CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 山口市「げんきっこ教室」 | Main | うべっこ参加者の声»
プロフィール

ささき あやこさんの画像
ささき あやこ
プロフィール
ブログ
nobikko_nicuをフォローしましょう
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク集
https://blog.canpan.info/nicu_mama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nicu_mama/index2_0.xml
《喘息予防薬》長期服薬決定 [2012年06月07日(Thu)]

昨夜も狭いアパートの中を走り回ったら、ゼェゼェが出てしまった息子。
幸い、今日は前回の薬が切れるのに伴い、今後も予防薬を続けるかの相談で受診。
昨夜のこともあるので、《どうしようか?》ではなく《続けましょう》となり。喘息予防薬〔オノン〕の長期服薬決定。

ゼェゼェヒューヒューが出ても落ち着けばいいけど、落ち着かなくなったり、頻度が増えるようなら、家庭での吸入も視野に入れることになるそうだ…。 のびっこ まゆ
小児ぜんそく [2012年05月25日(Fri)]

先週より娘と私の風邪が当然の如くうつって、咳、鼻水が出ていた息子。
幸い、熱が出ていないので様子をみていたのだが…

湿った咳に変わり、一向に良くならず。
一昨日、走り回ったあとに酷く苦しそうにし、咳き込み吐いてしまうほどに。
走っただけでこれは怪しいと思い、かかりつけ総合病院へ。

やっぱり…悪い予感は的中。
胸の音がヒューヒューいっていて、ぜんそく症状。
今回で心雑音はもう4回目。

医師も「これはやっぱり小児ぜんそくとして見て、これからの頻度も要観察だね。この子の場合は発熱がなくてもぜんそくが出るね〜。」と。
これまでは、予備軍かなぁ、くらいだったがこれからは治癒に向けてやっていかなければならない。

とりあえずは、月曜日までの朝晩二回、吸入のため通院と二週間の服薬。
ひとまずこれで落ち着いてくれればいいのだが…。

母子が少しでも楽にできるように、小児ぜんそくについての本を購入して勉強しようと思う。

のびっこ まゆ
4才おめでとう! [2012年05月23日(Wed)]

本日無事、4才の誕生日を迎えました(o^・^o)

体の線は細いけれど、元気いっぱい!!
毎日、息子とじゃれあいながら、ケンカしながら仲良く過ごしています。

最近は自分でその日の服を決めたり、好みも言い出したり…着替えも自分でするようになったし(^^)
道端の花を摘んでみたり、おままごとにしてもドンドン《女の子》全開!

さぁ、本人の予告通り【4才になったらパンツ!】を有言実行できるのか?!

何はともあれ?!
かわいくかわいく成長中(^-^)v

のびっこ まゆ

120523_092304.jpg
無事退院 [2012年04月16日(Mon)]

本日、無事に退院!すっかり元気になりました(^^)

しかし…振り返ってみてもあのとき翌朝まで様子をみなくてよかったと胸を撫で下ろすばかり。
マニュアル好き?!でよかったとも(^o^;)病気百科のような本はやっぱり必要だと再認識。

救急に駆け付けた時点で既に呼吸困難になるギリギリだったのだから。息を吸うのにヒューッと音がし出したらその後の進行が物凄く早かった。
クループ症候群はこれで2度目。一昨年のRSウィルスへの罹患、昨年からのぜんそく…どれにおいても、気管支が弱いんだろうなと思う。
今後もちょっとした風邪程度でも油断は出来ない。

日頃、育児にイライラすることもあるけれど、改めて思うこと。姉弟の健康、当たり前の日常がとてもとてもありがたいことであるということを。 のびっこ まゆ
息子、クループ症候群にて入院 [2012年04月12日(Thu)]

昨夜、鼻もつまってないのに寝苦しそうで口で息をしていた息子。当然、眠りも浅く、早起き。


異変はお昼寝の途中に起こった。突然、息が出来なくなって目を見開き起きた息子は、その後暫く苦しそうにしていて、声も出せなかった。様子をみつつ、水分をとると元気が戻り遊んでいたのだが…。時々出る咳がなんだかおかしい…。食欲はあり、しっかり夕飯にお菓子までせがみ、ペロリ。しかし…やはりおかしい。鼻水、案の定発熱。咳も、ヒューッと吸い込む。出そうとするもなかなか上手くいかない。くしゃみもおかしい。去年かかったクループ症候群に似ている気がする。声もかすれ気味に。ぜんそくもあるが、それとは違う。呼吸器系は怖いので、救急へ。即入院が決まってしまった。以前は3日程度で服薬のみで治ったのたが、今回はちょっとひどい。幸いにも、RSウィルスは検出されず安心。喉のあたりがむくんでおり、気管が狭くなっているよう。点滴、3時間おきの吸入治療開始。…病院のエレベーターまで見送り、帰る娘のさみしそうな顔が、正直、つらい…。 のびっこ まゆ
のびっこおしゃべり会3月☆ [2012年03月14日(Wed)]

とても天気のよい中、今年度最後ののびっこ定例会をしました。
今日は大人3名に子供は5名。こじんまりとした中にも和やかに、元気に(^∇^)
子どもたちについて大人も一緒になって遊んだり、年上の子の真似っこをする年下たち(o^・^o)


しかし、せっかく知り合いになったSさんはご主人の転勤で県外に出られるとのこと。とても残念で寂しくなります((T_T))

また、来年度から入園予定だったりと会えなくなってしまう子も。
同じ境遇、年の近い子どもたち…ママたちもさほど年も変わらないし…これからもプライベートでも親睦を深めていけたらなと思った1日でした。 のびっこ まゆ
120314_095042.jpg120314_112059.jpg
ののはなクリニックへ [2012年01月29日(Sun)]

息子、2才3ヶ月。
少々、言葉の発達、特に発音が著しくカ行での表現が気になって、山口市保健センターで相談をしたのが12月半ばのこと。
そこで、本人は一生懸命喋っているつもりが、相手に伝わらないことがストレスになるので、試しに相談されてみては?と言語聴覚士さんのいらっしゃる、ののはなクリニックを紹介された。
ついでに、未だカ行の出ない娘もみてもらうことにして、予約をとり受診してきた。


最初に一般的な問診と、言葉に関する問診を記入。
乳児期からの発達の設問もあり、母子手帳を見つつ記憶を辿るのに四苦八苦。

なにぶん、初めての場所。
待っている間は良かったものの、いざ呼ばれると…相変わらず固まる娘。
息子はといえば、さっさと進んでいる。娘は部屋に入るのにもまたしばし…。


普通は一人ずつ、2時間程度みられるそうだが、お願いをして2人同時に検査開始。
動物が型抜きされているパズルのようなものを、ひとつずつ、何の動物か名前を言い、はめていく。
パズルは最近のブームなので次々にクリア。
続いて今度は一人ずつ絵を見て聞かれた問いに答える。

ストレートに、そのものの名前だったり、○○するものは?(例えば、空を飛ぶものは?→鳥、顔を見るものは?→鏡、座るものは?→いす、のように)に答える。


そして、聴覚、“聞こえ”の検査ではhzを数種類。
聞こえたらボタンを押す。
すると、アンパンマンの画像が出てくるという仕組みで、すぐに理解したようでこれもクリア。
途中、大人にはもう聞こえない音も…。
やりたくて仕方のない息子。息子にはまだちょっと難しいかな〜?と言われるも本人はやる気満々。「押してもいいの?」という表情をみせ、言語聴覚士さんの顔を振り返っては確認する息子。
丁度、研修中の学生さんも同席されていて、息子の行動が、
まず2才児でじっと座っていられること、「聞こえたらボタンを押す」ことを理解した上で了解を得ようとする表情など、
教科書通りのことを見せてくれるので、「とてもいい!勉強になるからしっかり見てね」と嬉しいお言葉も。

更に鼓膜の検査と体重測定。
ここで衝撃が…!

なんと遂にきてしまった。最近の息子の食べっぷり…
重たい…重たい…
娘を抜いていた…!!


その差は僅かに500グラムだったけれど、なんだかんだで、ちょっとリードしてきた娘。
なんだかすこーしショックな瞬間だった。


??その後更なる発達の問診を受け、結果、娘は発語は遅かったがほぼ月齢並みに追い付いてはきていること、カ行が出ていないことよりもむしろ、くちびるを使う音があまり出ていない方が気になる、と。

小さい頃から人見知りが強く、過敏…今でもまだそういうところがあるのだが、
しかし一人でやれる力は持っているので(例えば、時間がかかっても自分で靴をぬいで入室できたこと)、○○できるでしょ、できるはず、できて当たり前という思いは捨てて、自主性に任せること。
無理強いや命令、脅しは決してしないこと。
むしろ、甘々でいってよし。
ただし、過干渉にはならないように。

例えば、身内でも他人でも「ありがとう」を言えるといいな…でも《言えるけど》言えない、言わない…それが常だけれども、それも表情をみて、あ、心の中では言ってるかな?と察してやる、それでOK。

息子も舌の状態はよし。
こちらも擬態語、擬音語がハッキリしてないのが気になるそう。
二人とも、私と顔を合わせて、『ぱっぱっぱっ、びびびー、ぷっぷぷー、るーんるん、らんららん』などと口の動きを見せてやると真似するようになるので、音程をつけたりしてみてやって下さいとのこと。
今すぐにトレーニングが必要という感じではないけれど、暫く1ヶ月ごとにみせてください、と経過観察となった。
初診ということもあり、先生の診察も受けた。二人とも、鼻、口、耳ともに異常なし。

ふたをあけてみると、息子メインで行ったつもりが、結局のところ娘のほうがメインになった感はあるが…(^o^;)
来月の予約を入れ、帰路についた。

のびっこ まゆ
この頃のマイブーム [2012年01月26日(Thu)]

}ここのところ、体の成長もさることながら、遊びにも変化が。

ひらがなに興味を持ち始めると、とんとんといくつか覚え書けるように!

更に絵描きうたも大好き、うさぎやくま、ひとの顔もかたちになってきた。
そんなこんなで、ノートを大量買い(;^_^A

そしてもうひとつ。
とある病院のキッズスペースで遊んでいたときのこと。
これまで全く興味を示さなかったパズルに俄然惹かれたようで。
すぐに欲しいと言い出した。

これまた遺伝もあるのか、私も大のパズル好き(^。^;)
かつて、かなりやっていた。
子どもが生まれて手付かずになってしまったパズルが眠ってる始末……

そして、たまたま同じものを発見したので、本人即決で購入。
パズルは集中力や考える力、手先の器用さも身に付く。
購入商品はくもんのステップアップパズル。

一箱に3〜4つの種類が入っている。

一度、目の前でじっくり、ゆっくり、説明も加えながら私が組んでみせる。
するとその後はもうひとりですいすい。
吸収力の速さに脱帽!そろそろ次のステップか…。

このまま飽きずに続き、100ピースくらいまで進めるようになったら…、
額に入れれるのを…とひそかに考えている。


のびっこ まゆ
急成長 [2012年01月25日(Wed)]

夏の終わりにはまだ90?が気持ち大きかった娘。
ここのところ急成長。

縦に伸びる時期なのか、手足がグッと長くなった。
あぁ、95?でもいいかなぁーと思い、秋冬物は95?を購入。したものの、なんだかアレヾ(゜0゜*)ノ?

また小さくなってる??
ちんちくりん?!
えっ?100??遂に大台?!(≧∀≦)

試しにレギンスつきのスカートとトレーナーの100?を着せてみると…
なんとボトムはピッタリ!!
トレーナーは袖を折らなければならないが、これまた丈はいい感じ♪♪

息子も同時に成長中。
90?ではギリギリ。こちらも95〜100?に。

小さい小さい、同じサイズを長く着られてむしろラッキーだと思っていたのは、
もう昔のことになったようだ。


のびっこ まゆ
息子の言語発達相談 [2011年12月15日(Thu)]

2歳2ヶ月の息子。
最近、何かと心配事も多く…。
そのうちのひとつ、言葉の発達が気になっていたので
相談をしに予約を入れていた今日、保健センターへ。


娘も言葉が出るのが遅く、同じ相談をしたので馴染みはあり。
息子は全く発語のなかった娘とは違い、
言葉は出てきて、二語文もちらほら…なのだが…。
気になるのは、それらのほとんどが「か行」で表現することなのだ。

例えば、「うんち、出た」を「くんき、けか」だったり、
「抱っこ」を「かっこ」、
「もう、着く?」は「もう、くっく?」、
「新幹線」は「きんかんけん」等々…。

私はだいたい理解出来るのだが、周りはなかなか理解に苦しんでいる(;^_^A

まずは、息子へのテストのようなものから。
【○△□を枠の中にはめれるか】、
【つみきを積めるか】、
【黒と白を分けて箱に入れれるか】、
【イラストを見て指差しが出来るか】、
【線や丸を書けるか】、
【イラストと同じものとカードを合わせれるか】
、【穴の空いたものにひもを通せるか】などを。

最初は固まってなかなか出来ず、
そして出来るものも出来ないものも勿論あるなかで。
あとは親から見た日頃の様子の問診。

結果的には、まず、自発的なもの(自分で選ぶこと)には身を乗り出すほど積極的なのだか、先生から質問されて選ぶことに関しては全く反応がないこと。
こちらの言うことは理解出来ているので問題ないのだが、
自分が話しても相手に理解されないことに段々と本人がストレスになってくるだろうとのことで、ののはなクリニックへの受診を勧められた。
舌の使い方の問題もあるだろうと思い。

ののはなクリニックでは、口の中の構造を診てもらえ、
言語聴覚士さんがいらっしゃるので、専門的に診てもらえるそうだ。
詳しい情報を後日郵送してもらえることになったので、一度受診してみようと思う。

ちなみに、息子とは正反対に、未だに「か行」の出ない娘も一緒に…。


のびっこ まゆ
| 次へ