CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ラテン日系留学生

私たちは中南米で生まれ育った日系人です。
現在、日本財団から奨学金をいただき、それぞれの夢の実現のために日本で猛勉強中です。
「中南米日系人から見た日本」をテーマに、31人のラテン日系留学生が毎週記事を掲載します。乞うご期待!


日系ポータル!日系留学生サイト
プロフィール

中南米日系留学生さんの画像
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
日系留学生の個人ブログ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
最新記事
最新コメント
Mika
5/29 (12/16) 小嶋 茂
ココペリ楽団 (09/18) Rodrigo
科学を信じる危険性 (08/21) 日系留学生管理者
大学の試験終了~ (08/13) RyoOgawa
3年目の大学生活 (07/30) kelly
ペルー料理!!! (07/17) Raphael Toshiya Suzuki
6月12日恋人の日(ブラジルでは) (06/14) Raphael Toshiya Suzuki
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (05/15) Jorge
科学を信じる危険性 (05/05) miyuki
w13_幕閉じ幕開け (04/03)
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
https://blog.canpan.info/nikkei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nikkei/index2_0.xml
オペラシティ(近江楽堂)のコンサートにつういて [2019年07月30日(Tue)]
皆さん、

お元気ですか。
暑さはもうしばらく続きそうです。熱中症にはお気をつけください。
尺八の演奏活動を報告させていただきます。

7月27日(土)、オペラシティの近江楽堂に行った「Encontro Musical 音楽の出会い〜その4〜」を無事に終わりました。沢山の友人や邦楽の愛好家、また音大の先生、和楽器に興味がある方々も観に来ていただきました。誠にありがとうございました!

「Encontro Musical 音楽の出会い」というシリーズを始めたのは、2017年6月でした。あっという間に二年過ぎました。お箏・三味線・上方唄の松浪さんと共に計画を作ります。私はコンサートの計画を作るのがあまり上手ではないのですが、松浪さんにいろいろ習いました。本当にお世話になっています。松浪さんと共にいろいろチャンレンジして、このシリーズはだんだん楽しくなってきました。

今回は、チェンバロ奏者・作曲家の根本卓也さんがゲストで参加していただきました。チェンバロと和楽器のコラボから産み出された独特な音色、また根本さんの新作もとっても素敵でした!
1部で、お箏と尺八の二重奏曲、根本卓也に作曲してくださった「歌」という箏ソロの初演、尺八古典本曲、チェンバロソロとチェンバロとお箏の二重奏曲。2部で、尺八・箏・チェンバロ三人でアヴェマリア、尺八とチェンバロ二人でマルチェッロオーボエ協奏曲、加えて根本卓也さんに作ってくださった「童謡による組曲」、オデオン(ブラジル音楽)。とっても楽しかったです!
初めて、尺八とお箏とチェンバロという編成で演奏しましたので、緊張しました。けれども、とっても綺麗な音色が産み出されたと思います。お箏の松浪さん、チェンバロ・作曲の根本さん、ありがとうございました。また、私たち3人で演奏するのを楽しみにしています。

67336853_373008323297767_2738329899340136448_n.jpg

67401751_438699946715827_5619677545302589440_n.jpg

67284979_653647001816419_5832911916950880256_n.jpg

67840718_703992466729841_1126099919174631424_n.jpg

スタフや友人達や応援してくれる方々のお力添えをいただき、大成功でした!心から感謝しております。

これからもっと頑張りたいと思います。

それでは、また「Encontro Musical 音楽の出会い」〜その5〜でお会いするのを楽しみにしています。

いつもオブリガードです!

渕上ラファエル広志
ブラジル12期生
Posted by 日系留学生管理者 at 23:59 | 日本の文化 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
猫カフェ [2017年06月07日(Wed)]
今月も私のブログ担当の日がやってきました。月日が流れるのがとても早いですね。
さて、今回は日本が誇るべき文化、私の大好きな猫カフェのご紹介をいたしましょう。猫好きでない方はごめんなさい、今回のブログは読み流してください。ふらふら

実は私、大の猫好きでパラグアイでは3匹の猫を飼っていました。猫たちと離れて早2ヶ月、モフモフ禁断症状も出てきていたので遂に猫カフェデビューを致しました。
「猫カフェ」というのは、利用料金を支払って、室内に放し飼いにした猫と自由にふれあう時間を提供してくれるお店のことです。
猫好きにとって猫カフェは天国で癒しの場所です。そんな猫カフェは現在、日本で170店舗以上あると言われていて、イギリス、アメリカ、フランスなどの国にも広がりつつあります。

つくばに引っ越してからすでに2回も猫カフェに行きました。常連客になってしまいそうです。
猫カフェは基本抱っこは禁止なのですが猫ちゃんの方から乗ってくるのはOKなのでおもちゃで遊ばせながら我慢強く待っていたらとある猫スタッフが膝に乗ってきてくれました。めちゃくちゃ可愛くて家に連れ帰るとこでした。(笑)

少しだけ私の秘蔵ファイルの写真を添付します。
これを見てくださっている皆様も癒されてくださると幸いです。
IMG_9958.JPG
IMG_0242.JPGIMG_4477.JPGIMG_0223.JPG

猫好きにとっての聖地、猫カフェ、ストレスフルな毎日を送っている方は一度行ってみてはいかがでしょうか?癒されますよ!

そして来月のブログはもうちょっと真面目な内容にしますね(笑)

第14期生
パラグアイ
善村美和

Posted by 日系留学生管理者 at 10:43 | 日本の文化 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
神楽の奉納 [2015年09月30日(Wed)]
皆さん、お元気ですか?

私は音楽に限らず、全般的に日本の伝統文化について興味を持っており、多くの日本の芸能を知り、経験したいと思っています。

先週の土曜日には、東京・神楽坂にある赤城神社で「神楽の奉納」という催しがあり、行ってきました。

神楽というのは、日本の神道において神に奉納する歌や舞いのことをいいます。神楽には様々な種類がありますが、今回、私が見たものは「島前神楽」という島根県の隠岐の島に伝わる伝統的な芸能です。

実は先日、私がある会で尺八を演奏しました。そこで隠岐の島の海士町の副町長さんと知り合い、今回の神楽のことを知りました。

島前神楽は、とても興味深い芸能でした。今後、神楽についても、もっと知りたいと思っています。そして何より、隠岐の島に行ってみたくなりました。

皆さんも是非、日本の伝統芸能を鑑賞してみてください。

渕上ラファエル広志
ブラジル 
12期生

01.JPG03.JPG04.JPG04b.JPG05.JPG06.JPG
Posted by 日系留学生管理者 at 23:28 | 日本の文化 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
明治神宮の和歌 [2014年05月07日(Wed)]
私は現在鍼灸の勉強をしています。
生理学、解剖学、東洋医学と種々多様な講義がありますが、おかげさまで楽しく勉強させて頂いております。
今年勉強を始めたばかりなのでまだまだ分からないことだらけですが、1つだけ分かるのは日本の精神を理解することは鍼灸を勉強する上でとても重要だということです。

三年生になったらみんな勉強量が多くてストレスで大変になるらしいので、色々みてまわれるのは今年だけだと考え、日本の精神を理解する為に日本の文化や歴史に触れる機会を自分で作るようにしています。

今日は健康診断で学校の授業がありませんでしたので、上野の国立科学博物館で開かれている「医は仁術」の特別展に行こうと思い、金券ショップでチケットを買いましたが、残念ながら本日は休館日ということで行けませんでした。

そこで代わりに明治神宮に行って来ました。

パワースポットだけあって、言葉で説明するのは難しいですが、入るや否や強い気の力を感じました。
東京のど真ん中にあるとは思えないぐらいです。

明治神宮は今年で創建百年を迎えているため、入り口に明治天皇や昭憲皇太后が読まれた多くの歌や、世界の為に貢献された内容が紹介されています。

昭憲皇太后がベンジャミン・フランクリンが自らをただす為に作成した生活指針に深く感銘を受け、読まれた和歌も展示されてあります。

特に印象に残ったのは温和に関する和歌です。
人の心を桜の花に例えているのがとても女性らしいなと思いました。

「みだるべきをりをばおきて
 花櫻まづゑむほどを
 ならひてしがな」

 直訳は:
「桜の花ちりみだれる姿はさておいて、
 蕾の咲きほころびようとする際のやさしさに習いたいものです。」

 意味は:
 両極端を避けること。激怒するに値する屈辱をたとえ受けたにせよ。
 一歩その手前でこらえて激怒は押さえること。

治療家を目指している私としては、この心の姿勢を常に意識したいと思いました。
誰に何を言われても、どんな状況におかれても、温和な心を忘れず、常に周りの状況を客観的に見つめられるようになりたいものです。



Alicia Kanashiro G.


Posted by 日系留学生管理者 at 18:10 | 日本の文化 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
着物を身に着けている [2013年06月21日(Fri)]
今年は“日本のデザイン&アーツ”という授業を受けています。そしてこれが私の一番好きな科目です。今月は着物のことについて学びました。着物の歴史、素材、世界にどんな影響を与えているのなどを勉強しました。最終的には着物の着方と自分で実際の着物をきることができました。

コロンビアでは、子供の時にニッケイコミュニティーのなかでおばあちゃんとかおばちゃんの着物を着ることとか、着物の着る手伝いとかはよくしてもらいましたが、一人で着物を着るように教えられたことはないです。

私にとって着物、日本の文化を学ぶことはすごく大事なことだと思っています。そして日系人として日本の伝統を学び、それを子供とその次の世代に伝えたいです。私のおばあちゃんはこんなことは教えてくれなかったので、私が日本の伝統的な文化に興味を持っていなければ、この伝統は忘れざるを負いませんでした。

コロンビア人として育てられましたが、日本人の名前を持っていることを誇りに思っています。そして私は自分の一部はいつも日本人らしくいることを望んでいます。

KIMONO1.jpg


田中 ラウラ けいこ
コロンビア
Posted by 日系留学生管理者 at 15:36 | 日本の文化 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
SAMURAI BLUE [2013年06月06日(Thu)]
皆さん、
お元気ですか?
スポーツが大好きの私は今回日本サッカーについて書きたいと思います。火曜日に日本代表はオーストラリア代表と試合して、1対1の引き分けとなりました。その結果で、SAMURAI BLUEが2014年ワールドカップブラジル出場権を獲得できました。今まで、ブラジル代表と日本代表だけがワールドカップ出場権を獲得しました。
素晴らしいことだったが、面白いことを気付きました。東京でサッカーグーズの店が多くないが、いい店があります。店へ行ったら、本当にびっくりしました。ブラジルのサッカー店と全然比べられなくて、だいたい世界全部のチームジャージとグーズを見つかれます。そう考えたら、皆は日本代表のジャージを買えます。ブラジル人のように、代表が優秀したら、次の日に通りで代表のジャージを着ている人をよく見えることは当たり前です。しかし、水曜日に日本代表を着ている人は見つかりませんでした。なぜ日本人はサッカージャージを着ませんか?それはまだ理解できません。取りあえず、面白いとお思います。

20130604_wcq3.jpg

SAMURAI BLUEはお見事!!!

ブラジル出身
8期生
陳マテウス
Posted by 日系留学生管理者 at 11:08 | 日本の文化 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
犬山祭り [2013年04月19日(Fri)]
皆さん、こんにちは!

春が来ましたね!桜もう散ましたが、今月の1週間目に犬山はとてもきれいでした。その時、伝統の犬山祭りが行われました。何回もその祭りに行ったことがありますが、今回は外国人の二人の新入生 と観に行きました。
IMG_0161.JPG

IMG_0130.JPG


面白かったですが、途中で雨が降りました。寒くなったので、近くにあったカフェへ行きました。カフェラテに猫ちゃんが書いてありました!猫

IMG_0675.JPG


夜にも祭りを観に行きたかったのですが、雨が降り続いて,家でゲームをすることにしました。

皆さん、機会があったら、今度ぜひ犬山祭りを観に来てください!

IMG_0190.JPG

遅くなって、すみませんでした。あせあせ(飛び散る汗)

竹下小百合
ブラジル・8期生
Posted by 日系留学生管理者 at 17:06 | 日本の文化 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
吾唯足知 [2012年01月08日(Sun)]
1月4日、京都の龍安寺というお寺に行きました。そのお寺は、石庭で有名なお寺で、15個の石が置かれてあるという石庭の前に座っていると心が静かになり、この石庭を作った作者の創造性、独創性に驚かされました。



そして、その石庭を見た後、寺内を歩いていたときに、おもしろいつくばい(茶庭などにすえる手水鉢)を見つけました。そのつくばいは、真ん中の口をその四方に書かれている文字と共用すれば、「吾唯足知」と読むことができるというものでした。それは禅の有名な格言で、足る事を知る人は不平不満が無く、心豊かな生活を送ることが出来るという意味です。

私は、そのつくばいの意味を知ったとき、私たちはしばしば不必要なことにばかり気をとられて、本当に必要なこと、例えば、周りの人々に手を差し伸べたり、何かを共有したりすることを忘れがちであることにはっと気づきました。

1年の初めにこのお寺へ初詣で訪れ、このような言葉に出会ったことで、また素晴らしい1年を送れそうです。

最後に、皆さん明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

松尾 マリエマリコ
フィリピン出身
6期生
Posted by 日系留学生管理者 at 20:12 | 日本の文化 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ンモンモー! [2011年11月17日(Thu)]
ハイサイ!
みなさんお元気してますか?
またまたアップが遅れてしまい本当に申し訳ありません><;




みなさん闘牛(とうぎゅう)はご存知ですか?

あ、ちなみに今回話をします闘牛は沖縄の闘牛です!


さて、みなさんどのような闘牛のイメージを持ってます?

ぱっと思い浮かぶのはスペインの闘牛かもしれませんね^^

マタドール(人)vs牛といった感じでしょうか?


だけども、だけど!

沖縄の闘牛はスペインのそれとは違うんですね。

そう、沖縄の闘牛は牛vs牛!

大事にこの日のために育てた牛同士を闘わせるのが沖縄の闘牛なんですね。

牛と牛がまるで相撲をとるようにぶつかる様はまさに圧巻です!



沖縄で闘牛というのはかなりポピュラーでして、

かなり昔から行われていたようです。

春と秋に全島大会があるようで、準全島大会という大会が月1回あるということからも

闘牛がどれほど沖縄で浸透しているかがわかりますね^^

なかにはどっちの牛が勝つか、お客さん同士で賭けをしていることもあるとか・・・




みなさんもぜひ!機会があればみてみてください!

すごいですよ〜^^



ボリビア出身
7期生
山城興太
Posted by 日系留学生管理者 at 17:40 | 日本の文化 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
成人 [2010年06月14日(Mon)]
みなさん 
お久しぶりです!!

今週から東京は梅雨入りだそうですね雨
これからずっと雨が続く日は、本当に大変ですね汗
洗濯物は乾かず、湿度も高くすごくジメジメするこんな時期は、私は苦手です落ち込み

しかし、この時期に私は成人を迎える事ができました音符

ブラジルでは18歳からもう成人として認められるのですが、日本では2歳遅れての成人です。
正直、未成年として留学しに来たのは、大変でした。
何をするにも、親の同意書が必要とされ、親が海外にいる事を説明するのは大変でした。
時には、なぜ20歳からが成人なのか何度も考えさせる事もありました。
しかし、こんな時期があったからこそ自分の事をしっかり見つめなおすきっかけにもなりました。
自分のやるべき事をしっかり責任をもってこなす事が必要であるという事です。
両親のありがたみをもう一度感じる大切な日にもなりました。


そして、日本では20歳になると振袖を成人式の日に着る習慣があります。
私も、せっかくの機会なので着る事にしました。
着るのは、とても大変かと思いましたが、意外と早く着れました。
着させてくれた人と話をすると、もう何人もの着つけをしたそうです。
たぶん、彼女のおかげであまり苦労なく着れたのかなっと思いました。
昔の日本の人たちは、この様な着物を着て作業していたのかと思うと本当にビックリしました。
素早い動きはできず、おしとやかにしていなければなりません。
それとは、まったく背反対の私には、それが一番大変でした。



こうした経験ができて本当に嬉しいです笑顔
これからは“大人”としてしっかり行動していきたいです力こぶ
Posted by 日系留学生管理者 at 00:27 | 日本の文化 | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)
| 次へ