CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月16日

出張型労働災害リアル体験教育《旭洋造船株式会社協力会》2019/11/26

support-logo_2.jpg


20191126日(火)実施




■出張型労働災害リアル体験教育■

〜旭洋造船株式会社協力会〜






1126日、「出張型労働災害リアル体験教育」が旭洋造船株式会社協力会で

行われました。




旭洋造船株式会社 総務部 安全衛生課 課長 山縣 栄治 氏より

ご挨拶をいただきスタートです。

DSCN4074.JPGDSCN4083.JPG






綿生地100%と化学繊維生地100%の燃焼・火傷実験

DSCN4093.JPGDSCN4097.JPG
綿と化学繊維では燃え方が異なり、それにより火傷の度合いが変わります。

 


低圧電気感電危険体感

DSCN4152.JPGDSCN4290.JPG

 微弱な電気で感電し、電気の特徴を理解してもらう為、身体が乾燥した状態と、

濡れた状態での電気の流れる量の違いを体感してもらいます。





◎炭酸ガスアーク溶接と酸欠に関わる危険実験

船内での溶接作業環境を再現した装置を使い、酸素濃度を計測。

DSCN4279.JPGDSCN4281.JPG
ガスが充満し、酸素濃度が下がります。。。



DSCN4284.JPGDSCN4288.JPG

ガスが排出され酸素濃度が上がりました!



換気が適切でない環境で作業を続けると、

ガス中毒や酸欠で死に至る危険性が潜んでいます。

十分な換気を心がけましょう。



 

◎高所危険体感

未固縛の足場板に乗り天秤になる体感

DSCN4162.JPGDSCN4297.JPG
高所足場は、足場敷設の際両端をしっかり固縛しないと天秤になり、
バランスを崩し墜落します。



脚立作業時、バランスを崩し転落する体感
DSCN4171.JPGDSCN4175.JPG

脚立に乗った際、50cmの高さでも頭の位置は2mを超え、

頭から落下すれば死に至ることもあります






◆◆◆◆保護具の体験教育◆◆◆◆



各保護具メーカーのご協力もいただき、

保護具の体験、特性などの説明をしていただきます。



DSCN4181.JPGDSCN4195.JPG
DSCN4215.JPGDSCN4251.JPG




■耐切創手袋の耐切創性能を実験

DSCN4227.JPGDSCN4224.JPG

軍手と耐切創手袋をローリングカッターで切り比べてみます。



■フルハーネス型墜落制止用器具の利点

DSCN4197.JPGDSCN4310.JPG

 フルハーネス型のぶら下がり体験を行い、

身体にかかる衝撃が分散されることを体感します。




各種保護具にも交換目安があるので、

使用頻度・使用環境を考慮し適時に交換をしましょう。





今回、体感し学んだ経験を現場で

ぜひ活かしてくださいexclamation×2





ぴかぴか(新しい)皆様、お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)




2020年01月15日

出張型労働災害リアル体験教育《気仙沼造船団地協同組合》2019/11/21

support-logo_2.jpg


20191121日(木)実施




■出張型労働災害リアル体験教育■

〜気仙沼造船団地協同組合〜





11月21日、「出張型労働災害リアル体験教育」が気仙沼造船団地協同組合で

行われました。



DSCN9187.JPGDSCN9193.JPG



気仙沼造船団地協同組合 理事長 大谷 寿一 氏より

ご挨拶をいただきスタートです。

DSCN9191.JPG




◎ 飛 散 実 験

塗装スプレーガンの取扱い不良による危険実験

DSCN9199.JPGDSCN9200.JPG

スプレーガンは、実験容器に取付けたニンジンがえぐられてしまう程の勢いがあります。

取り扱いの際には、ガンを握らない方の手の位置に注意してください。





低圧電気感電危険体感

DSCN9211.JPGDSCN9212.JPG

微弱な電気で感電し、電気の特徴を理解してもらう為、身体が乾燥した状態と、
濡れた状態での電気の流れる量の違いを体感してもらいます。





レバーブロック激突体感

DSCN9215.JPGDSCN9216.JPG

レバーブロックを使用して肌合わせをする時に、
溶接したピースフックが外れて作業者に激突し負傷することを
想定して体感してもらいます。





◆◆◆◆保護具の体験教育◆◆◆◆



各保護具メーカーのご協力もいただき、

保護具の体験、特性などの説明をしていただきます。



DSCN4047.JPGDSCN4044.JPG
DSCN9228.JPGDSCN4069.JPG

 

DSCN4029.JPGDSCN9234.JPG

皆さん真剣な眼差しです!





■保護帽の種類と構造の説明

DSCN4027.JPGDSCN4033.JPG
保護帽の種類と構造を知り、作業にあった保護帽を選択しましょう!




■保護めがねの耐衝撃性体験

DSCN9240.JPGDSCN9246.JPG

高速飛来物を想定してエア・ソフトガンで耐衝撃性の体験をし、

保護めがねの重要性を認識します。




各種保護具にも交換目安があるので、

使用頻度・使用環境を考慮し適時に交換をしましょう。





今回、体感し学んだ経験を現場で

ぜひ活かしていきましょうexclamation×2




皆様、お疲れ様でしたひらめき






2020年01月14日

出張型労働災害リアル体験教育《ヤマニシ協力会》2019/11/20

support-logo_2.jpg

20191120日(水)実施




■出張型労働災害リアル体験教育■


〜ヤマニシ協力会 〜




11月20日、「出張型労働災害リアル体験教育」がヤマニシ協力会で行われました。



DSCN9083.JPG




ヤマニシ協力会 会長 佐々木貴美雄氏、

株式会社ヤマニシ 生産部安全室 室長 菅野孝一郎氏より

ご挨拶をいただきスタートです。

 DSCN9087補正済.JPGDSCN9091.JPG

(写真左:佐々木貴美雄氏、 写真右:菅野孝一郎氏)





綿生地100%と化学繊維生地100%の燃焼・火傷実験

DSCN9098.JPGDSCN9101.JPG

綿と化学繊維では燃え方が異なり、それにより火傷の度合いが変わります。






爆 発 実 験

切断・加熱作業時、着火不良と失火による爆発及び酸素支燃性の危険性実験

DSCN9104.JPGDSCN9107.JPG

この実験では、切断・加熱などにおいて、プロパンガスの漏れや、

加熱中の失火、着火不良により起こる爆発災害を再現します。


ガスの取り扱いで段取り替え等の際は、トーチの火は消す。

切断機などは直接床に置かない。

休憩に入る際は、元バブルは閉める等の対策をしっかりとりましょう。






低圧電気感電危険体感

DSCN9117.JPGDSCN9124.JPG

 微弱な電気で感電し、電気の特徴を理解してもらう為、身体が乾燥した状態と、

濡れた状態での電気の流れる量の違いを体感してもらいます。





レバーブロック激突体感

DSCN9129.JPGDSCN9133.JPG

 レバーブロックを使用して肌合わせをする時に、溶接したピースフックが外れて

作業者に激突し負傷することを想定して体感してもらいます。





◎高所危険体感

未固縛の足場板に乗り天秤になる体感

DSCN9135.JPGDSCN9136.JPG

 高所足場は、足場敷設の際両端をしっかり固縛しないと天秤になり、

バランスを崩し墜落します。



脚立作業時、バランスを崩し転落する体感
DSCN9145.JPGDSCN9146.JPG

脚立に乗った際、50cmの高さでも頭の位置は2mを超え、

頭から落下すれば死に至ることもあります。



DSCN9142.JPGDSCN9143.JPG

直梯子等を昇降する場合、物を持ったまま昇降すると手足を滑らせて

落下する危険性があります。

落下時、とっさに梯子など掴んだ時、加速度がかかった自分の体重を

支えることが出来るのか握力チェックです!


 



◆◆◆◆保護具の体験教育◆◆◆◆



各保護具メーカーのご協力もいただき、

保護具の体験、特性などの説明をしていただきます。



DSCN9147.JPGDSCN9150.JPG
DSCN9149.JPGDSCN9179.JPG


各種保護具にも交換目安があるので、
使用頻度・使用環境を考慮し適時に交換をしましょう。



今回、体感し学んだ経験を現場で

ぜひ活かしてくださいexclamation×2




ぴかぴか(新しい)皆様、お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)





2019年12月04日

出張型労働災害リアル体験教育《協同組合JMU呉協力会》2019/11/12

support-logo_2.jpg


 

20191112日(火)実施




 

■出張型労働災害リアル体験教育■

〜協同組合JMU呉協力会〜



 

11月12日、「出張型労働災害リアル体験教育」が、

協同組合JMU呉協力会で行われ64名の方にご参加いただきました。





《ジャパンマリンユナイテッド株式会社 呉事業所 新宮工作部 チーム長 植田 賢一氏》
《協同組合JMU呉協力会 監事 森 勝志氏》よりご挨拶をいただきました。
CIMG2257.JPGCIMG2109.JPG
(写真左:植田賢一氏、写真右:森勝志氏)



CIMG2113.JPGCIMG2117.JPG
フィリピン人受講生も参加されました。





綿生地100%と化学繊維生地100%の燃焼・火傷実験CIMG2119.JPGCIMG2125.JPG

綿と化学繊維では燃え方が異なり、
それにより火傷の度合いが変わります。




爆 発 実 験

切断・加熱作業時、着火不良と失火による

爆発及び酸素支燃性の危険性実験

CIMG2129.JPGCIMG2132.JPG

この実験では、切断・加熱などにおいて、プロパンガスの漏れや、

加熱中の失火、着火不良により起こる爆発災害を再現します。


ガスの取り扱いで段取り替え等の際は、トーチの火は消す!

切断機などは直接床に置かない!休憩に入る際は、元バブルは閉める!等の

対策をしっかりとりましょう。





低圧電気感電危険体感

CIMG2160.JPGCIMG2162.JPG

 微弱な電気で感電し、電気の特徴を理解してもらう為、

身体が乾燥した状態と、濡れた状態での電気の流れる量の違いを

体感してもらいます。





◎高所危険体感

―未固縛の足場板に乗り天秤になる体感 ―

CIMG2181.JPGCIMG2270.JPG

 高所足場は、足場敷設の際両端をしっかり固縛しないと天秤になり、

バランスを崩し墜落します。





―脚立作業時、バランスを崩し転落する体感 ―

CIMG2203.JPGCIMG2215.JPG

脚立に乗った際、50cmの高さでも頭の位置は2mを超え、

頭から落下すれば死に至ることもあります。




 

◆◆◆◆保護具の体験教育◆◆◆◆



各保護具メーカーのご協力もいただき、

保護具の体験、特性などの説明をしていただきます。




CIMG2235.JPGCIMG2248.JPG
CIMG2244.JPGCIMG2251.JPG


各種保護具にも交換目安があるので、

使用頻度・使用環境を考慮し適時に交換をしましょう。




 

今回、体感し学んだ経験を現場で

ぜひ活かしていきましょうexclamation×2




ぴかぴか(新しい)皆様、お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)




2019年11月29日

出張型労働災害リアル体験教育《下ノ江造船協力事業協同組合》2019/11/7

support-logo_2.jpg

2019117日(木)実施




■出張型労働災害リアル体験教育■

〜下ノ江造船協力事業協同組合〜




11月7日、「出張型労働災害リアル体験教育」が、

下ノ江造船協力事業協同組合で行われ38名の方にご参加いただきました。





《下ノ江造船株式会社 田中章夫社長》
《下ノ江造船協力事業協同組合 麻生貴紀理事長》より
ご挨拶をいただきました。
CIMG1968.JPGCIMG2091.JPG
(写真左:田中章夫社長、写真右:麻生貴紀理事長)
 



綿生地100%と化学繊維生地100%の燃焼・火傷実験CIMG1983.JPGCIMG1986.JPG

綿と化学繊維では燃え方が異なり、
それにより火傷の度合いが変わります。



 

低圧電気感電危険体感

CIMG1990.JPGCIMG1996.JPG

微弱な電気で感電し、電気の特徴を理解してもらう為、
身体が乾燥した状態と、濡れた状態での
電気の流れる量の違いを体感してもらいます。



レバーブロック激突体感

CIMG2000.JPGCIMG2003.JPG
レバーブロックを使用して肌合わせをする時に、
溶接したピースフックが外れて
作業者に激突し負傷することを想定して体感してもらいます。



◎ 塗装スプレーガンの取扱い不良による危険実験

CIMG2004.JPGCIMG2007.JPG

スプレーガンは、実験容器に取付けたニンジンが

えぐられてしまう程の勢いがあります。

取り扱いの際には、ガンを握らない方の手の位置に注意してください。



 

◎高所危険体感

―未固縛の足場板に乗り天秤になる体感―

CIMG2016.JPGCIMG2017.JPG
CIMG2028.JPGCIMG2030.JPG
高所足場は、足場敷設の際両端をしっかり固縛しないと
天秤になりバランスを崩し墜落します。


 脚立作業時、バランスを崩し転落する体感

CIMG2041.JPGCIMG2042.JPG

脚立に乗った際、50cmの高さでも頭の位置は2mを超え、

頭から落下すれば死に至ることもあります。





CIMG2032.JPGCIMG2033.JPG

直梯子等を昇降する場合、物を持ったまま昇降すると手足を滑らせて

落下する危険性があります。

落下時、とっさに梯子など掴んだ時、加速度がかかった自分の体重を

支えることが出来るのか握力チェックです!




 

◆◆◆◆保護具の体験教育◆◆◆◆



各保護具メーカーのご協力もいただき、保護具の体験、

特性などの説明をしていただきます。



 
CIMG2046.JPGCIMG2052.JPG
CIMG2072.JPGCIMG2088.JPG

 

各種保護具にも交換目安があるので、
使用頻度・使用環境を考慮し適時に交換をしましょう。




今回、体感し学んだ経験を現場で

ぜひ活かしていきましょうexclamation×2




ぴかぴか(新しい)皆様、お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)