• もっと見る
«本を読むクラス | Main | 「にほんごの会くれよん」の研修会»
プロフィール

特定非営利活動法人 多言語多読さんの画像
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
オオツカエミ
第4回リライト講座 後半 (12/01)
kawamo
わあ!この話! (11/28)
donguri
ダダダダダ!! (10/24)
しぇしぇ
持ち込みも可 (10/11)
粟野
読みもの作成月例会 (11/30)
明石
読みもの作成月例会 (11/19)
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/nihongo-tadoku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nihongo-tadoku/index2_0.xml
第5回 日本語多読勉強会 [2010年08月09日(Mon)]
8月8日(日) 第5回 日本語多読勉強会 (東京・調布の電通大にて)

5回目を迎える多読の勉強会。

今年は初めての参加者が多い。うれしいことだ。といっても、多読にまったくなじみのない方は少なく、事前に質問もたくさん寄せられた。多読の知名度は確実に上がってきている。それが英語多読によるものか、多読用読みものが出版されているせいなのかはわからないが。勉強会にどんなことを期待されているのだろうか。わくわくドキドキする気持ちで当日を迎えた。

参加者は2名欠席で41名。ゲストスピーカーとスタッフその他で50名あまりの会になった。

まずは、電通大酒井准教授から英語多読の話。





英語と日本語は全く違う言語。訳読では英語は理解できない。さまざまな場面を体験することでその場面にぴったりの言葉が体に吸収される。そのために、ごくやさしいレベルの本から読んでたくさんの体験を積むこと。インプットが十分でないと体から言葉はあふれ出ないので、大量に。そのたまには楽しくいい加減に読み飛ばす。辞書を引かない、わからない言葉は飛ばす、進まなくなったらやめるの三原則を守る・・・。
今回は、珍しく脱線が少なく笑いも少なかったが(何を期待しているのか??笑)、中身のぎゅっとつまった話だった。
Oxford Reading Tree を実際に手にとってもらうと、みなさん熱心に見入っていた。




次に私が前年度末に作成した多読授業紹介DVD「多読とは?」を上映しながら、多読授業を紹介。実際の映像を見ることで、授業の様子を少しでも伝えられたら、と思う。



続いて、本日の目玉。インターナショナルスクールマニラの明石先生による多読実践報告。読む力が弱い高校生に、さまざまな工夫を凝らして「本」の世界へ導こうと努力されている。
本の中の主人公を使った会話練習、本を4コマ漫画にしてしまう?活動、読み聞かせの活動・・・いろいろな実践例がとても面白く、参考になったのではないかと思う。









最後に参加者から寄せられた質問に、多読授業実践者が答えた。



具体的な質問がたくさん寄せられうれしかった。
海外、国内とも実践者はまだまだ少ないが、来年はまた新たな実践者が報告に来てくださったらいいなあと思う。みなさん、どうぞよろしく!!

(粟野)



トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
メス直美様
返信遅くなってすみません!(書き込み、珍しいため見落としていました・・・)
明石先生の報告、いろいろ楽しそうな活動がたくさんあって、とっても新鮮でした。IMSの生徒さんたちは幸せですね。
特に私がびっくりしたのは、辞書を引かない、進まない本はやめるという読み方を奨励されている、という話。私たちの多読のルールと全く同じです。読解力をつけるために、たいていの先生たちは、辞書をたくさん引いて言葉を増やし、読解問題をたくさんこなすことを奨励するものなのに・・・。

簡単な日本語で深い内容をーーいつでも大きな課題です。がんばります!何かいいアイデアがあったら、お願いします。東京にいらっしゃることがあったら、ぜひお会いしましょう。
Posted by: 粟野  at 2010年08月22日(Sun) 23:12

明石先生とマニラで日本語を教えています。今回は先生が報告にいらして、いろいろな方と交流して帰っていらっしゃるので楽しみです。多読ライブラリーの本は学生にとってとても「とっつきやすい」本だと思います。日本語を半年勉強しただけの学生でも、「女の子」を読んで内容を味わうことができました。これからも、簡単な日本語でも深い内容のある本を出版してくださるよう、期待しています。笑顔
Posted by: メス直美  at 2010年08月09日(Mon) 21:42