CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«国際理解教育講座2016テーマ編 第1回『参加』 | Main | 国際理解教育講座2016テーマ編 第2回『コミュニケーション』»
プロフィール

さんの画像
NIED・国際理解教育センター
プロフィール
ブログ
団体HP
カテゴリ
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
更新履歴
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/nied/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nied/index2_0.xml
2016年度 開発教育指導者研修(実践編)第3回 [2016年10月06日(Thu)]
開発教育・国際理解教育のすすめかた

JICA中部と協働で提供している開発教育・国際理解教育の実践型指導者研修
2016年度第3回に実施したプログラムです。

jica2016-3.jpg
--------------------------------
【ねらい】
・流れのあるプログラムの作り方について学び、参加型手法を習熟する。
・実際にプログラムを作り、ファシリテーターとしてプログラムを実施する練習をする。
・ファシリテーターの役割とよりよい参加型の進め方についてポイントとなることを確認する。

【対象】 東海4県の教師・NPO関係者等 約40人

【実施日時】 2016.8.27(土) 13:00〜17: 05、8.28(日) 10:00〜17:07

【場所】 なごや地球ひろば2階 セミナールーム

【プログラム内容】
[1日目]
◆セッション1:第1回・第2回ふりかえりと第3回ねらいの確認
1)主催者挨拶
2)第3回のねらいの確認、自己紹介〜この夏一番の思い出
3)第2回ふりかえり
4)子どもが一目置く大人とは 〜経験学習の4段階を体験
5)経験学習の4段階と開発教育・国際理解教育の目的

◆セッション2:価値観とスキルを育てるための手立て
1)持続可能な未来をつくるために育てたい価値観
2)グループ替えと自己紹介
3)わたし、あなた、みんなに関わるスキルを育てるための手立て
4)ソーシャルスキルトレーニングのアクティビティ

◆セッション3:プログラムの作り方
 〜ねらい/流れ・ストーリー/参加型手法〜 
1)グループ替えと自己紹介
2)プログラムとは何か
3)流れのあるプログラムの作り方 レクチャー
 -1.第1回と第2回のプログラムを「ねらい」と「流れ=
   起承転結」という視点でふりかえる
 -2.第1回と第2回のプログラムを「手法」という視点でふりかえる

◆セッション4:どんな時どんな手法 !? 〜習うより真似る!慣れる!
1)アクティビティと参加型手法 活用の練習
2)2日目のスケジュール確認と1日目の感想共有

[2日目]
◆JICA TIME

◆セッション5:教師海外研修報告
1)技術系グローバル人材育成コース報告
2)教師海外研修パラグアイチーム報告
3)教師海外研修エチオピアチーム報告

◆セッション6:プログラムを作ろう! 
1)テーマに関する理解/ねらいの設定/ストーリー作り
  一緒に練習しよう!
 -1.グループ作りと自己紹介
 -2.プログラム作りシミュレーション

◆セッション7:実践!ファシリテーション!&ふりかえり 
1)プログラム発表 〜7人グループによるサークルプレゼン
2)ふりかえり
3)よりよい参加型を進めるよりよいファシリテーターのポイント
4)全体ふりかえり

◆セッション8:第4回研修および
 実践報告フォーラム2017の概要説明と準備のお願い  
1)第4回研修・実践報告フォーラム2017の概要説明と準備のお願い
2)事務連絡 

--------------------------------
◇JICA中部ウェブサイト:http://bit.ly/Ou9hbh