CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ラテン日系留学生

私たちは中南米で生まれ育った日系人です。
現在、日本財団から奨学金をいただき、それぞれの夢の実現のために日本で猛勉強中です。
「中南米日系人から見た日本」をテーマに、31人のラテン日系留学生が毎週記事を掲載します。乞うご期待!


日系ポータル!日系留学生サイト
プロフィール

中南米日系留学生さんの画像
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
日系留学生の個人ブログ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
最新記事
最新コメント
Mika
5/29 (12/16) 小嶋 茂
ココペリ楽団 (09/18) Rodrigo
科学を信じる危険性 (08/21) 日系留学生管理者
大学の試験終了~ (08/13) RyoOgawa
3年目の大学生活 (07/30) kelly
ペルー料理!!! (07/17) Raphael Toshiya Suzuki
6月12日恋人の日(ブラジルでは) (06/14) Raphael Toshiya Suzuki
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (05/15) Jorge
科学を信じる危険性 (05/05) miyuki
w13_幕閉じ幕開け (04/03)
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
https://blog.canpan.info/nikkei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nikkei/index2_0.xml
ソーシャルプロジェクト [2013年06月10日(Mon)]
皆さん、
こんにちは!

今日は、静岡県掛川市で始めたいコミュニティプロジェクトについて話しをします。日本語では伝えたい事を上手に伝えられないので、山下ロドリゴさんがポルトガル語から日本語に訳してくれたプロジェクトの一部を下に書きます。

1990年から日系人に対する入国管理法の規制緩和により、南米から多くの日系人が家族を連れて日本の工場で働きに来日した。2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災後も多くの日系外国人が滞在しており、日本政府の調査によるとブラジル人の数が2011年に210,032人で、愛知県(54,458人)と静岡県(33,547人)が一番多い。
静岡県の浜松市と磐田市のブラジル人コミュニティの住民によると、学校を辞め非行や麻薬と関わる若者の数が減少しているものの、未だに多い。非行に走る原因として、日本の学校や社会に慣れず若者が自信をなくしてしまうこと、親の支えが足りないこと、友達の影響が悪いことなどが挙げられる。多くの親は日本の教育制度について知らなかったり、子供の教育の重要性を理解していなかったりして、子供が勉強を続けたくても十分なサポートを受けられないケースも少なくない。子供の教育よりも工場で働いて稼げる即時のお金を優先する考えがまだ浸透している。
静岡県の掛川市においてこのような現実を変えるべく、2年前静岡大学の山本ルシア先生及びコミュニティリーダーの協力によってRaízesというグループが発足した。グループの目標はコミュニティネットワークを形成し、ブラジル人の生活水準を上げ、Raízesと掛川の行政によって行われた講演会や活動をきっかけにブラジル人コミュニティと日本の社会の距離を縮めることである。現在、グループは掛川市、磐田市、浜松市の住民で構成されており、グループを及びブラジル人コミュニティのエンパワーメントを促す活動を企画している。
昨年、山本先生に声をかけられ、NFSAメンバーの栗山カロリーナが心理学分野についての活動を企画するためにRaízesに入る。若者と親との治療グループを企画することが狙いであったが、昨年度を通して、Raízesのイベントに若者の参加が少なかった。ダンスに興味ある若い層の人が多いと聞いて、今回のイベントの着想に至った。心理活動とNFSAメンバーによるダンスワークショップを組み合わせることで、イベントに多くの若者の参加が見込める。日本におけるブラジル人コミュニティのみならず、ブラジルにおけるソーシャルイベントでもダンスやスポーツを用い、児童、青年の自尊心を養っている。このようなプロジェクトがブラジルの治安の悪い郊外やファベーラにおける犯罪件数を減らすことに成功している。
プロジェクトの目標は、1) 日系南米人の若者に勉強、進路、職業について興味を持ち、考える機会を創る;2) 自尊心を養い、若者及びその家族が心理的に強くする;3) 子供の教育が将来の就職に重要であるという認識を親の間で広める。
イベントはNFSAとRaízesと共同で行う。全部で4回行い、最後の会にコミュニティへのダンス発表会を行う。各回にNFSAのメンバー一人が勉強している分野について説明し、その分野の仕事や日本に留学する経験を語る。さらに、若者が興味を持つテーマ(恋愛、性、ストレス、自尊心) について話し合いもする。これで様々な分野の人と接することで、職業に関する興味が湧いて、将来について考える機会を与える。同時に山本先生は親と静岡大学の学部学生と日本での進学についての説明会を行い、NFSAメンバーも日本の学校で勉強した経験を語る。
最初のイベントは7月27日に行います。多くのブラジル人の子供が参加するように楽しみしています。

以上です。

栗山カロリーナ千春
ブラジル
9期生
Posted by 日系留学生管理者 at 17:23 | ボランティア活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
年齢の差を感じます… [2012年12月13日(Thu)]
ペルー出身
8期生
松田デレク

こんにちは!
今回は、ボランティア活動で訪れている秦野市の学習支援教室の様子に関して、記していきたいと思います。

僕が担当しているのは、中学生クラスでだいたい8人の中学校1年生から3年生の生徒さんが通う教室です。お隣が小学生クラスでだいたい人数は中学生の2倍から多い時には3倍ほどの児童が通っています。とても寒いのに子どもたちは元気に通ってきて、勉強をしています。しかし、本当に元気で走り回ったり、たまに落ち着きもなく遊びたくてうずうずしています。そこで、僕がとても元気な中学生を担当していることもあり、15分問題を説いて、5分休憩の繰り返しで教えていると本当に集中する時は集中して遊ぶ時は遊ぶのスイッチがしっかり身に付くようになりました!よく見てみると、その子はとても頭が良くて、一つ問題を教えると次からはすらすらと問題を解いていきます!たまには、5分の休憩はいらないから次やろう!と提案してくるので、最初のスイッチの切り替え方が良かったのかなと自画自賛です笑 このようにして、子どもたちと実際に触れ合う事でわかってくる事がたくさんあります。このような経験も自分の研究や論文の中に取り込んでいきたいと思います。


文献ばかりを読むのではなく、新しい発見を自分でしていくことも研究の醍醐味だと思います!
益々楽しくなってきます!ただ、子どもたちと一緒にいると自分は本当に年を取ったのだなぁと感じます… サッカーをしても、鬼ごっこをしても彼らのように動けなくなりました…

運動不足だなぁと思いまして、最近では毎朝ランニングをしています!
ボランティアをしている事で、自分の研究にも、私生活にもいい影響を受けている事は一石二鳥の効果ですね♪

今後もたくさん若いエネルギーを頂きながら頑張っていきたいと思います!

それでは!!
Posted by 日系留学生管理者 at 14:28 | ボランティア活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
やっとフィールドワークの開始です! [2012年11月13日(Tue)]
日系ペルー人3世
スカラーシップ8期生
松田デレク

お久しぶりです!
前回紹介しました海外日系人大会も無事に終わり、今は先行文献を読みながら独自のフィールドワークも始めました!一方的に、情報を頂くのはすごく気が引けるので何か僕が力になれるようなことをしつつ、情報も手に入れればギブアンドテイクで僕自身もやりやすいかなと思って、学習支援教室でのボランティアをしながらデータを頂いてます!

主に中学生の子どもたちを中心に見ています!
この教室に来る子どもたちはほとんどペルー人なので驚いています。調査対象にした市町村の統計では圧倒的にブラジル人が多いのに、この教室の8割がペルー人の子どもです!
この事実も興味深いですが、今は先攻研究とのマッチしない点、する点に関してみています。

そして、もちろんこの子たちが無事に望んでいる進路に導いていけるように頑張っています!ペンを片手に子どもたちに教えるのって本当に一苦労です! 特に、話題がごろごろ変わっちゃうから若干ついていけない部分もありますが、頑張って続けていきたいと思います!

面白いことがわかれば、是非こちらでも紹介していきたいと思います!
それではまた来月です!

松田
Posted by 日系留学生管理者 at 05:41 | ボランティア活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
w17_夏休み [2012年09月01日(Sat)]
皆さんお久しぶりです。またまた一か月ぶりにブログ更新のためにやって来ました。前回から色々なことがおきました。全てを詳しくは書けませんので感想を述べますと、少々疲れる一か月でした(汗)。でも楽しかったです、非常に!今月も「大変なこと」になりそうなので今まで以上に元気にやっていきたいと思います。9月はまだまだ暑いので、皆さんも体に気を付けてお過ごしください。

確か、以前書き込んだときはドイツに居ました。あれからフランスとイギリス、各国に住んでいる友達に会いに行きました。久しぶりでとてもうれしかったです。そのヨーロッパツアーから“帰ってきて”も(外国人の私には日本には再入国ですが、汗)色々やりました。たまっていた課題をはじめ(どれもそう簡単なものではありません)、家をだらしなく開けたために生じたカビ退治のための大掃除、学校の友達と飲み会、NFSAのイチャの誕生日パーティもありましたし、キャンプで富士山のふもとの「ふもとっぱら」へ数日間行ったり、帰ってきてはダイレクトフォースセミナーに参加したり、サマーワークショップで発表したりマッサージしたりされたり、学校が始まるなり課題を急いで用意し提出したり、早速いくつかのプレゼンをしたり、その間に家に友達を泊めたり、家でパーティしたり…大変な一か月でした。

どれも掛替えのない大事な経験でしたが、私が今月ピックアップしたいのは「ふもとっぱら」でのキャンプです。修養団という団体が日本各地で展開するボランティア活動の一つで、私は静岡県の富士宮あたりの富士山のふもとにある「ふもとっぱらキャンプ場」にてそれに参加させてもらいました。この企画では四泊五日で参加する学生、または社会人は「リーダー」と呼ばれ、役割はたくさんあるのですが、多くのリーダーは、数人のグループに分けられた小学生から中学生の年齢に当たる子供たちと一緒に数日間行動を共にする、責任者・担当者みたいな役目をもちます。各グループは「村」と呼ばれ、それぞれ動物、または果実の名称が当てられます。さらに子供たちもまた、村長だの色々と役目を持ちます。面白いロールプレイです。

ややこしく聞こえるかもしれませんがそうでもなく、気軽に言うとただ一緒にキャンプを楽しみます。その中でできるだけ子供たち自身に片付けだの掃除だの、責任を持って行うよう仕向けるのが自分たちの大ざっぱな目的でした。これ以上詳しく書いても読みづらくなってしまう一方なので、まとめて私の経験を語ります。まずは最終的な感想を一言で:

分かれ惜しかった。

自分は“クマ村”のリーダーをやらせてもらいました。印象深いメンバーの村で、シャイな怖がりさん、真剣・真面目な子、トラブルメーカー、マッチョ、のんびり屋さん、クール・ガイ、ムードメーカー、先駆者、そして自分がいました。メンツもメンツですが(笑)、特に私の能力不足や他の色々な理由ですぐには思い通りにはいきませんでした。ですが、秩序を保つためとはいえ、そもそも従わせることに抵抗を持っていたので、それは諦めて、色々な方法を用いて、やってほしいことをやるよう促すようにしました。成功と言えるか微妙な達成感でしたが、時間があればあるほどどんどんうまくいっていたと思います。初日は聞く耳持たぬという感じでしたが、最終日は進んで意見を聞きに来るなど、大きな変化だったと思います。

一緒にテントを建てたり崩したり、山登ったり、カレー作ったり、肝試ししたり、風呂入ったり、寝たり、楽しんだり、(ちょっと)喧嘩したり、泣いたり。感動的でした。

「うち」の5回もキャンプに参加している経験者の“村長”は、終いに「今までで最高だった」との一言を残していきました。自惚れでも自慢でもありません、ただただ嬉しいので書き留めているまでです。他に、10年後、大きくなったら東京に会いに行く約束をした子や、“マッチョ”のくせに別れに泣いてしまった子もいた(すぐ隣で「やべ、もらい泣きしちまったじゃねぇか」って文句を言っていた“クール”なやつもいたが、笑)。“真面目に”書き心地の悪い鉛筆をプレゼントにもらったり、村で作った村旗選抜をやったり、やはり別れは苦手です。そして子供はまったくもってヒキョウです、あれだけ“迷惑”かけといて嫌いにならせない。しかも夏休みの終わりに何度も泣かされました、とんだ“悪ガキども”です!(涙)

驚くほどの問題児達を預かったと思った初日、最初は口の軽々しさもあって沢山のことを言われました(自分がそれを可能にする態度をとったのが問題なのですが)。ただ、自分には挑発は無効なのでスルー、すると飽きてきたのでしょう、徐々に悪口が減っていきました。最終日に自ら進んで照れながら「リーダー嫌いじゃない」と言われた時は驚きました。ちょっといい気になりました(笑)キャンプファイヤで発表した村歌も男児らしい親しみ感があふれる「もえろよ、もえろ」の替え歌「ほえろよ、ほえろ」の歌詞で感動しました。「お前ら、むかつく〜」が口癖たった自分の日常、返してほしくてたまりません。キャンプ場で“俺の子たち”(クマ村のメンバー)が皆、一人ひとり、迎えと一緒に帰った後のむなしさが痛かった。本当に、いくら考えても「これからどうしよう」の答えが見つかりませんでした。現に“あいつら”のすることに対して面倒だとか、ムカついたことはありません。こっちも“あいつら”のことが気に入ったこと、伝わったのだろうか。泣いてしまってちゃんとしたお別れどころか気持ちを伝えることが出来なかった気がする。でもきっと皆立派に成長するのだろうな。見届けられないのが悔しいけど“クマ村の子”なら皆大丈夫。

曖昧な内容になってしまいましたが、自分のこの夏一番の思い出です。豪華なヨーロッパ旅行、たくさん学んだ課題や試験、あちらこちらで騒いだこと、色々やりましたが、この完全無料(笑)のボランティア活動が自分の中の価値観の再確認させてくれたこの夏一番の出来事でした。子供のために何かする・作ると決めた自分の決心に揺るぎないことがわかってよかったです。ただ、そのためにはもっともっと勉強や経験を積まなくてはならないこともわかりました(子供は難しい…)。これからもがんばっていこうと思います。

次の書き込みは来月ですが、もう何について書くかは分かっています。今回より結構学的な内容になります。でもまだ先の話なので、お楽しみあれ。

DSCF9399.JPG


“ほえろよ、ほえろ”・2番

「ウ〜ィリアン、ウィリア〜ン
ブラジル出〜っ身〜
ヨ〜ワムシ、ナキム〜シ
みんなのリーダー」

8期生
Posted by 日系留学生管理者 at 11:12 | ボランティア活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
東北プロジェクト [2012年06月06日(Wed)]
皆さん、
お元気ですか?
遅くなってすみませんね〜

6月になりました。早いですね。わーい(嬉しい顔)るんるん
今修士論文を書いていますので、忙しいになります。

皆さんは私の修士プロジェクトのテーマを知っていましたよね?東北ドキュメンタリー映画「GrowingDocumentary」といます。今まで二番目の映画をまだ作っています。このためを先月に板橋ボランティアイベントがあって映像を撮影しました。岩手県殿のチームリーダー健太炉永瀬さんをインタビューしました。

interview.jpg

先週もnikkei youth ボランティア達と一緒に石巻へ行きました。地元の人達が嬉しかったそうです。あそこでも日系さんのジェイ堀之内さんとアメリカ人の京都大学の方リズマリさんをインタビューしました。皆さんにボランティアのモチベーションを聞いていました。答えは簡単ですが、意味深いです。それは、地元の人たちの笑顔と一生懸命生きている姿です。

今現在、やらなければならないことはいっぱいありますが、東北に行くボランティアは少ないです。復興が終るまでどれぐらい時間かかるのか、だれもわからないです。でも、今回のインタビューで受け取った重要なメッセージは、東北の人達は世の中から忘れ去られたくないと願っていることです。

nikkeiyouth.jpeg

私は自分のプロジェクトを通して、東北の人々の声を世界中の人に届けることが出来るように願っています。

でもその前に、当たり前だけど、自分の論文を終らせないとです。。。

私も、みなも頑張って下さいね〜
お元気で。。。
揺れるハート揺れるハート揺れるハート

アニサ原
7期生
インドネシア
Posted by 日系留学生管理者 at 21:55 | ボランティア活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
スペイン語 [2011年07月02日(Sat)]
こんにちは! だいぶ暑くなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 北海道もだんだんと暑くなってきました。太陽

さて日本で最も暑くなる8月に僕が入っている帯広畜産大学から3名の獣医学課程の学生がパラグアイに行くことになりました。目的は酪農をパラグアイに広めるための視察だそうです。そこで同国出身の僕がスペイン語を教えることになりました。しかし僕はずっと日本語を使う環境で育ったので、教えるほどスペイン語はうまくありません。だから大学の留学生のShirleyさんというボリビア人の方と一緒にスペイン語を5月の末から教えています。それでも初めて人に語学を教える側に立ったものですから、授業を始める前はすごく緊張しました。しかし始まってみれば自然と言葉が出てきて張りのある声が出てきました。そしていつの間にか黒板全体を使ってスペイン語を教えていました。これも教師である母親を持ったおかげだと思います。

この学生3名は、僕が育ったパラグアイのイグアス市という日本人移住地に行きます。しかも僕が働いていたパラグアイ農業総合試験場というところに行きます。ですからスペイン語以外にも向こうの現状、治安、試験場の上司の名前、等も教えています。遠くにある自分の故郷に知り合いが行くというのはすごく嬉しいことですね!笑顔 だから張り切ってスペイン語を教えられたのだと思います。しかもこの3名次第で国の未来が大きく変わるかもしれないと思うとますます張り切っちゃいます!

彼らはとても明るく、性格はラテンアメリカ系に近いのですぐに向こうの人たちと仲良くなれると思います。

僕も彼らのように国にプラスになるような存在になりたいです。

8期生
大山 巌 Pedro
Posted by 日系留学生管理者 at 21:21 | ボランティア活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
MDGsフォローアップ会合 [2011年06月13日(Mon)]
日に日に暑さが増していて、家の中に居たくない毎日です。
節電のために、図書館や学校でお勉強をする毎日を過ごしています。

そして、毎週火曜日は国連人口基金でボランティアをしている私は6月2•3日に行われたMDGs(ミレニアム開発目標)フォローアップ会合の二日目の会議に出席させていただくことができました。はじめての国際会議に出席をすることができ、各国の大臣の方々のプレゼンテーションを聞くことができてとても勉強になりました。また、様々な言語が飛び交う会場の雰囲気がとても刺激的でした。

フォローアップ会合の間に私がボランティアとして務めている国連人口基金はブースを設け、私たちが訴える「望まない妊娠をさせてはならない」、「女性のエンパワーメント」、「世界人口が70億人に!」などのメッセージが記載されたバナーを掲げ、パキスタンなどに送られた衛生支援キットや出産キットなどを実際のものを展示しました。

このような経験ができることをとても感謝しています。
これからも、このように国連人口基金東京事務所にお世話になりつつ、国際社会や日本社会に自分のできることどんどんしていきたいです。
Posted by 日系留学生管理者 at 09:07 | ボランティア活動 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)