CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年08月27日

フルハーネス型安全帯使用作業特別教育 2021/6/18実施

2021年6月18日(金)実施



◇フルハーネス型安全帯使用作業特別教育◇

〜横浜会場〜




2021618日、フルハーネス型安全帯使用作業特別教育が、

横浜市の株式会社横浜工作所で開催され、15名の方が受講されました。



DSCN9857.JPG



講師は、

座学担当 全国造船安全衛生対策推進本部 東日本総支部付

専門スタッフ 山田 由紀夫 氏、

実技担当 サンコー株式会社 山岸 正 氏です。

DSCN9855.JPGDSCN9875.JPG
(写真左:山田 由紀夫 氏  写真右:山岸 正 氏)




高所での「作業に関する知識について」から始まり、

「フルハーネス型安全帯に関する知識」、使用方法と続きます。

さらに「労働災害の防止に関する知識」、「関係法令」等、

取扱いについての基本的な知識から装着方法やフックのかけ方に至るまで

座学と実技の両面で丁寧な講義が行われました。





DSCN9862.JPGDSCN9870.JPG
201921日から施行された法改正により、
従来品の使用可能な期間が202111日までと迫るなか、
受講生は従来型と新型の法改正に伴う変更点について学びました。




DSCN9893.JPGDSCN9934.JPG
DSCN9943.JPGDSCN9952.JPG

また、実技では実際に新型フルハーネス型安全帯を装着し

フックを確実に掛けるまでの一連の流れを体験しました。




全ての課程を終了された受講生の方には

後日、修了証が交付されました。




皆様、お疲れ様でしたexclamation×2




2021年08月25日

熱中症予防管理者講習会《磯子会場》 2021/6/16実施

2021年6月16日実施



◇熱中症予防管理者講習会◇

〜磯子会場〜




616日、ジャパンマリンユナイテッド()横浜事業所でジャパンマリンユナイテッド横浜協力会向けに「熱中症予防管理者講習会」が行われ27名の方が参加されました。




講師は、東京農業大学大学院農業研究科環境共生学博士、

日本スポーツ健康科学学会理事の齊藤 雄司 氏です。

DSCN9811.JPG


管理者向けに具体的な熱中症のメカニズムと

対処法についてお話いただきました。




DSCN9795.JPGDSCN9800.JPG
DSCN9818.JPGDSCN9824.JPG


           (1)日本における熱中症の現状

           (2)造船現場の実態と熱中症の危険性

           (3)調査票を活用した予防対策

           (4)日常の生活習慣と発症時の対応 




各メーカーによる、熱中症対策用の製品の紹介や

サンプルの展示もあわせて行われました。



DSCN9793.JPGDSCN9800.JPG
DSCN9818.JPGDSCN9824.JPG



        (1)熱中症飲料の種類と適切な飲料の飲み分け

        (2)既存のヘルメットと熱中症対策用ヘルメットの違い

        (3)作業負担の少ないPAPR製品、軽量マスクの紹介

        (4)パーソナルクーラーの紹介

        (5)熱中症を予防する木綿下着の紹介





皆様、お疲れ様でしたexclamation×2




posted by 日造協 at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 熱中症予防管理者講習会

2021年08月24日

労働災害バーチャルリアリティー体験教育 造船業VR制作推進WGおよびVRインストラーミーティング 2021/6/14実施

support-logo_2.jpg



2021年6月14日実施



*******************************************

2021年度 日本財団助成事業

労働災害バーチャルリアリティー体験教育

「造船業VR制作推進ワーキンググループ」

VRインストラクターミーティング」

*******************************************



614日に、日本財団助成事業 労働災害バーチャルリアリティー体験教育「造船業VR制作推進ワーキンググループ」およびVRインストラクターミーティング」が横浜市のナビオス横浜で開催されました。



「造船業VR制作推進ワーキンググループ」では、昨年度、造船業界初となる造船業に特化した、日造協オリジナルのVRコンテンツを制作し、墜落・転落災害とはさまれ・

巻き込まれの2種を完成させました。今年度においても日本財団の助成により、新たな

コンテンツの追加制作にとりかかり、日造協安全衛生チーフアドバイザーの花園春雄氏を始めとした6名の有識者をメンバーに、制作会社を交えてシナリオの検討がおこなわれました。



DSCN9757.JPGDSCN9772.JPG




また、同日行われたVRインストラクターミーティング」では、完成した造船業特化のVRコンテンツを使用して、運営方法の確認など初回の実施に向けた綿密な最終調整が行われました。



DSCN9778.JPGDSCN9735.JPG
DSCN9747.JPGDSCN9745.JPG



皆様、お疲れ様でしたひらめき






2021年08月23日

安全衛生アドバイザー相談会《株式会社横浜工作所》2021/6/4実施

support-logo_2.jpg


2021年6月4日(金)実施




■安全衛生アドバイザー相談会■

〜第二回 株式会社横浜工作所〜




64日、第二回目となる安全衛生アドバイザー相談会が神奈川県横浜市の

株式会社横浜工作所で行われました。



日造協安全衛生アドバイザーの橋本顕氏を講師に、同社の二宮一也代表取締役社長を

はじめとした役員、安全衛生責任者5名が参加されました。




DSCN9645.JPGDSCN9695.JPG
DSCN9706.JPGDSCN9725.JPG


安全に関する書類を確認しながらのディスカッションからスタートし、書類についての質疑応答に続き安全衛生委員会では、熱中症対策についてのご質問にも橋本アドバイザーの経験をもとにアドバイスが行われました。

更なる、レベルアップを目指し安全衛生アドバイザー相談会を終了しました。




皆様、お疲れ様でしたexclamation×2




2021年08月10日

職長・安全衛生責任者教育《函館会場》2021/5/26-27実施


2021年5月26日・27日実施



◇◆職長・安全衛生責任者教育◆◇

〜函館会場〜




526日・27日に、函館市の函館どつく()函館造船所で「職長・安全衛生責任者教育」が函館どつく安全衛生協力会向けに開催され、37名の方が受講されました。

 道内で新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が発令されている中での実施となりましたが、手指消毒、マスク着用、検温、会場内の換気など、協力会、元請けの方々の徹底した感染対策へのご協力により無事開催することができました。



IMG_8968.JPGIMG_8935.JPG



講師は、住友重機械マリンエンジニアリング()製造本部主管

全船安アドバイザリースタッフの児玉 猛 氏です。

IMG_8936.JPG



講習内容は、


●職長の役割・職務について

指導・教育の進め方/監督・指示の方法/労働者の適正配置/設備の改善方法/環境改善の方法と環境条件の保持/整理整頓と安全衛生点検/作業手順の定め方/作業方法の改善/異常時における措置/災害発生時における措置/リスクアセスメントの実施とその結果に基づくリスクの低減措置/労働災害防止についての関心の保持および労働者の創意工夫を引き出す方法/安全衛生責任者の職務等/統括安全衛生管理の進め方





長年造船業に携わってこられた児玉講師ならではの

貴重な体験談を交えながら

現場の実態に即した内容の講義が行われました。

IMG_8967.JPGIMG_8973.JPG



グループ討議では各グループ内で役割分担がなされ、

課題に沿って活発な議論が交わします。

IMG_8949.JPGIMG_8979.JPG




後日、受講者には修了証が発行されました。




皆様、2日間お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)