CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« メディア紹介 | Main | お知らせ»
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ブログカテゴリー
虹文庫について
最新ブログ
最新コメント
リンク集
7月の新着本 [2016年08月18日(Thu)]
赤ちゃん本 8冊
絵本 42冊
児童書 8冊
図鑑 1冊
合計 59冊

今月は落語絵本(作・川端誠)が続々登場。
絵本の世界では発行から30年経つと
「ロングセラー」とされるそうですが、
古典落語はその10倍もの歳月語り継がれてきたものです。
読み聞かせは間や仕草も加えて
親子で楽しんでみてください。

詳しくは添付ファイルをご覧ください。

新着本紹介2016-7 .xlsx
Posted by 柏崎 at 04:32 | 新着本 | この記事のURL | コメント(0)
6月の新着本 [2016年07月01日(Fri)]
今月は44冊の本が虹文庫に仲間入りました。
詳しくは添付ファイルをご覧ください。
今回は大人向け、絵本選びに役立つ雑誌がたくさん!
(大人本は絵本の部屋「あ〜か行」の最上段にあります)

まだまだ寄贈・新規購入の本がお披露目の日を待っています。
7月は6日、13日、20日にカバー掛け作業をします。
1冊でも、30分でも、お子さま連れでも大歓迎!

♪6月の新着本♪
赤ちゃん本 5冊
絵本・しかけ絵本 5冊
紙芝居 5本
児童書 11冊
大人本・雑誌 18冊


6月の新着本.xlsx
Posted by 井口 at 13:41 | 新着本 | この記事のURL | コメント(0)
4月の新着本 [2016年04月01日(Fri)]
今月は61冊の本が新着コーナーに並びました。
赤ちゃん本 4冊
絵本    34冊
児童書   20冊
大人本    3冊
岩波の子どもの本とピーターラビットの絵本がシリーズでたくさんはいりました。
新しい感覚の絵本や児童書のファンタジーも増えています。
添付のリストをご覧ください。

児童書の新着本で一冊ご紹介します。

花のき村と盗人たち(新美南吉童話傑作選シリーズ)  
新美南吉 作 長野ヒデコ 絵 小峰書店

盗人のかしらと新前の弟子4人が花のき村でまっとうな人間に改心する話です。
美しい日本の村の様子がしっとりした日本語でむかしばなし風なお話に書かれています。
前半は盗人のかしらと昨日弟子になったばかりの職人気質の4人のとぼけたやり取りが
おもしろく、後半は盗人人生を送ってきたかしらが改心し、弟子たちにもまっとうな暮らしを
送るように言い聞かせ別れます。
読んでいる私たちも心洗われるお話です。
児童書ですが、読んであげるなら小学生低学年でも十分に楽しくきくことができるでしょう。

4月新着本.xlsx
Posted by 井口 at 13:39 | 新着本 | この記事のURL | コメント(0)
2月の新着本 [2016年01月29日(Fri)]
今月の新着本紹介は、赤ちゃん本2冊、絵本42冊、児童書1冊です。
その他の本は、リストをご覧ください。

今月は、2冊の絵本が興味深いです。

「ろばのとしょかん」
ジャネット・ウィンター作
福本友美子 訳  
集英社

「こないかな ロバのとしょかん」
モニカ・ブラウン 文
ジョン・パッラ 絵
斉藤規 訳  
新日本出版社

どちらも、コロンビアで子供たちにロバで本を運び、お話を読んで回るルイスさんの実話がもとになっています。
遠くまでロバで本を子供たちへと届ける姿、そして本を待ちわびる子供たち。
今は、雨でも熱い日でもネットで本を買うことができ、本を持ち歩かなくても電子ブックで読むことができる便利な時代ですが
「本」というものが与えてくれる喜びや力を感じることができる2冊です。

2月新着本.xlsx
Posted by 井口 at 10:33 | 新着本 | この記事のURL | コメント(0)
1月の新着本 [2016年01月05日(Tue)]

今回は、赤ちゃん本 2冊、絵本20冊です。
科学、自然の絵本が新しく書架にならびました。
書架の整理のためカバー掛けの回数が少なかったので新着本紹介も
少なめですが、今年もどんどんカバー掛けをしたいと思います。
会員のみなさんも参加大歓迎です!
詳しくは、添付ファイル「1月新着本」をご覧ください。

1月新着本.xlsx
Posted by 井口 at 11:28 | 新着本 | この記事のURL | コメント(0)
11月の新着本 [2015年11月01日(Sun)]
読書の秋 今月も楽しい本、心に響く本が書架に並びました!

赤ちゃん本 3冊
絵本   32冊
児童書   2冊

一冊ずつご紹介します。

『いっしょにあそぼ しましまぐるぐる』 
かしわらあきお  学研

あかちゃんが生まれながらに反応する『顔』や、反応のいいとされる
『しましま』と『ぐるぐる』がはっきりした色使いでたくさん。
0歳からを対象にした本です。

『せかいでいちばんつよい国』 
デヴィッド・マッキー 光村教育図書

「世界中の人々を幸せにするためだ、征服すればわれわれと同じ様にくらせるのだから。」と、大きな国は他の国を征服しにいきます。最後に小さな国を征服しに行きますが、その国には軍隊がありません。小さい国の人々は、大きい国の兵隊たちをおもてなしするのです。「ぞうのエルマー」シリーズの作家デヴィッド・マッキーの本です。今読むと、いっそう深く家族で考えることができるテーマの本だと思います。

『カントリー・ロード』  
作 坂口正博  絵 網中いづる  BL出版
第14回・ちゅうでん児童文学賞大賞受賞作品

父親の仕事の関係で何度も転校を繰り返してきた中学生が、突然全校生徒32名しかいない田舎の学校へ転校することになる。9人ぎりぎりの野球部へ入部。ほかに選択肢がないからだ。部員が10人になったことで、人間関係が難しくなる。少ない人数だから、思春期の複雑な思いがよくも悪くも密に変化するのが読者にも強く伝わってくる。わずか1年で東京に戻ることになる主人公が、初めて友達を持ち故郷を手にいれることができたと自覚する物語。

その他の新着本は添付をご参照ください。
新着本11月.xlsx
Posted by 井口 at 16:52 | 新着本 | この記事のURL | コメント(0)
10月の新着本 [2015年09月30日(Wed)]
読書の秋になりました! どうぞ新着本を楽しんでください。

赤ちゃん本 8冊
絵本    26冊
児童書   3冊

詳しくは添付のリストをご覧ください。10月新着本.xlsx
Posted by 井口 at 22:06 | 新着本 | この記事のURL | コメント(0)
8月の新着本 [2015年09月01日(Tue)]

伊藤忠記念財団の助成金で8月に赤ちゃん本を2冊、絵本8冊、
合計10冊の本を購入しました。
『このすしなあに 』は是非お父さんに読んで欲しい絵本です。

添付ファイルをご確認下さい。
9月新着本紹介.xlsx


Posted by 柏崎 at 06:42 | 新着本 | この記事のURL | コメント(0)
7月の新着本 [2015年06月30日(Tue)]
今月は、紙芝居公演に来てくださった
“のまりん”が寄贈してくださった紙芝居が仲間入り!
虹文庫にある紙芝居は、貸出可能なのをご存知でしょうか。
夏休み、おうちでミニ紙芝居劇場なんていかがですか?


7月の新着本.xlsx
Posted by 柏崎 at 06:56 | 新着本 | この記事のURL | コメント(0)
6月の新着本 [2015年05月30日(Sat)]
今月の新着本は、絵本が67冊もあります。
赤ちゃん本、児童書、大人本 各1冊です。

絵本から以下をご紹介します。

『王さまとかじや』
文:ジェイコブ・ブランク 絵:ルイス・スロボドキン 
訳:八木田宜子 徳間書店

ある国に8歳の王さまがいました。王さまの周りにはたくさんの大臣たち。
みずたまりで遊びたくても衣装大臣が「ダメ」。
さかな釣りに行きたくても馬大臣が「ダメ」。あれはだめ、これはだめ。
それに加えて、王さまが「しなければいけないこと」を考え出すのに大忙し。
王さまは「ほーっ」とため息をつきながらも大臣たちに従います。
最後に王さまが傍にいて欲しいと望んだのは、村の心優しい”かじや”。
彼と大臣たちの違いは何・・・?
この本はのまりんに寄贈していただいた一冊。
お父さん、お母さんに向けたメッセージが込められた本ではないかと思います。(F.S)

『なすの与太郎―野菜忍列伝〈其の3〉』
作・絵:川端 誠  BL出版

川端誠さんは、落語絵本でもお馴染みですが、この中にも駄洒落が満載です。
『茄子のぬか漬け」に「茄子のオイルマリネ」「茄子の田楽」と
美味しそうな裏見返しの絵に惹かれてこの絵本を手に取りました。
是非、ご覧下さいね。
代々忍びの者として弓の術を伝えてきた那須家、与太郎おじいちゃんも弓名人でした。
そんなおじいちゃんが住む村はとてもきれいで、村人もやさしいのです。
遊びに来ていた孫娘の小茄子ちゃんはそれがおじいちゃんのおかげと
村人に言われて不思議に思います。
弓名人=村の平和!?の謎が解き明かされるまでのおはなしです。(Y.N)

『ワニあなぼこほる』
作:石井聖岳 イースト・プレス

「ぎっひっひ」 なんだかあやしい鳴き声。
つり目に鋭い牙を持つこわーいワニ、なのに頭には金魚鉢…

冒頭から、ワニはスコップでガリガリ地面を掘っていきます。
そこへ仲間が「うおーあなぼこ!」とショベルを担いでやってきます。
ページが進むにつれワニは増え、穴掘りの道具もどんどん大型化。
もう、とんでもないことになっていきます。

この展開、こどもの遊びに通じるものがあります。
大人から見るとむちゃくちゃで、ハラハラ、イライラさせられる。そんな事でも、
本人がやり遂げるまで見守ってみようかな、と思わせてくれる1冊です。(R・K)


『おへそのあな』
文・絵:長谷川義史  BL出版

生まれる日を待っている赤ちゃんが、お母さんのおへそから家族の様子を見ているという設定。
お腹の中からだから、見えるものすべてが逆さまなのがミソ。幸せな気持ちになります。

『ぜつぼうの濁点』
文:原田宗典 絵:柚木沙弥郎  教育画劇

日本語の変幻自在さと美しさを味わえる一冊です。

この2冊は、Super City「ひらいてごらん」大人に贈りたい絵本 で紹介された本です。
虹文庫の蔵書に入りました!!(紹介文はひらいてごらんより引用)


2015年6月新着本リスト.xlsx

Posted by 柏崎 at 09:30 | 新着本 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ