CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ラテン日系留学生

私たちは中南米で生まれ育った日系人です。
現在、日本財団から奨学金をいただき、それぞれの夢の実現のために日本で猛勉強中です。
「中南米日系人から見た日本」をテーマに、31人のラテン日系留学生が毎週記事を掲載します。乞うご期待!


日系ポータル!日系留学生サイト
プロフィール

中南米日系留学生さんの画像
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
日系留学生の個人ブログ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
最新記事
最新コメント
Mika
5/29 (12/16) 小嶋 茂
ココペリ楽団 (09/18) Rodrigo
科学を信じる危険性 (08/21) 日系留学生管理者
大学の試験終了~ (08/13) RyoOgawa
3年目の大学生活 (07/30) kelly
ペルー料理!!! (07/17) Raphael Toshiya Suzuki
6月12日恋人の日(ブラジルでは) (06/14) Raphael Toshiya Suzuki
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (05/15) Jorge
科学を信じる危険性 (05/05) miyuki
w13_幕閉じ幕開け (04/03)
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
https://blog.canpan.info/nikkei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nikkei/index2_0.xml
旧正月 [2013年02月26日(Tue)]
皆元気ですか???

今月は初めて東京でブラジル料理のレストラン食べに行って、食べ過ぎました。

2月も中国の旧正月を祝うので、横浜中華街に行って、友達と遊んで、楽しかった
です。
大学でバレンタインデーの時、先生達の皆さんにチョコレートをさしあげるまし
た。 初めてコンナことをやったので面白かった。3月にプレゼントをもらうので、
ちょっと待ます。
研究は進んでるけど、すごく時間かかるので、おそくまで大学にいます。
来月新期生も日来ので楽しみにしています。

また来月

内間 カリン
ペルー
9期生
Posted by 日系留学生管理者 at 22:35 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
二月の面白いできごと [2013年02月24日(Sun)]
皆さんお元気ですか。京都では最近、雨と雪の日が多くなり、とても寒いけど、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私は今年、博士課程3年生になり、あと一年間で卒業予定ですが、とても心配してきました。先週は、今までやってきたことと、来年までにやらないといけないことについて考えていました。これからジャーナルと学会の論文を何本か書き、それから実験、データ分析や博士課程の論文提出等もあるので、あまり時間がないのを知って、とてもがっかりしました。また、最初からもっといい計画を立てればよかったと思って後悔しました。しかし、博士課程を初めてから、学会、TA (Teaching Assistant)や後輩たちの研究サポート等をやってきて、研究者としてとてもいい経験を積んできたので、これから頑張ってなんとかギリギリでも卒業に間に合わせたいと思っています。

先週、学部と修士課程の後輩たちが修正した論文を最終提出し、とても嬉しかったです。その中で3人といつも研究についてのディスカッションをやったりしていたのでさらに嬉しかったです。私の研究テーマは彼らの研究テーマと違うので、私も知らないことがたくさんあったのですが、一緒に勉強させてもらえたので視野が広がり、日本語での専門用語も覚えました。また、彼らが二週間かけて、徹夜もしながら最後の日まで一生懸命論文を直したり、ある人はまた実験をやったりしていたので、皆さん研究が好きだと思い、私も頑張る気がもっと出ました。

先週のブログ記事から今日までほぼ毎日大学で過ごしていましたが、いくつかの変わった、楽しいできごとがありました。一つは、最後まで苦しみながら研究をやっていた一人の後輩が、論文を提出したあと、髪の毛を染めたかったそうです。それで、私の研究室の皆さんと一緒に、まるで実験の道具をもって実験を行うように、研究室のソファーで彼の髪の毛を染めました。その後、髪の毛洗いまでしました。意外にも彼の髪の毛はもっと格好良くなったので、研究室はサロンとしても使えることが分かりました。今まで、そこで誕生日パーティ、リラックスのできるコーヒータイムや鍋パーティーなどをやっていたのですが、それ以外のこともできることがわかりました。

IMG_1024.JPG


IMG_1034.JPG


これは彼の髪の毛を染めている時の写真です。


それからもう一つ今月の変わった、とても楽しいできごとは、昨日の京都にいるセシリアさんの誕生日パーティーでした。前のブログ記事にも書いたと思いますが、京都にいるペルー人は誕生日やペルー独立記念日やクリスマス等の時に集まり、とても盛り上がります。私たちの集まりは、先輩(私の研究室のフローレス先生)と先輩の奥さん(ピラールさん)に申し訳ないですが、彼らの家が大きいのでそこでいつもやります。今回も相変わらずそちらでやりましたが、今回はセシリアさんにサプライズとして、ペルーの子供が行うようなパーティーをやりました。なぜかというと、彼女は誕生日に「ゆでた鶏肉とマヨネーズのサンドイッチを食べたかった」といっており、それを聞いた先輩の頭には、子供の誕生日パーティのイメージが浮かんできたからです。私たちは何日間かかけて彼女に秘密にし、準備(食べ物やデコレーション等)をやっていました。昨日はやっとパーティーの日がきて、私たちは午後4時半ぐらいから先輩の家にいました。セシリアさんが2時間後に来ましたので私たちは電気を消して隠れていました。ピラールさんだけドアを開けに行きましたが、私たちは彼女が家に入ってきたとき、「サプライズ」と言って驚かせました。彼女はデコレーションを見て、びっくりしたように見えましたが、楽しそうな顔をしていました。その後、ペルーの子供の誕生日パーティによくあるもの(スナック、ゼリー、サンドイッチ、ジュース等)を食べながら話をし、とても楽しい時間を過ごせました。ピラールさんと先輩が、食べ物とデコレーションの準備を一番頑張ったので、感謝の気持ちでいっぱいです。

Picture1.JPG


Picture2.JPG


Picture3.JPG


Picture4.JPG


Picture5.JPG


Picture6.JPG


GFB49508.JPG


これらの写真は昨日のパーティーの写真です。


私はこれから自分の研究に集中し、卒業まで頑張っていきたいと思っています。

名嘉 アンヘリカ
ペルー出身
5期生
Posted by 日系留学生管理者 at 20:00 | 日本での生活 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ブラジルの教育(最終章) [2013年02月22日(Fri)]
 今年度のブログのほとんどが教育、特にブラジルの教育について書かせていただきましたが、今回はここで教育について書くのが最後です。
 どうしたらブラジルの教育がよくなるかかなり考えたけど、あまりいい答えが出せません。とにかく、簡単な答えを提示してくる政治家やONGのリーダーなどは教育問題を甘く見すぎていると思います。あのBill Gatesでさえ、アメリカの教育問題にかなり手を焼いているので、やはり教育の問題は簡単ではないと思いますし、端的な即効薬などもないと思います。

 僕の教育の考え方がまとまりつつあったときに、先にまとめてしまった本を見つけてしまいました。Gustavo Ioschpe氏の「O que o Brasil quer ser quando crescer?」(ブラジルは大きくなったら、何になりたいの?)という本です。先を越された残念さ半分と、僕と同じように考える人がいる喜び半分を感じました。今回はその本を中心に、ブラジルの教育を語る最後のブログにしたいと思います。
まず、彼も即効性の対策を全て否定し、ブラジル人のお金による解決論を批判しました。これはOlavo de Carvalhoも指摘した問題で、ブラジル人は基本的にお金がないから物事がうまくいかないと思う傾向が強いです。だから、政治家のスピーチでも、教師組合の要求も、市民の訴えにも、教育の予算を増やす話が多いです。しかし、GDP比で見ると、ブラジルの教育予算が他の国と比べても少なくないです。例えば、日本よりも多いです。しかしながら、ブラジルの教育システムが日本ほど機能しません。

 悪い対策を議論してもキリがないので、ブラジルに必要な対策を挙げます。Ioschpe氏が次の3つを提案しています:@教育方法、A教師養成、B校長養成。
@ これは意外と当たり前のようなことです。例えば、先生がいつも宿題を出すべきだ、授業中の無駄な時間を省くべきだなどです。おかしいことに、教育に何かを変えないといけないと思ったときに、ブラジルの教師は宿題とかを辞めてしまいました。残念ながら、ブラジルで教育を語るときに、教室で起きていることについて議論することが少ないです。
A 比較的最近の法律で、ブラジルの教師全員に大学レベルの教育を義務づけられた。これは他の国の例を見れば、教育にいい影響を与えます。比較的この法律に適合していなかった教師も早めに大学に入り、教師が全員学位を持つようになってきた。それでも、ブラジルの教育が大きな進展を見せません。そこで、Ioschpe氏が犯人に挙げているのは大学です。ブラジルの教育学のアカデミアが左派の思想ばかり教えて、読み書き、算数も教えられない教師を放出し続けています。ブラジルで一番と言われているサンパウロ大学の教育学部でさえその状態です。教育実習の期間を大幅に増やし、基本的な能力を確実に身に付けさせる力を養うようにしなければならない。
B 校長は教育者よりも経営者に近い仕事かも知れません。下手な学校経営がその学校の教育水準に響くことがほぼ証明されています。残念ながら、ブラジルの大学に教育行政、学校経営のコースは存在しません。キャリアとしても校長養成コースがありません。Ioschpe氏は経済学者であり、この問題をかなり重要視しています。

 この3つに大賛成ですが、さらに1つを加えたいと思います。私が世界でトップを走っている国々の教育を調べてきて、共通する点を1つ見つけたと思います。それは、教師・学校職員の協力体制です。フィンランド、オランダ、カナダ、中国、日本においても、同じクラスに教えている教師が集まって、そのクラスの方向性や問題点を話し合う時間が設けられています。ブラジルでは教師の時間が授業で詰まっていて、授業の準備をする時間すらないため、このようなミーティングをする学校はほとんどありません。これは学校経営、または教育の方法に入る項目かも知れませんが、世界のトップを走る国々は行っていますし、ブラジルでも効く可能性が高いと思います。

 この一年間は教育に関する図書、ニュースを多く読んだり、日本の学校、ブラジル人学校を訪問したり、教育に関するフォーラムやシンポジウムに参加したりして来ました。教育の革命なくして、ブラジルの発展国の仲間入りは起きないと思います。しかし、ブラジル人全員が教育意識を持たせることは無理です。今学校に通っている子供たちにその意識を確実に育み、その上の世代が死ぬのを待つしかありません。だから、ブラジルの教育が高い水準を達するのは100年後のことかも知れませんが、今やるべきことをやらなければ、それはさらに遅れるでしょう。
Posted by 日系留学生管理者 at 11:06 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ペルーから戻りました!!! [2013年02月21日(Thu)]
皆さん 久しぶりです、
お元気ですか。

私は3週間前にペルーから戻ってきました。そして、しばらくの間、背中の痛みから休んでました。
今はお医者さんに行ったので良くなりました。
私は30日間のペルー夏を過ごしました。私はいくつかのデータをリマの集めに不法滞在集落へ行きました。父がたくさんたすけてくれましたがけっきょく時間がたりなかったです。しかし、今年集める分のデータとしては十分集められました。

IMG_6532.JPG

毎朝この場所をおとづれるのにもなれて、ミーティングや調査、インタビューと、暑い、夏のペルーで仕事をしてきました。
しかし、1回のもっと大事な夕方以降は家族や友達とランチしたり、ディナーに行ったりしてきました。

ペルーの食べ物はおいしくて、食べすぎました。とくに私お気にいりの料理と果物はたべました。ペルー料理はとても安くてユニークです。
私の家族は、私が行くことによってとても喜んでくれましたし、私達はいっしょにすばらし時間を過ごせました。

IMG_1222.JPG

IMG_7984.JPG

私は今年中はとても忙しくて仕事をして、自分の研究を終わらせてすぐに戻りたいです。
写真をみて楽しんで下さい。そして、皆も体を大事にして下さいね。

又、会いましょう

ペルー出身
9期生
サカイクラウディア
Posted by 日系留学生管理者 at 15:31 | 大学生活 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本語での発表できました! [2013年02月19日(Tue)]
皆さん、こんにちは!

今月には寒さがけっこう厳しくなりましたね。家の中でもとても寒いです。雪

先月は大学で修士論文発表がありました。院生が10人ですが、私は2学期から始めまたので、発表は今年の7月か8月の予定です。まだ時間があります 。わーい(嬉しい顔)

さて、今月は霊長類研究所のオープンキャンパスが開催されました。去年より見学者が多かったです。いつも通りに、社会生態分野での皆さんは自分の研究について簡単に説明しました。院生たちが5分での発表する予定で、今回私は日本語で話してみたいと挑戦をしました。

事前に寺田佐恵子さんという院生から手伝ってもらって、スライドとスピーチを準備しておいて、よくできていました。私の発表を聞いて先生たちと他の院生たちがびっくりしました。 今思い出したのですが日本語で発表することが去年の目標の一つでした。よし!短かったけれども、佐恵子さんのおかげでできました!手(チョキ)

また、去年やっていました研究については既に海外大会で発表し、一つ目の論文も書きました。そろそろ雑誌に提出するつもりです。その間に、二つ目の結果を分析し、新たに他の研究も始めました。来週社会生態セミナーで二つ目のデータを発表したいと思います。その時は英語での話になります.


竹下小百合
ブラジル・8期生
Posted by 日系留学生管理者 at 11:01 | 大学生活 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
初めての挑戦! [2013年02月13日(Wed)]
ペルー出身
8期生
松田デレク

こんにちは!
実は、今年で僕の通っている上智大学が100周年記念を祝います♪
おめでとうございます!
ちなみに僕の学部は関西学院大学なのですが、こちらは125周年を祝っております!
改めて、おめでとうございます♪

そしてなんとこんなめでたい年に、日本比較教育学会が上智で行われることになりました!7月5日からの3日間です!週末なので、お時間のある方は是非いらしてください!

そこで、僕の論文指導でとても尊敬している先生が今年の学会委員長を務められます!
僕は光栄な事に、この学会のホームページの作成というとても大切なお仕事を頂く事ができました!
高校生の時にホームページを作って以来、ホームページ作成をした事がなかった僕はいろいろ調べて、ホームページを作る事ができました!よかったら、ご覧ください!
http://www.gakkai.ne.jp/jces/taikai/49/toppupeji.html 

思っていたよりも、大変でした…
しかし、先生も気に入ってくださり達成感でいっぱいでした笑

今後も、学会の準備などで忙しくなりますが、自分の研究に支障のでないように頑張っていきます!

それでは!また来月です!
Posted by 日系留学生管理者 at 14:43 | 大学生活 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
お久しぶりです [2013年02月12日(Tue)]
さてもう2月ですね!

1月もあっという間にすぎてしまいました。
1月の成人の日に私は学校の関係で成人式のメイクをやりにいきました。
場所は海老名でした。色んな女の子のメイクをやれたのでとても楽しかったです。
一人10分か15分程度で終わらなきゃいけないので凄く緊張感もあり、立ちっぱなしなので腰もいたくなりましたが、女の子達がきれいになって嬉しがる顔をみるのがとても嬉しかったです。
けどそのためには週2で普通の授業の後練習をして朝の7時頃に家をでてうちにつくのが21時30とかで本当に疲れて忙しかったです。

2013-01-14 09.40.25.jpg

それからはずっと学校行っての毎日でした。
ちょっとおちついたと思ったら来週提出のグループ制作の作業に入ってまた忙しい毎日を送って
家に帰ったらご飯作って寝るだけの状態です。。。

最近はキャッツメイクやりました!

2013-02-09 17.27.26.jpg

まあ今回も投稿が短くてすまないんですがここで終わりにします。
早く春休みになって欲しいです。

安楽みゆきレイラ
9期生 ブラジル
Posted by 日系留学生管理者 at 02:10 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
[2013年02月10日(Sun)]
皆さん、こんにちは

ブラジルから戻ってもう一ヶ月になります。ブラジルの真夏を出て、雪が降っている日本に来ました。そして、日本について一週間後に研究のため、福井県に行きました。その時は雪がすごく積もっていて、本当に大変でした。また、東京に戻って春のように暖かくて、本当に嬉しかったです!!!

小さい頃はいつも雪が見たくて、アメリカの映画で雪を見るたび、羨ましいな〜と思っていました。初めて日本で雪を見た時はとてもうれしくて、輝いていた。しかし、雪が積もとみんな早起きして、車や家の前に積もっている雪をとらないといけません。それだけではなく、電車は動かない、歩くにも歩けない、その辛さが初めて分かりました。その反面、みんなが協力して道路の雪まできれいにとって、私は感動しました。自分だけ考えずにお互いの事も考える!そういう考え方が日本の教育に含まれていて、すごいと思います。

雪が積もる小さいことでも、自然災害が起きても、いざになると、日本人は力を合わせてまた元に戻ることが出来ます。それがいうまでもない、日本のすばらしいところです!

1239_10151418738741742_460214389_n.jpg

栗山カロリーナ千春
ブラジル
9期生
Posted by 日系留学生管理者 at 16:16 | 日本での活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
サッカーと試験監督 [2013年02月06日(Wed)]
皆さん、
お元気ですか?
今度はサッカーについて話したいと思う。1月31日にCBF(ブラジルサッカー連盟)が新しいブラジル代表のユニフォームをリリーズした。その新しいユニフォームは今年の6月のFIFAコンフェデレーションズカップに使う。個人的にホームのモデルはとてもきれいだ。
サッカーと言ったら、来年はブラジルワールドカップが行う。先週の初めてのゲームから後500日がある。私は盛り上がって、新しいユニフォームを予約した。

今月、学校の期末試験の時期だから、大学で試験監督をやった。この経験は面白いと思う。試験監督の責任は先生を手伝ってあげて、回答用紙と問題用紙を配って、カンニングを防ぐ。また、受験生の証明書を確認する必要がある。証明書を確認するのはちょっと楽しかった。たくさん人は写真と全然似てない。例えば、男性は大学入る前に、長いと染めた髪の毛があったが、三年生になったら、就活のために、黒くて、短い髪の毛になる。また、名前を確認するのも面白かった。同じ漢字でも、名字になると読み方は変化している。いろいろな読み方を勉強になった。



ブラジル出身
8期生
陳マテウス
Posted by 日系留学生管理者 at 13:54 | 大学での活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
w22_全力復帰 [2013年02月02日(Sat)]
どうも、

一か月ぶりの更新です。お久しぶりです。皆さんお元気でしょうか?東京にもまさかの雪が2度も降りましたね。地方の方からしたら大したことなさそうですが結構な出来事だったかもしれません。凍りついた道で何度か滑って転びそうになった私としては、見るのはよしとしても、積もった雪はすぐ溶けてほしかったです。(汗)

さて、早くももう二月になってしまいました。先月、今年最初の月はたくさんの出来事がありました。1月の始まりは所属する財団のみんなと東北地方、仙台へ冬の研修で四日間出かけてきました。研修の第一目的ではなかったものの、ボランティアなどもしました(これについてはもっと疲れるかと思いましたが、それはともかく思ったより復興が進んでいて安心しました)。語ることは沢山ある研修ですが、まとめて感想だけを述べますと、事前告知や他の小さな微調整さえ加えていれば更にカンペキでした!とても楽しく(食べるものは美味しく)、今後の活動の沢山の決断も出た、いい研修だったと思います!研修企画担当の皆さん、お疲れ様でした!

423360_371316199630836_893525272_n.jpg


研修から戻ってきてはすぐに授業がスタートでした(というか、通信教育は新しい先生に変わって一月二日から始まっていましたが)。スローに始まると思いきや、早速課題だの評価だの企画だの、少々焦りました。ブースターがかかったのでいい機会だとは思いましたが、体がなかなかついていけませんでした。

徐々に落ち着くだろうと思いましたが勢いは増して、学校では就職プレゼンテーション(略して「就職プレ」)というものがありまして、そこに参加することになりました。このイベントのタイトルがどうであれ、結果的には、専攻している全クラスから何人かが出席なさる企業の方々(1500名近くといいています…多い)にこの学校でどのような学生が育っているか自分たちの作品を紹介するというイベントです。

それで用意するものが沢山あって思いの外大変です。デモリール、ポートフォリオ、名刺、紹介カードボード、サイトなどなど、一つ一つ結構作るのが大変なものばかりです。

イベントは来週開催しますがその後はすぐ「HEW」(HAL Event Week・「ヒュー」)という、成果発表会らしきものが開催するのでこの日常のコンボが長続きしそうです。ちなみにこれらだけやっているかというとそうでもなく、科目ごとに課題が後を絶ちません。

忙しいかというと、それは普段より忙しいでしょうが、息苦しいほどでもなく、そもそもその自慢でもなく、ただ、時間管理が徹底的に苦手な自分にとっては致命的なスケジューリングだということをここに記載しておきます。まぁ弱点の克服に努めるいい機会なので頑張ります。

結局専門的なことを書かずまた日記のような書き込みをしてしまいました。次書きこむときには就プレは終わっていて、HEWの準備中なので、似た書き込みをしてしまいそうですが、もう少し制作においての感想くらいは書いてみようと思います。

まだ肌寒い日々が続きそうです。学校ではインフルエンザが流行っています。皆さんも体調管理に気を付けてください!それでは失礼します。また来月まで!

PS:年賀状が何枚か届きました。クラスメートや財団の方などから、嬉しかったです!その中、一枚は一緒にキャンプした子供からで、確認のため電話までかけてくれました。嬉しかったのなんのって(涙)。

PS2:CGARTSの検定試験にてマルチメディアのベーシックとCGクリエーターのエキスパート両方合格したようです。あまり勉強する時間が無くて危なかったかもしれないけど、まぁよかった。

ウィリアン・ヤマジ・フェホ
ブラジル出身
8期生
Posted by 日系留学生管理者 at 01:48 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ