CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 県立・母子保健室 | Main | のびっこ イベント参加»
プロフィール

ささき あやこさんの画像
ささき あやこ
プロフィール
ブログ
nobikko_nicuをフォローしましょう
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク集
https://blog.canpan.info/nicu_mama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/nicu_mama/index2_0.xml
体験談・届け♪ [2009年09月16日(Wed)]

今日、山口総合医療センターの「周産期センターだより」の便に乗せてもらうかたちで、県内のNICUを持つ医療機関・市町の未熟児養育医療担当課に「私たちのNICU体験」を送付しましたびっくり

一人でも多くの「小さく生まれた赤ちゃん」をお持ちのご家族に、この体験談が届きますように…

母子保健室のひうらさん、送付作業ありがとうございましたドキドキ小
体験談のおいたちB [2009年07月27日(Mon)]

そもそも、「NICUの体験を集めて冊子を作ろう!」というきっかけは、2年前。
まだ会は発足しておらず、団体としての活動のきっかけにもなった出来事。

山口県健康福祉センター主催「元気っ子教室」担当の保健師さんから、「先輩ママとして話をしてくれませんか?」と声がかかったこと。

人前で自分の体験を話すことにも抵抗はなかったし、幸い子どもも順調にきていた。
「いいですよ〜まる」と安請け合いした後で、はっと困った我に返る。

私の体験を話すだけで、参加しているお母さん方は満足してくれるだろうか?

超低出生体重児を持つお母さんには届くかもしれない。
じゃあ、1000gは?2000gは?
小さく生まれたわけじゃないけど、何か気がかりがあってNICUに入院することになった人は?

自分より小さい人の話を聞いて、「じゃあうちも大丈夫力こぶ!」と思える人もいるかもしれないけど、「それなのにうちは…落ち込み」と、逆に傷つけてしまうことにはならないだろうか。「うちとはちょっと違う」と感じる人もいるに違いない。そもそも体験は一人として同じことはないし。

かといって、何人もの体験者が出かけていって、時間内に話をするのも無理がある。
これは自分だけではなくて、ほかの人のいろいろな体験を集められたら、少しは解決できるかも!?
メルアドを掲載して、連絡を取りたい人と連絡とれたら、なおいいかも!

同期のメンバーに声をかけたところ、ほぼ全員が
「書いてもいいよ音符」の返事!
担当の保健師さんも協力してくださいました。

元気っ子教室の開催に間に合うように原稿を集めて、
スクラップブッキングを意識してアルバムに飾り、
体験を話す当日、お披露目となりました。



この「初代」体験談は今も、山口県健康福祉センターの地域保健班で保管してくださっています。



体験談のおいたちA [2009年07月23日(Thu)]

今年は、平成16年〜平成20年に出産を経験した人、19名の「NICU体験」を掲載しています。

体験談は

ドキドキ小妊娠〜出産のようす
ドキドキ小入院中のようす
ドキドキ小退院してから現在
ドキドキ小メッセージ


と、項目を分け、その時々の出来事や子どもの状態、自分のキモチなどが綴られています。原稿用紙○枚、などという字数制限はしていません。また、出生体重順や、生年月日順に並べることもしていません。目次より、手に取った人の興味あるページから読んでいってほしいなと思っています。

特に早産の場合、出生体重週数はとても大切な要素で、できるだけ入れてもらえるようお願いしています。
自分のときを振り返ってみても、出生体重や週数の近い人の体験を探すのに必死でした。(ブログやHP、本など。『小さく生まれた赤ちゃんの安心育児』〜ベネッセ〜はよく読まれています。)

「くらべてもしょうがない」
というのもひとつの考え方です。でも、小さい小さい赤ちゃんを前にして、ちゃんと大きくなる、成長していく事のイメージすらできないことが多く、少しでもそんな人の励みになればいいと思うからです。
製本終了♪ [2009年07月17日(Fri)]

下請け(!?)にだしていた製本テープ作業が終了しました拍手


無事、NICU体験談の印刷作業も終了です音符
体験談のおいたち@ [2009年07月14日(Tue)]

昨日がんばったNICU体験談、
今日製本テープの下請け!?に出し、完成も間近です笑い
たかこさん、やちえさん、よろしくお願いしますラブ

二回目ということもあって、
今年は原稿集め、入力、PCでのレイアウトなどの作業、印刷と、割とスムーズに流れていったように思います。
今回新しく取り組んだのは、山口県ののびっこ以外のサークルの活動案内も一緒に掲載すること。山口県にある、ほかの小さく生まれた赤ちゃんを持つご家族のサークルのことも、自分たちのサークルと同じように、知ってほしいと思ったからです。

ハート防府市の、のほほんKidsハート
保育士のあきさんをはじめとする、あたたかくやさしい雰囲気のサークル。活動暦は山口県で一番長く、外遊びやイベントの企画も得意分野。防府市の山口県立総合医療センターとの連携がとれていて、入院中からの参加もしやすいです。

ハート周南地域の箱入り☆ベイビーハート
山口県周南健康福祉センターを活動拠点に、行政の方がゆるやかにかかわりつつも、お母さん方の自主性を大切にされています。年間を通して、毎月第四火曜日に確実に集まりがあるのが魅力。他地域からの参加OK!行政区の制限を言われないのがとても嬉しかったです。(住む地域以外の病院に搬送になった人は多い!)

ハート宇部地域の、NICUママネット うべっこハート
宇部健康福祉センターの未熟児学級「ぴよぴよ」卒業生が主体。今月誕生したばかり!これからの活動に期待が集まっています。

山口県のどこで産んでも、お母さん一人で悩まないでほしい。
新しいところに参加することや、人に話すのって結構勇気がいるけど、同じ体験をした人の居場所があることを知ってほしい。

「必要なときに、そっとそばにある」ような、そんな体験談、そんなサークルを目指したいものですキラキラ




体験談、できた!? [2009年07月13日(Mon)]

今日使ったコピー用紙の箱に詰めていきます。
入りきらない!


託児が4時までだったので、今日はホッチキスまでで終了〜拍手
4時以降も、子どもたちともう少しがんばって、きりのいいところまで仕上げました!

製本テープを使ったらこんな仕上がりキラキラ
でも今日はここまでできなかったので、たかこさんとやちえさんに内職をお願いすることになりそうですすいません

今日来てくれた、たかこさん、ゆりさん、あいさん、やちえさん、私を入れて3人のあやこさんありがとう!
れつくん、たいくん、まーちゃん、よしくんもよく待っててくれました!
さぽのスタッフの皆さんにもお世話になりました!
シルバーの託児スタッフさんもみんなやさしくて、好評でした!

今月中には県内の医療機関や保健センターなどで見てもらえるようになるかな?
今までおいてもらっていなかった機関にも、置いてもらえるようになったらいいな力こぶ

体験談、作成中! [2009年07月13日(Mon)]

さぽらんてで今年度版NICU体験談の印刷をしました
朝からシルバー人材センターさんの託児も入って、準備万端!
子どもたちはお母さんと離れるのに少し涙汗もでましたが、すぐに慣れたようす。
さぽらんては2階に託児に使える和室があるので、1階で集中して作業できます。



今日の印刷は昨年の3倍の150部!
印刷が終わるのに10時から12時過ぎまでかかりました電球


印刷と、二つ折りが終わったら、折り目のふくらみを定規で押さえて、紙のボリュームを少なくしてます。けっこう大変!
ですが、久しぶりに会ったメンバーと、手仕事をしながらのおしゃべりは楽しかったね


順番に並べて取り歩いています。
ちょっと原始的な方法ですが、さらにおしゃべりも弾み、運動にもなったかな!?


今年の表紙は黄色です
きちんと順番になっているかチェックして、ホッチキスで、がちゃん!

今年もやります! [2009年07月12日(Sun)]

NICU体験談の第2版を、明日印刷する予定です力こぶ

初版は昨年4月に、サークルの活動開始と同時に作ったもので、
配布用に50部作成したのですが、かなり早い時期に無くなってしまい…困った

夏には手元にない!という状態のままでしたので、今回は少し大目に印刷しようと思ってます。(ない期間はコピーでしのいでいました…)
自分たちが体験したことを知ってもらうことで、今悩んでいらっしゃる方の力になれれば…

今回は2回目なので、作業も手際よく進んだらいいなあラブ
作業表メモ
も作って準備万端!?

150部作成予定なので、持ち込む紙も大量!
今日からさぽらんてに運んでいます

明日印刷ボランティアに来てくださる皆さん
よろしくおねがいしますっ笑い



活動の原点! [2009年07月01日(Wed)]

のびっこの活動の原点!
それは…この私たちのNICU体験談

昨年サークル立ち上げと同時に発行したものです。
今、悩んでいる人達へ、あなただけじゃないよって、伝えたい気持ちで、
皆が協力して作り上げたものです。

初版を配り終えたので、近日中に新しい体験談を加えた改訂版を印刷する予定です。

ささき あやこ


体験談と会報「きせつのおたより」