CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年01月14日

労働災害バーチャルリアリティー体験教育《鶴見会場》2020/9/23

support-logo_2.jpg



2020923日(水)実施




■労働災害バーチャルリアリティー体験教育■


〜ジャパンマリンユナイテッド横浜協力会 鶴見会場〜





923日、「労働災害バーチャルリアリティー体験教育」が、

ジャパンマリンユナイテッド()横浜事業所鶴見工場で

ジャパンマリンユナイテッド横浜協力会向けに開催され36名が参加しました。


また、検温、インストラクターのフェイスシールドや受講者のマスク着用を徹底し、

新型コロナウィルス感染症対策を行っています。




IMG_7236.JPGIMG_7218.JPG




ジャパンマリンユナイテッド横浜協力会 唐澤事務局次長、

ジャパンマリンユナイテッド(株)安全衛生グループ 上原グループ長

挨拶からスタートです。

IMG_7225.JPGIMG_7227.JPG
(写真 左:唐澤事務局次長 右:上原グループ長)



◆低圧電気感電危険体感◆

感電のメカニズムと人体に及ぼす影響について学びます。

微弱な電気で感電し、身体が乾燥した状態と、

濡れた状態での電気の流れる量の違いを体感します。

IMG_7253.JPGIMG_7256.JPG



◆レバーブロック激突体感◆

レバーブロックを使用して肌合わせをする時に、溶接したピースフックが外れて

作業者に激突し負傷することを想定して体感してもらいます。

IMG_7259.JPGIMG_7261.JPG

最低限、先端部分は角巻き溶接を行いピースに

偏荷重がかからないようにしてください。




◆爆発実験◆

この実験では、切断・加熱などにおいて、プロパンガスの漏れや、

加熱中の失火、着火不良により起こる爆発再現を再現します。

IMG_7271.JPGIMG_7273.JPG
ガスの取り扱い際の注意点や、酸素支燃性の怖さを理解してもらいます。



VR体験≪高所危険体験≫◆

高所危険体験として、墜落災害をVRで体験し、高所作業時の注意点を学びます。

IMG_7291.JPGIMG_7309.JPG
IMG_7307.JPG
皆さんリアルで迫力のあるVR体験に驚きの声を上げていました!




●●●●●●●●保護具の体験教育●●●●●●●●


各保護具メーカーのご協力もいただき、保護具の体験、

特性などの説明を受け保護具に関しての知識も高めます。





■熱中症予防指導と個人用冷却器の注意事項

熱中症の恐ろしさ、正しい知識や対策・対処法を学び、安全に作業しましょう。

IMG_7341.JPGIMG_7348.JPG



■防じんマスクの正しい装着/電動ファン付き呼吸用保護具の有効性

溶接ヒュームや研磨の粉じんを吸ってしまうとじん肺になる可能性がある為、

防じんマスクをきちんと装着する必要があります。

IMG_7361.JPGIMG_7356.JPG




■墜落制止用器具(安全帯)の点検

受講者の墜落制止用器具を当日点検し、結果報告に伴い注意事項、

使用方法の解説がされました。

IMG_7242.JPGIMG_7316.JPG




■保護めがねと防音保護具の有効性

保護めがねや防音保護具の正しい装着方法や性能などを学びます。

IMG_7364(トリミング).jpgIMG_7370.JPG
振り向きざまにおきる眼の災害を再現します。



■耐切創手袋の耐切創性能を実験

軍手と耐切創手袋をローリングカッターで切り比べてみます。

IMG_7402.JPGIMG_7403.JPG






各種保護具にも交換目安があるので、
使用頻度・使用環境を考慮し適時に交換をしましょうexclamation×2




ぴかぴか(新しい)皆様、お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)