CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«テーマ・ワーク講座2013 第1回『セルフエスティーム』 | Main | ファシリテーター育成プログラム 講座編第3回»
プロフィール

さんの画像
NIED・国際理解教育センター
プロフィール
ブログ
団体HP
カテゴリ
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
更新履歴
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/nied/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nied/index2_0.xml
ファシリテーター育成プログラム 講座編第2回 [2013年10月02日(Wed)]
より良い話し合いのためのコミュニケーション

名古屋NGOセンター主催の『ファシリテーター育成プログラム』。
2013年度第2回に実施したプログラムです。

人間関係に大切なコミュニケーションについて、様々な手法で
体験しながら、より良い話し合いには何が大切かを考えました。

esd2013-02.jpg
--------------------------------
【ねらい】
・いろいろなコミュニケーションがあることに気づこう。
・「ファシリテーター」として、「人」としてコミュニケーションを
 とるために大切なこと・重要なことを考えよう。感じよう。

【対象】 一般 31人

【実施日時】 2013.9.1(日) 10:00〜17:00

【場所】 なごや地球ひろば2階 セミナールームA

【プログラム内容】
1)アイスブレイク・前回(第1回)の振り返り
・フルーツバスケットで前回の振り返り
・バースデイラインナップ
2)非言語コミュニケーションとはなんだろう
・ジェスチャーゲームその1
  全体を2つのグループに分け1列に並ぶ
  出されたお題をジェスチャーで次の人に伝える
・ジェスチャーゲームその2
  参加者から4名が演技者となり、ファシリテーターから受けた
  指示書の内容について言葉を使わずに表現
3)「聞く」ことの大切さにきづこう<傾聴>
  ペアになり、2つのジェスチャーゲームの感想を伝え合う
〜お昼休憩〜
4)相手・他者の気持ちになって考えてみよう<ロールプレイ>
・地域編、学校編、家族編、会社編の4グループに分かれ、
 2パターンのシナリオ(コミュニケーションがうまく取れない
 関係・コミュニケーションがうまくとれる関係)に従って
 ロールプレイを行う
・3つの視点「やってみてどうだったか」「他のグループの
 ロールプレイを見てどう感じたか」「コミュニケーションを
 うまく取ることはできたか」で振り返り
5)合意形成に向けてどうるれば良いのか考えよう
・ウィンウィンな話し合い:みんなでバカンス
  要望だけの話し合いと本心を含めた話し合いを体験
  それぞれのプロセスを振り返る
・コミュニケーションをより良くするためにはどうしたらよいか?
6)まとめ
・これからのコミュニケーションで大切にしていきたいこと
--------------------------------
◇名古屋NGOセンター ウェブサイト:http://www.nangoc.org/
◇写真:名古屋NGOセンター提供