CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ラテン日系留学生

私たちは中南米で生まれ育った日系人です。
現在、日本財団から奨学金をいただき、それぞれの夢の実現のために日本で猛勉強中です。
「中南米日系人から見た日本」をテーマに、31人のラテン日系留学生が毎週記事を掲載します。乞うご期待!


日系ポータル!日系留学生サイト
プロフィール

中南米日系留学生さんの画像
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
日系留学生の個人ブログ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
最新記事
最新コメント
Mika
5/29 (12/16) 小嶋 茂
ココペリ楽団 (09/18) Rodrigo
科学を信じる危険性 (08/21) 日系留学生管理者
大学の試験終了~ (08/13) RyoOgawa
3年目の大学生活 (07/30) kelly
ペルー料理!!! (07/17) Raphael Toshiya Suzuki
6月12日恋人の日(ブラジルでは) (06/14) Raphael Toshiya Suzuki
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (05/15) Jorge
科学を信じる危険性 (05/05) miyuki
w13_幕閉じ幕開け (04/03)
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
https://blog.canpan.info/nikkei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nikkei/index2_0.xml
国際理解講座 [2019年03月07日(Thu)]
みなさん,こんにちは!
お元気でしょうか.
1年過ぎるのも早いもので,4月の新年度から修士2年生になります.

1年前に私がつくば市の留学生交流委員に就任したことはお話ししましたよね?
今回は交流委員としてどういった活動をしたかというのをご紹介します.

まず一つ目はつくば市役所の広報誌のスペイン語翻訳です.
つくば市には多くの外国人が在住している非常に国際的な市です.それに伴ってマルチリンガルな広報誌も発行しており,我々,交流委員がその広報誌の翻訳を行なっております.
つくば市の様々なイベントから納税の仕方など生活に直結する便利な情報が載っているので日本語の読み書きが達者ではない方にとっては,日々の助けになるのではないでしょうか.
一読されたい方はこちらの方からダウンロードできます.

そして二つ目がつくば市の小学校で行う国際理解講座です.
今年度は市内10校,約950人の児童に国際理解の講座が行われました.
私はその中の4校に行ってパラグアイの紹介をしてまいりました.
パラグアイはブラジルのように知名度が高いわけではないので,「パラグアイっていう国知ってる人ー?」と子供達に問いかけても手を上げてくれたのは僅か2人でした.(ちなみにサッカー少年でした.なるほど.笑)
それでも皆,興味津々でお話を聞いてくれ質問も積極的にしてくれてとても嬉しかったです.
また,顔も名前も日本人っぽい私がパラグアイから来ました!と言っても不思議に思うだろうなと考え,日系人の歴史も少しお話させていただきました.

未来を担う子供達にパラグアイだけでなく色々な国に興味を持ってもらうことが国際理解に繋がり最終的には外国人や日本人関係なく仲良くできる社会になればいいなと思っています.
その小さなきっかけを作るため新年度も引き続きこの活動を続けて行くつもりです.
P1220099.JPG
こちらが活動の一コマです.黒板にパラグアイと日本の旗まで用意してくれていました.

第14期生
パラグアイ
善村美和
Posted by 日系留学生管理者 at 17:22 | 日本での生活 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
入学式 [2018年04月07日(Sat)]
みなさま、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。
日本に来て一周年、季節は巡り2回目の春がやってきました。
今年は去年と比べて桜の開花が早かったみたいであっという間に桜が散ってしまいました。
儚いからこその美しさなのでしょうね。ずっと行ってみたかった目黒川の花見も行けましたが人が多すぎて歩くのが大変でした。その後、大学の桜並木がある広場にも行き思う存分桜を楽しめました。ゆっくり花見するなら田舎が一番ですね(笑)写真はつくばの公園と構内の桜広場です。

そして4月6日は大学院の入学式でした。約1年間、研究生として過ごしてきたのでやっとこの日が来たかという気持ちでしたが無事新学期を迎えることができました。来週から授業が始まるので履修計画を立てなければいけません。社会人になってからは優秀な教授から直々教わるという貴重な機会はなかなか無いと思うので色々な科目を受講してみようと思います。

それではNFSAの皆さんと春の研修に会えるのを楽しみにしています。
また来月!
Posted by 日系留学生管理者 at 20:07 | 日本での生活 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
尺八の勉強・研究 [2018年01月30日(Tue)]
皆さん、

お元気ですか?
最近、博士論文と尺八の練習で忙しくて手が回らない状態です。けれども、いつも東京音楽大学の附属図書館に西洋音楽もしくは邦楽のCDを借りて、帰るとき車内で、また家で好きな音楽を聞いていますので、日常生活は楽しい感じがします。
ところで、2月25日に尺八師匠の勉強会が行われ、そこで「夏色のアダージョ」という尺八とお箏の二重奏曲を演奏する予定です。この曲は現代曲であり、西洋音楽様式なので七音音階や和声などの上で作られた曲です。私はフルート奏者ですが、むろん西洋音楽を奏していましたが、今は尺八の古典本曲、筝曲、地歌などの勉強・研究は中心となりました。元々西洋音楽を勉強しましたが、尺八で西洋音楽を吹いたら、難しい感じがします。西洋音階、またコードに合わせるために、西洋音楽の音程や音色を作ることが難しいです。25日の演奏会を向って、綺麗な音色を吹けるように頑張ります。
では、
よろしくお願いします。

渕上ラファエル広志
ブラジル
12期生
Posted by 日系留学生管理者 at 22:54 | 日本での生活 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新年あけましておめでとうございます! [2018年01月07日(Sun)]
みなさま、明けましておめでとうございます!
今年も皆様にとって実りある幸せな一年でありますように。
今後ともよろしくお願いいたします。

日本に来て初めて過ごすお正月!
今年はメキシコ人やブラジル人のお友達と一緒に年越しを過ごさせていただきました。
日本に居るのになぜかアメリカっぽい年越しをしました。というのも年越しそばもおせちも紅白も無くフライドチキンとシャンパンでお祝いだったので、パラグアイにいた頃のお正月の方が日本っぽかった気がします(笑)でも久しぶりにスペイン語と英語だけの会話が新鮮でとても楽しかったです!
神社にも初詣に行ったのはいいですがおみくじは末吉でした(涙)ショックだったので内容はあまり覚えていません。ですが気を引き締めて頑張りなさい!という神様の叱咤だと思い今年もできる限り努力して何事も頑張りたいと思います!

次の日は幼馴染のお姉さんのお家にお邪魔しておせちとお雑煮、そしてパラグアイの家庭料理エンパナーダをご馳走になりました。家庭料理に飢えていたので最高のおもてなしでした。
お正月太りってこういうことなんですね。ひたすらいつも以上に食べてしまいました(汗)

それではまた来月!
冬の研修が待ち遠しい善村でした。

善村美和
パラグアイ
14期生


Posted by 日系留学生管理者 at 15:27 | 日本での生活 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
師走 [2017年12月07日(Thu)]
2017年も後1ヶ月を切り、みなさま年末年始お忙しい日々をお過ごしだと思います。
お元気でしょうか。今年、最後のブログとなります。
寒いのが苦手な私にとって秋なのにマイナス1度とかになる日本の気候は少し厳しいですがヒートテック着まくって頑張っています。北海道には住めませんねきっと(汗)
でも初めての寒いクリスマスとお正月はちょっと楽しみです。雪も降らないかなー

近況報告では先月の話になりますが研究室の合宿ゼミに行って来ました。場所は静岡県の伊東市というところで温泉街にある歴史がありそうな旅館でした。
そんなリゾート地にまで行って一日旅館の会議室にカンヅメでゼミをするという意義が理解出来なかったのですが(笑)少しだけ観光をする時間や温泉に入ることができたので楽しかったです。温泉はいいですねー 日本の一番好きな文化かもしれません。
最初は見知らぬ人の前で裸になるというのがとても恥ずかしかったのですがすっかり慣れてしまいました。

さて、2017年は私にとってターニングポイントの年でした。生活は一変し常に挑戦の年だったと言えます。恥ずかしながらも去年まではぬるま湯に浸かったようなコンフォートゾーンにいたので、来年も今年に引き続き、挑戦に挑める環境に身を置き日々努力していきたいと思います。

そしてNFSAの皆さん、冬の研修楽しみにしていてください。有意義で楽しい時間にできるようFNKチームは企画を頑張ってます。

みなさま、今年はお世話になりました。2018年もみなさまにとって幸せな年でありますように。良いお年を!Felices fiestas!!


14期生 パラグアイ
善村美和

Posted by 日系留学生管理者 at 15:13 | 日本での生活 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本の暑さ [2017年07月07日(Fri)]
こんにちは!みなさんいかがお過ごしでしょうか。
毎日暑い日が続いていますね。宿舎にはクーラーがないので寝苦しい夜を過ごしています。
暑さには強いつもりだったのですが日本の夏は湿気があって嫌ですね。
いつも出来るだけ運動量を増やそうと歩いて研究室に通っているのですが着く頃には汗が滝のように流れてるのでパラグアイでは必要に思えなかった日傘買おうと思っています(笑)

話は変わりますが、この前TOEICを受験してきました。
筑波大学は留学生が多く英語で話せるチャンスがかなり多いのでおかげで英語での会話力が上がった気がします。
あと1ヶ月ちょっとで院試です!ラストスパートかけて頑張ります!

まだまだ暑い日は続きます。皆さんも熱中症には気をつけてくださいね。

14期生 パラグアイ
善村美和
Posted by 日系留学生管理者 at 14:49 | 日本での生活 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
今まで東京で住んでいたことについて [2017年06月20日(Tue)]
皆さん、こんにちは。クリスティーです。

そろそろ新宿日本語学校で中級1が終わります。木曜日からテストがあって、明日は最後のテストがあります。今まで勉強したことはだんだん難しくなってきましたが、好きです。
風邪をひくのは大嫌いです。一ヶ月前から直れなくて、本当に辛いです。

ですから、今度の休みに沖縄へ戻ります。電車がなくて、人はあまりいないからです。そして、ゴーヤーチャンプルを食べたいです。天気が良かったら、イエ島へ行くつもりです。

最後に琉球大学へ聞きに行きます。

皆さんお元気でね。

クリスティー

続きを読む...
Posted by 日系留学生管理者 at 14:41 | 日本での生活 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
最後のメッセージ [2016年03月19日(Sat)]
皆さん、こんにちは。

これはNFSAスカラーとしての最後ブログです。
5年間本当に早く過ぎたと感じます。

2011年3月に私は初めてブラジルを出ました。日本へ来るのを楽しみしていましたが、少し怖かったです。なぜかというと、ブラジルとはとても違う国だから。異文化とか、言語の問題とか、また友達ができるかどうかわからなかったです。

でも、日本に着いてからずっといい気持ちが感じました。中井さんは成田空港でウイリアムさん(8期生)と私を笑顔で待っていました。

空港を出ると、また冬の涼しい風を感じました。ブラジルの暑さにはもう疲れていましたので、とても嬉しかったです。また、日本はとても綺麗だと思いました。

最初の4カ月は、東京の力行会ウイリアムさんもそこに住んでいたから、買い物するとか、日本語が必要な時に助けてくれました。外国人の寮りょうの経験が初めてでした。悪いことがあったけど、良いことや素晴らしい人が多かったです。

その時に、新宿日本語学校に通っていました。厳しい先生が一人いましたので、大変でしたけど、日本語が前よりよくなりました。中級Iレベルが終わったけど、中級IIの途中に京都大学に入学したから学校をやめました。

それで、2011年8月に東京から犬山へ移動しました。犬山は愛知県のいなかで、有名な犬山城があります。そこで修士課程を始めました。非侵襲的な方法に基づく飼育メスニホンザルの副腎ホルモン動態の研究を行いました。その間に、メキシコであった国際学会とブラジルに行われたワークショップに参加しました。また、日本での実習(幸島と屋久島)に参加しました。二つとも素晴らしい所でした。

2年後、修士課程を終了してから博士課程に進みました。最初の3カ月にアメリカの「スミフィソニアム生物保全研究所」へ行って、ホルモン分析の技術を習いました。そして、フィールドワークを始めました。長野県の地獄谷野猿公苑、アメリカ合衆国のテキサスとマレーシアのボルネオへ行きました。

博士課程の2年目に、日本学術振興会の特別研究員の身分を受けることにしました。それで、3年で博士課程を終わらせず、日本と海外の研究を続けることになります。4月からも日本に2年ぐらいにいる予定です。 その間にブラジルとの共同研究を始めたいと思います。そうすることで、ブラジルと日本のかけ橋となるとことができると考えています。博士課程を終了したらブラジルへ帰る予定です。そこで、猿の研究を続けるつもりです。

まとめると、この5年間は素晴らしかったです。研究がよく進んで、論文も出版して、実験技術やフィールドワークも経験しました。また、言語(日本語と英語)のレベルも改善し、ネットワークを広げました。日本に住むのは本当に好きです。住みやすい国だと思います。文化や習慣も 慣れています。NFSAの研修のおかげで、日本の様々な場所へ行きました。

以上の理由で、日本財団と海外日系人協会、本当に感謝しています。日本に来させていただいたし、在学中もずっとご支援いただきました。どうもありがとうございました。

竹下小百合
ブラジル•8期生




Posted by 日系留学生管理者 at 15:52 | 日本での生活 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
広島 [2016年01月19日(Tue)]
みなさん、遅いですがあけましておめでとうございます!
今年のお正月に初めて家族の出身の広島へ行きました。

24年ぶりにおじいちゃんの妹とお姉さんに会いました。初めて会ったとき(ブラジルで)私は小さかったからぜんぜん覚えてなかったです。みんなとても優しいです。おじいちゃんのこといろいろな話を聞かせて、広島の歴史について面白いことを教えられた。世界さんの宮島と平和記念公園へ連れてくれたけど、一番好きな場所はおじいちゃんの生まれた所でした。畑がいっぱいあって、森に囲まれた小さな町ですが素敵な場所だと思います。そこで、しかもさるもいたし、おじいちゃんのお父さんさんとおじいちゃんのおじいさんの墓がありました。竹下系のルーツを見て感動した。

AiYjJ6pzhl-CpP1ORgDqcY1vo1ILPiEQLXYybMWK8XwN.jpg

S__4849666.jpg


また、二日間に広島弁を聞かせて、面白かったです。練習したら、もっと話せんじゃろ?(笑)

広島のお好み焼きもはじめて食べました。美味しかったです! 「日本に5年間におるけど、なぜここに早くこなかったの?」とよく聞かれた。でも、日本に来た時そんなに日本語をしゃべらなかったし、いつも出張で忙しいでしょう。でも今わかるよ。日本の本当な家族の気持ちは初めて感じて、とても嬉しかった。きっと広島へ戻りたいです!


竹下小百合
ブラジル•8期生





Posted by 日系留学生管理者 at 16:32 | 日本での生活 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ハッピー「不思議な」バースデー [2015年12月19日(Sat)]
皆さん、こんにちは!

12月13日に私の誕生日でした。27才になった。
日曜日だったので、大学へ行かなかった。よかった!(笑)

友達とレストランで食事をした。でも、最後に友達がケーキを持ってくれたのに、店の中に食べるのがダメでした。

そして、みんなと家に食べました。「ハッピーバースデー」の時に、不思議なことがあった、歌を始めて時に、自動的に光が消えた。そして、キャンドルを吹いたら、また光がついた。最初に誰が消してつけてもらったと思ったけど、ビデオを見るの、みんなテーブルから動かなかったし、スイッチが遠かったです。

揺れかなぁ?まぁ、揺れだったら悪い揺れじゃないと思うでしょう? (笑)

ではクリスマスと年末に日本にいるので、良い年を!


竹下小百合
8期生•ブラジル
Posted by 日系留学生管理者 at 22:28 | 日本での生活 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ