです。入校性37人の中には、

フィリピン、ブラジル、ペルー出身の生徒さんもいて、

入校生を代表して挨拶をしたのは、ペルー出身18歳の

リミさん。日本語とスペイン語で「日本が好き。

豊かな文化を学び、日本語を一生懸命勉強したい。」と

語っていました。外国籍の人たちが日本語学習のために、

あらゆる機会を求めていることが、如実に分かります。

 一方、本日公民館には、ボランティアの見学者がみえて、

説明を興味深げに聞いていらっしゃいました。学習希望者も

ボランティア希望者も、全国いたるところにいるのだと

思います。実りある出会いの場にしていきたいです。



しんぶんで 「宇都宮市(うつのみやし)で『とちぎ夜間中学校』が

はじまった というニュースをよみました。

栃木県(とちぎけん)で はじめての 夜の中学校です。

せいとは37人、フィリピン、ブラジル、ペルーのひとたちです。

がいこくからきた人たちが にほんごのべんきょうを したいと

思っていることが わかります。

こうみんかんにも ボランティアをしたい人がきました。

にほんごをべんきょうする人、 ボランティアの人と

会えるところにしたいです。


Lately I read an article in the newspaper that

“Tochigi night junior school” was opened in

Utsunomiya City. They say that it’s the first evening

classes in Tochigi prefecture. Among 37 enrolled

students, there are students from the Philippines,

Brazil, Peru. On behalf of the students,

Rimi-san who is from Peru and 18 years old, made

a speech in Japanese and Spanish. “I like Japan.

I want to learn about its rich culture and Japanese

language very hard.” This shows clearly how eagerly

foreign nationals are longing for every opportunity

to learn Japanese language.

On the other hand, at the City Hall today we had a

visitor who wants to be a volunteer and who was

listening to the explanation earnestly. I believe those

who want to learn and those who want to be a

volunteer exist in the whole country. I hope this

class could meet those needs.

by usami
Posted by むらじゅん at 00:00 | クラス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
Classroom 11-24[2021年10月02日(Sat)]
【公民館】
学習者:2名(ガーナ人女性1名、韓国人男性1名)
スタッフ:6名(男性4名、女性2名)
10月2日教室の様子.jpg

【zoom】
学習者:7人(中国女性1人、タイ女性1人、イギリス女性1人、
モンゴル男子2人、モンゴル女子1人、ミャンマー女子1人)
スタッフ:8人(男性2人、女性6人)
211002_zoom.png


コロナウイルス感染防止のためなにをしようかなと

時々自分でも思ってますね。私は料理作ることが

好きでもちろん食べるのも大好きです。

最近 Youtubeでパン作り方を見ています。

動画を見る時簡単な作り方それに楽しそうだなと

思ってそれでパン作り始めました。

初めて作った時かなり上手に出来てとても嬉しかったです。

今はなん種類もパンを作ってみたので美味しい時も

あるし失敗したこともあり、とても勉強になりました。

これからももっと色々な食べ物を作ってみたいと

思っています。



コロナウイルスかんせんぼうしのためなにを

しようかなとときどきじぶんでもおもっていますね。

わたしはりょうりつくることがすきでもちろんたべるのも

だいすきです。

さいきん Youtobe でパンつくりかたをみています。

どうがをみるときかんたんなつくりかたそれに

たのしそうなとおもってそれでパンをつくり

はじめました。

はじめてつくったときかなりじょうずにできてとても

うれしかったです。いまはなんしゅるいパンもつくって

みたのでおいしいときもあるししっぱいしたこともあり、

とてもべんきょうになりました。

これからももっといろいろなたべものをつくって

みたいとおもっています。

By ぺん
Posted by むらじゅん at 00:00 | クラス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
Classroom 11-23[2021年09月25日(Sat)]
【公民館】
学習者:1名(ガーナ人女性1名)
スタッフ:6名(男性4名、女性2名)
9月25日教室の様子.jpg

【zoom教室】
学習者:6人(中国男性1人、中国女性1人、タイ女性1人、
モンゴル男子2人、モンゴル女子1人)
スタッフ:8人(男性2人、女性6人)
210925_zoom.png


9月4日のブログにガーナとチョコレートの原料である

カカオ豆のことを書きましたが、

カカオ豆は実は豆ではないことを知っていますか?

カカオ豆はカカオという、あおぎり科の樹木の果実の

中にある種のことを言います。

コーヒー豆もカカオと同様に、コーヒーの木の果実に

入っている種のことを言います。種なのに豆とは

不思議ですね。

秋の味覚、栗はイガの部分が皮で、鬼皮が果肉、

渋皮とその中の黄色い部分が種です。

こちらも栗の実と言いながら、食べているのは

種なんですね。

名前は複雑でわかりにくいですが、今まさに栗の季節、

大いに味わいたいものです。



9月4日のブログに ガーナと チョコレートの

げんりょうの カカオ豆のことを 書きましたが

カカオ豆は 豆ではないことを 知っていますか?

カカオ豆は カカオという あおぎり科の 木の実の中に

ある 種のことをいいます。

コーヒー豆も カカオと同じで コーヒーの木の 実の中に

ある種を コーヒー豆といいます。

種なのに 豆というのは ふしぎですね。

秋に食べるくりは イガのところが皮で こい茶色の

かたい おにがわが 実で、うすい茶色の しぶかわと

その中の 黄色いぶぶんが 種です。

こちらも くりの実といいながら 食べているのは

種なんですね。

名前はむつかしくて わかりづらいですが 今はくりの

きせつなので、おいしく食べましょう。


I wrote about Ghana and cacao beans as the

material of chocolate on Sep. 4th,

Do you know cacao beans are not beans?

Cacao beans are seeds in fruits of the Chinese

parasol trees.

Coffee beans are also seeds in cherry fruits

of the coffee trees.

Though they are seeds, we call beans,

it's very mysterious.

Chestnuts we eat in Autumn, their prickles

are skins, hard shells are fruits, astringent

skins and yellow parts are seeds.

We usually say Chestnut fruits but actually eat seeds.

Name is difficult to understand, but it is the best

season to eat chestnuts.

Let's enjoy the taste of Autumn.
Posted by むらじゅん at 00:00 | クラス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
Classroom 11-23[2021年09月18日(Sat)]
【公民館】
公民館の活動は台風接近のため、中止になりました。

【zoom教室】
学習者:3人(モンゴル男子2人、モンゴル女子1人)
スタッフ:7人(男性2人、女性5人)
210918_zoom.png

非常事態宣言が出ています。県を越えての異動はしないで

と言われています。保谷駅のすぐ北は埼玉県です。歩いても

すぐに埼玉県新座市です。どうすれば? よく分からない

ので青梅の御嶽神社へ行ってきました。ここは都内なので

歩いて行ける新座市より遠いですが都内です。 ずっと昔に

行ったきりで、あまり記憶に残っていません。久しぶりに

御嶽ケーブルカーに乗ると結構急で驚きました。

ケーブルカーの駅から標高929mへの山頂は涼しく、

それなりの登りです。人も少なく気持ちの良いウォーキング

でした。山の上の食堂で食べた肉そばは、牛ではなく鶏肉

でしたが、体を温めてくれ美味しかったです。家の周りの

散歩より、やっぱり山の散歩の方がずっとコロナのストレス

解消になりますね。



コロナのため 東京のそとへ出ないことに なっていますので

東京の青梅(おうめ)にある 御岳神社(みたけじんじゃ)へ

行きました。

ずっと前に行ったことがありますが あまりおぼえて

いませんでした。

ひさしぶりにケーブルカーにのると さかみちで

おどろきました。

高いところではすずしくて きもち良く 歩くことが

できました。

山のしょくどうで食べたおそばは 体があたたまり

おいしかったです。

山のさんぽでコロナのストレスが なくなりました。


A state of emergency has been declared. They say that

moving across prefectures should not be made.

Just away to the north from Hoya Station is Saitama

Prefecture. Only a few walks from here lead me to

Niiza City in Saitama Prefecture.

What should I do? As I can’t tell what to do,

I went to the Mitake Shrine in Oume.

It is situated in Tokyo, farther than Niiza where

I can reach on foot, but it’s within Tokyo. Even

though I was there a long time ago, I hardly

remember. I took a ride in Mitake Cable Car for the

first time after a long time and I was surprised at

how steep slope it climbed. The mountain top is

929 meters above sea level, where it’s cool and

it demanded much climbing from the station

below. I met only a few people and had a refreshing

walk. “Nikusoba” I ate at a restaurant on the

top had not beef but chicken in it. It was delicious

and made me warm. After all, it’s far better for

stress relieving in corona to walk in the mountains

than wandering near your house, isn’t it?

by UNQOT
Posted by むらじゅん at 00:00 | クラス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
Classroom 11-22[2021年09月11日(Sat)]
【公民館】
学習者:2名(ガーナ人女性1名、韓国人男性1名)
スタッフ:6名(男性4名、女性2名)
9月11日教室の様子.jpg


【zoom教室】
学習者:8人(タイ女性1人、イギリス女性1人、中国男性1人、
中国女性1人、モンゴル男子2人、モンゴル女子1人、
ミャンマー女子1人)
スタッフ:8人(男性2人、女性6人)

210911_z00m.jpg

スクリーンショット 2021-09-11 211449.png

今日、保谷駅前公民館の多文化カフェ(オンライン)に

参加しました。NiNiCのSさんが講師でした。

Sさんは、生まれ故郷であるイギリスのハンプシャー州や、

19歳で移住したアメリカのウェストバージニア州の写真を

たくさん見せてくれました。イギリスとアメリカのちがい

は、英語だけでなく、食べ物やプライバシーにも

あるということを話してくれました。また、アメリカと

日本の子育てについての話題もありました。

Sさんは参加者にいくつか問いかけをしました。「アメリカ

にはどんなイメージを持っていますか?」「日本は子育て

しやすい国でしょうか?」などです。参加者はグループに

分かれて話し合い、それを全体で発表し、Sさんに感想を

聞きました。みんなが公民館にいるわけではないのに、

Sさんを囲んでおしゃべりしているような、なごやかな

ひとときでした。たくさんの写真や話題を準備して

くださったSさん、本当にありがとうございました。

Sさんは、10/3の日本語スピーチコンテストにも参加する

そうです。今度はどんなお話が聞けるか楽しみです。

みんなで応援しましょう。



きょう、ほうやえき前こうみんかんの たぶんかカフェ

(オンライン)にさんかしました。

Sさんがせんせいでした。

Sさんのふるさとの イギリス ハンプシャーや

19才から住んでいる アメリカ ウェストバージニアの

しゃしんを見せてくれました。

イギリスとアメリカの ちがいを話してくれました。

アメリカと日本の こどもをそだてる話もありました。

Sさんがさんかしている人に 聞きました。

「アメリカのイメージはどうですか?」「日本は

こどもをそだてやすいですか?」

さんかしている人で話して、いけんをはっぴょうしました。

みんなはなれているのに たのしく話をしました。

Sさんは 10月3日の にほんごスピーチコンテストに

参加するので みんなでおうえんしましょう。


I participated in “Multi-Cultural Café Online

” held in Tanashi City Hall today. The teacher was

S-san of NiNiC. She showed us lots of photographs

of her native land, Hampshire in England, and

those of West Virginia in the USA where she moved

at the age of 19. She said that the difference

between England and the USA exists not only in

English language, but also in foods and privacy.

She also talked about child raising in the USA

and Japan. She asked the participants some

questions; “What kind of image do you have

of the USA?” “Is Japan a country good and

easy to raise children?” and so on. Participants

broke into some groups and talked together.

And then they shared the contents of their talk

and asked S-san for her remark. Even though

not all of us were in the Hall together, we felt as

if we were sitting together and chatting

comfortably around S-san. S-san, thank you very

much for preparing many photographs and topics

for us. We really appreciate.

S-san is going to participate in Japanese Speech

Contest on the 3 rd of October. We are looking

forward to hearing her next interesting topics.

Let’s all support her.

by Taka
Posted by むらじゅん at 00:00 | クラス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
Classroom 11-21[2021年09月04日(Sat)]
聖火.png
オリンピック、パラリンピックも終わり聖火も消えました。

【公民館】
学習者:2名(ガーナ人女性1名、韓国人男性1名)
スタッフ:6名(男性5名、女性1名)

【zoom】
学習者:2人(タイ女性1人、イギリス女性1人)
スタッフ:5人(男性2人、女性3人)
見学者:1人

ガーナから来た新しい学習者さんが、8月末から教室に

参加しています。ガーナといえば、チョコレートを思い

浮かべる人が多いのではないでしょうか。

チョコレートの原料はカカオ豆ですが、カカオ豆の

多くが西アフリカで生産されています。

生産量の世界一がガーナの西隣のコートジボワールで、

ガーナは第二位です。日本はカカオ豆の80%以上を

ガーナから輸入しています。

健康に良いとされるポリフェノールを多く含む

チョコレートの消費量は年々増加しています。

私たちが食べているチョコレートの多くはガーナの

カカオ豆を使っているんですね。

チョコレートを通じたガーナと日本の深い関係を

知って、ガーナがとても身近な国になりました。



ガーナからきた がくしゅうしゃさんが 8月の

おわりから きょうしつに きています。

ガーナ といえば チョコレートを おもいうかべる

人が 多いと 思います。

チョコレートの げんりょうは カカオ豆ですが、

カカオ豆の多くが 西アフリカで作られています。

せいさんりょうの1位が コートジボワールで

2位が ガーナです。日本は カカオ豆の 80%

いじょうを ガーナから ゆにゅうしています。

チョコレートを食べる人は 毎年ふえています。

私たちが食べている チョコレートの多くは ガーナの

カカオ豆で できています。ガーナと 日本の 深いつ

ながりを知って ガーナが とても みじかな国に

なりました。

The new member from Ghana comes to our

Japanese class from the end of Aug.

I think if you hear the name of Ghana, you might

imagine chocolate.The raw material of chocolate is

cacao bean.A lot of cacao beans are grown in

West Africa.The world champion for the volume of

production is Cote d'ivoire, No.2 is Ghana.

Japan imports over 80% of cacao beans from Ghana.

Consumption of chocolate is increasing year by year.

A lot of Chocolate which we are eating are made from

Ghana's cacao beans After knowing the deep relation

between Japan and Ghana,

I have more friendly feeling to Ghana.

by しゃおろん
Posted by むらじゅん at 00:00 | クラス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
Classroom 11-20[2021年08月28日(Sat)]
【公民館】
学習者 :1名(ガーナ人女性1名)
スタッフ:5名(男性3名、女性2名)
8月28日教室の様子.jpg

【zoom】
学習者:8人(中国男性1人、中国女性2人、タイ女性1人、
ギニア女性1人、モンゴル男子2人、モンゴル女子1人)
スタッフ:8人(男性2人、女性6人)
見学者:1人

スクリーンショット 2021-08-29 182530.png

今日の土曜教室。

いつも同じルームでおしゃべりする3人組、サリーさん、

Sさん、私はお休みでした。

それは、3人ともコール田無にいたからです!

Sさんが歌をやっていることをご存じでしたか?

なんと今日はその発表会で、サリーさんと私は

Sさんの歌を聴きに行っていたのでした。

6人の歌い手が3、4曲ずつピアノの伴奏とともに

歌い上げる2時間のステージ。

久しぶりのコンサートホール、生の歌、本当に

楽しかった。いい時間でした。

万全な感染対策のもと、間隔が空けられ、ざわめきの

ない観客席だったけれど、大勢で一つのことを楽しむ

という一体感。

忘れかけていた感覚がよみがえり、ぞわぞわしました。

Sさんの歌声、素敵でした。4曲それぞれに違う

味わいがありました。

サリーさんと、どの歌が良かった?と感想を言い合う

のもまた楽しく。

サリーさんと言えば、写真の赤いドレスはサリーさん

の手作りです。

洋裁が趣味。服やバッグなどの小物もミシンで作る

そうです。

歌、ものづくり、何かをつくり上げる人たちにたくさん

出会った今日でした。

みんないい顔をしています。なぜでしょう。

楽しくてたまらない世界を持っているからでしょうか。

コロナに負けない、明るく強い世界です。




今日の土曜教室(どようきょうしつ)に、サリーさん、

Sさん、わたしはいませんでした。

それは、コンサートホール(コール田無(たなし))に

いたからです!

今日、Sさんは発表会(はっぴょうかい)で歌(うた)を

歌(うた)いました。

サリーさんとわたしは、それを聞きに行きました。

発表会(はっぴょうかい)は2時間でした。6人が

3、4曲(きょく)ずつ歌(うた)いました。

ひさしぶりにコンサートに行って、ほんとうに

楽(たの)しかったです。

お客(きゃく)さんは、みんなマスクをして、

しずかでした。

でも、みんなでいっしょに歌(うた)を聞くと、

みんながひとつになります。いい時間です。

Sさんの歌(うた)は、素敵(すてき)でした。

4つの曲(きょく)は、タイプが違(ちが)います。

そして、全部(ぜんぶ)よかったです。

サリーさんと「どの歌が好き?」と話しました。

これも楽(たの)しかったです。

写真(しゃしん)を見てください。

サリーさんが着(き)ている赤いドレスは、

サリーさんが作りました。

サリーさんは、服(ふく)やバッグなどもミシンで

作ることができるそうです。

今日は、歌(うた)う人、ミシンでものを作る人、

何かをつくる人たちにたくさん会(あ)いました。

みんないい顔(かお)です。どうしてでしょう?

楽(たの)しくて、時間を忘(わす)れる

世界(せかい)を持(も)っているからでしょう。

その世界(せかい)は、コロナに負(ま)けない、

明(あか)るくて強(つよ)い世界(せかい)です。

Saturday Class today

The three of us who always chat in the same

room of Zoom, Sarii-san, S-san, and I

absented from today’s class.

That’s because all three were in Call Tanashi

at that time!

Do you know that S-san learns singing songs?

Today was the day of her group’s recital, and

Sarii-san and I were there to listen to her

songs. It lasted for two hours. Six singers sang

three or four songs each accompanied by the

piano. It’s a concert hall and live songs after

a long time. I really enjoyed such a good time.

Under perfect infection prevention, we took seats,

keeping social distance, and almost kept

silent with masks during the recital.

However, I was filled with such a sense of unity

as many people sharing the same one.

When this feeling I had almost forgotten revived,

I was thrilled.

S-san’s singing was wonderful. Her four songs had

each different taste.

Sarii-san and I talked about the songs and which

song was the best. This chat also was very

delightful. Talking of Sarii-san, the red dress in the

photo was made by her.

Dressmaking is her hobby. She said that she makes

clothes and small items like bags by a sewing machine.

Singing songs or making items, this was a day when

I met those creative people.

Every one of them has a nice face. I wonder why.

I’d presume they have a world of happiness welling

up in their heart.

That world is surely a bright and strong one

unbeaten by corona.

byみのり

Posted by むらじゅん at 00:00 | クラス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
Classroom 11-19[2021年08月21日(Sat)]
【公民館】
学習者 :1名(韓国男子1名)
スタッフ:5名(男性3名、女性2名)
8月21日教室の様子.jpg

【zoom】
学習者:8人(イギリス女性1人、中国人男性1人、
中国人女性1人、タイ女性1人、モンゴル男子2人、
モンゴル女子1人、ミャンマー女子1人)
スタッフ:8人(男性2人、女性6人)
見学者:1人
210821_zoom.png

8月21日(土曜日)、NiNiCジュニアのボランティア

活動に久々に参加しました。コロナウィルス感染拡大の

影響もあり、対面学習者1名が参加しました。

漢字検定教材を活用し、聞き取った文書から漢字を

学習者に解答してもらう課題に取り組んでもらいました。

日本語には同音異義語や同音類似語など区別が難しい

ものが多く、実際、学習者は大変です。しかし、将来の

夢や目標を持った学習者と学習支援者と一緒に悩み考

えることで解答の正解率も高まり、継続した学習支援は

必要不可欠と感じました。また、学習者との

コミュニケーションを通して、学習支援者もグローバルな

知識を得ることができ、改めてボランティア活動の

重要性を認識しています。コロナウィルス感染対策を

行っており、多くの学習者の皆さんの参加を

お待ちしています。




久しぶりにボランティアにきて、わかい人とべんきょう

しました。

かんじの本をつかって、文をきいてかんじを書いて

もらいました。

にほんごは おなじよみかただけど ちがういみの

字など むずかしいことも 多くて べんきょうは

たいへんでした。

わかい人とべんきょうをして こちらもいろいろな

ことを 知ることができて ボランティアにさんか

することは いいことだとおもいます。

みなさんも いっしょにべんきょうしましょう。

On the 21 st of August, I participated in NiNiC class

first time after a long absence. Due to a spread

of COVID-19, only one learner attended the

in-person class. We used a textbook of

“Kanji-kentei”.

The learner had to guess a right kanji shown in

sentences read by me. Japanese language has a

lot of words with the same reading, but the

different meaning. This is surely the trouble for

learners. A learner with hope and dream shares

the difficulty to solve the question with volunteers,

which produces a good collaboration and it leads

to a better answer. This was a good experience

to remind me the necessity for continuous support.

Volunteers, too, come to get sort of global

understanding through the activities. We practice

infection control and look forward to seeing

many learners here.

by komi
Posted by むらじゅん at 00:00 | クラス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
Classroom 11-18[2021年08月14日(Sat)]
【公民館】
学習者:2名(韓国人男性1名、アメリカ人男性1名)
スタッフ:6名(男性4名、女性2名)
image0.jpeg

【zoom】
学習者:4人+α(イギリス女性1人、タイ人女性1人、
モンゴル男子2人、モンゴル女子1人+2歳男子)
スタッフ:8人(男性2人、女性6人)
210814_NiNiC_zoom.png

オリンピック開催反対の声が多い中、政府は国民の総意を

確認せず、IOCに押し切られるかたちで開催。

問題を抱えながらも今週の日曜日に無事閉幕しました。

競技が始まると、国籍や人種の枠を超えて、世界中の

アスリートたちが懸命に競いまた、認め合う姿にスポーツの

力を感じ、感動し、応援していたのです。

自国での開催を実感できないままに・・・・。

ただ、オリンピック期間中からコロナウイルスの感染爆発が

おき、今や医療崩壊の危機に直面しています。

そして3回目のワクチン接種の必要性がささやかれる

ようになってきました。いつになったら元の生活に戻れる

のかと、多少の不安もありますが、嘆いていても何も

かわらないのです!! その時が来るまで、今、自分に

できることを淡々と行い、過ごしていこうと思っています。  




  
オリンピックをはんたいする ひとは たくさん

いましたが、 オリンピックは ひらかれました。

さんかした せんしゅは こくせきや じんしゅに

かんけいなく いっしょうけんめい たたかいました。

とても かんどうしました。

いまは コロナウイルスに なったひとが

たくさんいます。 

コロナが いつ おわるか わかりません。

そのときまで じぶんに できることを して 

げんきに すごして いきたいです。

Despite many oppositions to holding the Olympics,

the government didn’t confirm the consensus

of the people, as if pushed by IOC, dared to open

the games. It was over this Sunday safely in spite

of many problems. Once the competition started,

athletes from all over the world did their best and

respected each other regardless of their nationalities

and races. To see them I felt how wonderful sports

are and found myself moved so much and then

I could not help cheering them up. Without feeling

it’s really held in my own country, though. During

the Olympics, COVID-19 has spread rampantly

and now we face the risk of collapse of medical care.

It’s said that we need to be vaccinated for the

third time. I wonder when I can return to the

normal life, however, this uneasy question won’t do

me any good!! What I can do now is to spend time

calmly until the day comes.

 by S.M
Posted by むらじゅん at 00:00 | クラス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール

西東京にほんご教室さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/ninic/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ninic/index2_0.xml