CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ラテン日系留学生

私たちは中南米で生まれ育った日系人です。
現在、日本財団から奨学金をいただき、それぞれの夢の実現のために日本で猛勉強中です。
「中南米日系人から見た日本」をテーマに、31人のラテン日系留学生が毎週記事を掲載します。乞うご期待!


日系ポータル!日系留学生サイト
プロフィール

中南米日系留学生さんの画像
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
日系留学生の個人ブログ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
最新記事
最新コメント
Mika
5/29 (12/16) 小嶋 茂
ココペリ楽団 (09/18) Rodrigo
科学を信じる危険性 (08/21) 日系留学生管理者
大学の試験終了~ (08/13) RyoOgawa
3年目の大学生活 (07/30) kelly
ペルー料理!!! (07/17) Raphael Toshiya Suzuki
6月12日恋人の日(ブラジルでは) (06/14) Raphael Toshiya Suzuki
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (05/15) Jorge
科学を信じる危険性 (05/05) miyuki
w13_幕閉じ幕開け (04/03)
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
https://blog.canpan.info/nikkei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nikkei/index2_0.xml
謎々 [2019年06月09日(Sun)]
皆さんこんにちは!お元気ですが?
最近は博論や就活やインターンシップでやることが多すぎて、時々頭が回らなくなりますが、ちょっとリラックスするために謎解きとかやります。そこで、今回はビデオゲームのレイトンシリーズで知って結構気に入った謎を皆さんに紹介したいと思います。

問:あるパズル作家がサークル仲間との海外旅行先から近況報告の手紙をくれた。この中に彼のまわった国々の名前が隠されているらしい。それはいくつあるか。

――(手紙)――
カタカナだらけの手紙を書いたり、案外ラクな毎日だ。
老眼だが、心配いらんよ。
朝はゴルフ、夜ダンス。
明日の今頃は空手道場で、「オース」「とりぃーや!」と
汗を流しとることだろう。
今後も会員同士、ひらめき志向で頑張りたいと思っている。
――――――――

いかがでしょうか?答え分かりますか?
それでは皆さん、また次回!

14期生
メキシコ
南重松行紀
Posted by 日系留学生管理者 at 03:14 | 日本語 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
[2019年03月09日(Sat)]
皆さんこんにちは!お元気ですが?
最近「なぜ日本語では青信号と言うのだろう」に関して再び考えていましたところ、色の名前に関してもあまり考えたことがないと気付き、それに関して調べてみました。

まず、文化によって元々存在した色は大きく異なります。そこで、バーリンとケイによると、言語において色の名前の存在はある順序で進化していくと報告されています。その順序は:
1.白(white)と黒(black)は全ての言語にある。
2.色名が3つなら赤(red)がある。
3.色名が4つなら緑(green)または黄(yellow)がある。
4.色名が5つなら緑と黄がある。
5.色名が6つなら青(blue)がある。
6.色名が7つなら茶色(brown)がある
7.色名が8つ以上なら、紫(purple)、桃(pink)、橙(orange)、灰(gray)か、それらのうちどれかを組み合わせた色がある。

日本語は3番の「色名が4つ」に当てはまる言語で、元からある色は白、黒、赤、青です。ただし、昔は青はブルーやグリーンを含んだ意味だったそうです。

そこで、この四つの色名で対になる表現が存在します。例えば赤と白は運動会や紅白歌合戦で使用したり、白と黒は囲碁で使ったり、赤と青は赤鬼、青鬼とか、熟したもの(赤)と未熟なもの(青)等に使われます。その同じ考えかたで、信号の場合も対になる表現として赤信号と青信号になったそうです。

このような言語の特徴はとても興味深いと思います。そしてそれだけではなく、その特徴をもっと理解していくことで、その言語を使う人々の文化や考え方ももう少し理解できるのではないか、とよく思います。ちなみに、サピア=ウォーフの仮説、または言語相対性仮説と言うものがあり、言語はその話者の世界観の形成に影響すると述べる仮説です。皆さんは使っている言語により、ちょっと考え方や性格が変わることもありえますので、こんどはそれに関して考えてみたら面白いかもしれないと思いますよ。

それでは皆さん、また次回!

14期生
メキシコ
南重松行紀
Posted by 日系留学生管理者 at 03:14 | 日本語 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
暦 (その3) [2018年05月09日(Wed)]
皆さん、こんにちは。
4月末に春の研修が無事に終了し、皆さんが有意義に過ごせたこと祈ってます。お疲れさま!

さて、暦の話の続きとして、今回は月の和名を紹介します。

1月(睦月、むつき) 「睦む」の漢字は「親しくする」や「仲良くする」の意味を持ち、お正月には家族や友人と過ごすことから「睦月」となったと言われます。

2月(如月、きさらぎ) 「きさらぎ」と言う名前は様々な由来の説があります。2月は最も寒い月なので、重ね着をした方が良いと言う説から「衣更着」、天気が良くなり始めることから「気更来」、春が近づき、草木が生え始めることから「生更来」等あります。
また、漢字の「如月」は、中国の最古の辞典と言われる「爾雅」(じが)に「2月は如となす」と書いてあり、その時代の学者によると「如は従うという意味、ひとつが動き出すと萬物が次々に従って動き出すその状態」と言うことで、2月は如の状態→自然が動き出す季節→春に向かって生き物が動き出す月ということになります。

3月(弥生、やよい) 漢字の読み方は元々「いやおい」だったそうです。また、「弥」の意味は「いよいよ・ますます」なので、「弥生」は「ますます草木が生い茂る」と言う意味だと言われます。

4月(卯月、うづき) 4月は卯の花が咲く季節と言われることから、「卯月」になったと言われます。

5月(皐月、さつき) 「さつき」の名前は、この時期に行われる耕作や田植えを表す古語の「佐」(さ)から由来すると言われます。また、「皐」の漢字は「神に捧げる稲」の意味があると言われます。
ちなみに、スタジオジブリの「となりのトトロ」の主人公の姉妹の名前に関して考えたことがありますか? ウインク

6月(水無月、みなづき) 日本の旧暦の6月は田植えを終えて田んぼに水を引く時期から、「水張月」(みずはりつき)、「水月」(みなづき)と呼ばれてたと言われます。また、「無」の漢字は「ない」と言う意味ではなく、「の」という意味(水の月)で使われてると言われます。

7月(文月、ふみづき、ふづき) 7月の和名に関しましては、この時期に稲穂が膨らむから「穂含月」(ほふみづき)、「含月」(ふみづき)から来たと言う説と、七夕に短冊に歌など書いたりするから「文月」と言われる説があります。

8月(葉月、はづき) 秋が来て、気の葉っぱが落ち始める時期なので、「落葉月」とよばれ、それが「葉月」になったと言われる。そのほかに、稲穂が張るので「穂張り月」、「張り月」から「葉月」になった説もあります。

9月(長月、ながつき) 冬に近づいて行くと夜もだんだん長くなって行くことから、「夜長月」(よながつき)が略されて「長月」になったと言われます。また、雨が多く降るから「長雨月」から略された説もあります。

10月(神無月、かんなづき) 日本の八百万の神様が出雲大社に集まって一年のことを話し合うため、出雲以外は神がいなくなると言うことから「神無月」と言う面白い説がありますが、これは中世以降に出雲大社の物が広めた俗説だそうです。(島根県の人はそれで逆に「神有月」と呼ぶそうです。)なので、一番有力な説は、6月と同じく、「無」は「の」の意味を持ち、この時期に神様のための祭りがあるから「神の月」から「神無月」になったと言う説です。

11月(霜月、しもつき) 霜が降る寒い月なので、「霜降り月」から「霜月」になったと言われます。

12月(師走、しわす) 年末になり、「師」(お坊さん)が一番忙しくて走り回る時期だから、「師走」になったと言われます。ただし、万葉集や日本書記から「十二月」が「シハス」と呼んでいたことがはっきりしているそうで、「師走」は後程つけられた当て字とも言われる。

どうですか、皆さん。月の和名で一年の流れが良く分かることができますね。やっぱり物事の「名前」て沢山の情報を宿るものですね。今度は自分たちの名前に関して考えてみてはいかがでしょうか?
それでは、また次回!

14期生
メキシコ
南重松行紀
Posted by 日系留学生管理者 at 03:14 | 日本語 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ありがとう (その3) [2018年01月09日(Tue)]

皆さん、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

さて、2017年が無事に終わったことに感謝の気持ちを込めて、今回も感謝を表現する言葉に関しての紹介を続けたいと思います。今回はロシア語から紹介していきたいと思います。


ロシア語で「ありがとう」は“спасибо”(スパスィーバ)と言い、「救う・助ける」と言う意味の“спасать/спасти”(スパスィー)と「神様」と言う意味の“Бог”(ボぐ)からきた言葉です。これは、昔ロシア全体がキリスト教の正教会だった時の残党と言われ、「神様(キリスト)に救われますように」と言う意味で“спаси́ бог”(スパスィ・ボグ)と使われていまいした。それが段々“спасибо”(スパスィーバ)になったようです。


一方、アラビア語では شكرا(šukran)と言います(アラビアの文章は右から左に読まなければならないことを忘れないでくださいね。)この言葉の由来に関しては、昔のセム祖語で「報いる」の意味で ش ك ر“SKR”(sokor)と言う語根があり、元々は「ありがとう」と言うのは「その人や出来事に対して(ありがたい)気持ちしか提供できない」、あるいは「神様に報いられますように」と言う意味から出てきたそうです。

面白いことに、セム語派ではないウルドゥー語(パキスタン等の言語)やトルコ語やペルシア語の「ありがとう」の言葉にもこの“SKR”の語根があります。ウルドゥー語では شكريه(shukriya)で、トルコ語ではteşekkür ederimそしてペルシア語では تشکر(tashakor)と言います。恐らくムハンマドによるイスラム教の普及に伴って色々な言語にも変化があったと考えられます。


古代メキシコのアステカ文明の言語、ナワトル語でも探してみました。ナワトル語で「ありがとう」は“Tlazohcamati”と言い、二つの言葉の融合から成り立ちます。一つ目は“Tlazoa”で、その意味は「認める・尊ぶ・貴ぶ・愛する」で、音便で“Tlazoh”になります。二つ目は“Mati”で、「知る」と言う意味です。両方の言葉を繋げるために“caがあり、全体的にみると「君の価値を認めている」と言う意味で「ありがとう」と言っているようですね。


ありがたい気持ちは様々に表現され、その言葉も多くて興味深いですね。まだまだ「ありがとう」の言い方は沢山ありますが、皆さんもその気持ちを自分なりの伝え方を探してみてはどうですか?

それでは皆さん、今年も周りのすべての物に感謝して、「ありがとう」の気持ちで過ごして行きましょう!

2018年もすごく楽しく、有意義な年になりますように!


14期生

メキシコ

南重松行紀

Posted by 日系留学生管理者 at 03:14 | 日本語 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ありがとう (その2) [2017年11月09日(Thu)]

あっと言う間に11月になりましたね。先月は海外日系人大会があり、世界中の日系人と2020年に行われる東京五輪に関して議論を行い、これから僕ら日系人がやるべきことを考えながら、色んな交流ができてとても貴重な機会でした。


さて、前回の感謝を表現する言葉に関しての紹介を続けたいと思います。今回はアメリカの感謝祭が11月にあるため、英語から紹介していきたいと思います。


英語とドイツ語に関しては、両方とも元々「考える・思う」から来たようです。そう言われますと、英語なら「感謝する」は“thank”で、「考える・思う」は“think”、ドイツ語なら“danken”と“denken”なので、やっぱり似すぎてやはり何か関係があるとしか思えません。

上記の言語の「ありがとう」の言葉は元々「(ありがたい)誰かを心(思い)に保持する」、つまり「ありがたいから一生忘れません」「あなたが私のためにしてくれたことを忘れません」と言う意味から出てきた言葉です。これは、インド・ヨーロッパ祖語の「考える」と言う意味の語根、“*teng-” から来て、それがゲルマン祖語の「考え・思い・記憶・感謝」の意味を持つ“þankaz” になり、現在のゲルマン語派の各言語での「ありがとう」になったそうです。もちろん、同じように「考える・思う」の言葉が出てきました。


*teng-

þankaz

thank (英語)


takk (ノルウェー語)


tack (スウェーデン語)


tak (デンマーク語)


Dank (オランダ語、ドイツ語)

dankie

(アフリカーンス語)※


þankijaną

think (英語)


tenke (ノルウェー語)


tänka (スウェーデン語)


tænke (デンマーク語)


denken (オランダ語、ドイツ語)

dink

(アフリカーンス語)※



※ちなみに、アフリカーンス語は南アフリカやナミビアで使われている言語で、オランダ語から派生した言語です。


中国語では感謝を表現するために「謝謝」と言います。しかし、この言葉で使われてる漢字は不思議で、感謝の表現にも使用されれば、謝罪するためにも使われる漢字です。日本語でも同じです。ただし、漢字の構成を見ますと、その不思議さが分かります。

まずは、「謝」と言う漢字の部首はごんべん(言)なので、言葉と関係あるとすぐわかります。では、右側の「射」はどういう意味でしょう。この漢字は「弓矢の変形と、右手の手首に親指をあて脈をはかる象形」のイメージから成り立ったと言われ [1]、それが弓矢を射る人 の様子を表すものになりました。この様子から、矢を発射する時に張り詰めた弓の弦が緩むイメージから、「謝」は言葉を発することにより緊張を緩める、あるいは気楽になるという意味があるそうです[2, 3]。 そう考えると、「感謝」も「謝罪」も「謝絶」も同じ漢字で表現されることに納得がいくと思います。

なので、中国語で「ありがたい」時は、「ありがたい気持ちが心の中に湧いていて、気楽になりたい」と言う気持ちを伝えたかったのだろう。(ちなみに、中国語で「謝」は「謝る」の意味の方が強いと中国人の友達に言われました。)


それでは、今回はここら辺までにします。また次回をお楽しみに!


14期生

メキシコ


南重松行紀

Posted by 日系留学生管理者 at 03:14 | 日本語 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ありがとう (その1) [2017年10月09日(Mon)]

秋学期が始まり、卒業した友達や東京から離れなければならない友達が何人かおり、最近はお別れが多い時期です。これまで一緒に楽しく過ごせて、一生忘れられない沢山の思い出が作れたので、彼らに本当に感謝してます。


その感謝を元に、今回は感謝を表現する言葉に関して紹介しようと思いました。


先ずは日本のケースを見てみましょう。

一番一般的に使われるのは「ありがとう」です。この言葉の起源として、平安時代(794−1185頃)の「枕草子」で使われている「ありがたきもの」があります。この言葉は「この世に有るのが難しい」という意味でつかわれていました。そこから「有り難し」と言う形容詞になり、「有る(ある)」ことが「難い(かたい)」、つまり有ることが難しいという意味で、「滅多にない」、あるいは「珍しくて貴重」という意味になりました。

では、どのように「感謝」を伝えるための言葉になったのでしょう。

室町時代(1336−1573)になり、神仏の慈悲によって貴重で得難い物を得た時に神仏への感謝を込めて「有り難きことでございます」「有り難く存じます」と宗教的な感謝の気持ちを言うようになりました。そこから徐々に一般化されていき、現在の使い方になったと言われます。


方言で使われる言葉に関しては、「ありがとう」の部分が省略されたものもあります:

おおきに」→「大きに有り難し」から

(関西)        (「大きに」=「大変・非常に・大いに」)


だんだん」→ 「だんだんありがとうございます」から 

(「だんだん」=「重ね重ね」)

(鳥取、島根、愛媛、福岡、熊本)


沖縄の場合は、「ありがとう」を“うちなーぐち”で「にふぇーどー」、「にふぇーでーびる」(前者の丁寧語)、「かふーしどー」と言うそうです。最初の二つの「にふぇー」は「御拝」の意味で、三つ目の「かふー」は「果報(=幸運)」の意味です。


ちなみに、「ありがとう」が使われる前に感謝を伝えるために「かたじけない」が使われてました。


ロマンス諸語に関しては色々な「ありがとう」の言い方があります。

まず、自分の母国語のスペイン語では“Gracias”と言いますが、この言葉は「優美・恩寵・ざれ言」等、様々な意味を持つ“gracia”の複数形です。この言葉はラテン語の「快適・親愛な・ありがたい」意味を持つ形容詞 gratus から派生した名詞“gratia”から来ました(ラテン語で「感謝する」は“gratias agere”でした)。さらに、“gratus”はインド・ヨーロッパ祖語で「(声を出して)褒める・賞賛」の意味を持つ語根 *gʷerH- から来たと言われています。なので、元々「ありがたい」時は、相手を褒めていたのだろう。

ちなみに、イタリア語の“Grazie”も同じ語源です。


また、ポルトガル語では“Obrigada/Obrigado”と言います。しかし、この言葉は「義務付けられている・強制されている」と言う意味もあります。なぜこのように全然違う意味で使われるようになったのかと言うと、この言葉は元々ラテン語の“obligare”から派生したからです。「〜に・〜に対して」の意味を持つ接頭語の“ob”と、「結ぶ・繋げる・合わせる」の意味の“ligare”から構成され、「責任を持たせる・誰かを有罪にする・拘束する・妨げる・強制する」と言う意味でした。それが「ありがたい」時に、「その人や出来事に対して(恩返しする)責任感で結ばれる」と言う意味になったのだろう。


フランス語の“Merci”はラテン語の“merces から派生しました。意味は「給料・賃金・値段・褒美・賄賂」の意味で使われ、さらにそれ以前はイタリア祖語の「商品」の意味の“merx”から派生しました。

では、なぜこれが「ありがとう」になったのだろうか。それは、ラテン語の“merces”が古フランス語の“mercier になり、「誰かを報酬する、罰する」と「感謝する」の意味になったからです。なので、恐らく「ありがたい」時に、「その人や出来事を報酬したい気持ち」を伝えたかったのだろう。

ちなみに“Merci”は「ありがとう」以外に、「慈悲」と言う意味も持ちます。(英語の“mercy”も同じ言葉から来ているそうです)。


それでは、今回はここら辺までにします。また次回をお楽しみに!


14期生

メキシコ


南重松行紀


Posted by 日系留学生管理者 at 03:14 | 日本語 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
魚の名前 (その2) [2017年08月09日(Wed)]

皆さん、夏休みを楽しんでいますか?


7月はあっと言う間に去ってしまい、8月が始まり、今年のサマーワークショップが来ました!短期間で体を動かしてちょっと汗をかきながら、沢山皆と交流ができて、凄く良い思い出になりました。またもう少し皆さんと親しくなれ、とても良い2日間でした。


実行委員会の皆さま、どうもありがとうございました。


さてと、前回は魚の形や特徴を考慮した名前を紹介しましたが、今回はそれ以外の由来の魚の名前を紹介します。


まずはよく釣れたり、よく見かけられる時期を考慮した名前があります:



・鮗、鰶(コノシロ)この魚は冬に獲れるので、「魚」に「冬」。また、江戸時代、コノシロは狐の好物で、狐の神であるお稲荷さんにコノシロを供えて祭る習慣があったことから、「魚」に「祭」が当てられたとも言われる。


・鰆(サワラ) サワラは晩秋から初春の産卵期に多く獲れることに由来する。また、季語でもサワラは春の部に入っている。


・秋刀魚(サンマ) 「秋によく獲れる刀のような形をした魚」に由来する。


・鱈(タラ) 雪のように白い身をしているから「魚」と「雪」になったのと、雪が降る時期に獲れるから、「雪」と「魚」を合わせたという説があります。


読み方から旁を当てられたり、書き間違えや歴史的な出来事から漢字が当てられた魚もあります:

・鯵(アジ)漢字の「鯵」は魚へんに「喿」の字の写し間違いであるとする説がある。漢和辞典の説明などでは「喿」が「參」に、つまり「ロ」3つが「ム」3つなどに簡略化して書かれたのが「鯵」の字のもととされています。

・鮎(アユ)神功皇后が天皇の戦勝を占ったとき、アユが釣れたと『日本書紀』に記されたことから「占いに使った魚」=「鮎」となったといわれている。

・鱚、鼠頭魚(キス) 「キス」の読みのうち「キ」でめでたい意味の「喜」を組み合わせてできた。また、「鼠頭魚」はキスの頭がネズミの頭に似ていることに由来する。


おまけに、「魚」の字が入ってない海の動物もいます:

・烏賊(イカ) これは面白い説があります。イカが死んだふりをして水面に漂い、これを捕ろうと舞い降りてきた烏を逆に捕まえて食べたという中国の伝説によるもので、「烏にとって賊のような生物」という意味で「烏賊」となった。しかし、実際はイカがカラスのような鳥を食べることはない。他にも、イカは危険を察知すると、烏のように黒い墨を吐いて逃亡する習性に由来するという説もある。

・海豚(イルカ) 恐らく鼻の部分が似ていると思って、「海の豚」になったのでしょう。イルカ


・海老(エビ) ひげが長くて体が丸くなった老人に似てることから、「海の老人」になったのでしょう。


どうでしたか、皆さん?魚の種類はまだ山ほどありますが、今回はこれで終わります。他に面白い魚の名前を見つけたりしましたら、教えてくださいね。

それでは、また次回まで!


14期生

メキシコ


南重松行紀


sakana.png


Posted by 日系留学生管理者 at 03:14 | 日本語 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
魚の名前 (その1) [2017年07月09日(Sun)]

もう完全に夏ですね。そして夏と言えば そう、海! 

そしてさらに海と言えば 魚!ですよね (?)笑


なので今回は魚の名前の漢字に関して紹介します。


魚の名前の漢字は当然、魚偏が多く、旁が各魚の特徴や元々の読み方などによって変わっていきます。 


今回は魚の形や特徴を考慮した名前を紹介します。

・鰯(イワシ) 水から出した時すぐに弱くなって死んでしまう弱い魚であることから、「魚」に「弱い」。

・鰻(ウナギ) 旁の「曼」は「細長い」「長くのびる」という意味で、ずるずると長く伸びた草木の「つる」を「曼」という。なので、同じく細長いウナギに当てられた。

・鰈(カレイ) これも「木の葉っぱ」の形をしているので、「魚」に「葉」。

・鯨(クジラ) この漢字は恐らくクジラの大きさから、数字の単位「千(103)、万(104)、億(108)、兆(1012)、京(けい、1016)」の中で非常に大きいものを表す「京」が選ばれたそうです。また、昔の人はクジラのことを魚の仲間と考えていた。くじら

・鯉(コイ)「里」の漢字は「筋目」と言う意味もあったため、コイはウロコが発達して筋目がはっきり見える魚だったので、この字が当てられた。

・鯖(サバ)サバの青さそのままを表していることから、「魚」に「青」の旧字体になったと言われる。

・鯱(シャチ) 虎みたいに、海の獰猛な捕食動物なので、「魚」に「虎」。

ちなみに、屋根に良く使われる、姿はで頭は、尾ひれは常に空を向き、背中には幾重もの鋭いとげを持っているという想像上の動物も同じく「鯱」(シャチ、シャチホコ)とよばれます。

・鱸(スズキ) 「盧」には「黒い」という意味があり、「鱗がすすけた黒い色をしている」ことから「魚」に「盧」と言われている。

・鯛(タイ) 「日本全国の周囲どの海でも周年とれる魚だから」と「調和のとれた魚」から「魚」に「周」と言われる。

・太刀魚、魛、立魚(タチウオ) この魚は長細く、刀の形をしていることから「魚」に「刀」、そしてそのまま「太刀」と「魚」の漢字があります。「立つ」に「魚」は字の通り「立ち泳ぎする姿」に由来する。

・鮃(ヒラメ) 旁の通り、「平べったい」魚だから、「魚」に「平」。


どうですか?これで漢字を思い出すのも簡単になりますね。

それでは、今回はここら辺まで。また次回を楽しみに!


14期生

メキシコ

南重松行紀


sakana.png


Posted by 日系留学生管理者 at 03:14 | 日本語 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
今までSNGの経験について [2017年05月17日(Wed)]
皆さん、こんばんは。

 クリスティーです。今回の記事は新宿日本語学校中級 Iクラスについて書きたいと思います。まず、一年間半前に習った日本語を思いだしました。宿題がいっぱいので、いつも復習をしております。 
 そして、午後のEJUクラスを始まった時は風邪をひいてしまって、勉強は大変になりました。先週は学校をよく休みましたが、ブラジルのフェリペさんが宿題をもってくれて、大丈夫でした。
 毎週の月曜日と水曜日と金曜日は17時までに学校で勉強することになりました。それから火曜日と木曜日は16時までに数学の授業をとっています。
 今朝は漢字まとめのテストがありました。だいたいできたので、今までうれしいです。

風邪をひかないように皆さん気をつけてくださいね〜


Posted by 日系留学生管理者 at 21:48 | 日本語 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本語学校の作文です [2015年04月30日(Thu)]
皆さん、
ブラジルの渕上ラファエル広志です。
新宿日本語学校に通っていて、宿題で作文を書きました。そして、Canpan Blogに入れようと思っていましたので、良かったら是非読んでください。作文の決めたテマは「私の夢」です。
ーーーーーーー
私の夢

中学生の時に将来の仕事について考えていました。「将来どんな仕事をしたら楽しい生活ができるだろう」と思っていました。中学の時にフルートを勉強していたので、音楽家になろうと決心しました。

そして、学校を卒業をしてから大学の音楽部に入りました。大学生だった当時、オーケストラと演奏したり、フルートを教えたりしていました。

2008年に初めて尺八という日本の楽器の演奏を聞きました。その時とても感動してしまいました。

私はブラジルの日系人ですが、日本のことにあまり興味が持てず日系人社会の活動にあまり参加したことがありませんでした。しかし、尺八との出会いから日本の伝統音楽と文化にとても興味を持つようになりました。そして、私の考え方とアイデンティティもだんだん変わっていきました。ですので、日本語の勉強を始めてから日本の文化を学ぶために日本に来ました。

帰国してから邦楽の楽団を作るのが私の計画です。日本の伝統音楽を演奏したり、西洋音楽も和楽器で演奏しようと思っています。

実は、尺八のことをブラジルに広めるつもりです。そういうことは私の夢です。今まで、オーケストラと尺八で演奏したことがあります。

上手な尺八奏者になろうと決心したので、頑張っていきます。

渕上ラファエル広志
ブラジル 
12期生


Posted by 日系留学生管理者 at 12:07 | 日本語 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ