CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年01月30日

出張型災害再現実験教育 平成27年1月29日実施

blog_title.jpg


今年度16箇所目となる「出張型災害再現実験教育」が協同組合JMU呉協力会を対象として行われ、53名の方にご参加いただきました。

(写真:ジャパンマリンユナイテッド褐燻幕ニ所 安全衛生グループ 総括スタッフ 倉田 幸博 氏)


DSC06820.JPGDSC06823.JPG


≪飛来・落下≫ レバーブロック使用時、荷重を掛け過ぎ破損実験

レバーを使うとどのくらいの力が掛かっているのか。
実は思っているより力が掛かっているんです。そのためフックが外れてしまい、大惨事につながる可能性が、、!


DSC06839.JPGDSC06840.JPG


≪玉掛け≫吊り角度0度と120度時のワイヤー張力/ロープ切断実験

ロープとロードセルを使っての張力実験。
垂直に吊るのと120度に吊るのとでは、ロープに掛かる負荷が全然違います!後者がおよそ2倍なのだそうです。なので、吊り角度が大きくなると切れる可能性が高くなります。


DSC06860.JPGDSC06862.JPG


≪墜落・転落≫ ランヤードフックの高さでの実測実験

安全帯を使って、身体にかかる負荷の実験しました。
足元近くにフックを掛け2.7m下に転落した場合、なんと1,000sもの衝撃を受けてしまいます。フックは腰よりも上部に取付けましょう。


DSC06873.JPGDSC06874.JPG


(写真:(株)呉新工業 代表取締役 森 勝志 氏)

DSC06909.JPG
posted by 日造協 at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出張型災害再現実験教育

2015年01月28日

職長・安全衛生責任者教育 平成27年1月22日23日実施

blog_title.jpg


1月22日・23日、相生市において「職長・安全衛生責任者教育」を開催しました。
参加者は67名。


DSC06785.JPG


2日の主な教育内容は、

・職長の役割/・指導、教育の進め方・監督、指示の方法/リスクアセスメントの実施とその結果に基づくリスクの低減措置/設備の改善方法/作業方法の改善/安全衛生点検/環境改善の方法と環境条件の保持/作業手順定め方/異常時における措置/災害発生時における措置/労働災害防止についての関心の保持および労働者の創意工夫を引き出す方法/労働者の適正配置/安全衛生責任者の職務等/統括安全衛生管理の進め方

です。


DSC06800.JPG


こちらはグループワークの際の様子です。

DSC06807.JPGDSC06808.JPGDSC06812.JPG


みなさまお疲れさまでした。

2015年01月27日

アドバイザー後継者育成プログラム(徒弟制度)平成27年1月22日実施

blog_title.jpg


1月22日、ナビオス横浜において「徒弟制度」の座学研修をおこないました。

※「徒弟制度」は、実地研修・座学研修を通して、安全のプロを育成する講座です。

P1140777.JPG


5単元の履修必須科目の内、今回は「各論1」の研修です。

内容は、「修繕船工事の安全管理体制と役割」、「安全衛生点検要項」、「墜落・転落災害防止」、「爆発・火災・酸欠災害防止」、「激突され・クレーン・玉掛け」、「飛来・落下災害防止」などについてです。


P1140764.JPG


前回の研修「概論1」・「概論2」よりも、より実践に即した内容となりました。

P1140803.JPGP1140799.JPG

2015年01月25日

安全体感教育 平成27年1月20日実施

blog_title.jpg


1月20日、大分県佐伯市の大分地域造船技術センターにおいて、安全体感教育を行いました。

※この教育は、災害を疑似体験することにより労働災害の危険性をリアルに体験し、安全に対する意識を高めていただくことを目的としています。

今回参加した60名は、全て外国人実習生のみなさんです。
通訳を交えながらの教育となりました。


DSC01060.JPG


◆電気危険体感 低圧電気危険体感

DSC01016.JPGDSC01018.JPG


◆高所危険体感 5m墜落衝撃体感

DSC01005.JPGDSC01014.JPG


◆高所危険体感 安全帯ぶら下がり体感

DSC01026.JPG


◆玉掛け作業危険体感 手指挟まれ危険体感

DSC01031.JPG


◆回転体危険体感 回転体巻込まれ強さ体感

DSC01072.JPGDSC01071.JPG


◆安全帯・ヘルメットの正しい装着体感

DSC01047.JPGDSC01054.JPG


◆防じん・防毒マスクの正しい装着体感

DSC01055.JPGDSC01058.JPG


参加されたみなさまお疲れさまでした!
posted by 日造協 at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全体感教育

2015年01月20日

安全体感教育 平成27年1月15日実施

blog_title.jpg


1月15日、横浜市磯子にあるジャパンマリンユナイテッド(株)横浜事業所 磯子工場内において安全体感教育を行いました。

※この教育は、災害を疑似体験することにより労働災害の危険性をリアルに体験し、安全に対する意識を高めていただくことを目的としています。

(写真左:ジャパンマリンユナイテッド(株)横浜事業所・安全衛生グループ・グループ長 橋本顕氏/写真右:安全衛生グループ・磯子チーム 伊藤和幸氏)

CIMG1119.JPGCIMG1164.JPG


雨の降る寒さ厳しい中、167名の方が参加されました。

CIMG1181.JPG


◆高所危険体感 5m墜落衝撃体感

まずは、60kgのタックルバッグを5Mの高さから落とし、床に落ちた時の衝撃や音を感じてもらいました。(写真左)
次に、1/5の重量の12kgのバッグを5Mの高さから落とし、網に落下した時の衝撃の大きさを体感してもらいました。参加者からは『たった12kgでここまで重さがかかるのか!』と驚きの声があがっていました。


CIMG1124.JPGCIMG1131.JPG


◆高所危険体感 垂直タラップ昇降危険体感

安全帯を付けた状態でハシゴを昇り、わざと足を踏み外してもらいどうなるかを体感してもらいました。安全帯が腰のあたりまでずり上がってしまい、正しい装着の必要性を実感した方もいたようです。


CIMG1136.JPGCIMG1139.JPG


◆高所危険体感 安全帯衝撃体感

70kgの重りをつけ、落下させた時の、安全帯の状態を確認してもらいました。
安全帯は切れていませんでした。ただ、一度墜落を経験した安全帯は、強度が1/2なってしまいます。もう一度同じように落下させると、安全帯は見事に切れてしまいました。

切れていないからといって使い続けるのは危険なのですね。


CIMG1150.JPGCIMG1151.JPG


◆ヘルメット・安全帯の正しい装着・使用法、点検方法等

保護具メーカーによる上記講習の後は、参加者全員の安全帯の劣化状況を点検し、劣化の激しいものは新しいものと交換しました。


CIMG1157.JPGCIMG1162.JPG
posted by 日造協 at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全体感教育