CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2013年度 開発教育指導者研修(実践編) 第1回 | Main | 国際理解教育教材活用プロジェクト»
プロフィール

さんの画像
NIED・国際理解教育センター
プロフィール
ブログ
団体HP
カテゴリ
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
更新履歴
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/nied/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nied/index2_0.xml
ファシリテーター育成プログラム 講座編第1回 [2013年09月05日(Thu)]
わたしから始まるESD

名古屋NGOセンター主催の『ファシリテーター育成プログラム』。
昨年度に引き続き、2013年度も講座編第1回〜3回と実践編第5回を
NIEDが担当します。

プログラムの第1回でもある講座編第1回は、大テーマである
「持続可能な開発のための教育」を考えました。
「持続可能」と「開発」と「教育」と、それぞれの言葉をひとつずつ考え、
参加者一人ひとりが「私にとってのESD」とはどんなものかを
見つめていきました。

nangocf2013-01.jpg
--------------------------------
【ねらい】
・「社会」と「わたし」の関わりを振り返る。
・「教育」「開発」「持続可能」について改めて考える。

【対象】 一般 29人

【実施日時】 2013.8.18(日) 10:00〜17:00

【場所】 名古屋市市民活動推進センター 集会室

【プログラム内容】
1)アイスブレイク
・名刺で自己紹介
・世の中、私のまわりで、今はあるけれど将来なくしたいもの、
 なくなってほしいものは何?
2)社会で生きていく(暮らしていく)のに必要なもの、あるといいものは何だろう?
・「生きていく(暮らしていく)のに必要なもの」を個人で書き出し
・書き出したものをグループで共有し、「必須のもの」と「あるといいもの」に分ける
  〜お昼休憩〜
3)教育(Education)の目的を振り返ろう
・「教育を受ける目的」を考えるグループと「教育をする目的」を考えるグループに
 分かれ、それぞれ書き出す
・全体で共有し、気づいたことを出し合う
4)開発(Development)について考えてみよう
・グループで開発のイメージを出し、開発が進むとどうなるかを派生図で書き出す
・全体で共有し、そこから分かることを出し合う
  〜休憩〜
5)「食」に焦点を当てて、持続可能(Sustainable)とはどんなものか考えてみよう
・フォトランゲージ:地球の食卓『世界の家族一週間分の食料』のうちから3枚を
 ファシリテーターが選び、グループに配付。3枚を持続可能と思う順番に並べ、
 最も持続不可能だと思う写真を選ぶ
・選んだ写真について、「持続可能と思うこと」「持続不可能だと思うこと」を書き出す
6)持続可能にする方法を考えてみよう
・書き出した「持続不可能と思うこと」を持続可能にするにはどうしたら良いかを考える
7)まとめ
・「わたしにとってのESD」
 個人で自分にとってのESDとは何かを振り返り、「わたしにとってのESDは
 ○○です」と1人ずつ全体に発表。
・仲間の参加者にエールをおくろう
--------------------------------
名古屋NGOセンター ウェブサイト:http://www.nangoc.org/
◇写真:名古屋NGOセンター提供