CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«10月の開館日 | Main | 11月3日(火)午前の開館報告»
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ブログカテゴリー
虹文庫について
最新ブログ
最新コメント
リンク集
11月の新着本 [2015年11月01日(Sun)]
読書の秋 今月も楽しい本、心に響く本が書架に並びました!

赤ちゃん本 3冊
絵本   32冊
児童書   2冊

一冊ずつご紹介します。

『いっしょにあそぼ しましまぐるぐる』 
かしわらあきお  学研

あかちゃんが生まれながらに反応する『顔』や、反応のいいとされる
『しましま』と『ぐるぐる』がはっきりした色使いでたくさん。
0歳からを対象にした本です。

『せかいでいちばんつよい国』 
デヴィッド・マッキー 光村教育図書

「世界中の人々を幸せにするためだ、征服すればわれわれと同じ様にくらせるのだから。」と、大きな国は他の国を征服しにいきます。最後に小さな国を征服しに行きますが、その国には軍隊がありません。小さい国の人々は、大きい国の兵隊たちをおもてなしするのです。「ぞうのエルマー」シリーズの作家デヴィッド・マッキーの本です。今読むと、いっそう深く家族で考えることができるテーマの本だと思います。

『カントリー・ロード』  
作 坂口正博  絵 網中いづる  BL出版
第14回・ちゅうでん児童文学賞大賞受賞作品

父親の仕事の関係で何度も転校を繰り返してきた中学生が、突然全校生徒32名しかいない田舎の学校へ転校することになる。9人ぎりぎりの野球部へ入部。ほかに選択肢がないからだ。部員が10人になったことで、人間関係が難しくなる。少ない人数だから、思春期の複雑な思いがよくも悪くも密に変化するのが読者にも強く伝わってくる。わずか1年で東京に戻ることになる主人公が、初めて友達を持ち故郷を手にいれることができたと自覚する物語。

その他の新着本は添付をご参照ください。
新着本11月.xlsx
Posted by 井口 at 16:52 | 新着本 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント