• もっと見る
・VR(仮想現実)技術を活用して疑似的に労働災害を体験する「労働災害バーチャルリアリティー体験教育」
・次世代を担うプロ安全衛生担当者の育成「徒弟制度」
・安全な職場づくりのアドバイスや提案をする「安全衛生アドバイザー相談会」

など造船業界を主体とした、様々な安全衛生活動に取り組んでいます。

2022年06月30日

【2021年度第1回】技術安全委員会を開催しました。

20211117


**********2021年度 第1**********

技術安全委員会


************************************




20211117日、第1回目となる技術安全委員会を

横浜市のナビオス横浜にて開催いたしました。



IMG_0054(明るい).JPG



リモートによる参加を含め11名の委員および

オブザーバーとして花園春雄安全衛生チーフアドバイザー

今回特別参加として河西良二日造協会長が出席されました。



IMG_0058.JPG


会議では山外委員長のご挨拶から始まり、

2021年度の活動報告について」「2022年度の事業計画について」

「各地の災害発生状況と災害防止の取り組みについて」

「カレンダー安全標語の選定」等の議題について進められました。



DSCN0579.JPGIMG_0064.JPG
IMG_0066.JPGIMG_0106.JPG


また出席した各委員からは、災害防止の取り組みに対する報告を始め、

多くの意見が交わされ大変充実した会議となりました。




皆様、お疲れ様でしたひらめき




posted by 日造協 at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術者安全委員会

2022年06月28日

低圧電気取扱業務に係る特別教育《横須賀会場》2021/11/9実施

2021年11月9日実施



◆◇低圧電気取扱業務に係る特別教育◇◆

〜横須賀会場〜




119日に「低圧電気取扱業務に係る特別教育」

住友重機械造船協同組合向けに開催され11名の方が受講されました。




住友重機械マリンエンジニアリング株式会社

製造本部 工作部 修理グループ グループリーダー 矢野 伸夫 氏および

日造協会長 河西 良二 氏よりご挨拶をいただきスタートです。

DSCN0271.JPGDSCN0266.JPG
               (写真左:矢野伸夫氏  右:河西良二氏)



講師は、電気担当講師として活躍された吉野 一夫 氏

実技時の指導を担当していただく技術指導員の小室 松雄 氏です。

IMG_0011.JPG



低圧の電気に関する基礎知識/低圧の電気設備に関する基礎知識/低圧用の安全作業用具に関する基礎知識/関係法令/低圧充電電路の停電・復電の確認 充電部が露出している開閉部の操作方法/低圧の活線作業及び活線近接作業の方法




IMG_0015.JPGIMG_0025.JPG
IMG_0029.JPGIMG_0041.JPG


座学では、吉野講師の体験談や事故事例を交えながら、
軽視されがちな低圧電気の恐ろしさが伝えられました。
実技では、講師に指導を受けながら実技機材を使用して、
「低圧充電電路の停電・復電の確認、充電部が
露出している開閉器の操作方法」が行われました。



IMG_0047.JPGIMG_0048.JPG

最後には、講師が用意した講習内容の理解度を試す、

確認テストが行われました。





後日、受講者には修了証が発行されました。




ぴかぴか(新しい)皆様、お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)




2022年06月07日

足場の組立て等特別教育《函館会場》開催案内


足場の組立て等特別教育

函館会場開催のお知らせ

〜2022年6月21日(火)〜



足場の組立て等特別教育《函館会場》開催のご案内です。


2022年6月21日(火)、
北海道函館市で「足場の組立て等特別教育」を開催します。


1. 研修の日時及び会場

◆日時
日付:2022年6月21日(火)
時間:8:30〜15:55(受付8:00〜)

◆会場
函館どつく(株)函館造船所 本館3F 会議室 
住所:北海道函館市弁天町20-3


2. 研修カリキュラム・・・合計6時間

【学科】
(1)足場及び作業の方法に関する知識・・・・・3時間

(2)工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識・・・・・0.5時間

(3)労働災害の防止に関する知識・・・・・1.5時間

(4)関係法令・・・・・1時間



*************************************

※お申込みの前に必ず事務局にご連絡いただけますようお願い致します。
なお、日造協非会員は別途受講料がかかります。

●●お問合せ先●●
(一社)日本造船協力事業者団体連合会 業務部
電話:03−5510−3161   FAX:03−3502−5533

*************************************
posted by 日造協 at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 足場の組立て等特別教育

2022年05月31日

フルハーネス型安全帯使用作業特別教育 11月6日・11日・15日実施

2021年11月6日(土)、11月11日(木)、11月15日(月)実施



◇フルハーネス型安全帯使用作業特別教育◇

〜下ノ江会場・下関会場・三崎会場〜




フルハーネス型安全帯使用作業特別教育が、2021116日下ノ江会場、1111日下関会場、1115日は三崎会場で開催されました。



《 下ノ江会場 》

座学担当講師は労働安全コンサルタントの高村 正人 氏、

実技担当講師は株式会社谷沢製作所の金子 誠 氏を迎え45名が参加されました。


DSCN0224.JPGDSCN0254.JPG
DSCN0230.JPGDSCN0240.JPG



《 下関会場 》

座学担当講師は労働安全コンサルタントの高村 正人 氏、

実技担当講師はサンコー株式会社の大前 正明 氏を迎え33名が参加されました。


DSCN0320.JPGDSCN0326.JPG
DSCN0294.JPGDSCN0323.JPG



《 三崎会場 》

座学担当講師は全国安全衛生対策推進本部専門スタッフの山田 由紀夫 氏、実技担当講師としてサンコー株式会社の山岸 正 氏、柿沼 佳樹 氏、株式会社谷沢製作所の金子 誠 氏を迎え33名が受講されました。


DSCN0505.JPGDSCN0519.JPG
DSCN0520.JPGDSCN0534.JPG




高所での「作業に関する知識について」から始まり、

「フルハーネス型安全帯に関する知識」「使用方法」と続きます。

さらに「労働災害の防止に関する知識」「関係法令」等、

取扱いについての基本的な知識から装着方法やフックのかけ方に至るまで

座学と実技の両面で丁寧な講義が行われました。




全ての課程を終了された受講生の方には

後日修了証が交付されました!





ぴかぴか(新しい)皆様、お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)





2022年05月26日

フルハーネス型安全帯使用作業特別教育《岩城会場》開催案内

フルハーネス型安全帯使用作業特別教育
岩城会場開催のお知らせ
〜2022年6月9日(木)〜



フルハーネス型安全帯使用作業特別教育《岩城会場》開催のご案内です。


2022年6月9日(木)、
愛媛県越智郡で「フルハーネス型安全帯使用作業特別教育」を開催します。


1. 研修の日時及び会場

◆日時
日付:2022年6月9日(木)
時間:8:25〜16:20(受付7:55〜)


◆会場
イワキテック株式会社 本社 会議室 
住所:愛媛県越智郡上島町岩城6017

2. 研修カリキュラム・・・合計6時間

【学科】
(1)作業に関する知識・・・・・1時間

(2)墜落制止用器具(フルハーネス型に限る)に関する知識・・・・・2時間

(3)労働災害の防止に関する知識・・・・・1時間

(4)関係法令・・・・・0.5時間

【実技】
(5)墜落制止用器具(フルハーネス型に限る)の使用方法等・・・・・1.5時間


*************************************

※お申込みの前に必ず事務局にご連絡いただけますようお願い致します。
なお、日造協非会員は別途受講料がかかります。

●●お問合せ先●●
(一社)日本造船協力事業者団体連合会 業務部
電話:03−5510−3161   FAX:03−3502−5533

*************************************