CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
・VR(仮想現実)技術を活用して疑似的に労働災害を体験する「労働災害バーチャルリアリティー体験教育」
・次世代を担うプロ安全衛生担当者の育成「徒弟制度」
・安全な職場づくりのアドバイスや提案をする「安全衛生アドバイザー相談会」

など造船業界を主体とした、様々な安全衛生活動に取り組んでいます。

2021年01月26日

職長・安全衛生責任者教育《大在会場》2020/10/13-14実施



2020年10月13日・14日実施




◇◆職長・安全衛生責任者教育◆◇

〜大在会場〜





1013日・14日に、大分市の株式会社南日本造船大在工場で

「職長・安全衛生責任者教育」が開催され、25名の方が受講されました。


新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、受講者のマスク着用、検温、

グループ討議中のフェイスシールドの着用などが行われました。




南日本造船協力事業協同組合 蛻莓ッ治理事長から

ご挨拶をいただきスタートです!

IMG_7609.JPG



講師は、全国造船安全衛生対策推進本部

中国・四国総支部付専門スタッフ 長田安晴氏です。

IMG_7615.JPG



講習内容は、


●職長の役割・職務について

指導・教育の進め方/監督・指示の方法/労働者の適正配置/設備の改善方法/環境改善の方法と環境条件の保持/整理整頓と安全衛生点検/作業手順の定め方/作業方法の改善/異常時における措置/災害発生時における措置/リスクアセスメントの実施とその結果に基づくリスクの低減措置/労働災害防止についての関心の保持および労働者の創意工夫を引き出す方法/安全衛生責任者の職務等/統括安全衛生管理の進め方




IMG_7628.JPGIMG_7630.JPG

対面でのグループセッションではフェイスシールドを着用し行いました。

皆さん真剣に取り組まれています。





IMG_7636.JPGIMG_7640.JPG

グループ討議の成果を発表します。




後日、受講者には修了証が発行されました。





皆様、2日間お疲れ様でしたexclamation×2







2021年01月25日

造船業オリジナルVR制作推進ワーキンググループ ≪ナビオス横浜≫ 2020/10/5

support-logo_2.jpg


2020年10月5日実施



***********************************************

2020年度 日本財団助成事業

労働災害バーチャルリアリティー体験教育

造船業オリジナルVR制作推進

ワーキンググループ

***********************************************



2020105日、横浜市のナビオス横浜で

「造船業オリジナルVR制作推進ワーキンググループ」が発足され、

第一回目となる会議が開催されました。




IMG_3630.JPGIMG_3629.JPG



 労働災害バーチャルリアリティー体験教育の目玉であるVR教育は、現在、墜落転落災害のVR体験1コンテンツで実施しています。

 今後、教育の充実化を図るため、日本財団の助成を受け、さらなる追加ソフトの開発を行います。現行のVRコンテンツは建設業向けの内容となっており、リアリティ不足が懸念されており、造船業に特化した独自のコンテンツ制作を検討するため、日造協安全衛生チーフアドバイザーで労働衛生コンサルタントの花園春雄氏を中心に有識者で構成される「造船業オリジナルVR制作推進ワーキンググループ」を発足しました。



IMG_3632.JPGIMG_3637.JPG


当日はVR制作会社を交え、重篤度の高い災害や近年の災害トレンドを踏まえながら、

労働災害防止に有効な教育内容は何かについて活発な議論が交わされました。




皆様、お疲れ様でしたexclamation×2




2021年01月22日

労働災害バーチャルリアリティー体験教育《協同組合函館どつく室蘭協力会》2020/12/15

support-logo_2.jpg



20201215日(火)実施



■労働災害バーチャルリアリティー体験教育■

〜協同組合函館どつく室蘭協力会〜




1215日、「労働災害バーチャルリアリティー体験教育」が、

函館どつく(株)室蘭製作所で協同組合函館どつく室蘭協力会向けに

開催され63名が参加しました。


検温、インストラクターのフェイスシールドや受講者のマスク着用を徹底し、

新型コロナウィルス感染症対策を行っています。




協同組合函館どつく室蘭協力会 高橋修一理事長

ご挨拶からスタートです。

IMG_8439.JPG



◆低圧電気感電危険体感◆

感電のメカニズムと人体に及ぼす影響について学びます。

微弱な電気で感電し、身体が乾燥した状態と、

濡れた状態での電気の流れる量の違いを体感します。

IMG_8455.JPGIMG_8457.JPG


VR体験(高所危険体験)◆

高所危険体験として、墜落災害をVRで体験し、

高所作業時の注意点を学びます。

IMG_8462.JPGIMG_8464.JPG
IMG_8468.JPGIMG_8470.JPG

皆さん、リアルで迫力のあるVR体験に驚きの声を上げていました。




●●●●●●●●保護具の体験教育●●●●●●●●



各保護具メーカーのご協力もいただき、保護具の体験、

特性などの説明を受け保護具に関しての知識も高めます。





■防じんマスクの正しい装着/電動ファン付き呼吸用保護具の有効性

溶接ヒュームや研磨の粉じんを吸ってしまうとじん肺になる可能性がある為、

防じんマスクをきちんと装着する必要があります。

IMG_8493.JPGIMG_8490.JPG


■墜落制止用器具(安全帯)の点検

受講者の墜落制止用器具を当日点検し、

結果報告に伴い注意事項、使用方法の解説がされました。

IMG_8479.JPGIMG_8508.JPG



■保護帽の種類と構造の説明

保護帽の種類と構造を知り、

作業にあった保護帽を選択しましょう!

IMG_8506.JPG



■保護めがねと防音保護具の有効性

IMG_8496.JPGIMG_8498.JPG
高速飛来物を想定しエア・ソフトガン耐衝撃性の実験です。



IMG_8502.JPG
防音保護具の正しい装着方法を体験していただきます。



■耐切創手袋の耐切創性能を実験

軍手と耐切創手袋をローリングカッターで切り比べてみます。

IMG_8511.JPGIMG_8512.JPG


各種保護具にも交換目安があるので、

使用頻度・使用環境を考慮し適時に交換をしましょう!





皆様、お疲れ様でしたひらめき



2021年01月21日

労働災害バーチャルリアリティー体験教育《旭洋造船株式会社協力会》2020/11/27

support-logo_2.jpg



20201127日(金)実施




■労働災害バーチャルリアリティー体験教育■

〜旭洋造船株式会社協力会〜





1127日、「労働災害バーチャルリアリティー体験教育」が、

旭洋造船株式会社協力会向けに開催され39名が参加しました。


検温、インストラクターのフェイスシールドや受講者のマスク着用を徹底し、

新型コロナウィルス感染症対策を行っています。




旭洋造船株式会社 総務部 安全衛生課長 山縣栄治氏

ご挨拶からスタートです。

IMG_8239.JPG



◆低圧電気感電危険体感◆

感電のメカニズムと人体に及ぼす影響について学びます。

IMG_8244.JPGIMG_8247.JPG
微弱な電気で感電し、身体が乾燥した状態と、濡れた状態での
電気の流れる量の違いを体感します。



◆レバーブロック激突体感◆

レバーブロックを使用して肌合わせをする時に、溶接したピースフックが外れて

作業者に激突し負傷することを想定して体感してもらいます。

IMG_8251.JPGIMG_8253.JPG

最低限、先端部分は角巻き溶接を行いピースに

偏荷重がかからないようにしてください。





VR体験≪高所危険体験≫◆

高所危険体験として、墜落災害をVRで体験し、高所作業時の注意点を学びます。

IMG_8260.JPGIMG_8261.JPG
IMG_8269.JPGIMG_8277.JPG

皆さん、リアルで迫力のあるVR体験に驚きの声を上げていました。





●●●●●●●●保護具の体験教育●●●●●●●●



各保護具メーカーのご協力もいただき、保護具の体験、

特性などの説明を受け保護具に関しての知識も高めます。





■防じんマスクの正しい装着/電動ファン付き呼吸用保護具の有効性

溶接ヒュームや研磨の粉じんを吸ってしまうとじん肺になる可能性がある為、

防じんマスクをきちんと装着する必要があります。

IMG_8290.JPGIMG_8300.JPG




■墜落制止用器具(安全帯)の点検

受講者の墜落制止用器具を当日点検し、結果報告に伴い注意事項、

使用方法の解説がされました。

IMG_8283.JPGIMG_8285.JPGIMG_8293.JPGIMG_8306.JPG




■保護帽の種類と構造の説明

保護帽の種類と構造を知り、作業にあった保護帽を選択しましょう!

IMG_8311.JPG




■耐切創手袋の耐切創性能を実験

軍手と耐切創手袋をローリングカッターで切り比べてみます。

IMG_8317.JPGIMG_8324.JPG



各種保護具にも交換目安があるので、

使用頻度・使用環境を考慮し適時に交換をしましょう!




皆様、お疲れ様でしたるんるん



2021年01月20日

労働災害バーチャルリアリティー体験教育《協同組合JMU呉協力会》2020/11/25

support-logo_2.jpg



20201125日(水)実施




■労働災害バーチャルリアリティー体験教育■


〜協同組合JMU呉協力会〜




1125日、「労働災害バーチャルリアリティー体験教育」が、

ジャパンマリンユナイテッド()呉事業所で協同組合JMU呉協力会向けに

開催され43名が参加しました。


検温、インストラクターのフェイスシールドや受講者のマスク着用を徹底し、

新型コロナウィルス感染症対策を行っています。




協同組合JMU呉協力会 板谷勝次理事長
ご挨拶からスタートです。
IMG_8103(明るめ).jpg




◆低圧電気感電危険体感◆

感電のメカニズムと人体に及ぼす影響について学びます。

微弱な電気で感電し、身体が乾燥した状態と、

濡れた状態での電気の流れる量の違いを体感します。

IMG_8109.JPGIMG_8112.JPG



◆レバーブロック激突体感◆

レバーブロックを使用して肌合わせをする時に、溶接したピースフックが外れて

作業者に激突し負傷することを想定して体感してもらいます。

IMG_8116.JPGIMG_8117.JPG
最低限、先端部分は角巻き溶接を行い

ピースに偏荷重がかからないようにしてください。





◆酸欠と換気実験◆

この実験では、船倉内等、風通しの悪い場所での炭酸ガスアーク溶接を行う場合、

どんな危険が潜んでいるか学びます。

IMG_8125.JPGIMG_8127.JPG

換気が適切にできていない作業環境で作業を続けていると、

ガス中毒や酸欠を起こし死に至る場合があります。





VR体験≪高所危険体験≫◆

高所危険体験として、墜落災害をVRで体験し、高所作業時の注意点を学びます。

IMG_8139.JPGIMG_8142.JPG
IMG_8130.JPGIMG_8132.JPG

皆さん、リアルで迫力のあるVR体験に驚きの声を上げていました。





●●●●●●●●保護具の体験教育●●●●●●●●



各保護具メーカーのご協力もいただき、保護具の体験、

特性などの説明を受け保護具に関しての知識も高めます。





■防じんマスクの正しい装着/電動ファン付き呼吸用保護具の有効性

溶接ヒュームや研磨の粉じんを吸ってしまうとじん肺になる可能性がある為、

防じんマスクをきちんと装着する必要があります。

IMG_8176.JPGIMG_8184.JPG
IMG_8190.JPG




■墜落制止用器具(安全帯)の点検

受講者の墜落制止用器具を当日点検し、結果報告に伴い注意事項、

使用方法の解説がされました。

IMG_8122.JPGIMG_8167.JPG
IMG_8207.JPGIMG_8212(トリミング).jpg



■保護めがねと防音保護具の有効性

IMG_8193.JPG
高速飛来物を想定しエア・ソフトガン耐衝撃性の実験です。



IMG_8197.JPG
防音保護具の正しい装着方法を体験していただきます。



■耐切創手袋の耐切創性能を実験

軍手と耐切創手袋をローリングカッターで切り比べてみます。

IMG_8217.JPGIMG_8220.JPG




各種保護具にも交換目安があるので、

使用頻度・使用環境を考慮し適時に交換をしましょう!





ぴかぴか(新しい)皆様、お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)