CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«KARIYA GLOCAL LETTER Vol.5 | Main | 国際理解教育講座「ファシリテーター編」第2回»
プロフィール

さんの画像
NIED・国際理解教育センター
プロフィール
ブログ
団体HP
カテゴリ
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
更新履歴
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/nied/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nied/index2_0.xml
国際理解教育講座「ファシリテーター編」第1回 [2014年06月24日(Tue)]
よりよい未来につながる価値観とスキル

NIEDの自主講座のひとつ「国際理解教育講座」ファシリテーター編第1回。
「わたし・あなた・みんなに関わるスキルを育む教育ファシリテーター」を
主題に掲げ、その基盤となるものとスキルを共有していきました。

kokuri2013f01.jpg
--------------------------------
【ねらい】
・国際理解教育ファシリテーターの基盤となる自尊感情、コミュニケーション、
 参加・協力についての理解を深める。
・地域や地球の今をふりかえり、よりよい未来のビジョンを描く。
・よりよい未来づくりに役立つ価値観やスキルとは何か、どう育むのかを
 考え、共有する。

【対象】 一般15名

【実施日時】 2014.5.24(土) 10:00〜17:00

【場所】 NIED・国際理解教育センター事務所

【プログラム内容】
◆セッション1:自己理解・他者理解と参加
1)はじめに:NIEDについて
2)チェックイン・自己紹介をしよう
 「私は何をしている人?「私は今日はなぜここにいるの?」
3)グループづくり・自己紹介その2
 「こう見えても私は〇〇である」「3つのわたし、1つはウソ」
4)グループ共通点・相違点
・グループ内でメンバーに共通すること(共通点)を書き出す
・全体共有
・グループ内でメンバー全員が違うもの(相違点)を書き出す
・書き出した中から、一番ユニークだと思うことを全体に発表
5)参加型で考える「糸電話の作り方」
・糸電話の材料を挙げる<ポップコーン方式>
・どうやれば糸電話を作れるかを考え、出し合う
・グループに手順を振り分け、それぞれ説明書を作る
・全体発表の後、説明書が誰にても分かりやすいものになるよう付け足す
・説明書を作るプロセスの中で合意形成されたことを振り返る
・このワークに対しての自分の参加の仕方を振り返る
6)参加型の学びで育つ力とは
7)学びを促進するためのルールづくり

◆セッション2:今を振り返る・未来を望む
8)グループ替えと自己紹介
9)この世界(日本含む)にまつわる都市伝説?
・私たちの社会に関する都市伝説を模造紙に書き出す
・それらを鵜呑みにするとどんな危険性があるか<派生図>
・書き出したもののうち、よりよい未来につながらないものに印をつける
10)地球の数字・日本の数字
・地球や日本に関するデータ(資料)を読む
11)よりよい未来のビジョンを描こう
・「よりよい未来」から連想するものを書き出す<派生図>
・自分が「これは大事にしたい」という未来5つに☆印をつける
・☆印を参考に、個人で「こうだといい未来」5ヵ条にまとめる
・グループで共有し、グループで「望ましい未来7ヵ条」を作る

◆セッション3:未来につながる価値観とスキル
12)グループ替えと自己紹介
13)よりよい未来のために、変えたいこと・変わるといいこと
14)課題解決とビジョン達成のために必要な価値観・あると役立つ力<KJ法>
15)価値観と力を育てるための手立て
・14)で出した価値観と力を育てるための手立てを個人で考え、
 グループで共有する
--------------------------------
Posted by NIED at 13:55 | NIED自主講座 | この記事のURL