CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«国際理解教育セミナーinなごや2015 | Main | 国際理解教育講座ファシリテーター編2015 第1回»
プロフィール

さんの画像
NIED・国際理解教育センター
プロフィール
ブログ
団体HP
カテゴリ
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
更新履歴
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/nied/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nied/index2_0.xml
とよはし『子ども』スマイル会議 子ども条例勉強会 [2015年05月15日(Fri)]
市民参加、子ども参加の子ども条例作りに向けて

とよはし「子ども」スマイル会議さんからお声掛けいただき、
豊橋市の子ども条例を考えるワークショップを行いました。
スマイル会議の想いが実り、市民参加、子ども参加で
豊橋市の子ども条例ができるよう、今後とも寄り添って
いきたいと思います。

--------------------------------
【実施日時】 2015.4.14(土)

【プログラム内容】
1)子ども条例スマイル会議案の経緯の共有
・定期的な勉強会
 (国連「子どもの権利条約」、川西市、豊田市、日進市、知多市の先進事例研究)
・「豊橋市子ども条例」制定に向けた豊橋市議会への陳情
 (2014年12月、2015年3月、各5分程度)
2)子ども条例スマイル会議案についての共有
・同案について「良い!思う・誇りに思うところ」/「より良くするために
 課題と思うところ」
3)「豊橋市子ども条例」の制定に向けて
@条例制定の必要性への理解促進
-1.制度の創設、現有仕組みの根拠づけや実効性の担保
-2.「子ども支援」という理念の共有と子どもの権利を基軸とした
  子ども支援施策の促進
-3.子ども支援を行う関係者を支援する条例
A豊橋市民が望む子どもビジョン、豊橋市の子どもたちや子ども支援を行う
 関係者の課題の裏付け
-1.市民の声、当事者である子どもの声の収集・分析・整理
 ・今の子どもは、自ら育つうえで、どんなことに困っている?
 ・困っている今の子どもが、将来どんな風になっているとよい?
 ・子どもを取り巻く社会・環境の課題はどこにあり、どんな風に変わるとよい?
 ・課題を解決するために、どんなことが役立ち、どんなことが必要と考える?
-2.子ども、子ども支援を行う関係者にかかわる統計データの収集・分析・整理
 ・子ども自身について改善したい状況の統計データ
  <例>
   資料1:「子ども・若者を取り巻く現状と課題 一考察」
   資料2:「自己肯定感を育む環境をつくる」P.2〜7
   資料B:知多市子どもの権利啓発事業(平成24年度)報告書P.59〜63
 ・子ども支援を行ううえで子ども支援を行う関係者について
  改善したい状況の統計データ
  <例>
   資料B:P.59〜63の親(保護者)へのアンケート結果
   施設関係者の教職員が置かれている状況など
B今後の意見交換の方法(参考)
-1.シンポジウム
 ・保障したい子どもの権利ごとに、先進的に取り組まれていること、
  豊橋市の課題について知り、対話できるようなもの
  <例>
   資料3:「子どもの権利対話ひろばinちた」同プログラム
   資料A:知多市子どもの権利啓発事業(平成23年度)報告書P.12〜17
-2.子どもワークショップ
<課題を探る>
 ・子どもが成長したいのに阻害しているもの、気持ちよく生きていくために
  邪魔していること
 ・子どもの権利条約の4つの柱から見たこの社会 誇りに思うこと/残念に思うこと
 ・日頃思っていること伝えたいことを自分の言葉で表現してみよう!
<ビジョンを共有する>
 ・子どもにとって一番いいことが実現しているまちのビジョン
<プログラムを提案する>
 ・ビジョン実現のために、子どもがする、大人がする、子どもと大人が一緒すること
-3.おとなワークショップ
<課題を探る>
 ・子どもを取り巻く課題 (気になる、変わるといいこと)
<ビジョンを共有する>
 ・子どもにとって一番いいことが実現しているまちのビジョン
<プログラムを提案する>
 ・子どもがイキイキと生きる社会を築くために大切なこと/役立つこと
 ・課題を解決しビジョンを実現するために必要なこと、家庭・学校・地域等別
4)その他
@アドボカシーの6つのステップ
A自己肯定感を育む環境をつくる8つのミッション、15のアクション
Bその他
--------------------------------