CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年08月27日

フルハーネス型安全帯使用作業特別教育 2021/6/18実施

2021年6月18日(金)実施



◇フルハーネス型安全帯使用作業特別教育◇

〜横浜会場〜




2021618日、フルハーネス型安全帯使用作業特別教育が、

横浜市の株式会社横浜工作所で開催され、15名の方が受講されました。



DSCN9857.JPG



講師は、

座学担当 全国造船安全衛生対策推進本部 東日本総支部付

専門スタッフ 山田 由紀夫 氏、

実技担当 サンコー株式会社 山岸 正 氏です。

DSCN9855.JPGDSCN9875.JPG
(写真左:山田 由紀夫 氏  写真右:山岸 正 氏)




高所での「作業に関する知識について」から始まり、

「フルハーネス型安全帯に関する知識」、使用方法と続きます。

さらに「労働災害の防止に関する知識」、「関係法令」等、

取扱いについての基本的な知識から装着方法やフックのかけ方に至るまで

座学と実技の両面で丁寧な講義が行われました。





DSCN9862.JPGDSCN9870.JPG
201921日から施行された法改正により、
従来品の使用可能な期間が202111日までと迫るなか、
受講生は従来型と新型の法改正に伴う変更点について学びました。




DSCN9893.JPGDSCN9934.JPG
DSCN9943.JPGDSCN9952.JPG

また、実技では実際に新型フルハーネス型安全帯を装着し

フックを確実に掛けるまでの一連の流れを体験しました。




全ての課程を終了された受講生の方には

後日、修了証が交付されました。




皆様、お疲れ様でしたexclamation×2




この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック