• もっと見る

2024年06月28日

保護具着用管理責任者教育《函館会場》開催案内


保護具着用管理責任者教育

函館会場開催のお知らせ

2024年7月8(月)




保護具着用管理責任者教育《函館会場》開催のご案内です。

2024年7月8日(月)、

北海道函館市で「保護具着用管理責任者教育」を開催します。



. 研修の日時及び会場


日時

2024年7月8日(月) 時間/8:30〜16:20(受付8:00〜)


会場

函館どつく(株)函館造船所 本館3F会議室

住所:北海道函館市弁天町20-3




2. 研修カリキュラム・・・合計6時間


◆座学(5時間)
<保護具着用管理>・・・30分

<保護具に関する知識>・・・3時間

<労働災害の防止に関する知識>・・・1時間

<関係法令>・・・30分


◆実技(1時間)
<保護具の使用方法等>・・・1時間

*************************************


※お申込みの前に必ず事務局にご連絡いただけますようお願い致します。

なお、日造協非会員は別途受講料がかかります。


●●お問合せ先●●

(一社)日本造船協力事業者団体連合会 業務部

電話:03−5510−3161   FAX:03−3502−5533

*************************************



2024年06月27日

安全衛生アドバイザーミーティング及び徒弟制度受講者勉強会 2024/3/28実施

support-logo_2.jpg


2024年3月28日実施



***************************************

2024年度 日本財団助成事業

「安全衛生アドバイザーミーティング」

「徒弟制度受講者相互勉強会」

***************************************



日本財団助成事業「アドバイザーミーティング」および「徒弟制度受講者相互勉強会」328日に横浜市のナビオス横浜でリモートを併用して開催されました。



DSCN9555.JPG


アドバイザーミーティングは、アドバイザー9名が出席し、2023年度事業完了報告(見込み)」、「徒弟制度受講者の年度評価」、「各アドバイザーの気付き事項について」など事業報告とともにアドバイザーによる徒弟制度受講生の進捗状況の確認、年度評価が行われました。

 続いて、スマートグラス導入など進化するアドバイザー相談会について、事業の発展にともなう適応の必要性などが議論され、アドバイザー同士で活発な意見が交わされました。


DSCN9545.JPGDSCN9547.JPG
DSCN9559.JPGDSCN9579.JPG


徒弟制度受講者相互勉強会は、受講生11名が出席して行われました。

安全担当者のための安全講習では、林田一英アドバイザーによる「クレーン玉掛け作業時の安全の基本について」と題した講義が行われ、受講者は、事故の絶えないクレーン玉掛け作業について、様々な災害事例を基にケースに応じた災害対策などを改めて基本から学びました。



DSCN9587.JPGDSCN9595.JPG
DSCN9602.JPGDSCN9604.JPG



その後もアドバイザーとの交流、受講者同士の情報交換などが

行われ有意義な勉強会となりました。




皆様、お疲れ様でしたひらめき





2024年06月24日

徒弟制度疑似演習・仕上演習及びアドバイザー認定試験 2024/3/21-22実施

support-logo_2.jpg



2024年3月21日(木)・22日(金)実施



−安全のプロ養成講座−

疑似演習・仕上演習

アドバイザー認定試験



日本財団助成事業「安全管理者に対する危険排除のノウハウ等の伝承」事業安全のプロ養成講座(徒弟制度)における、「疑似演習」「仕上演習」および「アドバイザー認定試験」321日、22日の2日間に渡り行われ、認定アドバイザーを目指す伊藤幸夫氏、小野寺康広氏、植松兼万氏3名が挑みました。




DSCN0890.JPGDSCN0898.JPG


今回は、新たに導入したスマートグラスを徒弟対象者が装着してリアルタイムな

映像とスクリーンキャプチャーを活用した現場リサーチと解説が行われました。



DSCN8004.JPGDSCN8008.JPG
DSCN8026.JPGDSCN7995.JPG


1日目は、株式会社安善ドック様のご協力により現場リサーチの疑似演習と現場リサーチ解説が行われ、各自が事前に準備してきたアドリブ講習も行われました。
そして、チーフアドバイザー花園氏をはじめ各アドバイザー(査定人)による厳しい査定が行われました。


DSCN9466.JPGDSCN9467.JPG
DSCN9472.JPGDSCN9489.JPG


2日目は、株式会社横浜工作所様のご協力により現場リサーチ仕上演習及びその解説が行われ、最終的に現場リサーチを行った演習場の状況に即したアドリブ講習が行われました。


DSCN9520.JPGDSCN9523.JPG

全ての仕上演習を終えた後、チーフアドバイザーの花園氏を筆頭に最終講評が行われ、査定アドバイザー全員一致で最終関門となる筆記試験への受験資格が3人共に認められ、アドバイザー認定試験が行われました。



ぴかぴか(新しい)合格おめでとうございますぴかぴか(新しい)
DSCN9542.JPGDSCN9544.JPG

結果は、見事全員合格となり長きにわたる厳しい育成課程の全てを修了し、

今回は同時に3名の認定アドバイザーが誕生しました。

合格した3名にはアドバイザー認定証が授与されました。



皆様、お疲れ様でしたるんるん




2024年06月21日

【2023年度第2回】技術安全委員会を開催しました。

2024年3月14日


**********2023年度 第2回**********

技術安全委員会


***********************************



2024314日、2023年度第2回目となる「技術安全委員会」をホテル
グランドヒル市ヶ谷で、日造協安全衛生チーフアドバイザーの花園春雄氏をオブザーバーに迎え、10名の委員が出席して開催されました。


DSCN0845(明るさ調整).jpg



会議は、山外委員長の挨拶から始まり、2023年度の活動報告について」、「災害多発事例ポスター第17作の作成報告」、「2024年度の事業計画について」、「全船安の主な活動について」、「日本中小型造船工業会の安全の取り組みについて」、「各地の災害発生状況と災害防止の取り組みについて」などが議題となりました。




DSCN0850.JPGDSCN0852.JPG



来年度の事業計画では、助成事業として「安全管理者に対する危険排除のノウハウ等の伝承」「労働災害バーチャルリアリティー体験教育」2事業の助成金申請が採択され来期も継続実施されることとなり、また金属アーク溶接等作業の法改正で義務化されたマスクのフィットテストは、メーカーと継続して実施していくことが決まり、さらに来年度の防毒マスクフィットテスト義務化(作業環境測定評価、第三管理区分)について等も併せて説明が行われました。




DSCN0868.JPGDSCN0870.JPG
DSCN0874.JPGDSCN0880.JPG


最後に工藤委員が3月をもって本委員会を退任することとなりました。

長きに渡りご尽力いただきありがとうございました。



ぴかぴか(新しい)皆様、お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)





posted by 日造協 at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術者安全委員会

2024年06月19日

安全衛生アドバイザー相談会《大和鉄工(株)》2024/3/5実施

support-logo_2.jpg


2024年3月5日(火)実施


■安全衛生アドバイザー相談会■

〜大和鉄工株式会社〜




 日本財団助成事業「安全管理者に対する危険排除のノウハウ等の伝承 安全衛生アドバイザー相談会」35日に大和鉄工株式会社向けに開催されました。

徒弟制度も並行して行われ、徒弟受講者の現地参加者4名、リモート参加者3名の計7名が参加となり、リモート参加者に対しては、本格的に運用を開始したスマートグラスで遠隔地からアドバイザー目線のカメラ映像でアドバイザーの視点などを学びました。




【事業所の概要及び安全管理状況の説明】

DSCN0815.JPGDSCN0819.JPG



現場リサーチの様子】

DSCN0824.JPGDSCN0826.JPG


現場リサーチの解説では、現場で撮影した映像をもとに、

現場リサーチを振り返り具体的なアドバイスを行いました。


DSCN0833.JPGDSCN0840.JPG
IMG_2178.JPGDSCN7959.JPG


橋本アドバイザーは、過去に実施した相談会と比較して改善している現場を見て、

苦労して日々積み重ねてきた安全の取組みを行ってきた社長や安全担当者の労を

ねぎらいながら、さらなる安全の向上に向けた今後のステップを示しました。



DSCN0844.JPG


全てのプログラムを終え、橋本アドバイザーから

実施認定証が授与され閉会しました。



皆様、お疲れ様でしたexclamation×2