CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«とよはし『子ども』スマイル会議 子ども条例勉強会 | Main | 年度別事業リスト(2014年度)»
プロフィール

さんの画像
NIED・国際理解教育センター
プロフィール
ブログ
団体HP
カテゴリ
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
更新履歴
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/nied/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nied/index2_0.xml
国際理解教育講座ファシリテーター編2015 第1回 [2015年05月19日(Tue)]
夢を語る・課題を越える・未来を創る ESDファシリテーター講座
人権・環境・平和 What&Why「気づき」のアクティビティ


2005年〜2014年までの10年間、国連の提唱により
ESD(持続可能な開発のための教育)が世界で取り組まれてきました。
その10年が終わっても、私たちの地球や地域を持続可能なものにしていくための
活動が終わるわけではありません。ESDはこれからも続くのです!

今年もNIED自主講座「国際理解教育講座」のファシリテーター編が始まりました。
第1回は、ESDの柱である人権・環境・平和をテーマに、気づきのための
アクティビティを全員で体験し、参加型という学び方について理解を深めました。

NIED-Fkoza2015-1.jpg
--------------------------------
【ねらい】
・人権、環境、平和とは何かを、知識として学ぶだけではなく、
 それらについて学ぶことがなぜ必要なのかを考え共有する。
・参加者が自らをふりかえり他者から学ぶことを通して、
 ねらいに沿った「気づき」があるように工夫された「アクティビティ
 (参加型の学習教材)」を体験する。
・「学びの定着」と「行動変容」に有効とされる、参加型という学び方
 について理解する。

【対象】 一般17名

【実施日時】 2015.5.16(土) 10:05〜17:20

【場所】 NIED・国際理解教育センター事務所フリースペース

【プログラム内容】
◆セッション1:共通基盤づくり 自己理解―他者理解―相互理解
1)ねらいと1日の流れの確認
2)アイスブレーキング
・ラインアップ/4つのコーナー/ラインアップ2
3)グループ替えと自己紹介
・今わたしのお気に入り/私が幸せを感じる時/私の好きな言葉・座右の銘
4)「マイカーはレストラン!」と理想の食事
◇国際理解教育教材『マンガジア』より
・1枚の風刺画「マイカーはレストラン。タイの食事と交通事情」を見て、
 その意味していることをグループで話し合う
・風刺画を次の4つの視点で観察し、それぞれ書き出す<対比表>
  …いいなと思うところ/嫌だなと思うところ/日本と同じところ/日本と違うところ
・個人で自分が理想だと考える食事風景を描き、グループで共有
・グループ内で理想の食事風景の共通点を探る
5)「人生いろいろ」豊かさって何だろう?しあわせって何だろう?
・ペアで別の2種類の風刺画A,Bを見比べ、次の3つ要素を考える
  …ABに共通してあるもの/AにあってBにはないもの/BにあってAにはないもの
・グループで風刺画を見せ合い、3つの要素を共有
・グループ全員の風刺画を、「豊かさ」を基準にランキング
・「豊かさ」のキーワードを書き出し、全体共有
・ワークから見えてきた「豊かさ」のキーワードを追加
・自分のしあわせな人生のために必要なものは何か?
 共有したキーワード群などから個人で10個を書き出し、さらに自分にとって
 最も重要な5個を選ぶ

◆セッション2:アクティビティ体験
6)グループ替え,自己紹介
・私が考える4つのコーナー
  各自自分で4つのコーナーのお題と選択肢を考え、グループで紹介し合う
7)地球環境クイズ
・4種のテーマ資料「エネルギー/資源・ゴミ/食べ物/身近な自然」を読み、
 クイズを出し合う
・わかったこと、言えること、感想を他のグループメンバーと共有
8)各テーマを掘り下げて考える(システム思考で問題解決を考える流れ)
・「私がしている環境している悪いこと」を紹介し合う
・4つのテーマからグループで一つ選び、次の作業を行う
  …@各テーマを取り巻く問題を書き出す<リスト>
    A問題を放置したままにするとどうなるか?<派生図>
    B問題を作り出している原因を考える<因果関係図>
    C問題を解決するための手立てや役立つものを考える<行動計画>
9)平和であるものvs平和でないもの
・異なるシチュエーションが書かれた19枚のカードを「平和」「対立」
 「どちらといえない」に話し合いながら分ける
・「平和」「対立」に分けた基準・要素、「どちらともいえない」とした理由を
 ふりかえる
・消極的平和は戦争がない状態のこと、積極的平和は戦争がない状況以上のものとした時、
 ワークを通じてわかったこと等を基に「積極的平和」の定義を考える
10)しあわせになりたい!
・グループ替え
・大正時代に作られた『処世教訓出世競争すごろく』を資料に、
 「しあわせな人生すごろく2015版」を次の点を考慮しながら作成
  …ゴールとは何か?/帰路においては何が「前に進む」ことか?/
    私たちは何をしあわせと考えるのか?/逆に不幸せ、可哀想と思うようなことは
    どんなことか?
・すごろくで大切にした視点を全体発表
・『これってしあわせ?シート』を見ながら、様々な属性であることが
 しあわせであるか否かについて、ファシリテーターの問いかけを受けつつ想像
11)誰もがしあわせになるために/全体ふりかえり
・自分の価値観によって他者を生きにくくさせないための配慮を考え、
 「わたしはこういうことがしあわせだと思っている。だからといって○○」という文章を
 作成し、用紙に書き出す
・今日1日の気づきや学びを用紙に書き出す
・グループで発表、共有
--------------------------------
Posted by NIED at 11:46 | NIED自主講座 | この記事のURL