CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月16日

出張型労働災害リアル体験教育《旭洋造船株式会社協力会》2019/11/26

support-logo_2.jpg


20191126日(火)実施




■出張型労働災害リアル体験教育■

〜旭洋造船株式会社協力会〜






1126日、「出張型労働災害リアル体験教育」が旭洋造船株式会社協力会で

行われました。




旭洋造船株式会社 総務部 安全衛生課 課長 山縣 栄治 氏より

ご挨拶をいただきスタートです。

DSCN4074.JPGDSCN4083.JPG






綿生地100%と化学繊維生地100%の燃焼・火傷実験

DSCN4093.JPGDSCN4097.JPG
綿と化学繊維では燃え方が異なり、それにより火傷の度合いが変わります。

 


低圧電気感電危険体感

DSCN4152.JPGDSCN4290.JPG

 微弱な電気で感電し、電気の特徴を理解してもらう為、身体が乾燥した状態と、

濡れた状態での電気の流れる量の違いを体感してもらいます。





◎炭酸ガスアーク溶接と酸欠に関わる危険実験

船内での溶接作業環境を再現した装置を使い、酸素濃度を計測。

DSCN4279.JPGDSCN4281.JPG
ガスが充満し、酸素濃度が下がります。。。



DSCN4284.JPGDSCN4288.JPG

ガスが排出され酸素濃度が上がりました!



換気が適切でない環境で作業を続けると、

ガス中毒や酸欠で死に至る危険性が潜んでいます。

十分な換気を心がけましょう。



 

◎高所危険体感

未固縛の足場板に乗り天秤になる体感

DSCN4162.JPGDSCN4297.JPG
高所足場は、足場敷設の際両端をしっかり固縛しないと天秤になり、
バランスを崩し墜落します。



脚立作業時、バランスを崩し転落する体感
DSCN4171.JPGDSCN4175.JPG

脚立に乗った際、50cmの高さでも頭の位置は2mを超え、

頭から落下すれば死に至ることもあります






◆◆◆◆保護具の体験教育◆◆◆◆



各保護具メーカーのご協力もいただき、

保護具の体験、特性などの説明をしていただきます。



DSCN4181.JPGDSCN4195.JPG
DSCN4215.JPGDSCN4251.JPG




■耐切創手袋の耐切創性能を実験

DSCN4227.JPGDSCN4224.JPG

軍手と耐切創手袋をローリングカッターで切り比べてみます。



■フルハーネス型墜落制止用器具の利点

DSCN4197.JPGDSCN4310.JPG

 フルハーネス型のぶら下がり体験を行い、

身体にかかる衝撃が分散されることを体感します。




各種保護具にも交換目安があるので、

使用頻度・使用環境を考慮し適時に交換をしましょう。





今回、体感し学んだ経験を現場で

ぜひ活かしてくださいexclamation×2





ぴかぴか(新しい)皆様、お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)