• もっと見る
・VR(仮想現実)技術を活用して疑似的に労働災害を体験する「労働災害バーチャルリアリティー体験教育」
・次世代を担うプロ安全衛生担当者の育成「徒弟制度」
・安全な職場づくりのアドバイスや提案をする「安全衛生アドバイザー相談会」

など造船業界を主体とした、様々な安全衛生活動に取り組んでいます。

2022年09月01日

安全衛生アドバイザー相談会《株式会社横浜工作所》2022/5/17実施

support-logo_2.jpg


2022年5月17日(火)実施




■安全衛生アドバイザー相談会■

2022年度 第1回 株式会社横浜工作所〜




2022年517日、安全衛生アドバイザー相談会が神奈川県横浜市の

株式会社横浜工作所で開催されました。

 総合的な安全衛生レベルの向上を目的として、前年度から同社に対して

実施している継続的な相談会は2年目を迎えました。




アドバイザーは、日造協安全衛生アドバイザー 橋本 顕 氏です。

DSCN9909.JPGDSCN9891.JPG



現場リサーチにおいて、昨年の開始当初から比べると着実に改善されおり、
安全衛生に対する同社の取り組みが評価されました。


IMG_0361.JPGIMG_0367.JPG
IMG_0378.JPGIMG_0370.JPG


現場の様子は、アクションカメラ(Gopro)で逐次撮影され、

現場を巡回した様子を高画質で撮影された映像で振り返りながら、

現場リサーチの解説が行われました。



IMG_0402.JPGIMG_0404.JPG


また、現場でのアドバイスに加え、作業指示書や災害対策の策定への

アドバイスがなされるなど、次のレベルに向けた提案も行われました。

日造協では今年度も継続的にアドバイザー相談会を実施し、

企業の安全衛生のレベルアップを支援して参ります。




皆様、お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)





2022年08月29日

職長・安全衛生責任者能力向上教育《豊橋会場》2022/5/12実施

2022年5月12日実施



◇◆職長・安全衛生責任者能力向上教育◆◇

〜豊橋会場〜




日造協安全衛生指導事業「職長・安全衛生責任者能力向上教育」が、

512日トヨシップ事業協同組合向けに()新来島豊橋造船で開催され、

38名の方が受講されました。




DSCN9999.JPGDSCN9994.JPG



講師には、全国造船安全衛生対策推進本部アドバイザリースタッフの児玉 猛 氏

迎え、長年造船業に携わる児玉講師ならではの経験談を交えながら現場の実態に即した講義が行われました。




DSCN0005.JPGDSCN0027.JPG



受講者は6人と7人の6グループに分かれ、与えられた課題について討議しグループごとに発表が行われました。

受講者は以前に習得した職長に必要な知識をこの能力向上教育で更に発展させました。




DSCN0015.JPGDSCN0016.JPG
DSCN0033.JPGDSCN0011.JPG




後日、受講者には修了証が発行されました。





皆様、お疲れ様でしたひらめき





2022年08月26日

熱中症予防管理者講習会《豊橋会場・有明会場》5月実施

2022年5月11日・5月24日実施


◇熱中症予防管理者講習会◇

〜豊橋会場5/11 有明会場5/24




「熱中症予防管理者講習会」が511日トヨシップ事業協同組合向けに()新来島豊橋造船、524日にジャパンマリンユナイテッド有明協力会向けにジャパンマリンユナイテッド蒲L明事業所内で開催されました。




DSCN9922.JPG

講師には、東京農業大学大学院農学研究科環境共生学博士で、

日本スポーツ健康科学学会理事の齊藤 雄司 氏を迎え、

造船業特有の熱中症の原因やしくみ、具体的な対処方法等に

ついて講習が行われました。




【豊橋会場】
DSCN9929.JPGDSCN9986.JPG



【有明会場】
DSC06921.JPGDSC06923.JPG


(1)日本における熱中症の現状

(2)造船現場の実態と熱中症の危険性

(3)調査票を活用した予防対策

(4)日常の生活習慣と発症時の対応 




各メーカーによる、熱中症対策用の製品の紹介が行われ、

あわせてサンプルの展示もされました。



DSCN9892.JPGDSCN9961.JPG



(1)熱中症飲料の種類と適切な飲料の飲み分け

(2)既存のヘルメットと熱中症対策用ヘルメットの違い

(3)作業負担の少ないPAPR製品、軽量マスクの紹介

(4)パーソナルクーラーの紹介

(5)熱中症を予防する木綿下着の紹介




皆様、お疲れ様でしたexclamation×2




2022年08月25日

労働災害バーチャルリアリティー体験教育 VRインストラーミーティンクおよび゙造船業VR制作推進WG 2022/4/18実施

support-logo_2.jpg


2022年4月18日実施



*******************************************

2022年度 日本財団助成事業

労働災害バーチャルリアリティー体験教育

VRインストラクターミーティング」

「造船業VR制作推進ワーキンググループ」

*******************************************




418日に、日本財団助成事業 労働災害バーチャルリアリティー体験教育のVRインストラクターミーティング」および「造船業VR制作推進ワーキンググループ」が横浜市のナビオス横浜で開催されました。



DSCN7815 (縦).jpgDSCN7816(明るさ調整).jpg



2022年度は昨年の造船業に特化したコンテンツ2本に加え、新たに「造船現場でのパネルの崩壊・倒壊災害」が追加され合計3本で実施されます。

また、より多くの会員の皆様に体験していただけるようVR機器本体も新たに6台が追加されました。




DSCN7829.JPGDSCN7846.JPG
DSCN7838.JPGDSCN9841.JPG



また、保護具の体験教育・防じんマスク、墜落制止用器具(安全帯)の点検及び使用方法について・熱中症予防指導と個人用冷却器の注意点について、なども引き続き教育が実施されます。



DSCN9853.JPGDSCN7833.JPG



本事業が皆様の労働災害防止活動への一助となるようカリキュラムやタイムスケジュール等、今期の実施内容、新コンテンツ制作について活発な意見が交わされました。





皆様、お疲れ様でしたexclamation×2




2022年08月23日

足場の組立て等特別教育 3月30日実施

2022年3月30日(水)実施


◇足場の組立て等特別教育◇

〜厚岸会場〜




「足場の組立て等特別教育」が、2022330日北海道厚岸郡の

運上船舶工業有限会社で開催されました。

講師は長年に渡り造船所の安全担当を経験された児玉 猛 氏です。




DSCN9820.JPG




.足場及び作業の方法に関する知識

.工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識

.労働災害の防止に関する知識

.関係法令




DSCN9827.JPGDSCN9829.JPG


全ての課程を終了された受講生の方には

後日修了証が交付されました。





皆様、お疲れ様でしたexclamation×2





posted by 日造協 at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 足場の組立て等特別教育