CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年02月28日

粉じん作業に係る特別教育 平成27年2月24日実施

blog_title.jpg


2月27日、宮城県塩釜市において「粉じん作業に係る特別教育」を行い、29名の方が出席されました。
講師は、日造協安全衛生アドバイザーの鈴木滿氏と、(公社)日本保安用品協会の春名源一郎氏です。


IMG_0035.JPG


鈴木講師からは、

粉じんに係る疾病及び健康管理/粉じんの発散防止及び作業場の換気の方法/作業場の管理/関係法令

についての講義がありました。


IMG_0007.JPG


春名講師からは、

呼吸用保護具の使用方法

についての講義です。


IMG_0063.JPG


出席者には、防じんマスクをつけて「漏れ率」を測定してもらい、正しい装着方法を確認してもらいました。その他、マスクを点検をするときは「排気弁」を確認する重要性についての話がありました。

IMG_0061.JPG

出張型災害再現実験教育 平成27年2月24日実施

blog_title.jpg


今年度17箇所目となる「出張型災害再現実験教育」が大造協力事業協同組合を対象として行われ、68名の方にご参加いただきました。

(写真左:理事長 山外正人 氏 写真右:副理事長 藤川賢一郎 氏)


山外正人理事長.JPG藤川賢一郎副理事長.JPG


≪火傷≫ 作業服(綿生地)と下着(化繊生地)の燃焼実験の様子

綿に比べると、化繊生地は溶けながら燃えていきます。
化繊生地の下着が燃えた場合、燃えカスが肌にべっとりと付き、火傷のリスクが高まります。


P1150081.JPG


≪墜落・転落≫ ランヤードフックの高さでの実測実験の様子

安全帯使用時に、墜落・転落をした場合の身体にかかる負荷の実験です。
踏んでも割れない、かた〜い竹がご覧の通りの状態に!


P1150116.JPGP1150120.JPGP1150138.JPG


≪換気≫船内作業時の換気実験の様子

底部に滞留したガスがきちんと換気できるかの実験です。
容器上部につけたファンだけ使った場合、上の方しか空気の流れが起きず、底に溜まったガスが排出されません。ファンと容器底まで届くホース使った場合は、ガスは見事容器の外へ排出されました。ファンを使っているからといって、きちんと換気ができるとは限らないのですね・・・


P1150290.JPGP1150293.JPG


関係者のみなさまとの記念撮影。
3年間にわたりおこなった「出張型災害再現実験教育」は、本日をもって終了となりました。来年度からはまた、新たな教育がスタートします!


最後の記念に関係者で記念撮影.JPG
posted by 日造協 at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出張型災害再現実験教育

2015年02月24日

ビジネス交流会 in 東京 平成27年2月19日実施

blog_title.jpg


2月19日に、東京の大森東急インで第3回ビジネス交流会が行われました。

第一部の講演会では、森永卓郎氏をお招きし「今後の中小企業のあり方〜激動する日本経済をよむ」という演題でご講話をいただきました。ユーモアあふれる話術でリーマンショック以降の日本の経済を解説され、出席者は講演に聴き入っていました。


CIMG1285.JPGCIMG1308.JPG


つづいて、第二部の名刺交換会・交流会に先立ち、日造協専務理事 矢萩よりご挨拶をさせていただきました。

CIMG1431.JPG


こちらは、会場に設置された保護具ブースでの様子。

CIMG1504.JPGCIMG1505.JPG


名刺交換をされている方はもちろん、お話が弾んでいる方もいたようです。

CIMG1483.JPGCIMG1492.JPGDSC06961.JPGDSC06975.JPG


過去2回の交流会では、受注や労務提供などに関し成果があったようです。今回はどのような成果が得られるでしょうか。
posted by 日造協 at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交流会

2015年02月16日

職長・安全衛生責任者教育 長崎会場開催案内

blog_title.jpg

職長・安全衛生責任者教育(長崎会場)開催のご案内です。

平成27年3月19日(木)〜20日(金)、長崎市において「職長・安全衛生責任者教育」を開催します。

1.研修の日時及び場所

◆日時
平成27年3月19日(木)〜3月20日(金)・・・長崎会場
受付:8:00〜

◆場所
福岡造船株式会社長崎工場 会議所
住所・・・長崎県長崎市深堀町1−1−4

2.研修カリキュラム・・・合計14時間

<作業方法の決定及び労働者の配置に関すること>・・・2時間
(1)作業手順の定め方
(2)労働者の適正な配置の方法

<労働者に対する指導又は監督の方法に関すること>・・・2.5時間
(1)指導及び教育の方法
(2)作業中における監督及び指示の方法

<危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づき講ずる措置に関すること>・・・4時間
(1)危険性又は有害性等の調査の方法
(2)危険性又は有害性等の調査の結果に基づき講ずる措置
(3)設備、作業等の具体的な改善の方法

<異常時等における措置に関すること>・・・1.5時間
(1)異常時における措置
(2)災害発生時における措置

<その他現場監督者として行うべき労働災害防止活動に関すること>・・・2時間
(1)作業に係る設備及び作業場所の保守管理の方法
(2)労働災害防止についての関心の保持及び労働者の創意工夫を引き出す方法

<安全衛生責任者の職務等>・・・1時間
(1)安全衛生責任者の役割
(2)安全衛生責任者の心構え
(3)労働安全衛生関係法令等の関係条項

<統括安全衛生管理の進め方>・・・1時間
(1)安全施工サイクル
(2)安全工程打合せの進め方

------------------------------------------------------------------------------

●詳しい実施要項・申込書のダウンロードはこちらからお願いします。

実施要領.pdf
申込書.pdf

定員に限りがありますのでお申し込みは お早めにどうぞ。

この講習に関するお問い合わせは・・・
(一社)日本造船協力事業者団体連合会 業務部
電話 03-5510-3161  FAX 03-3502-5533

2015年02月15日

安全衛生アドバイザー相談会 平成27年2月9日・10日実施

blog_title.jpg


今年度12回目のアドバイザー相談会が、株式会社是永鉄工所の大東工場と太子田工場で行われました。昨年に引き続き、2度目の相談会となります。

昨年の相談会以降の安全衛生に関しての取組みなどについて聴き取りをしました。


CIMG8603.JPG


聴き取りの後は現場のリサーチ。

CIMG8615.JPGCIMG8625.JPGCIMG8628.JPGCIMG8621.JPG


リサーチから戻った後は、アドバイスポイントについて詳しく解説しました。
(写真上右:徒弟制度・補助員堀田氏による一部解説、写真下:花園アドバイザーによる全般的な解説)


CIMG8659.JPGCIMG8676.JPGCIMG8770.JPG


講習会のあとは、「安全衛生に関する問題」をみなさんに解いてもらいました。

CIMG8824.JPG


2回目の相談会となる今回、設備の更新および整備の徹底や3Sの向上等に努力され好事例が多かったようです。花園アドバイザーより、「職場環境改善認定証」を是永社長にお渡ししました。

機関誌用でもある.JPG