CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ラテン日系留学生

私たちは中南米で生まれ育った日系人です。
現在、日本財団から奨学金をいただき、それぞれの夢の実現のために日本で猛勉強中です。
「中南米日系人から見た日本」をテーマに、31人のラテン日系留学生が毎週記事を掲載します。乞うご期待!


日系ポータル!日系留学生サイト
プロフィール

中南米日系留学生さんの画像
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
日系留学生の個人ブログ
にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
最新記事
最新コメント
Mika
5/29 (12/16) 小嶋 茂
ココペリ楽団 (09/18) Rodrigo
科学を信じる危険性 (08/21) 日系留学生管理者
大学の試験終了~ (08/13) RyoOgawa
3年目の大学生活 (07/30) kelly
ペルー料理!!! (07/17) Raphael Toshiya Suzuki
6月12日恋人の日(ブラジルでは) (06/14) Raphael Toshiya Suzuki
頭いっぱいいっぱい!けど、楽しい! (05/15) Jorge
科学を信じる危険性 (05/05) miyuki
w13_幕閉じ幕開け (04/03)
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
https://blog.canpan.info/nikkei/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nikkei/index2_0.xml
卒業研究旅行 [2012年10月04日(Thu)]
こんにちは晴れみなさんお元気ですか?大学生活最後の夏休みもあっという間に終わってしまい、少しずつ涼しくなってきました。

私は前回の記事でも書いたように、夏休みを利用して卒業論文の資料収集でヨーロッパとブラジルへ行ってきました。航空会社のストライキでフライトがキャンセルされたり、日本へ戻って来た日には台風も接近していましたが、無事に資料も集まり、戻ってくることができました家

旅行先では思いがけないや予定外のことも沢山あり、思った以上に充実した旅行ができました。ヨーロッパでは面談を入れていた大学の先生が私の研究対象である住宅に住んでいたことが分かり、お家の中まで見せて下さいました。また、ポルトガルのある建築家と話しをしていたら、研究している住宅を手掛けた建築家「アルヴァロ・シザ」のお友達だったことが分かり、貴重なお話を沢山聞くことができましたひらめき

ブラジルでは資料収集の予定でしたが、日本からブラジルを訪れていた「南米都市再生事業調査団」の歓迎会で日本領事館の夕食会に急に通訳として参加させて頂くことになりました。そこでは大学での都市計画の授業で、教科書で紹介されていたクリチバのまちの都市計画に、日本の早稲田大学の教授が関わっていた事が分かり、びっくりしましたグッド(上向き矢印)

P9211991.JPG

<写真:Pinheiro - do - Parana>


また、海外の様々な街を歩いた後、ブラジルを訪れることで少し客観的に母国を見ることができたと感じました。それによって問題点や足りないことが明確になりました。そして余談ですが、物価がものすごく高くなっていて驚きましたどんっ(衝撃)

今回の研究旅行を通して「世界は狭い」ということ以上に、人との出会いと繋がりの大切さを再び実感し、世界の人たちが力を合わせて初めて、より良い世界をつくることができると感じました。今回の経験を忘れずに、これからも頑張っていきたいです手(グー)


ブラジル出身 5期生
Giselle Yumi Itamiー(長音記号2)
Posted by 日系留学生管理者 at 15:41 | ラテンアメリカ関連 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント