CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年01月13日

安全講習会 平成27年1月8日実施

blog_title.jpg

1月8日(木)、川重事業協同組合を対象とした安全講習会が行われ42名の方が出席しました。

講師は、社会保険労務士の茶園幸子先生です。
「酸欠災害を防止するには」というタイトルでお話しいただきました。


DSC01662.JPG


「酸素欠乏症」とは・・・
酸素濃度の低い空気を吸うことおこる症状。
脳がダメージを受け、意識障害や死亡するケースもあります。

私達の脳は酸素に対する依存性が高く、酸欠状態になると直ちに活動が不活発、停止してしまうそうです。この酸欠状態は、臭いや見た目では判断できないのがやっかいです。


DSC01665.JPG


茶園講師からは、酸素濃度が低下する原因や酸素欠乏症の症状、過去の災害事例についてなど「酸欠災害」の防止に必要な話をしていただきました。

DSC01666.JPG
posted by 日造協 at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全指導事業