CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« サークル(よむよむだっこ・紙芝居同好会他) | Main | 上海虹文庫ってどんなところ?»
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ブログカテゴリー
虹文庫について
最新ブログ
最新コメント
リンク集
浦東館・2019年5月25日開催「のまりん紙芝居劇場」 [2019年05月28日(Tue)]
2019 年5月25日土曜日
「のまりん紙芝居劇場」が浦東館で開催されました。

第11 回目を迎えるのまりん紙芝居、浦東館での公演は来場者の半分以上が中国人。
中国での紙芝居人気を実感しました。

こども達の笑顔は世界共通ですねきらきら

FC0C6725-A86D-4D35-93D7-8B3AD3CE815F.jpeg

4D15307E-DC82-4308-B541-767B97418BCA.jpeg


四つ葉演目

星2︎でんしゃがくるよ
星2︎ひもかとおもったら
星2︎くろねこのしろいはな
星2︎あひるのおうさま
星2︎まんまるまんまたんたかたん
星2︎おすわりやす いすどっせ!
星2︎こぶたたぬききつねねこのてぶくろ遊び


四つ葉午後 ワークショップ  演目

星2︎おとうふさんとそらまめさん 、
星2︎かめのえんそく
星2︎すっすっ はっはっ しんこきゅう 
星2︎おすしのみいちゃんどーこだ
星2︎だるまさんがころんだ


虹来場者の感想虹

「こんなにも5歳の娘と同じテンションで楽しめることって今まであっただろうか、と考えさせられました!!!」

「のまりんの世界に入り込んでしまいました。大学生の通訳のテンポも素晴らしく、更に盛り上げてくれました。」

「年に一度は残念。毎週観たいくらいです。」

などなど。。。

大盛況でしたにこにこ
来年もお楽しみに〜
【開催報告】のまりん紙芝居劇場2018・無事終了 [2018年07月02日(Mon)]

のまりん、こと野間成之先生は、全10日間の日程を終え

今朝のフライトで無事に帰途につかれました。


最終日となった63日(日)午後には、虹文庫・浦東分館にて

サプライズ企画「のまりんを囲む会」を開催。

虹文庫会員や、中国語グループ「小風鈴」の方など

上海を中心に紙芝居を演じるお母さんたちが参加(広州から来られた方も!)されました。


養護学校の教諭をされていた32歳の時、初めて紙芝居をしたら

今までになく話にのめり込んだ子供たちの反応に胸打たれたのが

きっかけとのこと。日常とは違う紙芝居の楽しい世界を子どもたち

に楽しんでもらう為の演じ方の工夫を、実演しながら教えてくださいました。


10年続けて上海に来られたのは


@日本の紙芝居の良さを世界に広めたい

A上海に熱心に紙芝居普及に取り組んで、自分を招いてくれる人がいる

B国境の分け隔て無く、楽しんでくれる子供たちに励まされる


とのことで、来年も続けて来たいとおっしゃっていただきました。


そして、最後に有志によるお手製の感謝状とメダル、アルバムをお渡し

記念撮影で和やかに終わりました。


40410DE1-6340-428E-AF32-B535A89E1CB0.jpeg



89CA8299-12AE-41A0-8979-30DA482A082A.jpeg

【開催報告】のまりん紙芝居ワークショップ [2018年07月01日(Sun)]

大丸2日時大丸2

527日(日)午後1時半〜3

大丸2場所大丸2

メリーランド幼稚園

大丸2参加者大丸2

17組(ボランティアスタッフ7名)


大丸2内容大丸2

紙芝居を読みながらのレクチャーと、参加者による実演を行いました。

のまりんからは

「紙芝居は芝居なので舞台を通して演じる事が大切。お行儀良くさせようとせず、一緒に楽しむ気持ちで」

「自分の好きな作品をみつけ、何回も繰り返す事が大事」

といった、紙芝居を読む上での演じ手の姿勢から、

「最初に題を言ってからひと呼吸おく」

「最後の場面が終わったら前に戻さない。抜くタイミングを効果的に」

等の実践的なものまで、様々なアドバイスがありました。            


大丸2読んだ紙芝居大丸2

@おべんとうのえんそく

Aでんしゃがくるよ               

Bしっぺいたろう                              

Cまじょ      


大丸2参加者の声(アンケートより抜粋)大丸2

のまりん独特の語り口調は、みんなをおはなしの世界に引き込む力があるなと改めて実感。

紙芝居は、演じるものだということも再認識しました。

・3回目の参加ですが毎回初心に戻り、紙芝居の面白さを再確認することができる良い機会になっています。

来年も参加したいと思います!

・絵本の読み聞かせと紙芝居は全く違うと改めて感じる大変貴重な時間でした。

・「気持ちをのせて、子どもと楽しみながら演じて欲しい。」というのまりんのお言葉が、目からウロコで、大変勉強になりました!

おはなし会で紙芝居を演じてみたいと思いました。


3B72924A-3F18-41CF-A6C7-01C138E6CE2D.jpeg
第10回 のまりんの紙芝居劇場とワークショップのご案内 [2018年06月02日(Sat)]

紙芝居おじさん『のまりん』こと野間成之さんが

今年も上海へやってきます!


からんころん、と拍子木の音がし、そこから始まる「のまりんの紙芝居劇場」。

のまりん演じる登場人物が物語の中で動き出し、

場面がすすむたびに、次はどうなるんだろうという期待感で

子どもも大人もどんどん紙芝居へ引き込まれていきます。


そして、「のまりんの紙芝居ワークショップ」では

紙芝居の演じ方をのまりんから楽しく教えてもらえます。

声のトーン、場面をめくる速さの使い分け、間の取り方

子ども達が夢中になる紙芝居の演じ方を、一緒に学びませんか?


笑いあり感動ありの「のまりんの紙芝居劇場」と「のまりんの紙芝居ワークショップ」。


皆様のご来場をお待ちしております。


★虹文庫会員以外の方でも、お申込みいただけます。

★浦東会場(5/26 土曜)、浦西会場(5/27 日曜)で、お申込み方法が異なります。

★詳しくはチラシをご参照ください。


61F67786-B3EC-4FD0-A9D0-0569105D3924.jpeg  844B2776-F985-4CE9-A929-69B267C8A4E5.jpeg 19C40218-D2FF-4EC4-90EF-7C8B712D68FD.jpeg






9月16日(土) 古本バザー終了報告 [2017年09月18日(Mon)]
9月16日(土)に古本バザーが開催されました!
私は今回初めて参加させて頂きましたが、
朝から想像以上の大勢の方がいらっしゃって驚きました。
両手いっぱいに絵本を抱えた小さなお子さん、
買った本をすぐに読み始める小学生、
袋に入り切らない程たくさんの文庫を買った方、
みんなこの日を楽しみにしていたんだなあとこちらまで嬉しくなりました!
来てくださった方、ありがとうございました!
そしてスタッフの皆様、準備お疲れ様でした!
ペン y.k
6月7日(水)午前 のまりん紙芝居公演報告 [2017年06月12日(Mon)]
本2017 年 6 月 7日(水)@8:50〜9:20(1年生)A10:40〜11:20(4年生)
犬日本人学校浦東校
猫人数 各回児童約100人
るんるん同行スタッフ (6名)

☆演目☆
@1年生
*拍子木遊び
1.はなたれこぞうさま
2.やつばけずきん
3.にくまんあんまん(手遊び)
4.やまんばとさんにんきょうだい
5.まんまるまんまたんたかたん

A4年生
*拍子木遊び
1. くわずにょうぼう
2. かめのえんそく
3. にくまんあんまん(手遊び)
4. となりのさくら
5. まんまるまんまたんたかたん

☆スタッフからの一言☆
♪ようこそ〜〜、わたしはのまりんでーす♪とお馴染みのオープニング拍子木遊びで、のっけから1年生も4年生ものまりんワールドへ引き込まれます。
それからはまさにライブ︎ 各学年とも素直にお話の世界に入り込み、のまりんの演技に驚いたり笑ったりしながら会場一体となってそれぞれの作品を楽しみました。気に入った作品を聞かれた時に、どの学年も「全部」という声が一番多く上がりました。
記念撮影後には自然と握手会の輪ができてのまりんが埋もれてしまう場面も。握手した手を洗わない!と言う子がいたり、休み時間は他学年の小さなファンが覗きに来たりとのまりん人気の凄いこと!最後に後ろ髪を引かれつつ笑顔で教室へ戻っていく子供達の姿も印象的でした。

ペンK.O.
5月28日(日)-30日(火) 三門県のまりん紙芝居 路老师皮影戏 公演 報告 [2017年06月11日(Sun)]
2017年5月28日-5月30日
三门县 有为图书馆
人数:各回約100名
同行スタッフ:5名他ピーインシーメンバー
 
☆演目☆
5月28日
*拍子木遊び
「でんしゃがくるよ」
「こねこのしろちゃん」
「さんごのくにのおきゃくさま」
「まんまるまんまたんたかたん」
ピーインシー3作品

5月29日
*拍子木遊び
「でんしゃがくるよ」
「ひもかとおもったら」
「こねこのしろちゃん」
「まんまるまんまたんたかたん」
ピーインシー3作品

☆スタッフからの一言☆ 
5/28早朝チャーターのマイクロバスで出発、三門県にはお昼をすぎての
到着でしたが、熱烈歓迎してくださいました。
去年までは倉庫のような建物の一角を借りての図書活動でしたが、
ことしは一転!政府の資金援助をうけて、みちがえるほど
立派な図書館ができていました。『三门县有为』地元の皆さんも
足繁く通っていらっしゃるようです。
午後から、早速開演で今回は影絵の路先生とのコラボでしたので、
まずのまりんから、スタートでした。
出だしは気を揉むほど騒がしかった子ども達が、
カンカンカン〜の電車のおとで一瞬にして舞台に集中しました!
まさに紙芝居マジックです。
そしてピーインシーでは、「好!」の掛け声が。
翌日5/29はもう少し落ち着いた状況でスタートできました。
どれも秀逸でしたが、鉄板のまんまるまんまと、ひもかとおもったらは
一段と好評でした。
通訳の江田海君もじつにいいタイミングで訳を付けてくださったので、
こちらものまりん同様高評価でした。午後からはお母さんや、
ボランティアに向けて講演され、手応えを感じておられました。

ペンM.T.
6月6日(火)午前 のまりん紙芝居公演 報告 [2017年06月07日(Wed)]

本2017 年 6 月 6日(火)10:00〜10:40
犬蘇州イートンハウスインターナショナルスクール日本部幼稚園
猫人数 園児と先生あわせて約100人(園児:90名)
るんるん同行スタッフ (2名)

☆演目☆
*拍子木遊び
1.よんでよんで
2.でんしゃがくるよ
3.カヤネズミのおかあさん
4.にくまんあんまん(手遊び)
5.いたずらおばけ
6.はなたれこぞうさま
7.カレーライス(エプロンシアター)
8.まんまるまんまたんたかたん
9.森のキツツキさん(手遊び)

☆スタッフからの一言☆
毎年恒例の蘇州公演ですが、のまりんを見るなり、園児たちの「のまり〜ん」コールが幼稚園の廊下に響きわたるお出迎え。園児の人数が増えたため、今年は教室ではなく、少し大きめのホールでの
公演になりました。一つ一つの紙芝居が終わるたびに子どもたちから「はやい〜、もう終わったの〜」と残念がる声。初お目見えののまりんのエプロンシアター、エプロン姿もかわいらしく、たのしい上演となりました。
幼稚園から帰るときは、「のまり〜ん、また来年。」の声とともに幼稚園をあとにしました。

ペンS.E.
6月4日(日)午後 のまりん紙芝居ワークショップ 報告 [2017年06月06日(Tue)]

本2017 年 6 月 4 日(金)13:30〜15:00
犬メリーランド幼稚園
猫人数 大人13名、子ども2名
るんるん同行スタッフ (8名)

☆演目☆
(ワークショップ参加者による実演)
⒈ こてんぐちゃん
⒉ ひもかとおもったら・・・
⒊ めがねやとどろぼう
⒋ うどんくんとおそばちゃん
⒌ ごろん
⒍ ロボットペコポン はじめてのおるすばん

☆スタッフからの一言☆
冒頭、のまりんより紙芝居を演じる際のポイント講座がありました。紙芝居『はなたれこぞうさま』の 一部分をテキストに、わかりやすく説明してくださいました。
ポイントは大きく分けて以下です。

★なるべく舞台やセットを使う。それらがない時は、机を使うなどして、紙芝居自体を固定させるよう心がける。
★演じる前に下読みを行い、お話の中の『ヤマ場』を考え、声の大小等も決める。
★声は一本調子にならないように、しかしあまりオーバーアクションにならないように。
★一番大切なのは、演じ手も聞き手といっしょに楽しむこと♬

来場者による実演は、読み手それぞれに個性があり、みなさん緊張されながらも工夫して楽しく読んでくださいました。
のまりんからは、紙のめくり方や声の緩急のつけ方など具体的なアドバイスをいただき、充実したワークショップとなりました。

ペンA.H.
6月4日(日)午前 のまりん紙芝居劇場 報告 [2017年06月06日(Tue)]

本2017 年 6 月 4 日(金)10:30〜11:30
犬メリーランド幼稚園
猫人数 大人子どもあわせて100人超
るんるん同行スタッフ (6名)

☆演目☆
1.よんでよんで
2.でんしゃがくるよ
3.さんごのくにのおきゃくさま
4.こぶたぬきつねこ(手遊び)といぬのおまわりさん(ぶたバージョン)
5.いたずらおばけ
6.ぶたまんあんまん(手遊び)
7.やつばけずきん
8.まんまるまんまたんたかたん
9.森のキツツキさん(手遊び)

☆スタッフからの一言☆
トレードマークの赤いシャツに拍子木。
今回もマイクパフォーマンスからはじまり、子どもたちには「甘え」のススメ。
そこからの流れで、どんどんと紙芝居の上演が続きました。
場面数の多い紙芝居であっても、小さな子どもたちも吸い込まれるように集中していました。
さらには、時世のネタもふんだんに取り入れていらっしゃるので、大人もたまらず笑ってしまいました。
『こぶたぬきつねこ』では変身ミトンが登場。
『よんでよんで』から、『まんまるまんまたんたかたん』をへて
『森のキツツキさん』に至るまで、とにかくエネルギッシュで愉快な紙芝居劇場となりました。
会場には、今回で4度目の参加だという小学生のお姉さんもいました。
いつまでも愛されるのまりんの紙芝居、またの上演を希望される声が多く聞かれました。

ペンE.K.
| 次へ