CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ラテン日系留学生

私たちは中南米で生まれ育った日系人です。
現在、日本財団から奨学金をいただき、それぞれの夢の実現のために日本で猛勉強中です。
「中南米日系人から見た日本」をテーマに、31人のラテン日系留学生が毎週記事を掲載します。乞うご期待!


日系ポータル!日系留学生サイト
プロフィール

中南米日系留学生さんの画像
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
日系留学生の個人ブログ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
最新記事
最新コメント
Mika
5/29 (12/16) 小嶋 茂
ココペリ楽団 (09/18) Rodrigo
科学を信じる危険性 (08/21) 日系留学生管理者
大学の試験終了~ (08/13) RyoOgawa
3年目の大学生活 (07/30) kelly
ペルー料理!!! (07/17) Raphael Toshiya Suzuki
6月12日恋人の日(ブラジルでは) (06/14) Raphael Toshiya Suzuki
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (05/15) Jorge
科学を信じる危険性 (05/05) miyuki
w13_幕閉じ幕開け (04/03)
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
https://blog.canpan.info/nikkei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nikkei/index2_0.xml
ブラジルの教育 [2012年09月22日(Sat)]

 今年はブラジルで市長と市議会議員の選挙があります。毎回選挙のときによく挙げられるトピックは教育、福祉、治安の政策ですが、これらの問題が解決されないままブラジルが発展してきました。今年も選挙を取り上げるニュースを読んで、特に教育について調べたりしてみましたので、今日は教育についてお書きします。

 最初にブラジルの教育の事情に詳しくない方のために、数字をいくつか示したいと思います。学習到達度調査(PISA)というテストはしばしば日本のニュースでも取り上げられます。最後のPISAでの日本の結果は、数学的リテラシーにおいて529点(9位)、読解力において520点(8位)、科学的リテラシーにおいて539点(5位)でした。一方、ブラジルの点数はそれぞれ386点(63位)、412点(57位)、405点(59位)でした。この点数は参加国全体の平均が500点になるように設定されています。従って、どの学習に関しても日本は世界のトップに入り、ブラジルは平均を大きく下回っています。トップに入る国は主に東アジアの国と地域(韓国、台湾、上海など)で、ヨーロッパではフィンランドの点数が高く、北アメリカではカナダが高い教育水準を示しています。主に南米から来ているNFSAのメンバーは、PISAの点数という観点から自国を誇りに思える人は誰もいません。NFSAメンバーの出身地で準位が一番高いのはチリですが、40位くらいで平均をかなり下回っています。

 次に識字率について数字を挙げます。日本は識字率が100%に近い国で、ブラジルではデータ上90%になっています。しかし、自分の名前を書けば識字していると判断するデータなので、文章を理解する力、文章で何かを伝える力は実に多くのブラジル人に欠けています。日常生活において、満足に読み書きと算数を使いこなせないことを機能的非識字(analfabetismo funcional)といいます。やや悲観的なデータによると、機能的非識字者はブラジルの人口の75%を占めている。つまり、不自由なく言語と基本的な算数を使いこなせるブラジル人は4人に1人だけです。

 それで、この文章を読んでいるブラジル人の方は機能的非識字者がそんなにいるように実感していないと思います。私もそうです。それもまたブラジルの教育の問題の一つです。私はそれほど裕福な家庭で生まれたわけではありませんが、小さい時から良いとされている学校に通い、高校もブラジル屈指の進学校に行きました。その環境で育てられると、非識字者と接する機会がほとんどなく、ブラジルの恥ずかしいデータの実感も薄くなります。因みにPISAのトップの国々は点数が高いだけでなく、社会全体に教育が行き渡っているのも特徴です。以下はブラジルの田舎の貧困層の学校の写真と、都会の私立学校の写真があります。藁で作った校舎で、穴がいっぱいあいている黒板を使って読み書きを教えるのは至難の業です。本来、教育は社会の成員全員に平等なチャンスを与えるためのものでしたが、ブラジルでは不平等を促進するためのものになっています。

 今日はブラジルの教育がどれくらい酷いかだけを書いて終わってしまいました。また、教育に関して書く気になったら、ブラジルの教育がこの状況に陥った理由についてお書きしたいと思います。

EscolaBrasileira2.JPG
↑都会の私立学校
EscolaBrasileira1.JPG
↑田舎の公立学校
Nome.png
Posted by 日系留学生管理者 at 10:59 | 故郷と日本の比較 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
孤立死 [2012年02月04日(Sat)]
みなさんこんにちは雪お元気ですか?

最近「孤立死」についてのニュースをテレビで見ました。仕事がなくなり、お金がなく、食べるものもなく、電気や水道まで止まられていた状態で餓死してしまったということです。バッド(下向き矢印)周りの人は気づかなかったのでしょうか?困っているときに助けてくれる友達などもいなかったのでしょうか?

そこで、母国ブラジルのことを考えてつい比較してしまいました。ブラジルでは「孤立死」はめったに起きないと思います。少なくとも私は聞いたことありません。しかし、お金がなくて、食べるものもなく困っている人は沢山いますがく〜(落胆した顔)

日本でもそうだとは思いますが、ブラジルでは政府がいろいろな政策を行っています。貧しい人には食べ物を配ったりもしています。しかし、様々な理由で本当にどこにも頼れなくなってしまった人は、万引きや強盗をしてしまうのですたらーっ(汗)

人のものを盗んだり、人を傷つけたりするのはもちろんいけないことだと思います。しかし、最悪の状態で日本人は家の中に引きこもり、独りで死んだ方が良いと考える一方、ブラジル人は物を盗んででも生きようとしているように感じました。とは言え、両方良くないものなので、人々が支え合って生きていける社会をつくっていきたいですねひらめき


ブラジル出身 5期生
Giselle Yumi Itami
Posted by 日系留学生管理者 at 23:45 | 故郷と日本の比較 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クリスマス [2011年12月07日(Wed)]
皆様こんにちは、

やっと12月になりました。一年間のサイクルは完了し、反省の時だと言われる特別な期間です。その上、天気が寒くなり、秋空で太陽が眩しくて、紅葉の季節です。この季節が大好きです!!!ホットココアとお茶を飲んで体と心を温め、人生について考える季節です。
最近はクリスマスが近付いて、町はにぎやかになりました。日本のクリスマスはブラジルのクリスマスとは少し違う雰囲気があります。ブラジルの場合、クリスマスの雰囲気がよく感じられます。皆はパネトネ(イタリアからの特別のクリスマスパン)を食べて、“秘密友達”(友達が集まり、皆が小さい紙に名前を書き、袋に入れ、混ぜます。その後、一人一人は一枚を取り、名前が書いている人にプレセントをあげます)のためにプレセントを買い、クリスマスの日に友達や家族とプレゼントを交換し、一緒に過ごします。その上、子供たちはプレゼントをもらえるよう願い、モールでサンタクロースと写真を撮ります。日本の場合、クリスマスの雰囲気はそんなに強く感じられません。私が聞いたところ、日本では皆がイルミネーションを見て、クリスマスイブに恋人とレストランへ行きます。
最近は友達と一緒にクリスマスのイルミネーションを見るために六本木のMIDTOWNへ行きました。イルミネーションはピカピカできれいな真っ青でした。そして、寮では皆と一緒にクリスマスツリーを飾りました。
皆、クリスマスを楽しくすごしてください!!!



ブラジル出身
8期生
陳マテウス
Posted by 日系留学生管理者 at 00:36 | 故郷と日本の比較 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
??? [2011年11月04日(Fri)]
毎日少しずつ寒くなってきましたね。みなさん元気で頑張っていますか?走る

私はもう大学の6セメスター目の後半に入るところで、最近自分の進路についていろいろ悩んでいます。簡単にいうと、やりたい事が多すぎて、全てのことをやる時間はないということですね(笑)というのも、今年で25歳、そして来年学部を卒業するときには26歳になっているからです汗



自分の将来について考えるとき、沢山のことを考えなければなりません。自分のやりたいことやその理由、方法、またそのために先にやらなくてはいけないこと。家族のことや食べていくためのお給料も自分で考えないと、誰も代わりに考えてくれませんね。全て検討し、何が一番重要なのかを把握したうえで決断しなければなりません。と言うと、よく分別して決めるということですね注意

先日日本人の友達と話をしていたら、またブラジルと日本の大きな差に気づきました。ブラジルでも確かに大事な決断をとるときには上記の全てを考えながら検討します。しかし、「分別」と「心」、つまり正しい・安全だと思う道と自分が進みたい道がはっきり分かれてしまう時もあります。こんな時、ブラジルではよく「自分の心を聞きなさい」と言われます。つまり、分別と心では、ブラジル人はだいたい「心」で判断することが多いのです。初心者

これを聞いて、日本人の友達は驚いていました。確かに分別と心では、日本人は分別を選ぶことが多いと思いました。また、ブラジル人はもし上手くいかなくても、やりたかったことをやったのだから悔いはないと言います。これに対して友達は、「分別して決断したことなのだから、上手くいかなかったら仕方がなく、悔いはないと思うけれど、やりたい放題で失敗したら日本人は後悔をすると思う」と言っていました笑顔

文化の違いは自分が思っていたより深いものだと実感しましたダッシュ そして、日本人の考え方も理解できますが、自分はどうしてもブラジル人で、「本当にやりたいこと」をやらないと気がすみません(笑)まだ慎重に検討中ですが、何を選ぶにしても成功するように全ての力を尽くして頑張りたいと思っていますロケット


ブラジル出身 5期生
Giselle Yumi Itami
Posted by 日系留学生管理者 at 02:12 | 故郷と日本の比較 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
[2011年10月14日(Fri)]
10月14日 (金曜日)太陽

みなさん、こんにちは笑顔

すっかり日本は、秋らしくなりすごく過ごしやすいはてなびっくり日々が続いています
日本は、4季がはっきりしているのでこうした季節の変化に気づくことができることに、うっとりしてしまいます音符

私が、いつも秋になると楽しみにしているのが、果物ですドキドキ小
梨、ブドウ(特に巨峰)や柿が美味しく食べらるので、まさに食欲の秋だと実感しています。
さらに、炊き込みご飯などもとっても大好きです!
季節の変化を楽しみながら、食の変化も楽しめるのが日本の特徴だと思います。

食べ物だけではなく、ファッションなどにも変化が見られるのも楽しいです。
寒がりな人と暑がりな人がハッキリとファッションから見られるので、とても面白いです。
大学にいる時に、友達から寒くないの?と最近ではよく指摘されます。
それは、半袖でいたからです!
まだ、日中では気温は20度以上もあるので暑く感じたりします。
ブラジルでは、まったく寒くない気温なので、きっと日本では暑がりなんだと思います!笑い
夕方頃になるとだんだんと涼しくなるので、体調管理が大切な時期でもあります。
北海道では、雪が降ったりと今年は、早く寒気が来ているそうですが...

このように季節感を感じられる日々を過ごしています星

日本では、よく秋になると〜な秋という言葉をよく使います。
私にとっては、食欲の秋であり、読書の秋にもしたいと思っています。
秋学期が始まり、多くの知識を得なければならないと少し焦っていたりしています...
なので、自分でできることをしっかりとできる人になれるように努力をしていこうと思っています。後悔をしないようにしっかりと一歩ずつキラキラ

ブラジル出身
6期生
山中 ハナ
Posted by 日系留学生管理者 at 13:17 | 故郷と日本の比較 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
w01_旅 [2011年04月01日(Fri)]
はじめまして。ウィリアン・山路・フェホと申します。(隣は同じく八期生のさゆりさんです)



ブラジルからこの留学の機会を頂きはるばる地球の反対側からやって来ました。着いて一週間です。専門はアニメーションですが今は基本的にここでは八期生新人です。人生もう色々な所で働きましたし色々な事もしましたが春の研修でまた自己紹介をさせて頂く事になっているので今回はてみじかにさせていただきます。

どうやら私は月の初日にブログに書き込まなければいけないらしく、急で少しとまどっていますが、ちょうど良いので日本へ来た時(先週)の経験について早めにコメントさせて頂きたいと思います。

ではまず、飛行機での旅行なんですが、サンパウロ・グァルリョスからパリへ経由するにはTAMのサービスを、そこから東京・成田まではANAのサービスを利用させて頂きました。何があったのかTAMは4時間遅れ、ちなみに何らかのきゅうくつもあってストレスのたまった客の中には飛行機内で声を上げて文句を言う方もいました。こまりますよね。私にとっては「せまい」と言うことが一番の問題だったんですけどね。それに比べてANAはすごいですね。あまりに時間どうりに出発するもんで私とさゆりさん(同じくブラジル出身)は飛行機に乗り遅れてしまう所でした。機内でのサービスも良く時差ボケに苦しまずに眠むれていれば問題のない旅でした。

さて着きました。日本での第一の印象と言えば、そうですね、とにかくきれいな所ですね。「何が」と問われるととまどうのですが、なんと言うか、あるものが大事にされている、または保存されている様なそんな町中だと思いました。たかが一週間の感想で早とじりかもしれませんし私の意見もまたブラジルを、しかも私の住んでいたバラ・フンダ(日本語にするとおもしろく聞こえますね)を基準として東京と比べているんですけどね。あまり価値のない比較でしたね。すみませんでした。

こう書きますと何かと差別した視線でブラジルを見ている様に考えられがちなんですが、これでも今少しホームシックなんですよ。ですからあっちにあった色々な問題点が非常になつかしいです。

他には、ま〜寒いですね。春と聞いてあたたまる時期に着くと思ったんですけど、温度が低く風も強く少しおどろきました。とにかくそれは上着の増加でカバーしました。単純な印象に聞こえるかもしれませんがこれがまた意外と全部新しいんですよ。気分から感触まで。



長引いてますね。すみません。コメントですますつもりだったんですけど、書きすぎました。ですので今回はここまでにしておきます。なれない日本語ですがこの一年間新宿日本語学校に通ってすこしは上達すると良いです。情けないんですけど実はPCなしでは日本語があまり書けなくて。その後は専門学校に二年通うつもりです。

長い様で短いでしょうけどどうかよろしくお願いします。


ウィリアン・山路・フェホ
ブラジル出身
8期生
Posted by 日系留学生管理者 at 19:56 | 故郷と日本の比較 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
湿度 [2010年08月21日(Sat)]
笑顔 夏の北海道と言うと、頻繁に言われる事は、「梅雨がなくてすごしやすい」笑顔
日本は北海道でしか生活をしたことがない私、

実家には、「梅雨」がないので、「梅雨」のことは、話にしか聞いたことがありません。

「寝苦しいとか、食欲がないとか、夏バテ・・・・」

今まで感じたことがなかったのですが、
北海道の夏も5回目となった今年、

・・・高い湿度と、ジメジメした天候が続き、

・・・梅雨って、このようなものでしょうか? (**)

「ジトー、布団が乾かないし、寝苦しく、なんだか、だるい(←あ、これは怠け心かしら、(へ/。/へ) 」

 実家も夏と言えば、40度まで気温が上昇することが多々ありますが、湿度って気にしたことがなく、

「日本にいながらして、人生ではじめて、実家の気温を調べたところ、40%」

なお、この湿度は人間にとっては適温に近いようです。

これまで湿度を気にすることがなかったのは、不快に感じたことがなかったからなのかな〜〜、今さらながら、実家の夏の過ごしやすさを思い出しました。

北海道にいながらして、梅雨のような気候を体験することができましたが、・・・・もう、いいです(笑)。
最適な湿度がいかに大事か、身をもって体験したので、

「おーい、北海道〜そろそろ例年同様にもどって〜。」すいません

皆さんはいかがお過ごしですか?まる

パラグアイ
四期生
篠藤 涼子グラシエラ
Posted by 日系留学生管理者 at 09:34 | 故郷と日本の比較 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
185年目のボリビア [2010年08月07日(Sat)]
昨日、8月6日はボリビアが185回目の独立記念を迎えた日でした。
現在、社会動乱に追われているボリビアですが、祝いイベントがなんとか実施されました。



来日したボリビア人の中でも、祝いがいくつか開かれているみたいです。今年初めて、知りましたが、平塚のカトリックラテンアメリカ人共同体の企画より、後援はペルー大使館、ボリビア大使館、ボリビア人団体協議会(Coordinadora de Grupos Bolivianos en Japón【CGBJ】)がペルー(7月28日)とボリビアの独立記念日を祝うイベントが8月4日に実施されました。同じく、今年をのぞき、毎年新宿にもイベントが開かれているそうです。

私は、家でボリビア料理を作りながらして祝っていましたが、今年は何人かのボリビア人と集まり祝うことにしました。鶴見にあるボリビア料理店“エルボスケ”(El Bosque)って言うレストランに行きました。グループメンバーは、皆学生ではなく、社会人、出稼ぎに来た人もいますが一緒にいると気持ちが一つであることが分かります。出身地も様々なので、こんな感じで故郷のボリビアでも皆仲良くやれば良いのになんて思ったりします。



社会問題に囲まれたボリビアのニュースを読むと、ちょっと悲しくなりますが、日本に来た理由を思い出させてくれます。日本で一生懸命頑張ってボリビアのために働こうって気持ちがあふれます。


ボリビア出身
5期生
福島エリオデット
Posted by 日系留学生管理者 at 18:05 | 故郷と日本の比較 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
就職活動 [2010年06月21日(Mon)]


 日本とパラグアイの就職活動事情はかなり異なります(もちろん専門分野等でも、かなり異なるとは思います)。それぞれの一長一短があると思います。

 日本では、卒業前年度に「就職活動」として、ほぼ同じ時期に卒業予定者が、エントリーシート→企業説明会参加→内定→卒業後、就職(企業研修→配属)と大変大雑把にいえば、このように流れがおおよそ、決まっています。

 パラグアイは、一定の時期等なく、それぞれ各々が、企業に履歴書を持っていき、後日企業側の連絡によって、面接→就職となります。 また履歴書を持って行っても、早いと2週間、遅い時は1年後に連絡が来たり、もしくは来なかったりと、一定の期日は決まっていません。卒業予定者が一斉に就職活動をするということはありませんし、おおくが大学在学中に就職する人も多いです。
 パラグアイでは、大学1年時に就職した企業に、卒業後もそのまま就職することも多く、金融関係は、大学を卒業してしまってからでは、就職することがかえって難しい事もあります。

 
 私は、自身が(会計専門家)大学を卒業する時には、クラス全員がすでに就職(自営業もあり)していました。この事情が当然であった私に、日本での就職活動事情には驚くことが多かったです。
 当初は日本の「就職活動」は、とても合理的に思えていました。しかし、新卒で就職が決まらないと、次年度は就職へのハードルが一挙に上がることを知りました。言い方を変えれば、一度レールを外れると、もとに戻るのがとても大変です。
 パラグアイでは、結果がいつ来るのか分からないことや、大学と就職と二足わらじになってしまう面もあり、私は不平をよく言っていました。
 一概にどちらがいいとは、其々の国の商習慣にも依るので、言えませんが、日本に来てUhhhnnnどちらがいいのだろう、自分で書いておいて、実はまだ答えが、出ていません。ただ、日本で長く生活してみないと、見えてこない表と裏の事情を知ることができることは大変貴重な経験です。 私の尊敬する教授がいつもおっしゃるのですが、
「答えは1つじゃない」

パラグアイ
篠藤涼子グラシエラ
四期生
Posted by 日系留学生管理者 at 08:45 | 故郷と日本の比較 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
外国人による弁論大会 [2010年05月01日(Sat)]
先週、とても良いことがありました。数ヶ月前に応募してみた全国弁論大会の予選を通って、今度の6月5日の大会に出ることになった、と!ある先生に勧められて応募してみただけで、12人の1人になるとは思わなかった...

それぞれのスピーチは自由テーマで7分以内なので、僕はブラジルの日系人と日本人を比較して、特に「家族関係」や「家庭内コミュニケーション」を通じて、ブラジルの日系社会を知ってもらおうということで、簡単ではあるけれど、ブラジル生まれ育ちの日系人から見た現代の日本社会などを取り上げています。

NHKの後援もあって、生放送ではありませんが、後日大会が放送されるので、多くの日本人に海外における日系社会を知ってもらう機会になることをを願っています。

まだまだ一ヶ月ありますが、応援してください〜

神戸大学文学部日本史学専攻4年生
日系留学生会5期生・ブラジル出身
新谷 光 アルベルト
Posted by 日系留学生管理者 at 14:48 | 故郷と日本の比較 | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)
| 次へ