CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ラテン日系留学生

私たちは中南米で生まれ育った日系人です。
現在、日本財団から奨学金をいただき、それぞれの夢の実現のために日本で猛勉強中です。
「中南米日系人から見た日本」をテーマに、31人のラテン日系留学生が毎週記事を掲載します。乞うご期待!


日系ポータル!日系留学生サイト
プロフィール

中南米日系留学生さんの画像
<< 2013年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
日系留学生の個人ブログ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
最新記事
最新コメント
Mika
5/29 (12/16) 小嶋 茂
ココペリ楽団 (09/18) Rodrigo
科学を信じる危険性 (08/21) 日系留学生管理者
大学の試験終了~ (08/13) RyoOgawa
3年目の大学生活 (07/30) kelly
ペルー料理!!! (07/17) Raphael Toshiya Suzuki
6月12日恋人の日(ブラジルでは) (06/14) Raphael Toshiya Suzuki
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (05/15) Jorge
科学を信じる危険性 (05/05) miyuki
w13_幕閉じ幕開け (04/03)
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
https://blog.canpan.info/nikkei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nikkei/index2_0.xml
引っ越し [2013年06月26日(Wed)]
皆さん元気???
梅雨は大変ですね :S :S
だけど、もうすぐ夏 が来る :D :D :D

力行会に一年間すぎに住んだ、ついに今月は引っ越ししたので、週末に家具を買う時間になって、楽しいです。
でも、最近睡眠時が辛くなった、ベッドがまだ配送されていないから :(


今月もペルー学生団体と一緒に初めてつくばで会議を参加しました。
この会議でクラウディアさんもあいました。
つくばは静かな所って、なんとなくペルーにいるような感じでてきました。

今月からも大学で患者さんの診療を開始し、今から研究と外来時間を長くなると、
もっと勉強しなければならない。。。

臨床をするが面白いので、自分の患者さんを検討するが幸せです。

来月実験を終る予定、実験終了後、学会で発表して、論文を書かないといけないので、もう少し頑張ります。

また来月

内間 カリン
ペルー
9期生
Posted by 日系留学生管理者 at 22:55 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
6月 [2013年06月24日(Mon)]
皆さん、こんにちは。
時間が経つのは確かに早いです。あまり気づかずにもう3ヶ月以上日本で暮らしています。この期間で東京での生活に慣れてきて、毎日を楽しんでいます。

6月8日と9日に力行会を通じてラボ一泊ホームステイ交流会というイベントに参加しました。私にとっての初めてのホームステイだったのでとても楽しみにしていました。8日にパーティーがあって、日本人の小中学生といろんな国の留学生と一緒にゲームしたり、話したりして交流ができて楽しい時間を過ごせました。それから、とても親切なホストファミリーと出会って、彼らの家に泊まりました。翌日、新宿御苑に他のホストファミリーと一緒にピクニックに行きました。優しいお母さん、明るいお父さん、元気な男の子に親切にしてもらって、みんなで楽しい時間を過ごせてとても嬉しいです。そして、3人の家にもう一回誘ってもらったのでまた会う日を楽しみにしています。このホームステイに参加して本当によかったです!

日本語の勉強は順調に進んでいます。先週SNGの学期が終わって、中級2に合格しました。来週の月曜日新学期が始まりますのでその日からもっと難しい上級のクラス頑張っていきます。

新本ラファエル
10期生
ペルー
Posted by 日系留学生管理者 at 23:55 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ホームステイ [2013年06月23日(Sun)]
皆さん、こんばんは!
今月で大学に通い始めて3ヶ月目になり、建築構造に関する講義、又は、研究室にも十分慣れました。勉強やコンクリート構造に関する研究も順調に進んでいます。
通常、平日はバタバタしていますが、今月の8日〜9日にかけてホームステイをすることができました。1泊2日の短い期間でしたが、1日目は色んな国からの留学生がある会場に集まり、ホームステイ・交流パーティーの主催者達(日本人学生)がいろいろなオリエンテーションや説明などがありました。その後、ほかの学生達と交流を深める為、様々なアイスブレイクを通じてお互いもっと知ることができました。参加みんなが異文化交流に興味津々で、僕もラオスやカンボジアとかについて色々知る事ができたのでとても濃厚な交流でした。交流後、各留学生がホストファミリーと一緒に帰り、ホームステイプログラムが始まりました。僕がお世話になったところは、子供が二人(5歳と9歳)いて、元気で明るくてとても可愛い子達でした。翌日はホストファミリーと一緒にブラジルや日本についていろいろと話をしたり、お昼には新鮮なマグロやサーモン、いくらなどを買って新鮮な手巻き寿司を味わいました。その後、みんなとボーリングで遊んで、最後には焼き立てのたい焼きを頂き、お別れの時が来ました。1泊2日だけでしたが、濃厚で楽しい日を過ごし、一生残る思い出・勉強となりました!!
来週からはもう7月!今回は日本の花火大会・夏祭りに参加できるよう、楽しみです♪
それでは、また来月!

滝浪・ジョナタス・晃爾
10期生
ブラジル
Posted by 日系留学生管理者 at 23:45 | 日本での思い出 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
Hallo 皆さん.. [2013年06月22日(Sat)]
私は三か月新宿日本語学校で日本語を勉強しています。
昨日、私は二年生になりました。それと、点数もよかったです。
そのあと,晩はクラスメットと三人のせんせいと一緒に晩ご飯を食べました。
クラスメットの中に帰国する人いるいますから、送別会もやりました。
994171_10200225028216582_606808636_n.jpg
今日はRikkokai でカレーパーティーをおこなわりました。
私たち自分国のカレーを作りました。
全員五グループが参加しました。
ブラジルグループ、インドネシアグループ、マレーシアグループ、日本グループ、タイグループ。
私たちは一緒に昼ご飯を食べました。
rikkokai.jpg
楽しかった.
Posted by 日系留学生管理者 at 00:29 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
着物を身に着けている [2013年06月21日(Fri)]
今年は“日本のデザイン&アーツ”という授業を受けています。そしてこれが私の一番好きな科目です。今月は着物のことについて学びました。着物の歴史、素材、世界にどんな影響を与えているのなどを勉強しました。最終的には着物の着方と自分で実際の着物をきることができました。

コロンビアでは、子供の時にニッケイコミュニティーのなかでおばあちゃんとかおばちゃんの着物を着ることとか、着物の着る手伝いとかはよくしてもらいましたが、一人で着物を着るように教えられたことはないです。

私にとって着物、日本の文化を学ぶことはすごく大事なことだと思っています。そして日系人として日本の伝統を学び、それを子供とその次の世代に伝えたいです。私のおばあちゃんはこんなことは教えてくれなかったので、私が日本の伝統的な文化に興味を持っていなければ、この伝統は忘れざるを負いませんでした。

コロンビア人として育てられましたが、日本人の名前を持っていることを誇りに思っています。そして私は自分の一部はいつも日本人らしくいることを望んでいます。

KIMONO1.jpg


田中 ラウラ けいこ
コロンビア
Posted by 日系留学生管理者 at 15:36 | 日本の文化 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
論文が受理されました! [2013年06月19日(Wed)]

あと一ヶ月半で修士論文発表があります。
もう緊張しているですが、今月はとても良いことがありました。3月に投稿した論文が受理されました! 皆さんは興味があれば、このリンクに見てください。

私はその研究について霊長類研究所で行われた「ニホンザルセミナー」と言うシンポジウムに日本語で発表しました。私は日本語で発表したことがありますが、前の発表は短く、対象が大学生の見学者でしたが、今回はニホンザルの研究者に私の研究のデータを紹介しました。さらに、発表の後にいろいろな質問やコメントなどがでて、日本語で答えられました。お疲れさまでした。あせあせ(飛び散る汗)

さて、一ヶ月の内に修士論文を終わらないといけません。これは英語で書いてもよかった!(笑)
まだ頑張っています!


竹下さゆり
ブラジル・8期生 雨
Posted by 日系留学生管理者 at 17:39 | 大学生活 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
初めての学会参加 [2013年06月13日(Thu)]
日系ペルー人
8期生
松田デレク

お久しぶりです。
6月7、8日に開催された異文化間教育学会に参加しました。実は、初めての学会への参加でとても緊張していました。ありがたいことに同じ奨学生の山中花さんもこの学会に参加をする予定でしたので、一緒に参加することができ少し気楽に行く事ができました。

先日もお伝えしました通り、7月7日から9日までは私の通っている上智大学で日本比較教育学会が開催される予定で、今度は主催側になりますので他学会の様子を見学させていただく意味も含むての参加でした。

日本大学での発表に関しましては、様々な領域の研究で、プレゼンテーションや調査発表の報告の仕方等について多く学ばさせていただきました。 それぞれの研究の最先端でありますので、研究内容に関しても私の研究に照らし合わせて、今後の方向性に関しても大きなヒントが得られた気がします。

また、様々な出会いもあり、今後の調査やデータ分析の際にお世話になる方々と知り合うこともできました。 私は学会に行く前にある教授からこのようなアドバイスをいただきました。「私は学会で今の研究仲間に出会ったんだよ。学会はそのような出会いの場だから、今は全然興味のない研究内容でも将来のことも考えて、話しかけてくれた人にはしっかり名刺交換をして自分をアピールするんだよ!」と言っていただけました。

そして、なんと私の今後の調査予定である、「日本での教育経験を持つペルーの日系人児童生徒の調査」をこの三月に既に行った方と出会うことができ、様々な情報を伺うことができました。あまりにも研究内容が似ていて、驚きを隠せなかったです。

今後もこの方と情報交換をしていきたいと考えています。

また、学会の運営側として見落としていた点に気づくこともでき、とても有意義な時間をすごすことができました。

益々、日本比較教育学会が楽しみになってきました!みなさんも是非、参加してみてください!

それでは、また来月!
Posted by 日系留学生管理者 at 09:42 | 研究活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
アラサー (Around thirty) [2013年06月11日(Tue)]
こんばんは

アラサーのおっさんになってから気付いた、僕は簡単に太ります。体重をキープしたいけどそう簡単にいかない。現在の体重はだいたい85キロなので10キロ減らしたい。ダイエットの為に野菜たくさん食べています、つまらんすぎて週末になるとマックやピザのがまんできない…
頭の中で「一週間頑張ったから週末のマックは大丈夫でしょ」、それでなかなか痩せない。
大学生のころは一週間三回ピザ食べても太らなかった。毎日ジャンクフード食べていした、月2〜3回シュラスコ食べていましたが、体重ぜんぜん変わりませんでした。幸せだった事今わかります。
これから少しずつ体重を減らして理想の75キロを目指します。マックをがまんできないけどな…

エドガー ユウジ エガワ
ブラジル
10期生
Posted by 日系留学生管理者 at 21:08 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ソーシャルプロジェクト [2013年06月10日(Mon)]
皆さん、
こんにちは!

今日は、静岡県掛川市で始めたいコミュニティプロジェクトについて話しをします。日本語では伝えたい事を上手に伝えられないので、山下ロドリゴさんがポルトガル語から日本語に訳してくれたプロジェクトの一部を下に書きます。

1990年から日系人に対する入国管理法の規制緩和により、南米から多くの日系人が家族を連れて日本の工場で働きに来日した。2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災後も多くの日系外国人が滞在しており、日本政府の調査によるとブラジル人の数が2011年に210,032人で、愛知県(54,458人)と静岡県(33,547人)が一番多い。
静岡県の浜松市と磐田市のブラジル人コミュニティの住民によると、学校を辞め非行や麻薬と関わる若者の数が減少しているものの、未だに多い。非行に走る原因として、日本の学校や社会に慣れず若者が自信をなくしてしまうこと、親の支えが足りないこと、友達の影響が悪いことなどが挙げられる。多くの親は日本の教育制度について知らなかったり、子供の教育の重要性を理解していなかったりして、子供が勉強を続けたくても十分なサポートを受けられないケースも少なくない。子供の教育よりも工場で働いて稼げる即時のお金を優先する考えがまだ浸透している。
静岡県の掛川市においてこのような現実を変えるべく、2年前静岡大学の山本ルシア先生及びコミュニティリーダーの協力によってRaízesというグループが発足した。グループの目標はコミュニティネットワークを形成し、ブラジル人の生活水準を上げ、Raízesと掛川の行政によって行われた講演会や活動をきっかけにブラジル人コミュニティと日本の社会の距離を縮めることである。現在、グループは掛川市、磐田市、浜松市の住民で構成されており、グループを及びブラジル人コミュニティのエンパワーメントを促す活動を企画している。
昨年、山本先生に声をかけられ、NFSAメンバーの栗山カロリーナが心理学分野についての活動を企画するためにRaízesに入る。若者と親との治療グループを企画することが狙いであったが、昨年度を通して、Raízesのイベントに若者の参加が少なかった。ダンスに興味ある若い層の人が多いと聞いて、今回のイベントの着想に至った。心理活動とNFSAメンバーによるダンスワークショップを組み合わせることで、イベントに多くの若者の参加が見込める。日本におけるブラジル人コミュニティのみならず、ブラジルにおけるソーシャルイベントでもダンスやスポーツを用い、児童、青年の自尊心を養っている。このようなプロジェクトがブラジルの治安の悪い郊外やファベーラにおける犯罪件数を減らすことに成功している。
プロジェクトの目標は、1) 日系南米人の若者に勉強、進路、職業について興味を持ち、考える機会を創る;2) 自尊心を養い、若者及びその家族が心理的に強くする;3) 子供の教育が将来の就職に重要であるという認識を親の間で広める。
イベントはNFSAとRaízesと共同で行う。全部で4回行い、最後の会にコミュニティへのダンス発表会を行う。各回にNFSAのメンバー一人が勉強している分野について説明し、その分野の仕事や日本に留学する経験を語る。さらに、若者が興味を持つテーマ(恋愛、性、ストレス、自尊心) について話し合いもする。これで様々な分野の人と接することで、職業に関する興味が湧いて、将来について考える機会を与える。同時に山本先生は親と静岡大学の学部学生と日本での進学についての説明会を行い、NFSAメンバーも日本の学校で勉強した経験を語る。
最初のイベントは7月27日に行います。多くのブラジル人の子供が参加するように楽しみしています。

以上です。

栗山カロリーナ千春
ブラジル
9期生
Posted by 日系留学生管理者 at 17:23 | ボランティア活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
社会見学 [2013年06月09日(Sun)]
みなさん、こんにちは。
もう6月!ということで学校のクラスにもだいぶ慣れてきました。
先週、私は日本語学校の授業の一環の社会見学として上野の国立科学博物館へいってきました。
恐竜の化石やミイラ、ハチ公などの動物のはく製が展示してあり、とても興味をそそられるものばかりでした。
theater360というドームの内側のスクリーンに映像が映し出される
不思議な映画館のような全球型映像施設も面白かったです。
また、国の重要文化財に指定されている日本館の中央ホールは吹き抜けになっており、
ステンドガラスがきらきら光ってとても素敵でした。ぴかぴか(新しい)

みなさんも機会があればぜひ行ってみてください!

IMG_0508.JPG

IMG_0461.JPG
Posted by 日系留学生管理者 at 11:43 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ