CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
・日頃の作業に潜む危険を実際に体験する「出張型労働災害リアル体験教育」
・次世代を担うプロ安全衛生担当者の育成「徒弟制度」
・安全な職場づくりのアドバイスや提案をする「安全衛生アドバイザー相談会」

など造船業界を主体とした、様々な安全衛生活動に取り組んでいます。

2019年10月09日

出張型労働災害リアル体験教育《株式会社メタルワンスチールセンター四国》2019/9/5

support-logo_2.jpg



 

201995日(木)実施



■出張型労働災害リアル体験教育■

〜株式会社メタルワンスチールセンター四国〜




95日、「出張型労働災害リアル体験教育」が、

株式会社メタルワンスチールセンター四国で行われました。


自ら受講者として参加していただきました岡島賢士代表取締役社長より、「この教育は、毎年受講することで安全に対する意識を再確認するために非常に重要な教育となっています。」とのコメントを頂きました。

IMG_4789.JPG




綿生地100%と化学繊維生地100%の燃焼・火傷実験

IMG_4797.JPGIMG_4802.JPG
綿と化学繊維では燃え方が異なり、それにより火傷の度合いが変わります。




◎ 塗装スプレーガンの取扱い不良による危険実験

IMG_4810.JPGIMG_4811.JPG

スプレーガンは、実験容器に取付けたニンジンがえぐられてしまう程の勢いがあります。

取り扱いの際には、ガンを握らない方の手の位置に注意してください。





低圧電気感電危険体感

IMG_4829.JPGIMG_4835.JPG
微弱な電気で感電し、電気の特徴を理解してもらう為、身体が乾燥した状態と、
濡れた状態での電気の流れる量の違いを体感してもらいます。




レバーブロック激突体感

IMG_4843.JPGIMG_4844.JPG
レバーブロックを使用して肌合わせをする時に、
溶接したピースフックが外れて作業者に激突し負傷することを
想定して体感してもらいます。




◎高所危険体感

脚立作業時、バランスを崩し転落する体感

IMG_4862.JPGIMG_4864.JPG

 脚立に乗った際、50cmの高さでも頭の位置は2mを超え、

頭から落下すれば死に至ることもあります。


 
IMG_4856.JPGIMG_4851.JPG

垂直梯子等を昇降する場合、物を持ったまま昇降すると手足を滑らせて

落下する危険性があります。

落下時、とっさに梯子など掴んだ時、加速度がかかった自分の体重を

支えることが出来るのか握力チェックです!




◆◆◆◆保護具の体験教育◆◆◆◆


各保護具メーカーのご協力もいただき、保護具の体験、

特性などの説明をしていただきます。



IMG_4875.JPGIMG_4888.JPG

IMG_4893.JPGIMG_4895.JPG

各種保護具にも交換目安があるので、

使用頻度・使用環境を考慮し適時に交換をしましょう。



今回、体感し学んだ経験を現場でぜひ活かして行きましょう!




ひらめき皆様、お疲れ様でしたひらめき





2019年10月08日

出張型労働災害リアル体験教育《川重坂出事業協同組合》2019/9/3・4

support-logo_2.jpg

201993日(火)・4日(水)実施




■出張型労働災害リアル体験教育■

〜川重坂出事業協同組合〜




93日・4日、「出張型労働災害リアル体験教育」が川重坂出事業協同組合で行われ、

86名の方にご参加いただきました。




 
IMG_4761.JPGIMG_4561.JPG
IMG_4583.JPGIMG_4658.JPG
今回、参加されたフィリピン人、中国人、ベトナム人の受講生には、
それぞれの言語を音声やパネルなどを活用し、
より理解を深めていただけるよう対応しました。




川重坂出事業協同組合 岡本光吉事務局長

挨拶からスタートです。

IMG_4559.JPG




低圧電気感電危険体感

IMG_4574.JPGIMG_4719.JPG
微弱な電気で感電し電気の特徴を理解してもらう為、身体が乾燥した状態と、
濡れた状態での電気の流れる量の違いを体感してもらいます。




レバーブロック激突体感

IMG_4587.JPGIMG_4722.JPG

 レバーブロックを使用して肌合わせをする時に、溶接したピースフックが外れて

作業者に激突し負傷することを想定して体感してもらいます。




◎高所危険体感

 IMG_4615.JPGIMG_4781.JPGIMG_4727.JPG

脚立作業時、バランスを崩し転落する体感

脚立に乗った際、50cmの高さでも頭の位置は2mを超え、

頭から落下すれば死に至ることもあります。




綿生地100%と化学繊維生地100%の燃焼・火傷実験

IMG_4624.JPGIMG_4677.JPG
綿と化学繊維では燃え方が異なり、それにより火傷の度合いが変わります。





 

◆◆◆保護具の体験教育◆◆◆◆


各保護具メーカーのご協力もいただき、

保護具の体験、特性などの説明をしていただきます。

IMG_4634.JPGIMG_4656.JPG
IMG_4738.JPGIMG_4745.JPG

各種保護具にも交換目安があるので、

使用頻度・使用環境を考慮し適時に交換をしましょう。




 

■保護帽の種類と構造の説明   

IMG_4746.JPG
保護帽の種類と構造を知り、
作業に合った保護帽を選択しましょう!



■フルハーネス型墜落制止用器具の利点
IMG_4747.JPG
フルハーネス型のぶら下がり体験を行い、
身体にかかる衝撃が分散されることを体感します。


■防じんマスクの実験

マスク内の圧力と漏れ率をリアルタイムで確認

IMG_4663.JPGIMG_4750.JPGIMG_4666.JPGIMG_4756.JPG
 防じんマスクをきちんと装着していないと溶接ヒュームや研磨の
粉じんをすってしまい、じん肺になる可能性があります。
じん肺は現在の医学では治らない怖い病気ですので、
防じんマスクは正しく装着しましょう。



今回、体感し学んだ経験を現場でぜひ活かして行きましょうexclamation×2




ぴかぴか(新しい)皆様、2日間お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)





2019年10月07日

徒弟制度座学研修《グランヴィア岡山》2019/8/27-29実施

support-logo_2.jpg

 2019年8月27日〜29日実施


―次世代を担う安全のプロ養成講座

徒弟制度 座学研修プログラム




827日・28日・29日の3日間にわたり、岡山市のグランヴィア岡山で

徒弟制度の座学研修を行いました。




1日目、「概論1」は花園春雄アドバイザーのもと講義が行われました。

DSCN8623.JPGDSCN8648.JPG

【講習の内容】

労働衛生スタッフの役割と心得/労働衛生管理と企業責任/労働安全衛生法と関係法令/

現場安全衛生点検のポイントと是正方法/現場安全指導と管理監督者等とのコミュニケーション





2日目も引き続き、花園春雄アドバイザーによる「概論2」の講義です。

DSCN8695.JPGDSCN8681.JPG


 

【講習の内容】

安全衛生教育計画と教育の仕方/労働衛生管理/安全衛生関係統計と作成方法/

協力会社の管理指導方法/災害分析と対策樹立の方法と災害事例検討/異常時の措置と関係先との対応




3日目、午前中は「各論2」からスタートです。



林田一英アドバイザーによる

各論2「危険予知訓練の概論・実習」となります。

DSCN8765.JPGDSCN8782.JPG
DSCN8793.JPGDSCN8827.JPG
意見を出し合い、発表していきます。



午後からは岩崎喜久男アドバイザーによる

各論3「リスクアセスメント」の講義となります。

DSCN8864.JPGDSCN8865.JPG
DSCN8869.JPGDSCN8870.JPG
充実した講義に真剣に耳をかたむけます。



皆様、3日間お疲れ様でしたexclamation×2




2019年09月27日

職長・安全衛生責任者教育《観音会場》2019/8/20-21実施

2019年8月20日・21日実施



◇◆職長・安全衛生責任者教育

〜観音会場〜




820日・21日に、広島県広島市で「職長・安全衛生責任者教育」が開催され、

48名の方が受講されました。





講師は、日造協安全衛生アドバイザー齋藤龍彦氏です。

DSCN7473.JPG



講習の内容は、


●職長の役割・職務について

指導・教育の進め方/監督・指示の方法/労働者の適正配置/設備の改善方法/環境改善の方法と環境条件の保持/整理整頓と安全衛生点検/作業手順の定め方/作業方法の改善/異常時における措置/災害発生時における措置/リスクアセスメントの実施とその結果に基づくリスクの低減措置/労働災害防止についての関心の保持および労働者の創意工夫を引き出す方法/安全衛生責任者の職務等/統括安全衛生管理の進め方






DSCN7461.JPGDSCN7502.JPG

 皆さん真剣な表情で講義に聞き入ります!





DSCN7518.JPGDSCN7529.JPG
DSCN7542.JPGDSCN7551.JPG

 「災害事例研究」「リスクアセスメント」などの演習では、

受講者同士でグループを作りディスカッションを行いました。





後日、受講者には修了証が発行されました。






皆様、2日間お疲れ様でしたexclamation×2




2019年09月26日

フルハーネス型安全帯使用作業特別教育 7月実施

2019年7月11日(木)・16日(火)・30日(火)実施


◇フルハーネス型安全帯使用作業特別教育◇

〜芝浦会場(7/11) 呉会場(7/16) 瀬戸田会場(7/30)〜




20197月、フルハーネス型安全帯使用作業特別教育が、711日芝浦会場、

716日呉会場、730日瀬戸田会場で開催されました。




◆◆講師紹介◆◆

《芝浦会場》

●全国造船安全衛生対策推進本部 東日本総支部付 専門スタッフ 山田 由紀夫氏

●サンコー株式会社 山岸 正氏


《呉会場》

●全国造船安全衛生対策推進本部 中国・四国総支部付 専門スタッフ 岩本 靖啓氏

●サンコー株式会社 大前 正明氏


《瀬戸田会場》

●全国造船安全衛生対策推進本部 中国・四国総支部付 専門スタッフ 岩本 靖啓氏

●サンコー株式会社 大前 正明氏





高所での「作業に関する知識について」から始まり、

「フルハーネス型安全帯に関する知識」、使用方法と続きます。

さらに「労働災害の防止に関する知識」、「関係法令」等も学んでいきます。




【芝浦会場の様子】

DSCN1743.JPGDSCN1755.JPG



【呉会場の様子】

DSCN1792.JPGDSCN1817.JPG



【瀬戸田会場の様子】

Canon IXY 13076.JPGCanon IXY 13099.JPG


フルハーネス型安全帯に対する関心は高く、

皆さん熱心に講義に耳をかたむけていました。




最後に実際にフルハーネス型安全帯を使用して実技講習が行われます。





【芝浦会場の様子】

DSCN1757.JPGDSCN1763.JPG




【呉会場の様子】

DSCN1833.JPGDSCN1836.JPG




【瀬戸田会場の様子】

Canon IXY 130118.JPGCanon IXY 130121.JPG


実際に装着してみて、初めて気が付く事などありました。




 

全ての課程を終了された受講生の方には

後日修了証が交付されました。





ぴかぴか(新しい)皆様、お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)